MAX10本:基板編

このサイトは、本書籍のサポート・サイトです。
①MAX10 ②ライタ ③DVD付き! 
FPGA電子工作スーパーキット

圓山 宗智 著
B5判 272ページ
基板2枚,DVD-ROM 1枚付き
定価4,860円(税込)
2016年5月1日発行


 ほとんどのFPGAは,回路構成情報をSRAMなどの揮発性メモリ素子で保持するため,電源を切ると回路構成情報が失われてしまいます.そこで,回路構成情報を保持するROM(FPGAコンフィグレーション用ROM)をデバイスに外付けし,電源投入と同時にFPGA内にダウンロードし動作を開始するのが一般的です.
 また,デバイスを動作させるために供給する電源も,コア電源とI/O電源といったように複数系統に分かれ,しかも異なる電圧の電源を供給する必要があります.
 そのようなFPGAの世界に,FPGAコンフィグレーション用ROMを内蔵し,3.3V単一電源のみ供給すれば動作する,さらには手作業でのはんだ付けも可能なQFPパッケージも用意されているなど,使い勝手の良いデバイスが登場しました.それがAltera社製最新デバイス“MAX10”です.
 さらにMAX10では、Altera社デバイスとして初めてA-Dコンバータも内蔵されました.
 本増刊号は、MAX10を搭載した基板を付属し、MAX10を徹底的に活用するための解説本です.