大学英語教育学会 英語辞書研究会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終更新日 2018年12月16日
ようこそ.大学英語教育学会英語辞書研究会ホームページへ.



英語辞書研究会沿革

JACET英語辞書研究会は,英語の辞書についての研究発表の場を設ける等の目的のもとに1995年12月に発足し,以後,英語辞書・英語語法に関する研究を精力的に展開しています。原則として年に1回の大会を開催するほか,適宜,ワークショップや講演会を実施しています。2006年末には,辞書学及びその関連分野に特化した論考を収めた本邦初の論文集,English Lexicography in Japan(大修館書店)を刊行しました。当研究会は,「JACET英語語彙研究会」とも密接な研究上の連携をとっています。「JACET英語辞書研究会の歴史」はこちらへ。

代 表: 小室 夕里(中央大学)
副代表: 関山 健治(中部大学)
会 計:   井上 亜依(防衛大学校)  
運営委員: 赤須 薫(東洋大学) 石井 康毅(成城大学) 石川 慎一郎(神戸大学) 井上 永幸(広島大学) 磐崎 弘貞(筑波大学) 内田 諭(九州大学) 川村 晶彦(成城大学) 投野 由紀夫(東京外国語大学) 畠山 利一(大阪国際大学) 山田 茂(早稲田大学)

歴代代表
1995~2007 村田 年
2007~2013 赤須 薫
2013~2018 山田 茂


New!
JACET英語語彙・英語辞書・リーディング研究会合同研究会



JACET英語語彙研究会、リーディング研究会、英語辞書研究会では、下記の通り研究発表会を開催することになりました。英語語彙、リーディング、辞書、その他関連分野に関する研究発表を募集致します。
翌3月10日には同じ会場でJACET語学教育エキスポが開催される予定です。奮ってご発表、ご参加下さい。宜しくお願い申し上げます。
 
JACET英語語彙研究会
代表 磯  達夫
JACETリーディング研究会
代表 高田 哲朗
JACET英語辞書研究会
代表 小室 夕里



日時:2019年3月9日(土)12:00-17:00(時間は予定)
場所:早稲田大学 11号館 4階 会議室
参加費:500円(予約不要)
 
●研究発表会 
○研究発表申込:
・以下のサイトより、必要事項(氏名、所属、メールアドレス、発表タイトル、キーワード3つ)をご入力下さい:
http://j-varg.sakura.ne.jp/conference/2018/
・2019年1月31日までにお申し込み下さい。先着で28件まで受け付けます。
・既に他の学会で発表した内容でも申し込みを受け付けます。

・発表時間は30分(10分の質疑応答を含む)です。
*RGBケーブルのみご用意致します。
*PC、プロジェクタ接続用アダプタをお持ち下さい。研究会からの貸し出しはございません。

○統計ワークショップ
自由研究発表のスロットの前に、小島ますみ先生(岐阜市立女子短期大学)による、GLMM(一般化線形混合モデル)やLME(線形混合モデル)についての統計ワークショップを行います。
ワークショップ参加希望の方は、ご自身のコンピュータをお持ちください。
RStudioサーバーのアカウントを発行いたします。ただし数に限りがありますので、R(とRStudio)をインストールしたPCをお持ちの方はご持参ください。
なお、聴講のみの参加も可能です。
Rのインストール方法:http://www.okadajp.org/RWiki/?R%20%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB
RStudioインストール方法:https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/
※ Rの操作に不慣れな方は、Rに加えてRStudioのインストールをお勧めいたします。

お問い合わせ: JACET英語語彙研究会 副代表 星野由子 hoshino[AT]mailg.shumei-u.ac.jp
*[AT]を@に変更して下さい。



JACET英語辞書研究会主催 「英辞郎」が拓く未来の英語辞書フライヤー

日時:2018年12月15日(土) 15.00〜17.30(14.30 受付開始)
会場:早稲田大学 11号館 4階 大会議室

参加費:500円

14.30    受付開始
15.00    Part 1: 辞書ではない「英辞郎 on the WEB」を辞書学的に解剖
    小室夕里(中央大学) 「英辞郎」はなぜ辞書ではないのか
    井上亜依(防衛大学校) English Phraseology(英語定型表現研究)の観点から見た「英辞郎 on the WEB」の有用性と発展性
    関山健治(中部大学) 電子辞書時代を駆け抜けた
「英辞郎 on the WEB」の魅力と課題:検索インターフェイスの観点から
15.50    休憩
16.00    Part 2: 「英辞郎」と翻訳者
    高橋聡(日本翻訳連盟理事) 「英辞郎」だけで翻訳はできるのか
16.30    Part 3: 書籍版『英辞郎』とオンラインサービス「英辞郎 on the WEB」の制作現場
    株式会社アルク
16.40    休憩
16.50    Q&A(ファシリテーター:関山健治)
17.20    閉会
18.00    懇親会

【懇親会】
場所:Cafe murcielago(https://r.gnavi.co.jp/h70n2gzj0000/map/
会費:3,000円
*懇親会については、11月30日(金)までに,井上亜依(防衛大学校)aiinoue*nda.ac.jp(*を@に変えてください。)までご予約ください。

【『英辞郎』への事前質問受付】
『英辞郎』への質問を事前に受け付けます。下記URLからご質問等お寄せください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScGQS7wy9cerBwiF-GFL9Evf1UIbcMKqM0v9ACt1Q4QQKy6uw/viewform

【問い合わせ】
小室夕里(yurik*tamacc.chuo-u.ac.jp *を@に変えてください。)
(懇親会について)井上亜依(aiinoue*nda.ac.jp *を@に変えてください。)



JACET英語辞書研究会主催「辞書 x LGBT 談話会」(フライヤー

辞書におけるLGBTに関する語の記述と社会の関係を,辞書学とジェンダー研究の専門家と参加者で一緒に考える会です。

■日時:2018年10月4日(木)19:00〜20:45
■受付開始時間:18:30
■場所:グローカルカフェ(青山店)
    東京都港区北青山2-10-29 日昭第二ビル 1F
    東京メトロ銀座線 外苑前駅 3番出口より徒歩5分
    https://glocalcafe.jp/aoyama/#access
■参加費: 500円

◾️スケジュール
19.00 挨拶 長島佐恵子(中央大学)

