ヒーリングサロン アイム


ヒーリングサロン アイム  はエネルギーワークを専門とするサロンです。

アイムの目標は「全人類の物質的精神的貧困の解消」です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせ1
3月21日 お客様の感想 タイス&苫米地式コーチング
3月7日 お客様の感想 覚醒ワーク1st

3月4日 お客様の感想 AIM魅力アップワーク


★お知らせ2
~~~~~~~~~~~~~~~
3月22日 トライアルヒーリングについて
・期間限定(3月31日まで)で「トライアルヒーリング」を実施致します。トライアル(お試し)なので、お一人様1回となります。(2回目をご希望の方はAIMヒーリングをご利用下さい)
トライアルヒーリングでは、人を人たらしめているセンター(正中線、中心軸・・・)という身体意識において最も重要な構造を開いていくヒーリングをメインにしてゆきます。
センターを開くことは意識や身体、そして身体意識という人の才能(能力)に大きく関与している部分を開くことでもあり、生き方を根底から変えていく可能性を持っています。また、センターを作る(強化する)ことは全身の緩みを生み出し、心身の在り方を向上させます。身体意識(センターや丹田)を強化するには、その前提として身体が緩んでいる必要があります。武道などの達人は常に心身が深く緩んでおり、だからこそ大きなエネルギーを身体意識(丹田・・)で動かすことができると言えます。
特に前提条件となるワークはなく、どのような方も受けて頂けます。(初めてアイムのワークを受けられる方にもお勧めです)
期間限定価格;5万円(税込)、遠隔;20分です。(10%OFF特別制度は利用可能です)
ご希望の方はお申し込みフォーマットにご記入頂き、お送りください。


【ご感想】
☆匿名 30代男性 苫米地式認定コーチ


こんにちは。笠原さんにワークを実施いただいてから更にいい感じに変化してきています♪ 芯が通って気の巡りがよくなり、情報的身体を大きくしやすくなったのか肩の痛みがどんどんなくなる方向に移行してます( ^ω^ ) 痛みを感じていた肩の部分を緩めるのも凄くやりやすくなりましたっ クライアントが増えても大丈夫な感じ。 ありがとうございます!

~~~~~~~~~~~~~~~

3月7日 ・星の人、人間存在の究極的進化などについて記載 ・・覚醒伝授ページ



<身体意識と人類の進化について> ~覚醒伝授の解放~

私たちは意識と身体という2種類の要素が組み合わさった生命体です。意識、つまり魂と呼べるものだけでは私たちの人生は成立せず、身体という器だけでも成立しません。

意識と身体という全く異なったものが出合い、そして結ばれた時、私たちはそれぞれ個としての我を持ち、この世界に生まれてきました。

意識と身体という2つの異なる軸(方向性)の間に存在する身体意識の構造は、まさに私たちの「自我」を作り出しています。

身体意識は普通に生活していれば(社会の常識に従っていれば)、硬直し閉じていきます。拘束状態の身体意識は、意識(顕在意識)に悪影響を及ぼし、そして身体にも悪影響(身体の筋肉、臓器、・・の硬直)を及ぼします。(身体への悪影響はいずれ病気として現出しますが、それは身体意識つまり「心」が拘束されているためです)

このように3つの構造である、意識(魂)-身体意識(自我~心)-身体(器) という重なり合いによって人は形づくられ、生きています。

身体意識は構造を持ち、そして動き(モビリティと言う)、また性質(クオリティ)を持ちます。心を解き放つことは、この身体意識における(構造、動き、性質)の3つを開くことであり、その影響は即、身体と意識へ還元されます。

そして、この心(自我)を開くことで、人類の進化というステージが見えてきます。まずは「星の人」という段階です。


人は、この地球に生まれるために地球の要素(材料)を使っています。そして天体(太陽や月、惑星群)から強い影響を受けています。星の人とは、人を個人という視野で見るのではなく、天体の一部(地球ー人ー天体)として見なし、それらをベースとして成立している人体として見る見方です。それは、自分の肉体にある骨や臓器、血管・・・という(細胞によって構成される)組織を別々に意識できるということでもあります。(この別々に意識できるというのは、組織分化(緩むことでそれぞれの組織が別々に動き、それが意識化できる状態)が進んでいる状態でもあり、身体における深い緩みが必要になります)

つまり、星の人というステージは、身体の奥深いレベル(臓器、骨、筋肉・・)で緩むことで見えてくる身体意識のステージになります。そして、個という意識が少し薄れ、より全体性(互いの関係性)に意識がシフトする段階でもあります。

