カエルさん組曲2015

SAKKURI SUITE NANDA KERO
SUMMER TIME 2015 
FOR MR.FLAKE

日頃お世話になっているフレイクさんへ何か形になるものをと
自分が何かできると言ったらやはり音で何がしか表すことだと思い
一月半ほどかけて5曲のピアノ曲にまとめてみました。
夏の組曲としてお送りします~

2016年の組曲、Other Trucksへはここからどうぞ
⇓   
1.さすらいブーメラン
PROPELLER WIND DRAW LOCUS OF CRESCENT ARC TO FAR IN THE FORTUNE  
その放たれたプロペラ状の翼は、青空という自然のカンバスに彷彿線描きふわっと舞い上がる。
一体どこへ向かうのか想像もできない。
弧を描き急旋回して元の場所へ帰結してゆくブーメランの不思議な動きは
その指示す先は空の向こうの未来なのか、まるで生きる事そのもののように思われて
そんな生きゆく姿を7拍子という不思議な節回しで表してみました。

2.しなやかなつるぎ
"STAY SO FLEXIBLE " TO HAVE TOLD SOULFUL SAMURAI SWORD  
「こうでなければならぬ」必要は決してないのよと教えてくださったその時の印象を。
傷つけ壊す事が刀ではない、その先に護り活かす、だからその為刀ふるう。
その重みのあまり、ぽっきり折れる頑なさよりも
柔らかく立ち回れるしなやかさを身に纏うこと。
人の心はきっと形には見えないしなやかな剣が息づいているのだと感じました。

RECOLLECT MONOLOGUE FROM TWILIGHT SUMMER TIME
人はどうしても目から入る情報で全てを推し量ろうとする、してしまう。
誤解や無理解はあっても、それでも背負って生きていくのだと、そう決めたのだと
お話や写真を通して、その勇気に心動かされるのと同時に
些細な事ですぐ音を上げるポンコツの心抱え、動かぬ足引きずって
それでも生きてていいんだよと言われた気がしました。

PRISM OF RAINBOW AROUND THE Diversity
空から雨が降り、雨は緑潤わせ大地に湧いた水は空へと帰る。
小さな生き物たちを愛し守り共に生きる
マクロアンドミクロ、ネイチャーミクロコスモス。
大きな自然と小さな生き物たちを未来の子供に伝える
そんな自然と共に生きる姿を。

THEME OF MR. FLAKE, AGAIN - VERSION OF MIDSUMMER 2015 -
フレイクさんのお誕生日に作った「かえるさんマリンバ」を夏っぽい感じでアレンジいたしました♪
夏っぽい爽やかで心地よい響きや展開を。
でも、あのフレーズは架橋のここぞというところでちらっと出てくる程度で
実質別物としての新作に近い感じです。

2015.12.13 追加分

SAKKURI KERO KERO FROG'S MARCHING DRUM!?  
HAPPY BIRTH DAY TO MR.RLAKE VERSION 2015
フレイクさんのお誕生日祝賀音楽、今年はマーチングドラマです。
江ノ島での楽しいひと時、膿見ながらお話した時の思い出と
新宿であれこれ語ったひととき色んな今年1年のフレイクさんの印象を。
リクエストにお応えしてピアノ用楽譜を御用意いたしました♪
↓ ↓ ↓


2016.1.2 追加分
リクエストにお応えしまして、カエルさん組曲の第2曲目「しなやかなつるぎ」の楽譜です。
何かの拍子にポッキリ折れてしまう張り詰めた頑固なこだわりを手放すことで
柔らかくふんわりと生きていくことができればと
「剣は誰か傷つけるだけでなく誰か守ることも出来るよ」というフレイクさんの言葉から。
実際のピアノ演奏想定していなかったので、アレンジしなおして
それでも結構難易度高めになってしまいました(;・∀・)
↓ ↓ ↓



2016.8.11 追加分

THEME OF MR. FLAKE, THRICE AGAIN - VERSION OF MIDSUMMER 2016 -
2016年、今年のテーマソングです。
一日でイメージしたアイディアもとに一日かけてオーケストラ化しました。
ソネットとは中世欧州で詠まれた14行詩を指す言葉で、誰かへの思いや感謝など綴る時使われるそうです。
あっという間に過ぎ去る夏、人生になぞらえて。有難うの気持ちを込めて。
そして一度限りの今を、めいいっぱいレッツエンジョイされることを願いまして。