ヒーリングサロン アイム


ヒーリングサロン アイム  はエネルギーワークの研究、開発、提供を行うサロンです。

アイムの目標は「全人類の創造的意識の覚醒」です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせ1
9月5日 お客様の感想(推薦文) 霊的憑依呪詛の解除ワーク
8月11日 お客様の感想(推薦文) 真空へのダイレクトアクセス改、他

★お知らせ2
8月21日 AIMガーディアン改(覚醒伝授者専用) 公開
  ※既にワーク済みの方は自動アップデート(但しワーク条件を満たしている場合)
8月14日 黄金率調整(改) 公開



★生命場という創造的空間について
宇宙には2つの力の流れがあります。それがNOOS(ヌース)とNOS(ノス)です。ヌースは男性性、ノスは女性性とも関係しています。
このヌースとノスは、ヌーソロジー(半田広宣氏の提唱する思考体系)における表現です。
ヌースは神的知性とも呼ばれ、宇宙の創造的エネルギーの流れを表しています。ノスはそれを受け取る力であり、私たちの自我意識はこのノスを基本にしています。
ヌースの創造的生命力は潜在化しており、私たちの無意識として働いています。この隠れている無意識を意識化するプロセスを進めることが、覚醒ワークの大きな方向性となっています。
現在の開発は、ヌーソロジーの思考体系を重要なガイドマップとして用い、また(無意識領域を扱う)コーチング技術も考慮しながら進めています。
※この無意識領域は身体性(身体意識)とも密接に関係しており、合気や気功(神気功)なども含めて開発を進めています。

※ヌーソロジーに照らすと、解放(覚醒)ワークで扱ってきたのは、(解放ワーク開始から)約5年分がノス側の情報になります。宇宙をケイブユニバース(環状)と捉え、ヌースとノスの2つの力の流れがあると見た時、一つの大きな流れ(人間→素粒子)がノスであり、もう一つがヌース(素粒子→人間)の流れです。2つの流れは互いに逆であり、ヌース側が潜在化している状態が今の人間の意識です。約5~6年掛けた解放は、このノスの流れを開いていく(厳密にはヌースに掛かる制限を外す)、素粒子に行き着くことで新しい流れ(ヌースの流れ)に方向転換しました。この転換が解放ワークから覚醒ワークへの転換です。
ヌースが生命場の力、宇宙を創造した力の流れであり、その隠れた力を蘇らせることが、これからの開発のメインのテーマとなっていきます。
※潜在化した生命場には抑圧された生命の情報(トラウマなど)があります。それを浮上させ解放するプロセスも含まれ、それが(生命)力を覚醒させます。
※ちなみに、真空へのダイレクトアクセス改は、ノス側にある(意識)軸をヌース側へと移行させる役割があります。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






【ワークを受ける順序について】

最初のワークとしてお勧めは、意識の覚醒ワーク1stです。

アイムのほとんどのワークは覚醒ワーク1stを前提として提供しており、生命場に入り無意識を意識化していくプロセスを進めるためには必須と考えています。

また、固定された見方や考え方(観点、価値観)といった強く拘束されている意識を最初に解きほぐす役割があります。これによって、感じ方、捉え方、見え方などが変容するベースが作られ、次に進むべき道が見えてきます。

覚醒ワーク1stの次のお勧めは「真空へのダイレクトアクセス改」です。より深まった「空」を起点として自分自身の解放を進めたり、(他者への)ヒーリングを行えるようになります。
 ※「真空へのダイレクトアクセス改」が、自分や他者へのヒーリング(生命場への介入と解放)を行う最初の段階と考えています。

また、覚醒ワークを他者(家族や友人・・)に行っていきたい方は、覚醒ワーク伝授へと進めます。
目的によっては、AIMヒーリングやAIM結界ワークまたは、コーチング(タイス式、苫米地式)などから今必要なものを選択することもできます。
 ※覚醒伝授、コーチング、どちらを先に受けて頂いても価格に差はありません。

  ・意識の覚醒ワーク1st  →  真空へのダイレクトアクセス改  →  黄金率調整(改)


          → 意識の覚醒ワーク伝授
          → タイス式&苫米地式コーチング

          → AIMコーチヒーリングなどのAIM系ワークなど



ą
笠原一星,
2009/12/05 6:47
ą
笠原一星,
2011/05/26 9:49
ą
笠原一星,
2009/09/28 18:02
ą
笠原一星,
2010/11/30 21:30
ą
笠原一星,
2010/11/30 21:33
ą
笠原一星,
2009/07/22 0:13
Comments