19.05 スピーカー1
    小室夕里(中央大学・JACET英語辞書研究会代表)
    「英語辞書の権威構造: 辞書編纂者の意図に反して」
    〜社会が辞書に見出す権威はどのように生まれるのか,LGBT関連語から考える〜
19.35 スピーカー2
    クレア・マリィ(メルボルン大学アジア・インスティチュート)
    「重なり合う用例―20年経過した『性(意)のあることば』の現在は」
    〜ジェンダー・セクシュアリティの観点から日本語辞書の用例を問う〜
20.05-20.15 休憩

20.15-20.45 質疑応答・意見交換会

21.00 懇親会

■懇親会: 4,000円(事前申し込み必要)
懇話会終了後,会場近くにて懇親会を行います。お気軽にご参加下さい。予約の都合上,9月30日までのお申し込みをお願い申し上げます。
申し込み先: 井上亜依(防衛大学校)aiinoue★nda.ac.jp(★を@に変えてください)

■問い合わせ: 小室夕里(中央大学)yurik★tamacc.chuo-u.ac.jp(★を@に変えてください)



JACET英語語彙・英語辞書・リーディング研究会合同研究会

日時:2018年3月3日(土)13:00-17:00
場所:早稲田大学 11号館 4階 会議室
参加費:500円(予約不要)

プログラム

 

第一会議室

第二会議室

第三会議室

第四会議室

13:00−13:30

 

高田哲朗(京都外国語大学)「学生の主体的な参加を目指した授業の試み」

小藤晃裕(東京外国語大学大学院)「日本人英語学習者のスピーキングにおける定型言語表現の発達」

 

13:35−14:05

川本渚凡(東京外国語大学院生)「発信・受信用例文の辞書学的考察: 既存辞書の用例比較を通して」

髙木修一(福島大学)、濱田彰(日本大学)、久保田恵佑(福島大学大学院)「英文読解および語彙指導の効果推定に用いられる研究デザインの系統的レビュー」

岡田順子(元埼玉県立朝霞高等学校)「4択注によるペアでの未知語の推測活動と語彙の記憶保持」

熊谷允岐(立教大学院生)「TEAP用英単語集と大学入試用英単語集の比較分析ー選定語彙と語義難易度に焦点を当ててー」

14:10−14:40

蔦田和美(立命館大学)「クリティカル・ライティングにおける辞書活用効果」

平野亜也子(立命館大学)、横川博一(神戸大学)「日本人EFL学習者の英文理解における意味と統語とのマッピング:心理言語学実験による検討」

池田和夫(千葉県立柏井高校)「語彙レベルによる語根・接辞の活用性」

畔元里沙子(九州大学学生)「基本動詞のコロケーションパターン:英語教材コーパスとBNCの比較から」

14:45−15:15

関山健治(中部大学)「”電子辞書学”への展望-多様化する辞書メディアと向き合う-」

Shigeko Shimazu (Tamagawa University) ”What are the students’ levels of, their attitudes towards and their opportunities for learning English?”

時國滋夫(立正大学)「大学生の具体的な単語力と補習効果」

星野由子(秀明大学)、清水遥(東北福祉大学)「小学校外国語・外国語活動で扱われる語彙の分析:語義に焦点を当てて」

15:20−15:50

小室夕里(中央大学)「『語釈』と『定義』」

Brown Dale (Kanazawa University”Exploring the relationship between knowledge of collocations and general proficiency”

佐藤正伸(尚美学園大学)「英語の基本語力習得のための2つの概念」

門田修平、長谷尚弥、氏木道人、三木浩平(関西学院大)「語彙処理の流暢性を測る:3つのCELPテストの開発と妥当性の検証をめぐって」

15:55−16:25

小山敏子(大阪大谷大学)、山西博之(東京理科大学)「大学生はどのように語彙情報を入手しているか」

柘植美波(金城学院大学院生)「英語の中間構文から成る複合語」

小島ますみ(岐阜市立女子短期大学)「語彙の豊かさ構成概念の測定モデル:反映モデルか形成モデルか」

16:30−17:00

投野由紀夫(東京外国語大学大学院)、川本渚凡(東京外国語大学院生)「CEFRレベルに適した英語例文抽出に関する研究 〜GDEXを用いたコーパスからの自動獲得〜」

 

森本俊(常磐大学)「日本人英語学習者は発話動詞の意味及び使用をどのように表象しているのか―メタ言語意識に着目して」


懇親会:18:00-20:00
イル・デ・パン http://r.gnavi.co.jp/g771600/
要予約・会費:4000円
2月25日までに、下記で予約下さい。先着で45名まで受け付けます:
http://j-varg.sakura.ne.jp/conference/dinner/index.html

お問い合わせ: shyamada@waseda.jp
*@を半角に変更して下さい。



JACET英語辞書研究会講演会

日時:10月13日(金)18:00-19:30
場所:早稲田大学 11号館 4階 第3会議室
講演者:Deny A. Kwary
Senior Lecturer, English Department, Faculty of Humanities, Airlangga University, Indonesia
Language Manager, Oxford Indonesian Living Dictionary, Oxford University Press, University of Oxford, U.K

演題:The Lexicographical Function Theory and the User-Centred Approach

参加費:500円(会員・非会員を問わず)
事前申込:不要
問合せ:shyamada[AT]waseda.jp
*[AT]は@に変換してください。



JACETリーディング・英語語彙・英語辞書研究会合同フォーラム

日時:2017年3月4日(土)10:20-17:30
場所:早稲田大学 11号館 4階 会議室
参加費:500円(予約不要)

プログラム(PDF)

●懇親会 18:30-20:30 
イル・デ・パン http://r.gnavi.co.jp/g771600/ 要予約・会費:4000円
2月28日までに、下記へメールでご予約下さい。先着で45名まで受け付けます。

お問い合わせ・懇親会予約: jacetlexws[AT]yahoo.co.jp



JACET英語辞書研究会例会

日時:2016年11月19日(土)15:00-18:00
場所:早稲田大学 11号館 4階 第4会議室
内容:
 川本渚凡(東京外国語大学院生)「英語学習レベルに応じた辞書用例の条件とは」
 石井雄隆(早稲田大学)「データマイニングを活用した英語ライティング研究」
 松本 修(早稲田大学) “Sociocultural approaches to dictionary use”
参加費:500円(会員・非会員を問わず)
事前申込:不要
【懇親会】 18:30-20:30 源兵衛 会費:4000円
11月13日までに以下までご予約下さい。
問合せ、懇親会予約:jacetlexws[AT]yahoo.co.jp




