藤原直哉研究室

Fujiwara Lab.

Members

储 程昊 研究生

Chu, Chenghao, research student

chu@se.is.tohoku.ac.jp

408

邹浩玄 研究生

Zou ,Haoxuan, research student

zou@se.is.tohoku.ac.jp

408

大学院生募集

当研究室は、下記のように多岐にわたっており、空間経済学・地域科学・空間情報科学・数理工学・データ科学など、幅広い視点を身につけて研究を行う意欲のある大学院生を募集しています。

要項や出願方法はこちらをご確認ください。興味を持たれた方は、メールにてご連絡ください。

研究室は東北大学大学院情報科学研究科社会経済情報学講座内にあり、居室は共有しています。

Research

ネットワーク科学・非線形科学で社会・経済・地域を見る

近年、携帯電話などの新たな情報通信技術の普及などを背景として、社会・経済と関連した詳細なデータが容易に入手できるようになってきており、そのようなデータを解析する上で情報科学の役割が重要になっている。本研究室では、複雑ネットワーク、非線形科学をキーワードとして、データ解析からモデリングまで幅広く研究を行っている。代表的な研究テーマは例えば以下のようなものである。

  1. 都市と道路の共発展の数理モデル
  2. 地域間の人の流動の時空間ネットワーク解析
  3. 感染症の伝播経路のモデリング

1. は空間経済学など多くの分野におけるテーマと関連がある話題であるが、我々は実データを元にネットワーク科学に基づいた新たなモデリングを提案し、その数理的構造についても研究している。2. ではネットワーク解析手法を地理空間データに適用する。3. においては、モデリング・データ解析にとどまらず、公衆衛生学の研究者と分野横断型の共同研究を行っており、感染拡大対策への示唆を与えることを目標としている。

Publications / 発表論文

  1. Naoya Fujiwara, Kathrin Kirchen, Jonathan F. Donges, and Reik V. Donner (2017): "A perturbation-theoretic approach to Lagrangian flow networks", Chaos 27, 035813 (13 pages).
  2. Motoki Nagata, Yoshito Hirata, Naoya Fujiwara, Gouhei Tanaka, Hideyuki Suzuki, and Kazuyuki Aihara (2017): "Smoothing effect for spatially distributed renewable resources and its impact on power grid robustness", Chaos 27, 033104 (6 pages).
  3. Tomokatsu Onaga, James P. Gleeson, and Naoki Masuda, Concurrency-induced transitions in epidemic dynamics on temporal networks. Physical Review Letters, 119:108301 (2017).
  4. Naoya Fujiwara, Albert Diaz-Guilera, and Jürgen Kurths (2016): "Synchronization of mobile chaotic oscillator networks", Chaos 26, 094824 (8 pages).
  5. Sergey Astakhov, Artem Gulai, Naoya Fujiwara, and Jurgen Kurths (2016): "The role of asymmetrical and repulsive coupling in the dynamics of two coupled van der Pol oscillators", Chaos 26, 023102 (10 pages).
  6. Tomokatsu Onaga, and Shigeru Shinomoto, Emergence of event cascades in inhomogeneous networks. Scientific Reports, 6:33321 (2016).
  7. Yasuhiro Mochizuki, Tomokatsu Onaga, et al., Similarity in Neuronal Firing Regimes across Mammalian Species. Journal of Neuroscience, 36(21):5736-5747 (2016).
  8. Hao Zhang, Naoya Fujiwara, Masaharu Kobayashi, Shigeki Yamada, Fuyou Liang, Shu Takagi, and Marie Oshima (2015): "Development of a numerical method for patient-speci.c cerebral circulation using 1D-0D simulation of the entire cardiovascular system with SPECT data", Annals of Biomedical Engineering 44, pp. 2351-2363.
  9. Naoya Fujiwara (2015): "An approximation for dynamical processes on periodic temporal networks", Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE 6, pp. 295-302.
  10. Motoki Nagata, Naoya Fujiwara, Gouhei Tanaka, Hideyuki Suzuki, Eiichi Kohda, and Kazuyuki Aihara (2014): "Node-wise Robustness against Fluctuations of Power Consumption in Power Grids", European Physical Journal Special Topics 223, pp. 2549-2559.
  11. Tomokatsu Onaga, and Shigeru Shinomoto, Bursting transition in a linear self-exciting process. Physical Review E, 89:042817 (2014).

Access

東北大学青葉山キャンパスの情報科学研究科棟4階401室(藤原)です。

■仙台駅から:地下鉄東西線八木山動物公園行「青葉山駅」下車(9分)、 北1番出口から徒歩すぐ

■仙台空港から:仙台空港アクセス線で仙台駅まで約25分、仙台駅から地下鉄東西線八木山動物公園行「青葉山駅」下車(9分)、 北1番出口から徒歩すぐ