last updated: October, 2017
 
連絡先  -contact information-

有賀敦紀 (Atsunori Ariga, Ph.D)

〒739-8521 広島県東広島市鏡山1-7-1
広島大学大学院 総合科学研究科
E-mail: atsu.ariga @ gmail.com (<-remove spaces)

専門分野  -specialties-

認知心理学,消費者心理学,知覚心理学,社会心理学


研究テーマ  -research topics-
  • 知覚,注意,対象認知 (perception, attention, object perception)時間的・空間的な広がりを持つ環境の中で,人間の目や耳などの感覚器には絶えず膨大な情報が入力されています。しかし,脳の処理能力には限りがあるため,人間は入力されるすべての情報を認識することができません。したがって,脳は行動に必要な情報を効率的に選択し,不必要な情報を効率的に排除しなければなりません(注意)。日常生活の多くの場面では,この選択・排除が自動的に行われて対象認知(意識)が成立します。本研究室では,視覚意識の基盤となる,脳における情報の取捨選択過程について調べています。
  • 消費者行動 (consumer behavior)消費者による商品の選好や魅力評価,意思決定,原因帰属などに注目し,現実場面で消費者の行動を規定する様々な要因について,心理学およびマーケティングの視点から検討しています。
  • 社会的認知  (social cognition)本研究室では,他者の表情・視線・姿勢の認知,印象形成における服装や匂いの効果,相性,同調行動など社会的認知場面における心の働きに注目し,人間の社会性を支える心の基本的メカニズムを多角的に解明しています。
  • ヴィジランス,課題非関連思考 (vigilance, task-unrelated thoughtmind wandering)車の運転などの長時間の認知課題を行うとき,人間のパフォーマンスは時間経過と共に低下します(ヴィジランスの低下)。私は,ヴィジランスの低下が認知機能の馴化によって生じると考えています。おそらく,人間は同じ課題を繰り返し行うことでその課題に対して馴化し,次第に課題とは関係のない別の事柄(夕食のメニュー,週末の予定など)を考え始めます(課題非関連思考)。本研究室では,このような認知機能の馴化や課題非関連思考がヴィジランスの低下を引き起こしていると考え(goal habituation model),ヴィジランスの低下を効果的に防止する方法の開発を目指しています。

学歴  -education-
2004  学士 (心理学) 広島大学教育学部
2006  修士 (心理学) 東京大学大学院人文社会系研究科
2009  博士 (心理学) 東京大学大学院人文社会系研究科

職歴  -career-
 2006.4 - 2009.3       日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
 2009.4 - 2011.3        日本学術振興会 海外特別研究員
 2009.4 - 2011.3        University of Illinois at Urbana-Champaign Visiting Scholar
 2011.4 - 2014.3        立正大学心理学部 専任講師
 2014.4 - 2016.3        立正大学心理学部 准教授
 2016.4 - 現在            広島大学大学院総合科学研究科 准教授

研究費  -grants-
2006 - 2008年度       日本学術振興会 科学研究費 (特別研究員奨励費)
2009 - 2010年度       日本学術振興会 海外特別研究員
2011 - 2012年度         日本学術振興会 科学研究費 (研究活動スタート支援)
2013年度                     日本ユニフォームセンター 基礎研究助成
2013 - 2016年度        日本学術振興会 科学研究費 (若手研究B)
2014 - 2015年度        日本学術振興会 科学研究費 (挑戦的萌芽研究) 研究代表者:井上 淳子 (成蹊大学)
2015年度                     文部科学省 連携・協働による消費者教育推進事業 研究代表者:八木 善彦 (立正大学)
2017 2020年度        日本学術振興会 科学研究費 (若手研究B)
2017 2020年度        日本学術振興会 科学研究費 (独立基盤形成支援)
2017年度                  コスメトロジー研究振興財団 研究助成