JACETリーディング研究会・英語辞書研究会合同研究会

日時:2016年3月5日(土)12:45~18:00
場所:早稲田大学 11号館 4階

【第1部】基調講演 12:45~14:00 第四会議室

講師:門田修平(関西学院大学)「使える語彙知識とは?またその知識を測るテストとは?」

【第2部】研究発表 14:10~15:40
第一会議室
14:10~14:50
 時國滋夫(立正大学)「辞書指導のための基礎データ(大学生約600人分)と考察」
15:00~15:40
 日木満(名古屋市立大学)「動詞と名詞と名詞形の関係を見せる辞書記述の試み」
第三会議室
14:10~14:50
 大矢政徳(目白大学)「依存文法に基づく日英語構文辞書構築の可能性」
15:00~15:40
 小屋多恵子(法政大学)「論文コーパスを利用した専門語リスト作成の授業実践報告」

【第3部】シンポジウム 15:50~18:00 第四会議室
「英文リーディング力を高める辞書指導を考える」
パネリスト:
 小室夕里(中央大学)「英文読解時における辞書検索と辞書指導の現状」
 蔦田和美(京都産業大学)「効果的辞書使用に向けての指導実践と、Reading comprehensionにおける辞書使用実態例」
 石井研司(立命館大学)「リーディング授業における語彙習得と辞書活用の促進を目指した授業デザインの試み-情意的側面に着目して-」
指定討論者:
 門田修平(関西学院大学)
司会:
山田茂(早稲田大学)

参加費:500円(会員・非会員を問わず)
事前申込:不要

【懇親会】18:30~20:30
 イル・デ・パン http://r.gnavi.co.jp/g771600/
 会費:4,000円
 要予約。45名まで。
2月29日(月)までに下記までお申し込み下さい。

お問い合わせ・懇親会予約: jacetlexws[AT]yahoo.co.jp



JACET英語辞書研究会例会
日時:2016年2月15日(月)14:30-16:00
場所:早稲田大学 22号館 2階 203教室
http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2015/08/waseda-campus-map.pdf
講師:Lyubomyr Matsekh-Ukrayinskyy (Senior Lecturer at the University of Malaysia, Pahang)
演題:European Master in Lexicography: a great way to explore the world and build your career
参加費・事前予約:不要
問合先:山田茂(shyamada[AT]waseda.jp)
 *「[AT]」を「@」に変更してください



大学英語教育学会第54回国際大会(2015年8月29-31日、鹿児島大学)でのポスター発表
活動内容などに関するポスター発表を行いました。




JACET英語辞書研究会例会
日時 2015年6月19日(金)14:00~17:10
場所 広島大学 東千田キャンパス S棟208号室

内容
司会 山田  茂(早稲田大学)
●研究発表
14:00~14:40 多田羅 平(広島大学大学院生)
「"You can't leave me like this"に見られる"like this"の考察―like thisの新たな記述を目指して―」
14:40~15:20 山本 五郎(広島大学)
「英語の相槌表現に関する研究:Coolの汎用性について」
15:30~16:20 小室 夕里(中央大学)
「ジェンダー・セクシュアリティの視点から見直す英和辞典の記述」
●講  演
16:20~17:10 井上 永幸(広島大学)
「コーパスを活用した辞書編集と語義記述―主格補語を従えるfallをめぐって―」

参加費 会員・非会員を問わず500円(予約不要)

懇親会(要予約。6月12日までに、下記までお申し込み下さい):
時間:18:00~
場所:煮込みや みよし
住所:広島市中区堀川町2-5 1F
TEL :082-543-2000
http://www.in-smart.co.jp/miyoshi/
会費:4,000円

問合せ 山田 茂 shyamada[AT]waseda.jp




JACET英語辞書研究会ワークショップ

日時 2015年3月14日(土)13:0016:40

場所 早稲田大学 11号館4階

参加費 会員・非会員を問わず500円

●懇親会 17:00~19:00(予定)
今回は会場(第4会議室)で、肩の凝らないpizza & beer partyを開催します。他のスナック類、飲み物もご用意します。お気軽にご参加下さい。
・会費:2,000円
・申込:件名を「懇親会申込」とし、3月7日までに、下の宛先までメールでお申し込み下さい:
 宛先:jacetlexws [AT] yahoo.co.jp

●論文抜き刷りなど 情報交換用机を用意致しますので、お持ち下さい。

●プログラム
   第1会議室  第3会議室
13:00
13:40
英英辞典の定義を使った語彙指導の実践報告
中西 典子
Does viewing and summarizing a subtitled TED talk enhance incidental
vocabulary learning?
Iwasaki Hirosada, Hosoda Masaya, DOWSE Eleanor, Saito Makoto
13:45
14:25
検索プロセス観察タスクにみる日本人英語学習者の和英辞典使用について
川本 渚凡・投野 由紀夫
英語コロケーションの分類と指導-情報技術用語を中心にー
江連 敏和
14:30
15:10
学習英英辞典の使い方指導法
山田 茂
[C, usually pl., U] のような可算性表記をどう説明するか
日木 満
15:15
15:55
協同学習環境における辞書活動: 大学生の場合
小山 敏子
Pocket Oxford English Dictionary第11版のUsage NotesとSpelling Notesについて
藤本 和子
16:00
16:40
アイトラッキングを用いた英英辞典情報検索プロセスの研究
投野 由紀夫
つなぎ語記述に関する辞書比較―ウィズダム英和(第3版)とジーニアス英和(第5版)
西川 眞由美

●問合先 
山田 茂 <shyamada [AT] waseda.jp>



JACET英語辞書研究会例会
日時 2014年11月22日(土)14:00-17:00
場所 早稲田大学 早稲田キャンパス 11号館 4階 第4会議室
講師・演題
内田諭(九州大学)「FrameNetと辞書:体系的な意味と形式の記述を目指して」
石井康毅(成城大学)「英英連語辞典の比較分析―見出し語の収録状況と使用者の意識調査結果の観点から―」
参加費 会員・非会員を問わず500円(予約不要)
懇親会(要予約)ブラッスリー ベール(電話03-3202-5651)、会費3000円程度
(11月15 日までに、下記までご予約下さい)
問合せ 山田 茂 shyamada[AT]waseda.jp




