北海道大学大学院水産科学院
水産学部海洋生物科学科・海洋生物学講座

動物生態学研究室


私たちは、おもに底生動物を対象とした基礎生態学と応用生態学の研究をしています。
行動生態学の研究が多く、野外調査や観察、実験によって行動や生態を調べています。
本研究室の前身は、鹹水増殖学講座、ベントス講座です。             

最近の対象生物
節足動物 (ヤドカリ、カニ、フジツボ、アナジャコ)
軟体動物 (エゾボラ、ヒメエゾボラ、ムシロガイ、アメフラシ、アサリ)
刺胞動物 (ミズクラゲ)
棘皮動物 (ウニ (カシパン))
脊椎動物 (イワナ、アマゴ、アゴハゼ)


News:研究室のニュースです
研究室メンバー:現在の研究室メンバーとこれまでのメンバーの就職先です
研究業績 (論文):研究室メンバーが執筆した論文のリストです
研究業績 (学会発表) :研究室メンバーが学会で発表したタイトルなどのリストです

葛登支生き物図鑑
研究室メンバーの主な調査地である「葛登支岬」(函館湾西端)周辺に生息する動物などの図鑑を皆で作りました
七重浜生き物図鑑
研究室教員が担当する
学部3年生の学生実験で例年調査地としている「七重浜海浜公園」の海岸で見つかる動物などの図鑑を皆で作りました
動物生態学研究室のYouTube動画
研究室メンバーが研究している動物や海で見つけた魅力的な動物の動画集です


News

  • 2021.6.4 山田寛之くんの論文がEvolutionでオンライン公開 博士課程2年の山田寛之くんの論文がEvolutionでオンライン公開されました。和歌山県の古座川水系に生息するアマゴには、彼らが遡上できない高さをもつ砂防ダムの上流域にも生息し続けている個体群があります。そのような個体群では河川の増水時にも流されにくい形質をもつ個体の頻度が増えるという進化が起こっていることを、野外調査と共通環境実験、そして野外実験によって明らかにしました。とくに野外実験では、ふだんは枯れ川となっている川が、梅雨時期には水が流れる状態になることを利用して、大雨が降り増水が起こる数日前に稚魚を放流し、そして水がひいてきてから、その稚魚を再捕獲するという大規模な実験を行いました。今回の山田くんの論文は ...
    Posted Jun 9, 2021, 6:50 PM by Satoshi Wada
  • 2021.5.29 山上竜生くんの論文がJournal of Molluscan Studiesでオンライン公開 2021年3月に修士課程を修了した山上竜生くんの論文がJournal of Molluscan Studiesでオンライン公開されました。肉食性巻貝であるヒメエゾボラは北海道の代表的な水産巻貝ですが、意外なことに、今までは有珠湾でヒメエゾボラが捕食している餌の90%が外来種のムラサキイガイであるという研究例しかありませんでした。今回の山上くんの論文は、ムラサキイガイのいない場所(函館湾葛登支岬周辺の海岸)でヒメエゾボラがおもに巻貝(ヤマザンショウガイやクボガイなど)、そしてアサリ類を捕食していることを丹念な野外調査によって解明しました。 Yamakami, R., Wada S. 2021. Prey utilization ...
    Posted May 28, 2021, 6:14 PM by Satoshi Wada
  • 2021.5.27. 山上竜生くんの論文がPlankton and Benthos Researchに受理! 2021年3月に修士課程を修了した山上竜生くんの論文がPlankton and Benthos Researchに受理されました。今度の論文はJournal of Molluscan Studies誌で印刷中の論文(下記)の続編です。Yamakami, R., Wada S. (in press). Prey utilization by Neptunea arthritica (Gastropoda: Buccinidae): predation on gastropods and size-related variation ...
    Posted May 26, 2021, 10:23 PM by Satoshi Wada
  • 2021.5.21. 津崎尚也くん、村上万龍くんの論文がCANCERに受理! 修士2年の津崎尚也くんと卒業生の村上万龍くんの論文が日本甲殻類学会誌CANCERに受理されました。津崎くんがヤドカリの貝殻利用状況を、村上くんが巻貝の種組成を、それぞれこつこつと調べあげた合作です。津崎くんにとって初の投稿論文であり、大変良い経験になったと思います。津崎尚也・村上万龍・石原(安田)千晶・和田 哲. 受理. 北海道南部に生息するヤドカリ2種における貝殻利用パターンの種間変異. CANCER (印刷中).
    Posted May 26, 2021, 10:24 PM by Satoshi Wada
  • 2021.5.10 七重浜生き物図鑑公開 葛登支生き物図鑑の姉妹サイトとして作成された、七重浜生き物図鑑。七重浜は、キャンパスから自転車や徒歩でも行ける、身近な観察地点です。図鑑を見ながらお散歩などいかがでしょうか。
    Posted May 12, 2021, 1:47 AM by ayumi Morita
Showing posts 1 - 5 of 46. View more »

