Seirin's Laboratory


Mathematical Modeling laboratory
for Life Science & medicine

数理生命医学モデリング 研究室


”今"役に立つ理学へ数学へ


本研究室は数理生物学・数理モデリングをベースに

システム制御数理細胞学*・システム制御数理医学*・システム制御数理社会学*の創出を目指します。

これらの学問は現象の仕組みの解明に留まらず、それを制御できる画期的なシステムを構築し、実装化を通じて実社会に役に立つ研究を形成していきます。


* これらの学問語はSeirinによって創生されました。

広島大学 理学部 数学科

・大学院 統合生命科学研究科

(数理生命科学P)

S. Seirin-Lee (PhD.)

Professor

Department of Mathematics,

Department of Mathematical and Life Sciences,

Graduate School of Integrated Sciences for Life,

Hiroshima University, Japan

Kagamiyama 1-3-1, Higashi-hiroshima 739-0046

〒739−0046

広島県東広島市鏡山1-3-1

広島大学大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻 数理計算理学講座

Press Release プレスリリース

1. January 28, 2020: Studying the geometry of a common skin disease (Two press releases)


2. January 15, 2020: 蕁麻疹でみられる発疹の症状を数理モデルで再現 ~新たな治療法確立の可能性~ https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/55726


3. December 17, 2019: 日本の空き家問題を数学の力で解決!https://www.hiroshima-u.ac.jp/system/files/132595/【プレスリリース】日本の空き家問題を数学の力で解決!.pdf

4. August 29, 2019 :細胞核の動的変形が核構造の再編成を引き起こすことを世界で初めて発見! https://www.hiroshima-u.ac.jp/system/files/126099 5

. September 11, 2019 : Mathematical modeling shows why animals see at night https://phys.org/news/2019-08-mathematical-animals-night.html