ヒーリングサロン アイム


ヒーリングサロン アイム  はエネルギーワークの研究、開発、提供を行うサロンです。

アイムの目標は「全人類の創造的意識の覚醒」です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせ1


★お知らせ2
4月12日 AIM量子封印解除ワーク 公開

4月12日 AIM覚醒ワーク系 価格の大幅改定

価格改訂に伴い、既に(2018年4月12日以前)AIM覚醒ワーク系を受けられている方は、次のような特典があります。
 ・AIM意識の覚醒ワークを既に受けている方 → AIM覚醒エナジーサイクルを無償
 ・
AIM覚醒エナジーサイクルを既に受けている方 → AIMチャクラ覚醒ワークを無償
 ・AIMチャクラ覚醒ワークを既に受けている方 → AIM遺伝子覚醒ワークを無償
 ・AIM遺伝子覚醒ワークを既に受けている方 → AIM量子封印解除ワークを無償
※ご希望のワークを個別にお申込み下さい。(自動的には行われません)
※AIMトラウマ解除ワークを途中まで既に受けている方も特典があります。詳細はメニューページにて。
※意識の覚醒ワークをより受けやすい価格帯へと変更することで、多くの方に自分のベース(本来の自分との対話)を確立して頂きたいと考えています。
※不明な点がありましたら個別にご相談下さい。
※魂、媒体の解放、魂伝授・・など、旧解放ワーク、また旧覚醒ワーク系(プレワークも含め)で止まっている方にも、AIM覚醒ワーク系を受ける際に割引(優待価格)を設定させて頂きます。個別にご相談下さい。


※AIM覚醒伝授者で営業権を持たれている方は、チャクラ覚醒ワークまでクライアントへワーク可能になります。個別にお問い合わせください。
※AIM覚醒伝授者は改めて
AIM量子封印解除ワークを受ける必要はありません。含まれております。


★価格改訂について
AIM覚醒ワーク系を全体的に価格変更致しました。(質の向上に伴いAIM覚醒伝授のみ少し値上げになっております)。特にAIM意識の覚醒ワークを大幅に値下げ致しました。そのため既にこのワークを受けている方については、次のAIM覚醒エナジーサイクルまで負担ゼロで進んで頂けるように配慮致しました。また同様にAIM量子封印解除まで一段ずつスライドできるようにしております。
今回
、AIM量子封印解除が完成したことでこのような価格変更が可能になりました。封印解除までのトータル価格は、以前の遺伝子覚醒ワークまでのトータル価格とほぼ同じになっています。同じトータル価格でワークの質を一段上げています。
覚醒ワークはアイムにおいて基礎を成すワークです。その最初のワーク(AIM意識の覚醒ワーク)が受けやすい価格帯となることで、本当に必要とされる方にいち早く覚醒のための重要なベース(本来の自分の在り処)を確立して頂けると考えております。
※旧解放ワーク、旧覚醒ワーク、を受けられた方についても、AIM覚醒ワークに進みたい方には個別に優待価格などを提示することで負担を軽減しています。ご希望の場合はお問い合わせ下さい。(優待は永続ではありませんので、予めご了承ください)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






【ワークを受ける順序について】

アイムのワークを本格的に受ける前にお勧めするのが、EMIワークやAIMシステムヒーリング、気功ヒーリングです。

特に気功ヒーリングは(物理的)身体に近い領域を扱うのと、バランスを整え、症状を緩和していくため、体感しやすいという利点があります。

さらに意識の目覚め(覚醒)といった部分に興味を惹かれる段階になりましたら、AIM覚醒ワーク系が大きな後押しをしてくれます。

最初はAIM意識の覚醒ワークからスタートします。(AIMトラウマ解除ワークを準備として行えます)

このワークの中には非常に多くの情報が結晶化して組み込まれています。

一生に一度のみの重要なワークになります。目覚めの突破口として活用頂けたら幸いです。


今後、AIM意識の覚醒ワークを他者(家族や友人・・)に行っていきたい方は、伝授へと進むことができます。ただ、必須ではありません。
長期に渡り研究、開発を行ってきた膨大な情報を伝達する特殊なワークになりますので、本当に必要な方のみ伝達できればと考えています。

  ・気功ヒーリング(神気功気功整体
  ・AIMシステムヒーリング などのアイムワーク
  ・AIMトラウマ解除ワーク  →AIM覚醒ワーク系へ

<AIM覚醒ワーク系>
    ☆さらに先に進む場合は → AIM意識の覚醒ワーク伝授



ą
笠原一星,
2009/12/05 6:47
ą
笠原一星,
2011/05/26 9:49
ą
笠原一星,
2009/09/28 18:02
ą
笠原一星,
2010/11/30 21:30
ą
笠原一星,
2010/11/30 21:33
ą
笠原一星,
2009/07/22 0:13
Comments