JACET英語辞書研究会・関西英語辞書学研究会(KELC) 合同シンポジウム

・日時:2014年5月31日(土) 13:00~16:50
         (参加費無料)

会場:愛知大学 名古屋キャンパス 講義棟10F 1003教室
     (〒453-8777 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-6)
         あおなみ線「ささしまライブ」駅下車1分 / 名古屋駅より徒歩10分

<プログラム>
 13:00~13:10 開会の辞 南出康世(大阪女子大学名誉教授)
 13:10~14:30 特別企画「編者に聞く辞書編集の苦労話」
 14:40~15:40 シンポジウム1「EFL辞書:記述と使用」
 15:50~16:50 シンポジウム2「コロケーションと英和辞典」
 16:5016:55 閉会の辞 山田茂(早稲田大学)
 17:00-19:00 懇親会(愛知大学内レストランAPPETIT)会費3,500円
       (会場の都合上5月24日までに、下記まで懇親会参加の旨ご連絡下さい)
  *お申し込み及びお問い合わせ先:  鎌倉義士(愛知大学) kama [AT] aichi-u.ac.jp

<プログラム詳細>
●特別企画 13:10~14:30
「編者に聞く辞書編集の苦労話」   司会:南出康世(大阪女子大学名誉教授)
 13:10 赤須薫(東洋大学) 『ライトハウス英和辞典』『ルミナス英和辞典』
 13:30 井上永幸(広島大学) 『ウィズダム英和辞典』
 13:50 投野由紀夫(東京外国語大学) 『エースクラウン英和辞典』
                                        『プログレッシブ英和辞典』
                                        『小学館ケンブリッジ英英和辞典』
 14:10  南出康世(大阪女子大学名誉教授) 『ジーニアス英和辞典』
                                        『ジーニアス英和大辞典』
                                        『ジーニアス和英辞典』
<休憩 10分>
●シンポジウム1 14:40~15:40
「EFL辞書:記述と使用」      司会:山田茂(早稲田大学)
 14:40 山田茂(早稲田大学) 「EFL辞書:歴史と課題」
 14:55 畠山利一(大阪国際大学名誉教授) 「EFL辞書使用上の注意点:文法表記とラベル」
 15:10 川村晶彦(成城大学) 「EFL辞書と語用論:ポライトネスを中心に」
 15:25 磐崎弘貞(筑波大学) 「EFL学習者の語彙エラーと辞書情報の活用」
<休憩 10分>
●シンポジウム2 15:50~16:50
「コロケーションと英和辞典」  司会:塚本倫久(愛知大学)
 15:50 小室夕里(中央大学) 「英和辞典におけるコロケーションの記述と諸課題」
 16:05 赤瀬川史朗(Lago言語研究所) 「日英双方のコーパスから見たコロケーションと辞書記述への応用」
 16:20 鎌倉義士(愛知大学) 「コロケーションの転移とその対策としての学習者へ向けた辞書記述」
 16:35 塚本倫久(愛知大学) 「コロケーションの抽出と辞書記述について」
**********************************
 17:00-19:00 懇親会(愛知大学内レストランAPPETIT)会費3,500円
            (会場の都合上5月24日までに、下記まで懇親会参加の旨ご連絡下さい)

*お申し込み及びお問い合わせ先:  鎌倉義士(愛知大学) kama [AT] aichi-u.ac.jp



JACET英語語彙研究会 JACET英語辞書研究会 第4回合同研究大会を開催しました。

・日時:2014年3月8日(土)10:00~18:00
・場所:麗澤大学(千葉県柏市)
・参加費:一般1000円・学生500円
問合せ:admin [AT] j-varg.sakura.ne.jp

プログラム等の詳細はこちらをご覧ください:http://j-varg.sakura.ne.jp/conference/2013/



JACET英語辞書研究会例会 「編者に聞く『古英語辞典』」を開催しました。

・日時:2013年10月19日(土)16:00~17:30
・場所:早稲田大学 早稲田キャンパス 11号館 11階 1112室
・講師:小島 謙一(早稲田大学)
・モデレーター:森田 彰(早稲田大学)
・参加費:会員・非会員を問わず500円(予約不要)
・懇親会(要予約):ダイニングバー カピターノ(http://www.geocities.jp/tt_vs2105/index_MAP.html
 会費3000円(10月15 日までに、下記までご予約下さい)
・問合せ 山田 茂 shyamada [AT] waseda.jp




第14回JACET英語辞書研究会ワークショップ(年次研究発表大会)を開催しました。

・日 時:2013年3月15日(金)13:00~17:50
     12:00~     受 付
     13:00~13:15 オープニング (第4会議室)
     13:15~17:50 発 表 (第3&4会議室)

・場 所:早稲田大学 11号館 4階

・参加費:500円(会員・非会員を問いません)

・懇親会:要予約、会費4千円
      (shyamada [AT] waseda.jpで承ります。当日のお申込みはご遠慮願います。)

・プログラム:

   第4会議室  第3会議室
13:00
13:15

開会式
 
13:15
13:55
辞書における英語発音表記に関する一考察-CODの発音表記の変遷を通して-
杉本淳子
聖心女子大学
Roles of monolingual English dictionaries in game-oriented English speaking classes
Takashi KANAZASHI (金指 崇)
日本大学
14:00
14:40
Oxford Dictionary of English第2版と第3版のUsage欄の比較
藤本和子
創価大学
電子辞書の「操作性」再考-学習者にとっての文房具としての電子辞書をめざして
関山健治
沖縄大学
14:45
15:25
日本文化辞典(Dictionary of Things Japanese)の可能性
森口 稔
京都外国語大学
日本人学習者のためのコロケーション辞典の記述について
塚本倫久
愛知大学
15:40
16:20
正用と誤用の境界
吉田幸治
近畿大学
和英辞典と国語辞典-『ジーニアス和英辞典』編集の現場から
飯塚利昭
大修館書店
16:25
17:05
コーパスを活用した英語シノニム・語法研究
井上永幸
広島大学
中学生の辞書使用の実態調査
小山敏子、望月正道
大阪大谷大学、麗澤大学
17:10
17:50
LDOCEが提供する文法情報の特色
畠山利一
大阪国際大学
 




JACET英語辞書研究会主催の講演会を開催しました。

・講 師:Michael Rundell氏

・演 題:Lexicography in theory and in practice: What kinds of theory do dictionary-makers need?