受賞  -awards-
2004年度        日本基礎心理学会 優秀発表賞
2006年度        日本基礎心理学会 優秀発表賞
2007年度        日本基礎心理学会 優秀発表賞
2014年度        日本認知心理学会 優秀発表賞 (総合性評価部門)
2014年度        日本消費者行動研究学会 研究奨励賞 (青木幸弘賞)
2014年度        日本心理学会 特別優秀発表賞
2014年度        立正大学 蘊奥賞 (奨励賞)
2016年度        日本認知心理学会 優秀発表賞 (新規性評価部門)

研究室のメンバー  -members-
  • 大学院2年生:Tsegmed Otgonchimeg
  • 学部留学生:姜 
  • 学部4年生:齋藤 詩織,田中 そら,保田 健太,田岡 大樹
  • 学部3年生:大串 奈央,盛山 怜菜,池上 瀬那,川本 加奈子

卒業生・修了生  -alumni-

  • 2011年度卒業生 (立正大学):坂本 真裕子
  • 2012年度卒業生 (立正大学):林 彩香,白川 みずき,南雲 里穂,五十嵐 友理,宮川 あずさ,塚本 彩,土岐 碧,秋山 沙紀,藤枝 恵美,武田 理恵,森 誠
  • 2013年度卒業生 (立正大学)太田 夏梨,宮野 翔太,山本 侑季,吉田 もも,土井 瑞紀,浜田 隆成,佐藤 恵美,上杉 希望,相馬 永理,佐藤 美里,崎山 千尋,佐藤 美優
  • 2014年度卒業生 (立正大学):斉藤 里菜,長瀬 恵理子,青山 恵莉香,高尾 沙希,猪瀬 満実子,和田 実夏子,水谷 楓,宮下 里美,一ノ瀬 かおり,萩原 裕樹,清田 麻美子,今井 由望,スウ ウコウ
  • 2015年度卒業生 (立正大学)井上 雪,グェンハー ナムフォング,関根 悠,田邊 美優,塩畑 美貴,阿部 瑛梨香,西 一樹,竹田 薫,内田 雅之,岩﨑 晴花,村内 麻里菜,田澤 紗羅,森永 裕生,沼倉 慎史,小笠原 真美
  • 2015年度学部3年生 (立正大学):斉藤 桃子,金原 綾香,高橋 和大,座間 由佳,園上 舞,志澤 宏次,高橋 達也,須永 賢太郎,金子 拓也,長山 唯希,米田 穂乃佳,宇田川 裕理,高山 純基,金子 さおり,丹治 佑太,久保田 真生
  • 2016年度修了生 (立正大学):在原 克彦,高尾 沙希

