研究会趣旨

 本研究会の第1回目は2015年3月に琉球大学にて,新進気鋭の若手研究者の方々を中心にお招きし、理論化学の最近の進展についてお話頂くという趣旨で開催されました開催履歴。招待講演者、参加者の皆様のおかげにより大変活発かつ有意義な議論が展開されました。
 琉球大学では学会参加のための旅費負担の大きさから、他県で開催される学会へ学生が参加することは難しいという事情があります。したがって、本研究会を琉球大学(およびその周辺地域)で開催し、最先端の研究についてご発表・ご議論いただくことは、普段学会に参加する機会の少ない学生にとっても、理論化学という分野に触れる絶好の機会となると考えております。
 本年度も、凝縮系の理論化学およびその関連分野の研究の進展を、若手研究者の方々を中心にご講演頂きます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 参加予定の方は、会場の都合により人数を把握する必要がありますので、2月13日(水)までにhigashi(at mark)sci.u-ryukyu.ac.jpまでご連絡ください。
 また、ポスター発表する参加者も広く受け付けております。ポスター発表を希望する場合は、同じく
2月13日(水)までに講演題目と発表者全員のお名前と所属をhigashi(at mark)sci.u-ryukyu.ac.jpまでご連絡ください。

共催

    新学術領域「生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現」
    http://seimei.ims.ac.jp/

協賛

    新学術領域「分子合成オンデマンドを実現するハイブリッド触媒系の創製」
    http://hybridcatalysis.jp/

開催日時・会場

    日時:2019年3月13日(水曜日) より14日(木曜日)まで
    場所:石垣市民会館 中ホール

           http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/400000/410000/cityhall/city_hall.htm

 参加費無料

招待講演者(五十音順)

 Jer-Lai Kuo(Academia Sinica, Taiwan)
 稲垣 泰一(名古屋大学)
 金 鋼(大阪大学)
 近藤 寛子(北見工業大学)
 重田 育照(筑波大学)
 袖山 慶太郎(物質・材料研究機構)
 都築 誠二(産業技術総合研究所)
 畑中 美穂(奈良先端科学技術大学院大学)
 宮田 竜彦(愛媛大学)
 八木 清(理化学研究所)
 山口 滋(理化学研究所)

学生セッション講演者(五十音順)

 伊藤 禎(琉球大学)
 小杉 健斗(京都大学)
 岡本 大介(九州大学)
 須田 慶樹(九州大学)
 多知 裕平(名古屋大学,分子科学研究所)
 中谷 佳萌(京都大学)
 山内 仁喬(総合研究大学院大学,生命創成探究センター,分子科学研究所)
 由本 美香(京都大学)

ポスターセッション講演者(五十音順,順次追加予定)

 伊藤 禎(琉球大学)
 岡本 大介(九州大学)
 倉奥 大樹(琉球大学)
 小杉 健斗(京都大学)
 須田 慶樹(九州大学)
 竹田 宙加(九州大学)
 多知 裕平(名古屋大学,分子科学研究所)
 中谷 佳萌(京都大学)
 半田 健太郎(九州大学)
 比嘉 未香子(琉球大学)
 藤江 拓哉(名古屋大学)
 宮澤 和久(信州大学,分子科学研究所)
 根木 秀佳(琉球大学)
 山内 仁喬(総合研究大学院大学,生命創成探究センター,分子科学研究所)
 由本 美香(京都大学)

プログラム

3月13日(水)

 9:30-10:00  受付

 10:00-10:10 オープニング

 セッション1
 10:10-10:25 伊藤 禎,東 雅大(琉球大学)
       「ビールの苦み成分の生成メカニズムに関する理論的研究」

 10:25-10:40 須田 慶樹,末松 安由美,秋山 良(九州大学)
       「二次元二成分系剛体円盤の相図を基にした膜タンパク質結晶化密度の考察」

 10:40-10:55 中谷 佳萌,福田 良一(京都大学)
       「三重項増感によるスチルベン異性化のメカニズム」

 10:55-11:10 由本 美香,中農 浩史,佐藤 啓文(京都大学)
       「凝縮相における電子カップリング計算法の開発」

 11:10-11:25 岡本 大介,渡邉 祥弘,吉田 紀生,中野 晴之(九州大学)
       「RISM-SCF/3D-RISM-SCF法への状態平均MCSCF法の導入」

 11:25-13:30 休憩

 セッション2
 13:30-13:45 小杉 健斗,中農 浩史,佐藤 啓文(京都大学)
       「DFTB/MM-RPMD法による溶液中プロトン移動反応解析(仮題)」

 13:45-14:00 山内 仁喬1,2,3,奥村 久士1,2,31総合研究大学院大学,2生命創成探究センター,3分子科学研究所)
       「定温定圧レプリカ置換法によるαシヌクレインフラグメントの2量体形成過程の解明」

 14:00-14:15 多知 裕平1,2,岡本 祐幸1,奥村 久士21名古屋大学,2分子科学研究所)
       「GM1糖鎖クラスターの認識に共役したアミロイドβ 40の立体構造変化」

 14:15-14:30 休憩

 セッション3
 14:30-15:00 近藤 寛子1,吉田 紀生2,城田 松之3,鷹野 優4,木下 賢吾3
       (1北見工業大学,2九州大学,3東北大学,4広島市立大学)
       「電位依存性カリウムチャネルKv1.2におけるC型不活性化の分子機構の解析」