・日 時:12月7日(金)、18:30~19:45

・場 所:中央大学後楽園キャンパス 6号館 6301教室

・参加費:無料(非会員でもどなたでもご参加頂けます。事前の予約は必要ありません。)

Abstract:
     This talk will consider how the practical business of producing dictionaries may be informed by and improved by theoretical ideas. What kinds of theory have the potential to make dictionaries better? How can linguistic theories contribute to  exicography? And what is the relevance of lexicographic theory?  In this talk I will first give a historical overview (starting from Dr Johnson) of the relationship between theory and practice in dictionary-making. I will then consider how far traditional ideas about lexicography remain relevant in the radically changed digital world we now work in.

 



2012年度

第1回英語辞書研究会例会を開催しました。

 講 師:井上亜依先生
    (防衛大学校総合教育学群外国語教育室准教授)

 演 題:phraseology-経過・現状・展望

 日 時:6月30日(土)
     16:30~18:00
    (16:00より受付開始)

 場 所:東洋大学白山キャンパス
     6218教室(6号館2階)
     西門から入ってすぐです。(http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html

 参加費:500円(会員・非会員を問わず)

  



2011年度
第13回JACET英語辞書研究会主催のワークショップ(年次大会兼研究発表会+WordSkewミニ講演会)を開催しました。

 日 時:2012年3月17日(土)
      12:00~ 受付
      13:00~13:15 オープニング(6405)
      13:15~16:55 発表
      17:10~17:50 WordSkewミニ講演会

 場 所:東洋大学(白山キャンパス 6号館)(http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html

 教 室:6405&6407(6号館4階)
     WordSkewは6317(6号館3階)

 参加費:500円(会員・非会員を問わず)

 プログラムはこちら:


6405 6407 6317
13:15
13:55
My hobby is collecting/*to collect stamps.//My job is *delivering/to deliver mails.となるのはなぜか 物理専攻学生による科学英語翻訳における辞書の使用

八木克正 三浦愛香

関西学院大学 東京経済大学
14:00
14:40
英語辞書学と形容詞のタイプについて 和英辞典における日本語の類義語の扱いについて

輿石哲哉 森口稔

実践女子大学 京都外国語大学
14:45
15:25
電子辞書における初級英語学習者に配慮した機能や提示方法の検討 複合語のBNCに於ける頻度と辞書の記載-4つ以上の語基から成る形容詞の場合

小川貴宏、大崎さつき、中山夏恵 西部真由美

成蹊大学、創価大学、前橋国際大学 愛知大学
15:30
16:10
CEFR Level Marker の開発と英語力到達度を考慮した新しい辞典のイメージ 英語辞書に見られる例文の有用性

投野由紀夫,金田 拓,土肥康輔 藤井哲郎

東京外国語大学,東京外国語大学大学院,東京外国語大学大学院 東京慈恵会医科大学
16:15
16:55
CODの記述―初版、6版、8版、10版、12版を比較してー (教育・学習の反省に立った)国語を中心とした調べ学習の薦め-ハンドブックを作ってみて-

畠山利一 村田 年

大阪国際大学 元千葉大学
17:10
17:50


WordSkew



Michael BARLOW



University of Auckland

  


2011年度
JACET英語辞書研究会第二回例会を開催しました。

 講 師: 湯澤伸夫先生(宇都宮大学教授)
 題 目: 「英語の発音と発音記号」
 日 時: 10月22日(土)16:30~18:00
     16:00より受付開始
 場 所: 東洋大学白山キャンパス、6312教室

 



JACET CONVENTION 2011
The 50th Commemorative International Convention
2011 August 30 -- September 2
(JACET第50回記念国際大会)
に研究会として参加しました。

ポスター・セッション
 日 時:8月31日(水)、10:30~16:30
 場 所:西南学院大学
 テーマ:英語辞書研究会の誕生から現在まで
 発表者:赤須 薫、小室夕里




2011年度

JACET英語辞書研究会第一回例会を開催しました。

 講 師: 輿石哲哉氏(実践女子大学教授)
 題 目: 英語の傍系形容詞と関連する諸問題について
 日 時: 5月14日(土)16:30~18:00(質疑応答を含む)
      (受付は16:00開始)
 場 所: 東洋大学白山キャンパス6号館3階(6312教室)

  



The Third Joint Conference on English Vocabulary and Lexicography JACET英語語彙研究会第7回大会 (語彙研究フォーラム2010)及び
第12回JACET英語辞書研究会主催ワークショップ(年次大会)の
合同大会を開催しました。

日 時: 2010年12月11日(土) 10:30~17:00(18:00)
場 所: 早稲田大学 11号館4階会議室(東京都新宿区西早稲田1-6-1)

プログラムは
http://j-varg.sakura.ne.jp/conference/2010/Program2010.pdf
でご覧いただけます。

  



JACET英語辞書研究会2010年度第一回例会を開催しました。

講 師: 石田プリシラ先生 (筑波大学准教授)
演 題: Corpus data and the description of idioms
in Japanese dictionaries
場 所: 東洋大学白山キャンパス 6号館3階(6317教室)
(白山「第二」キャンパスではございませんので、ご注意願います)
日 時: 7月17日(土) 16:30~18:00 (質疑応答を含む)
受 付: 16:00~
参加費: 500円(会員・非会員を問わず)
懇親会: 3000円程(18:00~)
★懇親会につきましては、7月12日(月)までに、
下記問合せ先宛まで、事前の予約をお願い申し上げます。
例会の方は予約なしでどなたでも参加できます。
問合せ: redbeard06 [AT] hotmail.co.jp
辞書研代表 赤須 薫
☆キャンパスマップは、下記URLをご参照ください。
http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html
http://www.toyo.ac.jp/campus/hakusan_j.html




第11回JACET英語辞書研究会主催ワークショップ(年次大会)を開催しました。

 日 時 2010年3月27日(土)11:00~17:10(受付開始10:30)
 場 所 東洋大学白山キャンパス 6号館4階6405教室~6409教室
 参加費 500円(会員・非会員を問わず)
 懇親会 17:30~(要予約・3000円程)

