歯並び、咬み合わせ、顔や口やあごのことなど気にされている方、こどもの歯並びを治してあげたいけどどうすればいいの?と思われているお父さん・お母さん・ご家族の方へ。


矯正は装置の見た目や時間、費用がたくさんかかるのでは??
こどもの矯正はいつから始めるのがベストなの??
大人になってからでも大丈夫?? この年齢でも?? 
最新矯正治療って?? など

一歩が踏み出せない方、相談にいらしてください。
あなたに適した方法を一緒に探しましょう!

  • こどもの歯並び・あごの矯正治療は、お子さんの咬合完成、成長終了までの適切な矯正管理と美しい歯並びを永く維持していくためのアフターケアが大切です。

  • 当院は、皆様の歯並び・咬み合わせ・顎(あご)のお悩みを的確な対応ですみやかに解消いたします。健康と素敵な笑顔のために、専門医による歯科矯正治療を受けられてはいかがでしょうか。北区田端から好アクセスで通院便利です。

正しい歯並びの価値
日本国内の調査で、80歳で20本以上の歯が残っている、いわゆる8020達成者を対象に歯並びの調査を行った結果、反対咬合、開咬といった不正咬合の方は存在しなかったそうです。このことから、健康的な口の状態を長く保つ意味で正しい歯並びは大切であると言えるのではないでしょうか。