 15:00-15:30 山口 滋(理化学研究所)
       「分子場解析に基づくデータ駆動型不斉触媒設計法の構築」

 15:30-16:00 都築 誠二(産業技術総合研究所)
       「分子間相互作用の精密解析と液体物性(仮題)」

 16:00-16:10 休憩

 16:10-16:40 新学術領域「生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現」国際研究活動報告

 16:40-18:00 ポスターセッション

 19:00-21:00 懇親会


3月14日(木)

 セッション4 
 10:00-10:30 稲垣 泰一(名古屋大学)
       「電極分極効果とイオン液体界面カイネティクス」

 10:30-11:00 金 鋼(大阪大学)
       「遷移経路サンプリングとコミッター解析によるジペプチド構造変化を記述する反応座標の探索」


 11:00-11:30 Jer-Lai Kuo(Academia Sinica, Taiwan)
       「Learning vibrational coupling in protonated species from the dark states in vibrational spectra」

 11:30-13:30 休憩

 セッション5
 13:30-14:00 畑中 美穂(奈良先端科学技術大学院大学)
       「発光・消光経路のデータベース化によるランタノイド発光材料の分子設計指針の構築」

 14:00-14:30 袖山 慶太郎(物質・材料研究機構)
       「リチウムイオン電池の電解液材料探索」

 14:30-15:00 宮田 竜彦(愛媛大学)
       「OZ系の積分方程式理論から求まる溶媒和自由エネルギー高精度化の試み」

 15:00-15:20 休憩

 セッション6
 15:20-15:50 八木 清(理化学研究所)
       「局所座標を用いた振動計算法の開発と生体分子への応用」

 15:50-16:20 重田 育照(筑波大学)
       「光アップコンバージョンの理論解析」

 16:20-16:30 クロージング

 18:00-          総合討論/運営会議

ポスター発表(順次追加予定)

 P1.    〇竹田 宙加,末松 安由美,秋山 良(九州大学)
   「生体溶液中で負に帯電したマクロイオン間実効引力が発生する最大のマクロイオンのサイズ」

 P2.    〇須田 慶樹,末松 安由美,秋山 良(九州大学)
   「二次元二成分系剛体円盤の相図を基にした膜タンパク質結晶化密度の考察」

 P3.    〇岡本 大介,渡邉 祥弘,吉田 紀生,中野 晴之(九州大学)
   「RISM-SCF/3D-RISM-SCF法への状態平均MCSCF法の導入」

 P4.    〇半田 健太郎,吉田 紀生,中野 晴之(九州大学)
   「KcsAカリウムイオンチャネルのイオン選択性におけるイオン間相互作用に関する研究」

 P5.    〇多知 裕平1,2,岡本 祐幸1,奥村 久士21名古屋大学,2分子科学研究所)
   「GM1糖鎖クラスターの認識に共役したアミロイドβ 40の立体構造変化」

 P6.    〇伊藤 禎,東 雅大(琉球大学)
   「ビールの苦み成分の生成メカニズムに関する理論的研究」

 P7.    〇由本 美香,中農 浩史,佐藤 啓文(京都大学)
   「凝縮相における電子カップリング計算法の開発」

 P8.    〇中谷 佳萌,福田 良一(京都大学)
   「三重項増感によるスチルベン異性化のメカニズム」

 P9.    〇藤江 拓哉1,竹中 規雄1,2,稲垣 泰一1,長岡 正隆1,2,31名古屋大学,2京都大学,3JST CREST)
   「分子動力学法による非晶質炭素電極モデルを用いた電極-電解液界面構造の解析」

 P10.  〇宮澤 和久1,2,伊藤 暁2,3,4,奥村 久士2,3,4
   (1信州大学,2分子科学研究所,3生命創成探究センター,4総合研究大学院大学)
   「分子動力学法による脂肪酸結合タンパク質の構造安定性(仮題)」

 P11.  小杉 健斗,中農 浩史,佐藤 啓文(京都大学)
   「DFTB/MM-RPMD法による溶液中プロトン移動反応解析(仮題)」

 P12.  比嘉 未香子,東 雅大(琉球大学)
   「水溶液中における[Au(CN)2]3の電子状態の理論的解析」

 P13.  倉奥 大樹,根木 秀佳,東 雅大(琉球大学)
   「アデノシン受容体A2ARに結合したアデノシンの振動数解析(仮題)」

 P14.  〇山内 仁喬1,2,3,奥村 久士1,2,31総合研究大学院大学,2生命創成探究センター,3分子科学研究所)
   「定温定圧レプリカ置換法によるαシヌクレインフラグメントの2量体形成過程の解明」

 P15.  〇根木 秀佳1,吉田 紀生2,廣田 俊3,東 雅大11琉球大学,2九州大学,3奈良先端科学技術大学院大学)
   「MDシミュレーションと3D-RISM理論を用いたシトクロムcの多量体形成におけるアニオンの影響に関する研究」

懇親会

    3月13日(水) 19時より

 ホテルミヤヒラ
    https://www.miyahira.co.jp/

 にて会費6000円程度で開催する予定です。会場の都合上,人数を把握する必要がありますので,参加する予定の方は
 2月13日(水)までに
higashi(at mark)sci.u-ryukyu.ac.jpまでご連絡ください。

世話人

    東 雅大 (琉球大学)
    柳澤 将 (琉球大学)
    吉田 紀生 (九州大学)

    佐藤 啓文 (京都大学)

問い合わせ先

    higashi(at mark)sci.u-ryukyu.ac.jp

開催履歴

    これまでの開催履歴はこちら