 プログラム

6405 6406 6407 6408 6410
11:15

11:55
現代学習英英辞典の動向  疑問を表す類似表現の機能的区分と拡張-whyとhow comeの場合 コーパスの言語テストへの応用-大学入試問題の文法4択問題の場合ー 辞書における語の位相情報の調査-日本語学習用辞典と英語学習用辞典の比較を中心に
土肥 一夫 井上 亜依 宇佐美 裕子 前坊 香菜子
東京都市大学教授 防衛大学校講師 ランカスター大学院生 一橋大学院生
13:15

13:55
英英辞典を利用した日本人学習者のパラフレーズエラー (不)定冠詞とzero/「無」冠詞―冠詞4種類の選択可能性を標示することに向けて― terror vs. "terrorism":コーパス・新聞アーカイブにおける使用実態の変遷 主要EFL辞書における用例の語彙レベル比較
磐崎 弘貞 菅野 憲司 加野 まきみ 石井 康毅
筑波大学准教授 千葉大学准教授 京都産業大学講師 東京理科大学講師
14:00

14:40
初級学習者におけるメタ認知的活動モデルの提案-読解における辞書検索行動の事例から- as if 構文とその派生について 携帯コーパスとしての電子辞書-例文検索からOSDまで- 使用者から見た学習用英和辞典の評価の例 『ロングマンActive Study英英辞典』[5訂版]:"Active" である理由
中山 夏恵  共愛学園前橋国際大学准教授 井上 徹 関山 健治 甲斐 雅之 小室 夕里
大崎 さつき
創価大学専任講師
成城大学准教授 沖縄大学准教授 京都女子大学准教授 中央大学准教授
14:45

15:25
An overview of user studies published in Lexicon and their implications 英語辞書におけるStretched Verb Constructionsの扱いについて 電子辞書指導についての一考察 Longman Pronunciation Dictionary改訂第3版に見る英語発音の変化 辞書の衰退
金指 崇 吉田 幸治 小山 敏子 藤本 和子 山田 茂
日本大学商学部准教授 近畿大学准教授 大阪大谷大学准教授 創価大学准教授 早稲田大学教授
15:45

16:25
Three Aspects of Wise Learner Dictionary Use 話題転換を表すDMと辞書記述 和英辞典に記載されていない表現について 発音表記の改善案
James Ronald 西川 眞由美 森口 稔 湯澤 伸夫
広島修道大学教授 摂南大学准教授 広島国際大学教授 宇都宮大学准教授
16:30

17:10
英和辞典におけるコロケーション記述について What is phraseology?とWhat is phraseology about? 英語学習者が記憶する語彙的知識の情報量について Voice of America Special English の特色
赤野 一郎 八木 克正 園田 勝英 畠山 利一
京都外国語大学教授 関西学院大学教授 北海道大学教授 大阪国際大学教授

★お願い&ご連絡:
a)PC(Windows)はこちらでご用意致します。pptによるデータはUSBメモリで各自ご用意頂きますようお願い申し上げます。
b)ハンドアウトをご用意頂ける場合は40部を目処にお願い申し上げます。
c)いつもの方式ですが、発表者はご自分の発表が終わりましたら、次の発表の司会進行をお願い申し上げます。
d)申し込みはfirst come first served方式で登録させて頂きます。
e)「発表時間30分+質疑応答10分+移動に5分」を1 unitとしております。
f)当日のscheduleは以下のようになります(上記)
g)展示用の教室が1室あり、McGraw-Hill, Pearson Longman&桐原書店様等の展示が予定されております。
h)参加費の500円ですが、ワンコインをご用意頂ければ会計が大変助かります。
i)WS終了後、懇親会を予定しております。予約を承りますが、後日別メールにてご案内申し上げます。
j)全般的なお問合せ:redbeard06 [AT] hotmail.co.jp
(代表兼会場校担当:赤須)



2009年度JACET英語辞書研究会第三回例会を開催しました。

講 師:Paul Nation(Victoria U of Wellington, NZ教授)
演 題:Turning learners' dictionaries into learning
dictionaries
場 所:東洋大学白山キャンパス 6号館3階(6301教室)
(白山「第二」キャンパスではございませんので、ご注意願います)
日 時:12月12日(土) 16:30~18:00(質疑応答を含む)
受 付:16:00~
参加費:500円(会員・非会員を問わず)
☆キャンパスマップは、下記URLをご参照ください。
http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html
http://www.toyo.ac.jp/campus/hakusan_j.html

  



2009年度JACET英語辞書研究会例会を開催しました。

2009年度JACET英語辞書研究会第2回例会

講 師:Dr Adam Kilgarriff
題 目:Corpora in the classroom without scaring the students
場 所:東洋大学白山キャンパス 6号館3階(6317教室)
日 時:11月6日(金)、17:00~18:30(質疑応答含む)
受 付:16:20~
参加費:500円(会員・非会員を問わず)
懇親会:3000円程(要予約)

  



2009年度JACET英語辞書研究会例会を開催しました。

2009年度JACET英語辞書研究会第1回例会

日 時:6月27日(土)、午後4時(16:00)~[受付15:30~]
場 所:東洋大学白山キャンパス 6号館3階 6317教室
題 目:「ジョンソンの『辞典』――用例に見る文学と語学の融合――」
講 師:三好楠二郎先生(創価女子短期大学教授)
参加費:500円(会員・非会員を問わず。例会の予約は不要)






2008年度JACET英語辞書研究会ワークショップを開催しました。

●JACET英語辞書研究会ワークショップ

日 時:3月14日(土) 受  付10:30~
開会の辞11:00~
発  表11:15~17:15
場 所:成城大学 3号館2階
(東京都世田谷区、小田急線「成城学園前」駅下車徒歩3分。
下記のキャンパスマップをご参照ください)
http://www.seijo.ac.jp/map/index.html
参加費:500円(会員・非会員を問わず)
テーマ:英語の辞書と語彙