最近の主要研究業績

AuthorsYearTitleJournalURL
Yamakami, R. and S. Wada 2021 Prey preferences of juvenile whelk Neptunea arthritica (Gastropoda: Buccinidae) in Hakodate Bay, Hokkaido, Japan.  Plankton and Benthos Research  
Yamada, H. and S. Wada 2021 Morphological evolution reduces downstream displacement in juvenile landlocked salmon.  Evolution  
Yamakami, R. and S. Wada 2021 Prey utilization by Neptunea arthritica (Caenogastropoda: Buccinidae): predation on gastropods and size-related variation.  Journal of Molluscan Studies https://academic.oup.com/mollus/article/87/2/eyab016/6285210 
Kido, Y. and S. Wada 2020 Males display “inverse rapping” as a mating behavior to receptive females in the hermit crab Pagurus nigrofascia Plankton & Benthos Research https://www.jstage.jst.go.jp/article/pbr/15/3/15_B150308/_article/-char/ja/ 
Tamechika, M., Matsuno, K., Wada, S. and Yusa, Y. 2020 Different effects of mating group size as male and as female on sex allocation in a simultaneous hermaphrodite Ecology and Evolution http://dx.doi.org/10.1002/ece3.6075 
Yasuda, C. I., Takiya, Y., Otoda, M., Nakano, R., Koga, T. 2018 Is the seasonal change of sexual differences in shell use by the hermit crab Pagurus minutus considered to be driven by growth or reproduction? Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom http://dx.doi.org/10.1017/S0025315418000905 
Morita, A., Wada, S. 2018  Antenna Length in the Hermit Crab Pagurus middendorffii: Sexual Dimorphism and Effect on Two Types of Male–male Competition. 北海道大学水産科学研究彙報 http://hdl.handle.net/2115/71150 
Landeira, J. M. and H. Tamura 2018 Morphology of the first zoea of Chaceon affinis (A. Milne-Edwards & Bouvier, 1894) and occurrence of Chaceon spp. larvae (Decapoda: Brachyura: Gerynonidae) in the Canary Islands waters, Northeastern Atlantic. Zootaxa http://www.mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4413.3.11 
Yasuda, C. I., Otoda, M., Nakano, R., Takiya, Y., Koga, T 2017  Seasonal change in sexual size dimorphism of the major cheliped in the hermit crab Pagurus minutus. Ecological research  https://doi.org/10.1017/S0025315418000905 
Tamura, H., Landeira, J. M., Goshima, S 2017 Morphological and morphometric variability in the zoea I larvae of Pugettia quadridens (De Haan, 1839): looking for reliable characters for taxonomic studies on the genus Pugettia Dana, 1851 (Majoidea: Epialtidae). Zootaxa http://www.mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4413.3.11 
Showing 10 items from page 主な研究業績 sorted by Year, create time. View more »

Copyright © 2018 動物生態学講座