このように個人から星の人への段階的なシフトによって、身体において深く緩み、意識においても緩みます。すると、身体意識構造の拘束が解け、開いてきます。身体意識が自由になると、自在に構造を制御できるようになります。そして飛躍的に創造性が高まります。


この身体意識構造は無意識領域に張り巡らされている情報体(ネットワーク)であり、これがその人の人生の質を完全に決定付けます。例えば、身体意識である下丹田は、どっしりとした心の落ち着きをもたらしますが、それは顕在意識に浮上してくる時に気が付きますが、通常は潜在意識に埋没しているため気付きません。それらは無意識領域にあり、私たちの生き方、人生の在り方を根底において支えているものです。(ゴール達成において決定的な要因は、この無意識領域における身体意識構造によって作られる情報ネットワーク全体の様相です。難しいと感じるかもしれませんが、これは直観的に理解するもので、自分の身体意識が開くことでしか理解できない世界だからです。コーチングにおけるマインドの学習とはこのネットワークに基づくものです)


もし、この下丹田がなければ、つまり身体意識として拘束された状態なら、それは無意識領域で常に自分の人生に悪影響(頑固、頭でっかち・・)を与えていることになります。それに気が付かなければ一生続くような仕組みです。

無意識領域にあるこの構造体の拘束をいかに外していくかが、非常に重要になってきます。そして、その先にあるものは個人というものを超えた、(マクロで見れば)星や銀河など、(ミクロで見れば)臓器や細胞との(自由な関係を維持した)共生というものです。(緩んでいるからこそ)お互いを縛らず、そして助け合い、それでいてそれぞれの個が持つ才能(他者に対する機能)を最大限に開花させるという、人としての可能性を無限に開花させていく方向性です。

個から星へ、そして銀河へ、身体意識が導く世界は、私たち人類が本来持っていたもの(本質)をもう一度思い出すことで実現可能な世界であり、人類が心の底から願っている在り方であると考えています。


※ちなみに、身体意識において圧倒的な重要性を持つものがセンター(正中線)です。この身体意識は他の全ての身体意識(上丹田、中丹田、下丹田・・・)のベースにして、人において最も重要なものになります。センターは、単に身体に止まらず人間関係や精神、生き方(仕事)など人生全てに影響を与える仕組みです。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





【ワークのための準備】


私がサポートできる方は、人間存在の進化に興味があり、且つ、主体性のある方に限られます。((上記の)開いたハートで作られるコミュニティは、(あらゆる抽象度空間を自在に行き来できる個人)一人一人に主体性があって繋がり合うところ(支え合う、分かち合う)に生じます。)

従って、ワークや他者に対して依存傾向が強すぎる方は、ワークを受ける前に自分自身を見つめる「客観視(仏教では止観)」をじっくりと行い、主体性(自分という存在の軸)をある程度確立して下さい。
※止観とは、自分を中心に(自分にとっての)重要度という指標で自分の周りにある物事、概念を順を追って見ていくことです。それによって自分とは何なのか?を客観的に観察していくことができます。(この止観が自分一人では難しい場合、「意識の覚醒プレワーク」を受けることで客観視しやすい土台が作られるため、最初のステップとしてお勧めです)

ワークの浄化反応(自分自身との対峙)がほぼ必然である以上、主体性のあまりない方はそれと対峙することがそもそも難しい状況です。(対峙できない方にワークを行うことは酷であるので、心身ともに準備が整った方に対してのみワークは可能です)

まずはある程度主体性を確立して頂き、そこからジャンプアップするためにワークが在ります。何事にもバランスを維持して進むことができる順序がありますので、焦らずに進んで下さい。


私たちは誰でも一人一宇宙という世界を持っています。自分の人生において何が重要かの判断は一人一人が行い、それに基づいて生きています。今認識している世界がその人そのものとも言えます。(認識するものとされるものは切っても切れない縁によって結ばれているためです)

人は見たいものしか見ませんし、たとえそれが自分にとって不都合なものであってもです。(たとえ不都合なものであっても)一人一宇宙という世界を作っているのは自分である以上、それを解き始めるのも自分からです。(私たちだれもが「空」の持つ創造のパワーを秘めています。ただ、ほとんどの人がその力を自分自身を縛るために使っているという、矛盾を抱えている状況です。この非常に大きな力を自分を縛ることではなく、自分を解き放つ方向へ転換させる時期に来ています。)

