東海意味論研究会

予定されている会合


2019年4月28日 (日) 13時30分 (13:30 ~ onwards, 28 April 2019) 

名古屋学院大学白鳥学舎 曙館 607 (607 Akebonokan, Shiratori Campas, Nagoya Gakuin University)
http://www.ngu.jp/outline/access.html (map) 地図
(丸の内サテライトから,変更になりました!)

研究発表 (Lecture):13:30~15:00

大谷修樹 (Otani, Shuki) 大阪大学大学院 (Osaka University)

日本語の空項と否定の作用域に関する研究

Abstract:

本発表では、日本語の音声を伴わない選言句が否定文に現れた時のその選言句と否定の作用域の関係について議論する。Sakamoto (2016)では、(1b)のように、音声を伴わない選言句が、否定より高い作用域しか取れない例を提示した。

 (1) a. 太郎は [スペイン語かフランス語を] 話さない。
    b. 次郎も  △     話さない。
    ( Or > Neg / *Neg > Or) (Sakamoto 2016:8)

しかし、Funakoshi (2013)は、音声を伴わない選言句が作用域をとるようなデータを提示した。

 (2) メアリーは スペイン語かフランス語を 話すが、ジョンは Δ 話さない。
    (*Or > Neg / Neg > Or) (Funakoshi 2013: 13)

なぜ、(1)と(2)で選言句の取る作用域が変わるのか。Maeda (2017)は、Shibata (2015)、Takahashi (2017)、 Fox (2000)の分析を採用し、これらを組み合わせることにより上記のデータを統一的に説明しようと試みた。本発表では、Maeda (2017)の分析では説明できないデータを提示し、それらを説明できるような分析を提案する。



研究発表 (Lecture):15:10~onwards

井原駿 (Shun Ihara) 大阪大学大学院(Osaka University)

Minimal or strong?: Toward a hybrid approach to imperatives in Japanese

Abstract:
 

The denotational meaning of imperatives with respect to the existence of a modal has been long-lasting puzzle in the literature. Broadly we can distinguish between two types of approaches: the minimal theory according to which there is no modal operator present in imperatives (Portner 2004, 2007; Barker 2012; von Fintel and Iatridou 2017) and the strong theory which assumes that there is a modal operator in the semantics (Schwager 2006; Grosz 2009; Kaufmann 2012; Condoravdi and Lauer 2012; Keshet and Medeiros 2018).

      In this talk, I claim that both approaches are plausible at least in the case of Japanese; some involve a modal, while others involve no such an element. Specifically, I argue that the imperative speech act operator can be decomposed into the modal operator and the presupposition operator, and propose to treat (i) canonical imperatives (e.g. “Sassato tabe-ro!” ‘Eat it quickly!’) as containing both operators and (ii) non-canonical imperatives (e.g. “Sassato tabe-ru yooni!” / “Sassato tabe-ru!” / “Sassato tabe-ru koto!” ‘Eat it quickly!’) as lacking either of the two.  
  


  • 懇親会 (Party):TBD
       (気軽にご参加ください.なお,予約がありますので事前連絡をいただけますと大変助かります)
       
      概要:
  • 東海意味論研究会は有志で行っているインフォーマルな研究会です。会員費等は必要ありません。
  • 参加は自由ですので,どなたでもいつでも気軽におこしください.学生の皆さんの参加も歓迎します。
     連絡先

       川原功司 kkoji at nufs.ac.jp


   オーガナイザー
  • 今仁生美 (Ikumi Imani) (名古屋学院大学外国語学部/Nagoya Gakuin University, Department of British and American Studies)
  • 川原功司 (Koji Kawahara) (名古屋外国語大学外国語学部/Nagoya University of Foreign Studies, Department of British and American Studies)
  • 澤田治 (Osamu Sawada) (三重大学人文学部/Mie University, Department of Humanities)