学術論文  -research articles-
  • Ariga, A., & Arihara, K. (in press). Attentional capture by spatiotemporally task-irrelevant faces: Supportive evidence for Sato and Kawahara (2015). Psychological Research, xx, xx-xx.
  • Inoue, A., & Ariga, A. (2017). Does decision-making speed depend on non-interactive others? Management Studies, 5, 458-470.
  • Ariga, A., Yamada, Y., & Yamani, Y. (2016). Early visual perception potentiated by object affordances: Evidence from a temporal order judgment task. i-Perception, 7: 5, 1-7.
  • Takao, S., Ariga, A., & Yamani, Y. (2016). Do you trust one’s gaze?: Commonalities and differences in gaze-cueing effect between American and Japanese. Lecture Notes in Computer Science, 9741, 120-129.
  • 有賀敦紀 (2016). 拡張的パーソナルスペース:所持品間の距離に反映される所有者の対人距離 心理学研究, 87, 186-190.
  • 在原克彦・有賀敦紀・古屋健 (2016). 商品価格に基づく購入の確実性が値引き獲得行動に与える影響 心理学研究, 87, 12-20.
  • Yamani, Y., Ariga, A., & Yamada, Y. (2016). Object affordances potentiate responses but do not guide attentional prioritization. Frontiers in Integrative Neuroscience, 9: 74, 1-6.
  • Ariga, A., & Inoue, A. (in press). How scarce objects attract people: Distinguishing the effects of temporal and social contexts on the scarcity principleJournal of Marketing Trends, x, xx-xx.
  • Ariga, A. (2015). The social-devaluation effect: Interactive evaluation deteriorates likeability of objects based on daily relationship. Frontiers in Psychology, 5: 1558, 1-8.
  • 有賀敦紀・井上淳子 (2013). 商品の減少による希少性の操作が消費者の選好に与える影響 消費者行動研究, 20, 1-12.
  • 有賀敦紀 (2013). 社会的比較に基づく洞察の促進・抑制 心理学研究, 83, 576-581.
  • Ariga, A., Kawahara, J., & Watanabe, K. (2011). Object-based maintenance of temporal attention in rapid serial visual presentation. Visual Cognition, 19, 553-584.
  • Ariga, A., & Lleras, A. (2011). Brief and rare mental "breaks" keep you focused: Deactivation and reactivation of task goals preempt vigilance decrements. Cognition, 118, 439-443.
  • Yamada, Y., Ariga, A., Miura, K., & Kawabe, T. (2010). Erroneous selection of an irrelevant item improves subsequent target identification in rapid serial visual presentation. Advances in Cognitive Psychology, 6, 35-46.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2009). Temporal dissociation between category-based and item-based processes in rejecting distractors. Psychological Research, 73, 54-59.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2009). What is special about the index finger?: Index-finger advantage in manipulating reflexive attentional shift. Japanese Psychological Research, 51, 258-265.
  • Ariga, A., & Yokosawa, K. (2008). Contingent attentional capture occurs by activated target congruence. Perception & Psychophysics, 70, 680-687.
  • Ariga, A., & Yokosawa, K. (2008). Attentional awakening: Gradual modulation of temporal attention in rapid serial visual presentation. Psychological Research, 72, 192-202.
  • Ariga, A., Kawahara, J., & Watanabe, K. (2008). Maintenance of temporal attention in rapid serial visual presentation. Japanese Journal of Psychonomic Science, 27, 111-112.
  • 有賀敦紀・渡邊克巳 (2008). 視覚的注意の時間的限界 心理学評論, 51, 276-287.
  • Lleras, A., Kawahara, J., Wan, X. I., & Ariga, A. (2008). Inter-trial inhibition of focused attention in pop-out search. Perception & Psychophysics, 70, 114-131.
  • Ariga, A., & Yokosawa, K. (2007). Semantic activation of target congruence contingently captures attention. Japanese Journal of Psychonomic Science, 25, 285-286.
  • Ariga, A., Yokosawa, K., & Ogawa, H. (2007). Object-based attentional selection and awareness of objects. Visual Cognition, 15, 685-709.
  • Ariga, A., & Yokosawa, K. (2005). The transitions of time-dependent performance in a task. Japanese Journal of Psychonomic Science, 24, 117-118.
  • Ariga, A., & Kawahara, J. (2004). The perceptual and cognitive distractor-previewing effect. Journal of Vision, 4, 891-903.

著書   -books and book chapters-

  • 有賀敦紀 (2017). 日常と非日常からみるこころと脳の科学 宮崎真・阿部匡樹・山田祐樹 他(編) コロナ社.
  • 有賀敦紀 (2012). 実験心理学:なぜ心理学者は人の心がわかるのか? 齊藤勇(編) ナツメ社.

