北海道大学大学院水産科学院・水産学部海洋生物科学科

海洋生物学講座:動物生態学研究室

私たちは、おもに底生動物を対象とした基礎生態学と応用生態学の研究をしています。
行動生態学の研究が多く、野外調査や観察、実験によって行動や生態を調べています。
本研究室の前身は、鹹水増殖学講座、ベントス講座です。


        

最近の対象生物:節足動物 (ヤドカリ、カニ、フジツボ、アナジャコ)、軟体動物 (エゾボラ、ヒメエゾボラ、ムシロガイ、アメフラシ、アサリ)、刺胞動物 (クラゲ)、脊椎動物(イワナ、アマゴ、キンギョ)

私たちの調査地、葛登支岬周辺の海岸に生息する動物などを紹介した葛登支生き物図鑑もご覧ください。
研究室で研究している動物の動画をご覧になりたい方はこちらです。


News

  • 山上竜生くんの論文がJournal of Molluscan Studiesに受理! 修士2年の山上竜生くんの論文がJournal of Molluscan Studiesに受理されました。肉食性巻貝であるヒメエゾボラは北海道の代表的な水産巻貝ですが、意外なことに、今までは有珠湾でヒメエゾボラが捕食している餌の90%が外来種のムラサキイガイであるという研究例しかありませんでした。今回の山上くんの論文は、ムラサキイガイのいない場所(函館湾葛登支岬周辺の海岸)でヒメエゾボラがおもに巻貝(ヤマザンショウガイやクボガイなど)、そしてアサリ類を捕食していることを丹念な野外調査によって解明しました。 Yamakami, R., Wada S. (accepted). Prey utilization by Neptunea ...
    Posted Oct 26, 2020, 2:31 AM by Satoshi Wada
  • 「海岸動物の生態学入門」出版! 日本ベントス学会の30周年記念として、「海岸動物の生態学入門 — ベントスの多様性に学ぶ」という教科書が、まもなく出版されます (9月中旬に店頭に並ぶ予定)。書名のとおり、海岸動物 (ベントス中心) を題材としている、行動生態学から群集生態学まで幅広く扱ったフルカラーの入門書です。和田が3章と6章を執筆しており、石原がコラムを執筆しています。ぜひご一読ください。 詳しくは海文堂さんのウェブサイトに掲載されている紹介ページをご覧ください。 
    Posted Aug 22, 2020, 9:11 PM by Satoshi Wada
  • 2020.8.8. 葛登支生き物図鑑公開 学生主導で開発が進められてきたサイト、葛登支生き物図鑑。葛登支初心者の方も、ベテランの方も楽しめる、美しい写真やなるほどな解説が多数アップロードされています。一見の価値あり!アクセスはこちらからどうぞ。https://sites.google.com/view/kattoshifriends
    Posted Aug 18, 2020, 2:03 AM by Satoshi Wada
  • 2020.5.26. 木戸結菜さんの論文がPlankton & Benthos Researchに受理! 2020年3月に修士課程を修了した木戸結菜さんの論文がPlankton & Benthos Researchに受理されました。ヤドカリでは、貝殻闘争のために、貝殻を要求する個体が相手のヤドカリに自分の貝殻をリズミカルにコンコンコンと打ちつけるrapping行動が知られています。木戸さんは、ヨモギホンヤドカリのオスが、メスの貝殻を引き寄せて自分の貝殻にガツンとぶつけるという、rapping行動とは逆の行動を示すこと (inverse rapping 通称ガツン行動) を発見しました。そして、ガツン行動が貝殻闘争のための行動ではなく、配偶行動のひとつであることや、その機能について、根気強く丹念に繰り返した実験によって明らかにしました ...
    Posted Oct 26, 2020, 2:23 AM by Satoshi Wada
  • 2020.2.12 令和元年度修士研究発表会を行いました 修士2年生5人が2年間取り組んできた修士研究を発表しました。修士2年生の皆さま、お疲れさまでした!・ホンヤドカリ Pagurus filholi のメスの右鋏脚は武器形質か?(伊與田朋未)・クローンの表現型可塑性にみられる個体間変異:ミズクラゲポリプによる検証(小川華乃子)・Males show "inverse rapping" to receptive females as a mating behavior in the hermit crab Pagurus nigrofascia (和文題目 ...
    Posted Feb 12, 2020, 9:08 PM by Yuina KIDO
Showing posts 1 - 5 of 36. View more »

最近の主要研究業績

AuthorsYearTitleJournalURL
Yamakami, R. and S. Wada 2020 Yamakami, R. and Wada S. (accepted). Prey utilization by Neptunea arthritica (Gastropoda: Buccinidae): predation on gastropods and size-related variation.  Journal of Molluscan Studies  
Kido, Y. and S. Wada 2020 Males display “inverse rapping” as a mating behavior to receptive females in the hermit crab Pagurus nigrofascia Plankton & Benthos Research https://www.jstage.jst.go.jp/article/pbr/15/3/15_B150308/_article/-char/ja/ 
Tamechika, M., Matsuno, K., Wada, S. and Yusa, Y. 2020 Different effects of mating group size as male and as female on sex allocation in a simultaneous hermaphrodite Ecology and Evolution http://dx.doi.org/10.1002/ece3.6075 
Yasuda, C. I., Takiya, Y., Otoda, M., Nakano, R., Koga, T. 2018 Is the seasonal change of sexual differences in shell use by the hermit crab Pagurus minutus considered to be driven by growth or reproduction? Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom http://dx.doi.org/10.1017/S0025315418000905 
Morita, A., Wada, S. 2018  Antenna Length in the Hermit Crab Pagurus middendorffii: Sexual Dimorphism and Effect on Two Types of Male–male Competition. 北海道大学水産科学研究彙報 http://hdl.handle.net/2115/71150 
Landeira, J. M. and H. Tamura 2018 Morphology of the first zoea of Chaceon affinis (A. Milne-Edwards & Bouvier, 1894) and occurrence of Chaceon spp. larvae (Decapoda: Brachyura: Gerynonidae) in the Canary Islands waters, Northeastern Atlantic. Zootaxa http://www.mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4413.3.11 
Yasuda, C. I., Otoda, M., Nakano, R., Takiya, Y., Koga, T 2017  Seasonal change in sexual size dimorphism of the major cheliped in the hermit crab Pagurus minutus. Ecological research  https://doi.org/10.1017/S0025315418000905 
Tamura, H., Landeira, J. M., Goshima, S 2017 Morphological and morphometric variability in the zoea I larvae of Pugettia quadridens (De Haan, 1839): looking for reliable characters for taxonomic studies on the genus Pugettia Dana, 1851 (Majoidea: Epialtidae). Zootaxa http://www.mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4413.3.11 
Yasuda, C. I. and T. Koga 2016 Importance of weapon size in all stages of male–male contests in the hermit crab Pagurus minutus Behavioral Ecology and Sociobiology https://link.springer.com/article/10.1007/s00265-016-2221-0 
Yasuda, C. I. and T. Koga 2016  Do weaponless males of the hermit crab Pagurus minutus give up contests without escalation? Behavior of intruders that lack their major cheliped in male-male contests Journal of Ethology https://link.springer.com/article/10.1007/s10164-016-0470-z 
Showing 10 items from page 主な研究業績 sorted by Year, create time. View more »

Copyright © 2018 動物生態学講座