当日のプログラムはこちら





2008年度JACET英語辞書研究会第3回例会を開催しました。

日 時:1月31日(土)16:00~17:30
場 所:早稲田大学 7号館301教室
講 師:Dr. Noah Bubenhofer(チューリッヒ大学助手)
タイトル:Obama, McCain and the Linguists: Revealing Rhetorical Strategies Analyzing the Language of the U.S. Presidential Campaign '08
使用言語:英語
参加費:500円(会員・非会員を問わず)
懇親会:ブラスリー・ベール
会 費:2,000円程度
要予約:1月29日(木)までに山田 茂(shyamada [AT] waseda.jp)までお願いします。
懇親会の方は、副代表の山田まで予約をお願い申し上げます。
例会そのものへの事前予約は不要です。



2008年度JACET英語辞書研究会第2回例会を開催しました。

●日時:11月22日(土)15:00-17:45(受付開始 14:40)
●場所:早稲田大学 7号館 3階 329コンピュータ教室
●趣旨:Bilingualized dictionaries, Kernerman Dictionary News他で世界的に有名なK DictionariesのIlan Kernerman氏の来日を機に、主に出版サイドに焦点を当て、意見交換を行う。各社が誇る辞書・検索ツールを紹介し、出版・開発の舞台裏、今後の動向を探る。
●発表者、タイトル(使用言語 英語):
○山田裕子氏(ベネッセコーポレーション 辞典企画課)
"Challenge English-Japanese and Japanese-English Dictionaries" for Junior High School Students: Compilation Process from the Educational and Users' Perspectives
○西垣浩二氏・鹿島康政氏・山本康一氏(三省堂辞書出版部)
Sanseido's Dual Dictionary: Creating Print and Web-based Versions
○Ilan Kernerman氏(K Dictionaries)
"Which Type of English Learners Dictionary Today?"
○司会:山田 茂(早稲田大学)








English Lexicography in Japanが2008年度JACET学術賞を受賞しました。

2008年9月11日(木),JACET全国大会(早稲田大学)において表彰式が行われ,西田理事による経過説明,岩井先行委員長による報告のあと,森住会長から4名の編者(石川・南出・村田・投野の各氏 ABC順)に賞状が贈られました。


2008年度JACET英語辞書研究会第1回例会を開催しました。

講 師:鎌倉義士氏(バーミンガム大学大学院生)
題 目:学習者コーパスと辞書への応用
日 時:8月30日(土)、15:00~16:30(受付は14:30より)
参加費:500円(会員・非会員を問わず)
場 所:東洋大学白山キャンパス6号館2階 6218教室




JACET英語辞書研究会・英語語彙研究会合同研究大会を行いました。
日時:2008年(平成20年)3月22日(土)
場所:麗澤大学



2007年度JACET英語辞書研究会例会を開催しました。

日時 11月17日(土)14時30分~16時30分(受付開始14時)
場所 東洋大学白山キャンパス6号館
講師 小山敏子先生(大阪大谷大学短大部)
講演内容 電子辞書と印刷辞書の検索行動の比較:検索頻度、語彙定着度、テキスト理解度を中心に
参加費 会員・非会員を問わず500円(事前申込不要)
問合せ 英語辞書研代表 赤須 薫
redbeard06 [AT] hotmail.co.jp

 



English Lexicography in Japan(Taishukan)が
 イスラエルの辞書学専門誌で紹介されました!


Kernerman Dictionary News No 15

編者の一人である石川慎一郎氏(神戸大)による紹介とともに,ジョージア大学のDon R. McCreary氏による書評が掲載されています。
ぜひ,研究室や図書館などにおそろえください。大修館書店紹介ページへ



役員が交代しました。
2007年4月に事務局ならびに運営委員が交代しました。任期は2年で、2007年4月から2009年3月までとなります。
新体制は以下の通りです。

事務局:
代 表:赤須  薫(東洋大学)
副代表:山田 茂(早稲田大学)
会 計:川村 晶彦(成城大学)

運営委員:
石川慎一郎(神戸大学) 井上 永幸(広島大学) 磐崎 弘貞(筑波大学) 小室 夕里(中央大学)
投野由紀夫(東京外国語大学) 畠山 利一(大阪国際大学)

前代表:村田 年(和洋女子大)



英語辞書研究会ワークショップを開催しました。

「英語の辞書と語彙」
プログラム&発表概要集ダウンロード
■開催日:2007年3月24日(土)11時00分~17時05分
■会 場:京都外国語大学1号館4階(京都市右京区西院笠目町6)
■研究発表:40件,45名
■主  催:大学英語教育学会(JACET)英語辞書研究会
■共  催:京都外国語大学 外国語学部 英米語学科
■協  賛:JACET英語語彙研究会
■事務局:和洋女子大学外国語教育研究センター内
 JACET英語辞書研究会代表  村 田  年
■実行委員: 赤須 薫,石川慎一郎,井上永幸,大崎さつき,小室夕里,投野由紀夫,南出康世,森口 稔,山田 茂,吉田幸治
■会場校委員:赤野一郎,倉田 誠,藤枝善之,藤本幸治



English Lexicography in Japan (邦題:『日本の英語辞書学』)が刊行されました
大修館書店 新刊紹介ページへ

ご注意: 本書は英文による研究書ですが,amazonはじめ,国内書店での発注・問い合わせの際は,邦題「日本の英語辞書学」をお使いください。



English Lexicography 関係者一覧
 ■編集委員(Editors)
  石川慎一郎, 南出康世, 村田 年, 投野由紀夫

 ■編集顧問(Advisory Board)
  池上嘉彦,  木原研三, 国広哲弥, 小島義郎,小西友七,  竹林 滋, 寺澤芳雄
  Reinhard Hartmann, Adam Kilgarriff, Tom McArthur, Michael Rundell, Howard Jackson

 ■特別審査委員(Senior Reviewers)
  加藤和男, 河上誓作, 豊田昌倫, 中尾啓介,東 信行, 宮井捷二, 村田勇三郎



2006年度JACET英語辞書研究会例会を開催しました

日時:2006年10月7日(土)14:30-17:20
場所:早稲田大学9号館5階 商学部大会議室
内容:対談「英国辞書学事情 ― バーミンガムでの一年」
講師:赤須 薫(東洋大学)、山田 茂(早稲田大学)
会費:500円(会員・非会員を問わず)

●対談のひとつの流れ(これは,両講師から得た情報をもとに司会の方で描いた流れであって,この通り進むわけではありません。村田 年)