紀要・抄録・技報等   -proceedings-
  • Ariga, A., & Arihara, K. (2017). Visual attention is captured by task-irrelevant faces, but not by pareidolia faces. Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 266-269.
  • Takao, S., & Ariga, A. (2016). General trust is correlated with attentional orientation triggered by gaze direction. Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 287-290.
  • 有賀敦紀 (2015). パーソナルスペースのモノへの転移 信学技報, 115, 109-112.
  • Ariga, A. (2015). Insightful problem solving can be manipulated by social reality. Proceedings of Knowledge and Smart Technology (included in IEEE Xplore), 161-164.
  • 有賀敦紀 (2015). 絶対評価時におけるユニフォームの色の印象 立正大学心理学研究所紀要, 13, 9-13.
  • 有賀敦紀・西田公昭 (2013). パロディ商品に対する消費者の認知 立正大学心理学研究所紀要, 11, 45-49.
  • Yonemura, K., Morisaki, A, Ariga, A., Watanabe, K., & Yoshikawa, S. (2012). Interaction between viewpoint and exposure angle in perception of Buddha statues. Proceedings of Kansei Engineering and Emotion Research, 827-833.
  • 西村聡生・有賀敦紀・道又爾 (2011). 指差し刺激による左右反応への手,指,空間対応の影響 Technical Report on Attention & Cognition, No.14.
  • Ariga, A., Kitamura-Suzuki, M., Watanabe, K., & Yoshikawa, S. (2010). Perceiving the faces of Buddha statues: On the relation with viewpoint and affective evaluation. Proceedings of Kansei Engineering and Emotion Research, 766-773.
  • 有賀敦紀・Lleras Alejandro (2009). 視覚における刺激出現タイミングの自動的予測:空間的・時間的特性の検討 信学技報, 109, 11-14.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2008). How an expected distractor is rejected in rapid serial visual presentation. Proceedings of International Workshop on Kansei, 102-105.
  • 西村聡生・有賀敦紀・小野史典・横澤一彦 (2008). 反応競合履歴による時間知覚への影響 Technical Report on Attention & Cognition, No.11.
  • 有賀敦紀・横澤一彦・小川洋和 (2006). 同オブジェクト効果とオブジェクトに対する気づきの関係 Technical Report on Attention & Cognition, No.4.
  • 有賀敦紀・横澤一彦 (2005). RSVP課題における注意の時間的調節過程の検討 Technical Report on Attention & Cognition, No.2.

招待講演・特別講演等  -invited talks-
  • [予定] 有賀敦紀 (2017.10). 指定討論(ワークショップ:文化と注意研究の最前線:注意の文化普遍性と文化依存性) 日本社会心理学会第58回大会 広島大学.
  • 有賀敦紀 (2016.8). 洞察問題解決の社会的促進・抑制 立正大学.
  • 有賀敦紀 (2015.5). 希少性の原理に関わる潜在的な認知プロセスの解明 東京女子大学.
  • 有賀敦紀 (2015.4). 実験心理学とマーケティング 東京理科大学.
  • 有賀敦紀 (2015.3). 消費者の感性に対する認知心理学的アプローチ 第15回感性学研究会 九州大学.
  • Ariga, A., & Inoue, A. (2015.1). How scarce objects attract people: The effects of temporal and social contexts of the scarcity on object value. The 14th International Marketing Trends Conference, Paris, France. (presented in the plenary meeting)
  • Ariga, A. (2013.8). Consumer preference finically depends on the scarcity of goods. Taiwan Institute of Kansei, Tainan, Taiwan.
  • 有賀敦紀 (2013.5). 洞察問題解決における社会的影響 中京大学心理学部学術講演会 中京大学.
  • Ariga, A. (2012.12). Socially interactive evaluation degrades the likeability of objects. Special International Seminar for Time Study, Yamaguchi, Japan.
  • 有賀敦紀 (2012.9). ヴィジランス課題に対する認知システムの馴化と脱馴化 第11回感性学研究会 九州大学.
  • 有賀敦紀 (2012.9). 話題提供:モノの魅力評価における社会的影響(ワークショップ:魅力の知覚心理学) 日本心理学会第76回大会 専修大学.
  • 有賀敦紀 (2012.7). ヴィジランスの低下を説明するための馴化モデルの提案 広島大学認知・学習心理学研究会 広島大学.
  • Ariga, A. (2011.2). Goal habituation model of vigilance decrements. Knowledge for All Lecture at University of Illinois, Champaign, IL.
  • 有賀敦紀 (2009.8). 視覚的注意の時間特性とオブジェクトの知覚(小講演) 日本心理学会第73回大会 立命館大学.