この「自分から」というのが主体性であり、これがないことにはその人の世界はいつまで経っても同じままです。同じ見方をし、同じ思考をし、同じ行動をとるなら、得られるもの(結果)も同じです。

主体性を持つとは、自らが持つ一人一宇宙の世界を自らの手で解きほぐしていく覚悟を持っていることと同義です。そのような方にしかワークは行いませんし、そのような方にこそワークを受けて頂き、自分の理想とする世界をいち早く築き上げて頂きたいと考えています。

この自らの手で解きほぐした世界がお互いに繋がった時、ハートの開いたコミュニティーとして機能し、分かち合いを軸とする全く新しい世界(社会)が生まれると考えているからです。


☆主体性に関しての補足

例えば、一時的に大金を得たとしてもその人の価値観(同じ見方、思考、行動という流れ)に沿ってお金が使われるため、もしかしたら大量のガラクタ(価値のないもの)ばかりを集め、大金を得る前と同じ生活に戻ってしまうかもしれません。環境や他者に何かを求めてそれが(仮に上手く)実現しても自分(価値観)が同じままだと、元の状態に強く引き戻す力が働きます。この引き戻す力に抵抗するには「自分から」解き始めることが不可欠です。ワークが有効に働くのは、「自分から」この力に抵抗しようとする人であり、これまでとは違う自分になる(新しいゴールを設定する)と決めた人に対してです。目的(ゴール)がその人を変えていくのであり、ワークはその後押しをしているに過ぎません。



【ワークを受ける順序について】

最初のワークとしてお勧めは、意識の覚醒プレワーク(もしくは覚醒ワーク1st)です。

アイムのほとんどのワークは覚醒プレワークや1stを前提として提供していますので必須条件でもあります。

またそれだけではなく、覚醒ワーク(プレワーク、1stも含めて)は、固定された見方や考え方といった強く拘束されている意識を最初に解きほぐす役割があります。これによって、感じ方、捉え方、見え方などが変容するベースが作られ、次に進むべき道が見えてきます。

覚醒ワーク1stの次は特に決まったものはありませんが、お勧めは「真空へのダイレクトアクセス」です。より深まった「空」を起点として自分自身の解放を進めたり、(他者への)ヒーリングを行えるようになります。

また、覚醒ワークを他者(家族や友人・・)に行っていきたい方は、覚醒ワーク伝授へと進めます。
目的によっては、AIMヒーリングやAIM結界ワークまたは、コーチング(タイス式、苫米地式)などから今必要なものを選択することもできます。
 ※覚醒伝授、コーチング、どちらを先に受けて頂いても価格に差はありません。(但し、永続的に割引を行うかは分かりません)

  ・意識の覚醒プレワーク  →  意識の覚醒ワーク1st(必要に応じて覚醒サポート)  →  真空へのダイレクトアクセス

          → 意識の覚醒ワーク伝授 ※コーチングが割引価格で受講できます。
          → タイス式&苫米地式コーチング ※覚醒伝授が割引価格で受講できます。

          → AIMヒーリングなどのAIM系ワークや黄金率調整、他


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

~~~アイムの3大特典~~~


、ポイント制度

アイムオリジナルのポイント制度。

ポイントをもらって蓄積していくことで、お好きなポイントセッションを受ける事ができます。通常メニューを受けながら、感想を書き、溜まったポイントでさらにメニューを受ける。あなたの人生が加速します。




2、10%OFF特別制度
ご感想が掲載された方には、次回受けられる施術メニューのうちどれでも一つを10%OFFとさせて頂きます。モニター価格にも適用できます。さらにポイント制度で使用可能な1ポイントを進呈。※伝授、物品販売には適用されません。(10万円を超えるワークで10%OFFが可能なものは、10%OFF=1万円割引、として使用頂けます。)



3、初回限定10%OFF割引制度

初めてアイムをご利用になる場合、施術メニューのうちどれでも一つを10%OFFとさせて頂きます。
※メニューページに10%OFF適用対象外との記載がある場合は除きます。

※10万円以上のワークの場合、基本的に10%OFF=1万円割引としてお使い頂けます。
※2つ以上同時に申し込まれた場合、最も価格の高いものに適用して頂けます。もちろん、適用されるのは一つのみです。



ą
笠原一星,
2009/12/05 6:47
ą
笠原一星,
2011/05/26 9:49
ą
笠原一星,
2009/09/28 18:02
ą
笠原一星,
2010/11/30 21:30
ą
笠原一星,
2010/11/30 21:33
ą
笠原一星,
2009/07/22 0:13
Comments