●1.いざ在外研究 (辞書学) への出発
  1)英国生活一般(ビザ、住居、Council Tax, etc)
  2)バーミンガム(環境、住居)
  3)英国観光

●2.在外研究の受入れ状況
1)バーミンガム大学での在外研究受け入れ先:
Centre for Advanced Research in English at Westmere
    administratorのMichelle Devereux
  2)ウェストミアでの研究員生活(環境、ベンチ・フィー)
  3)今後在外研究をする人への参考情報

●2.憧れの 「バーミンガム大学」
1)バーミンガム大学の英語学科一般
2)大学院のプログラム
 MA in Lexicography
  3)英文科(シンクレア教授記念講演などの催し、コーパス学会)
  4)授業(ハワード・ジャクソン、ロザマンド・ムーンの「辞書学」他)
  5)バーミンガムの大学院生(日本からの留学生も含め)
  6)English Language Seminar(通称火曜セミナー)
   English Language Postgraduate Seminar(通称金曜セミナー)

●3.University of Central England (ハワード・ジャクソン氏の大学)の英語学科、大学院
Howard Jacksonの授業

●4.バーミンガムの辞書学
   1)COBUILDのこと
   2)The Bank of Englishのこと
   3)コーパス研究バーミンガム流
   4)phraseology研究
   5)研究成果、辞書観、今後の展望

●5.バーミンガムで出会った人々
  Rosamund Moon,   Reinhard Hartmann, John Sinclair, Howard Jackson,
 Antoinette Renouf, Ramesh Krishnamurthy, Malcolm Coulthard,
 Tony Cowie, Jeremy Clear, その他大勢

●7.その他
 1)ERASMUSヨーロッパの大学間の留学生交換プログラム
 2)Johnsonの辞書250周年



JACET英語辞書研究会 英語辞書セミナーを開催しました

●英語辞書学セミナー
日 時:2006年11月11日(土)11:00-18:10
場 所:東洋大学 白山キャンパス 6号館1階 (東京都文京区白山5-28-20)
  交通・地図:都営地下鉄三田線「白山」駅または東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩5分。
  アクセスの詳細についてはhttp://www.toyo.ac.jp/campus/index.
    htmlにて、左上の「白山キャンパス」の[キャンパスマップ]および[地図]をクリックしてください。「白山第2キャンパス」ではあ  りませんの で、ご注意願います。
参加費:9,000円 (学生は7,000円. 定員45名)
講 師:ハワード・ジャクソン教授(セントラル・イングランド大学教授)
    マイケル・ランデル氏(Macmillan English Dictionary編者)

●プログラム:
11:00-12:10  Jackson (1) English dictionaries: producers and consumers
12:10-13:30  Lunch
13:30-14:40  Rundell (1) Developing and querying your own corpus: the state of the art
15:00-16:10  Rundell (2) Finding Word Senses
16:30-17:40  Jackson (2) Issues concerning MLDs
17:40-18:10 Comments on papers in English Lexicography in Japan
18:30-20:00  Party (任意参加。会費は別途徴収します。)

★いま編集中の論文集へのコメント
時間を30分取って,論文集 English Lexicography in Japan の全体的な印象,特に気づいた特定の論文へのコメントをいただきます。講師はおふたりともこの論文集の編集顧問をお願いしています。論文執筆者の中で,セミナー出席の方のお名前は前もって知らせます。ご期待ください。

●講師紹介:
Prof. Howard Jackson
英国バーミンガムにあるUniversity of Central Englandの英語学科教授。
語彙・文法・意味の分野の諸問題に造詣が深く,Words and Their Meaning (Longman, 1988), Grammar and Meaning (Longman, 1990), Grammar and Vocabulary (Routledge, 2002) などの好著がある。特に,Lexicography: An Introduction (2002) (南出康世・石川慎一郎監訳 『英語辞書学への招待』 大修館書店)は辞書学のさまざまな分野を広くかつ深くカバーし,必読書となっている。ジャクソン氏は難しい問題を平易なことばでやさしく解説してくれることで定評があり,今回の一連の講演はそれを実感する機会になると思われる。


Mr. Michael Rundell
Macmillan English Dictionary(2001)編者。Sue Atkins氏,Adam Kilgarriff氏と共にThe Lexicography MasterClassを主宰。コーパスの辞書編集への応用の第一人者。数多くの辞書プロジェクトを手掛け,コーパスの構築,検索ソフト開発,辞書に関わる人材の養成に携わり,辞書界をリードしてきた。主な辞書・論文:Longman Dictionary of Contemporary English (2/e, 1987 & 3/e, 1995),Longman Language Activator (1/e,1993),Longman Dictionary of English Language and Culture (2/e, 1999); "Recent trends in English pedagogical lexicography" (International Journal of Lexicography 11.4 [1998]), "Dictionary use in production" (IJL 12.1 [1999])

●各講師からのメッセージ
Professor Howard Jackson:
I am delighted to have been invited to participate in these seminars, not only because this gives me the opportunity to visit Japan for the first time, but also because I know how much keen interest there is in Japan in dictionaries and lexicography. I have been teaching about lexicography for many years to students at my own university, and I am always pleased when students find that the study of dictionaries is not the boring subject that they thought it would be, but the entry to the fascinating world of words and our attempts to describe them for varying purposes. I am looking forward to sharing some of that fascination with you, as we explore together some current topics in this important field of study.

Mr. Michael Rundell:
It's a great pleasure to be back in Tokyo discussing lexicographic issues in such knowledgeable and enthusiastic company. I'm delighted too to be sharing a platform with Howard Jackson. Despite the impressive advances in our field, the opportunities for further improving our description of languages have never been greater. I look forward to a fascinating and enjoyable day.

●主催:JACET英語辞書研究会
●共催:JACET英語語彙研究会
 実行委員:赤須 薫, 石川慎一郎, 大杉正明,小室夕里, 投野由紀夫,南出康世, 村田 年, 山田 茂
 事務局:赤須 薫(redbeard06 [AT] hotmail.co.jp),山田 茂,村田 年


辞書研究会に関する問い合わせは代表の小室夕里(yurik [AT] tamacc.chuo-u.ac.jp)まで,
ウェブサイトに関する問い合わせはサイト管理者の石井康毅(ishii [AT] seijo.ac.jp)までお願いします。

大学英語教育学会英語辞書研究会 (C) 2005-2018