国際会議  -international conferences-
  • Takao, S., Murata, A., Ariga, A., & Watanabe, K. (2017.3). Gaze-cueing effect by single eye: Nasal versus temporal shift. The International Convention of Psychological Science, Vienna, Austria.
  • Ariga, A., & Arihara, K. (2017.2). Visual attention is captured by task-irrelevant faces, but not by pareidolia faces. The 9th International Conference on Knowledge and Smart Technology, Chonburi, Thailand.
  • Takao, S., & Ariga, A. (2017.1). Active suppression of another’s gaze elicits the prolonged gaze-cueing effect. The Annual Meeting of Korean Society for Cognitive and Biological Psychology, Busan, Korea.
  • Yonemura, K., Ariga, A., Ono, F., & Watanabe, K. (2016.9). Elimination of the back-view bias in attractiveness judgement with short-term exposure. The 6th International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research, Leeds, UK.
  • Takao, S., & Ariga, A. (2016.7). The effect of social contexts on gaze-cueing effectThe 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.
  • Arihara, K., & Ariga, A. (2016.7). Face and pareidolia face are processed differently in rapid serial visual presentation. The 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.
  • Watanabe, T., Arihara, K., Kimura, M., Ariga, A., & Nishida, K. (2016.7). Paper fortune affects our life satisfaction in the past but not in the future. The 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.
  • Takao, S., Ariga, A., & Yamani, Y. (2016.7). Do you trust one's gaze?: Commonalities and differences in gaze-cueing effect between American and Japanese. The 18th International Conference on Human-Computer Interaction, Toronto, ON.
  • Takao, S., & Ariga, A. (2016.2). General trust is correlated with attentional orientation triggered by gaze direction. The 8th International Conference on Knowledge and Smart Technology, Chiangmai, Thailand.
  • Inoue, A., & Ariga, A. (2015.7). Does decision-making speed depend on non-interactive others? The 18th World Marketing Congress of the Academy of Marketing Science, Bari, Italy.
  • Arihara, K., Ariga, A., & Furuya, T. (2015.7). Awareness of commodity prices activates consumers' purchase hesitation during decision making. The 19th Annual Conference of the Association for the Scientific Study for Consciousness, Paris, France.
  • Takao, S., Kondo, A., Ariga, A., Takahashi, K., & Watanabe, K. (2015.7). Magnifying glass optical illusion occurs for multiple stimuli but not for a single stimulus. The 19th Annual Conference of the Association for the Scientific Study for Consciousness, Paris, France.
  • Sasaki, K., Yamada, Y., Ariga, A., Ihaya, K., Yamamoto, K., Ono, F., & Miura, K. (2015.7). The space-emotion relationship is reconstructed through musical experience: Embodied emotion is labile. The 14th European Congress of Psychology, Milan, Italy.
  • Inoue, A., & Ariga, A. (2015.2). Does decision-making speed depend on non-interactive others? The Annual Conference of the Society for Consumer Psychology, Phoenix, AZ.
  • Ariga, A. (2015.1). Insightful problem solving can be manipulated by social reality. The 7th International Conference on Knowledge and Smart Technology, Chonburi, Thailand.
  • Ariga, A. (2014.8). Social comparison facilitates and inhibits insightful problem solving. International Conference on Education, Psychology, and Social Sciences, Taipei, Taiwan.
  • Ariga, A., & Inoue, A. (2013.8). What you like is what has decreased: Feature-based perception of the scarcity enhances object value. The 18th Conference of the European Society for Cognitive Psychology, Budapest, Hungary.
  • Yonemura, K., Morisaki, A, Ariga, A., Watanabe, K., & Yoshikawa, S. (2012.5). Interaction between viewpoint and exposure angle in perception of Buddha statues. International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research, Penghu, Taiwan.
  • Nishimura, A., Ariga, A., & Michimata, C. (2011.9). The effects of direction and identity of pointing hand stimulus on manual key press responses. The 17th Meeting of the European Society for Cognitive Psychology, San Sebastian, Spain.
  • Ariga, A., & Lleras, A. (2010.11). Deactivation and reactivation of task goals preempt vigilance decrements. The 51st Meeting of the Psychonomic Society, St. Louis, MO.
  • Ariga, A., & Lleras, A. (2010.11). Exogenous entrainment to visual stimulation in the attentional blink. The 18th Meeting of the Object Perception, Attention, & Memory, St. Louis, MO.
  • Yamani, Y., Ariga, A., & McCarley, J. S. (2010.11). Familiarity driven by manual interaction modulated processing efficiency for real-world objects. The 18th Meeting of the Object Perception, Attention, & Memory, St. Louis, MO.
  • Ariga, A., Kitamura-Suzuki, M., Watanabe, K., & Yoshikawa, S. (2010.3). Perceiving the faces of Buddha statues: On the relation with viewpoint and affective evaluation. International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research, Paris, France.
  • Ariga, A., Kawahara, J., & Watanabe, K. (2009.11). Object-based maintenance of attentional state in rapid serial visual presentation. The 50th Meeting of the Psychonomic Society, Boston, MA.
  • Ariga, A., Kawahara, J., & Watanabe, K. (2009.11). Temporal gap disrupts attentional state in rapid serial visual presentation. The 17th Meeting of the Object Perception, Attention, & Memory, Boston, MA.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2009.10). The expected distractor is rejected belatedly when a local representation of the distractor is available. The 39th Meeting of the Society for Neuroscience, Chicago, IL.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2008.7). Locus of distractor rejection in rapid serial visual presentation. The 29th International Congress of Psychology, Berlin, Germany.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2008.6). Neuromagnetic activities in failure retrieval and success retrieval of Japanese kanji characters. The 12th Meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness, Taipei, Taiwan.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2008.3). How an expected distractor is rejected in rapid serial visual presentation. The 2nd International Workshop on Kansei, Fukuoka, Japan.
  • Nishimura, A., Ariga, A., Ono, F., & Yokosawa, K. (2007.8). Previous event with spatial compatibility influences time perception. The 15th Meeting of the European Society for Cognitive Psychology, Marseille, France.
  • Ariga, A., & Watanabe, K. (2007.5). Category-based and item-based processes in rejecting distractors in RSVP. The 7th Meeting of the Vision Sciences Society, Sarasota, FL.
  • Jin, H., Ariga, A., & Yokosawa, K. (2007.5). How target language affects attentional blink. The 6th International Symposium on Bilingualism, Hamburg, Germany.
  • Ariga, A., & Yokosawa, K. (2006.5). Distractor word meaning the target-defining color elicits the attentional blink. The 6th Meeting of the Vision Sciences Society, Sarasota, FL.
  • Ariga, A., & Yokosawa, K. (2005.11). Bottom-up and top-down modulations of temporal attention in RSVP. The 13th Meeting of the Object Perception, Attention, & Memory, Toronto, ON.
  • Ariga, A., & Yokosawa, K. (2005.5). Temporally gradual modulation of attention in the RSVP. The 5th Meeting of the Vision Sciences Society, Sarasota, FL.
  • Ariga, A., Lleras, A., & Kawahara, J. (2004.5). Task relevance and response suppression in the distractor previewing effect. The 4th Meeting of the Vision Sciences Society, Sarasota, FL.
  • Ariga, A., & Kawahara, J. (2003.11). The perceptual and cognitive distractor-previewing effect. The 11th Meeting of the Object Perception, Attention, & Memory, Vancouver, BC.

国内会議  -domestic conferences-
  • 有賀敦紀 (2017.6). 選択のオーバーロード現象の再現性 日本認知心理学会第15回大会 慶應義塾大学.
  • 有賀敦紀・井上淳子 (2017.5). 認知負荷が選択のオーバーロード現象に与える影響 日本消費者行動研究学会第54回大会 慶應義塾大学.
  • 高尾沙希・有賀敦紀 (2016.8). 視線手がかり効果の随意的制御可能性の検討 日本視覚学会夏季大会 新潟大学.
  • 高尾沙希・有賀敦紀 (2016.6). 購買場面における視線手がかり効果の消失 日本認知心理学会第14回大会 広島大学.
  • 在原克彦・有賀敦紀 (2016.6). 顔刺激・顔様刺激による注意の捕捉における時間特性 日本認知心理学会第14回大会 広島大学.
  • 有賀敦紀 (2016.6). 所持品に拡張されたパーソナルスペース 日本認知心理学会第14回大会 広島大学.
  • 渡邉和弥・木村真利子・在原克彦・有賀敦紀・西田公昭 (2016.6). お守り贈与の繰り返しによる伝達機能の減少 日本認知心理学会第14回大会 広島大学.
  • 石川慎太郎・山口武彦・ 有賀敦紀・ 原田哲也 (2016.3). パフォーマンス及び視線情報を用いた持続的注意の馴化現象検出方法の検討 ライフサポート学会第25回フロンティア講演会 東京工科大学.
  • 笠置遊・有賀敦紀 (2015.11). 上目使いはぶりっこ?それとも魅力的? 日本社会心理学会第56回大会 東京女子大学.
  • 在原克彦・有賀敦紀 (2015.9). パレイドリアを誘発する刺激は注意を捕捉するか? 日本心理学会第79回大会 名古屋大学.
  • 有賀敦紀 (2015.7). パーソナルスペースのモノへの転移 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会 九州産業大学.
  • 有賀敦紀・山仁雄介・山田祐樹・McCarley Jason (2015.7). 日常物体の操作性による探索非対称性 日本認知心理学会第13回大会 東京大学.
  • 高尾沙希・有賀敦紀 (2015.7). 視線に騙されるな:視線による注意のシフトと一般的信頼性の相関 日本認知心理学会第13回大会 東京大学.
  • 在原克彦・有賀敦紀・古屋健 (2015.7). 電卓とジャケットの購入問題はプロスペクト理論を支持しない 日本認知心理学会第13回大会 東京大学.
  • 有賀敦紀・井上淳子 (2015.6). 身体から離れた所持品にパーソナルスペースはあるか? 日本消費者行動研究学会第50回大会 神戸大学.
  • 西村理沙・石川慎太郎・山口武彦・有賀敦紀・原田哲也 (2015.3). 視線解析による持続性注意の馴化現象検出方法の検討 ライフサポート学会第24回フロンティア講演会 東京電機大学.
  • 近藤あき・高尾沙希・有賀敦紀・高橋康介・渡邊克巳 (2014.12). 拡大錯視の測定と生起条件の検討 日本基礎心理学会第33回大会 首都大学東京.
  • 笠置遊・有賀敦紀・小野史典 (2014.9). 同じアクセサリーを装着することによる同調の消失 日本心理学会第78回大会 同志社大学.
  • 石川慎太郎・山口武彦・西村理紗・有賀敦紀・原田哲也 (2014.9). 動的リハビリタスクにおける持続的注意の馴化事象検出方法の検討 日本VR医学会第14回大会 東京大学.
  • 有賀敦紀・井上淳子 (2014.6). 希少な物に対する魅力評価の時間的・社会的文脈依存性 日本認知心理学会第12回大会 東北大学.
  • 井上淳子・有賀敦紀 (2014.6). 他者の存在が消費者の意思決定スピードに与える影響 日本消費者行動研究学会第48回大会 和歌山大学.
  • 石川慎太郎・冨永真紀子・山口武彦・有賀敦紀・原田哲也 (2014.2). 情動・瞬きの事象関連変化を用いた持続的注意の馴化事象検出方法の検討 ライフサポート学会第23回フロンティア講演会 東京理科大学.
  • 有賀敦紀・井上淳子 (2013.10). 希少性効果の生起要因と魅力転移の検討 日本消費者行動研究学会第47回大会 法政大学.
  • 有賀敦紀・井上淳子 (2013.6). 希少性の認知が消費者の選好に及ぼす影響 日本認知心理学会第11回大会 筑波大学.
  • 有賀敦紀・井上淳子 (2013.6). 希少性効果の発生メカニズム 日本消費者行動研究学会第46回大会 名古屋市立大学.
  • 有賀敦紀 (2012.6). ひらめきの同調:問題解決における社会的影響 日本認知心理学会第10回大会 岡山大学.
  • 有賀敦紀・鍋田智広・山田祐樹・小野史典・渡邊克巳 (2011.5). 意味抑制時の文脈数が虚再認に与える影響:偶発学習で虚再認を防ぐ方法 日本認知心理学会第9回大会 学習院大学.
  • 西村聡生・有賀敦紀・道又爾 (2011.3). 指差し刺激による左右反応への手,指,空間対応の影響 注意と認知研究会第9回合宿研究会 名古屋.
  • 西村聡生・有賀敦紀・道又爾 (2010.11). 課題非関連な指差し刺激が指を用いた反応に与える影響:人差し指と小指の違い 日本基礎心理学会第29回大会 関西学院大学.
  • 有賀敦紀・Lleras Alejandro (2010.9). 課題目標に対する馴化とヴィジランスの低下 日本心理学会第74回大会 大阪大学.
  • 有賀敦紀・Lleras Alejandro (2009.12). 視覚における刺激出現タイミングの自動的予測:空間的・時間的特性の検討 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会 東北大学.
  • 有賀敦紀・吉川左紀子・北村(鈴木)美穂・渡邊克巳 (2009.8). 仏像の顔の認知:眼が合うことの影響 日本心理学会第73回大会 立命館大学.
  • 有賀敦紀・河原純一郎・渡邊克巳 (2008.9). 高速逐次系列内の注意の維持 日本心理学会第72回大会 北海道大学.
  • 有賀敦紀・河原純一郎・渡邊克巳 (2008.5). 高速逐次系列の連続性が注意の維持に与える影響 日本認知心理学会第6回大会 千葉大学. 
  • 西村聡生・有賀敦紀・小野史典・横澤一彦 (2008.3). 反応競合履歴による時間知覚への影響 注意と認知研究会第6回合宿研究会 金沢.
  • 有賀敦紀・河原純一郎・渡邊克巳 (2007.12). イベントベースの注意 日本基礎心理学会第26回大会 上智大学.
  • 西村聡生・有賀敦紀・小野史典・横澤一彦 (2007.12). 時間知覚に与える反応競合履歴の影響 日本基礎心理学会第26回大会 上智大学.
  • 有賀敦紀・渡邊克巳 (2007.9). 妨害刺激に関する知識が注意の選択過程に与える影響 日本心理学会第71回大会 東洋大学.
  • 有賀敦紀・渡邊克巳 (2007.5). 先行知識に基づく妨害刺激の排除過程 日本認知心理学会第5回大会 京都大学.
  • 有賀敦紀・渡邊克巳 (2007.1). 妨害刺激に関する知識が標的検出に与える影響 脳と心のメカニズム第7回冬のワークショップ 北海道.
  • 山田祐樹・有賀敦紀・三浦佳世 (2006.11). 注意の瞬きによる見落としを回避させるものは何か? 日本心理学会第70回大会 九州大学.
  • 金慧淑・有賀敦紀・横澤一彦 (2006.11). 中日バイリンガルの言語切換えにおける時間特性:漢字単語を用いた注意の瞬き現象による検討 日本心理学会第70回大会 九州大学.
  • 有賀敦紀・横澤一彦 (2006.6). 標的色に対する構えと随伴性注意捕捉 日本基礎心理学会第25回大会 広島大学.
  • 有賀敦紀・横澤一彦・小川洋和 (2006.3). 同オブジェクト効果とオブジェクトに対する気づきの関係 注意と認知研究会第4回合宿研究会 京都.
  • 有賀敦紀・横澤一彦・小川洋和 (2005.12). オブジェクトに対する気づきが同オブジェクト効果に与える影響 日本基礎心理学会第24回大会 立教大学.
  • 有賀敦紀・横澤一彦 (2005.9). 時間的結合錯誤パターンを決定する並列処理過程 日本心理学会第69回大会 慶応義塾大学.
  • 有賀敦紀・横澤一彦 (2005.3). RSVP課題における注意の時間的調節過程の検討 注意と認知研究会第3回合宿研究会 静岡.
  • 有賀敦紀・横澤一彦 (2004.11). RSVP課題における初頭効果とヴィジランスの低下 日本基礎心理学会第23回大会 新潟大学.
  • 有賀敦紀・河原純一郎 (2004.9). 妨害刺激先見効果における認知的要因の検討 日本心理学会第68回大会 関西大学.