京大動物生態 Animal Ecology Lab. Kyoto University


研究について:フィールドからゲノムまで

 本研究室では,昆虫や魚類などの動物の生態と進化について,分子生態学,個体群・群集生態学,行動生態学といった幅広いアプローチで,さまざまな角度から研究を行っています.
 もともとこの研究室ではフィールドでの生態観察が中心でした.しかし生態学の多様化と,進化的研究課題への関心から,飼育実験や分子生物学的実験など,実験室内での研究の比重も高まっています.
 それでも教員,院生とも,国内のみならず海外のフィールドへたびたび出かけて調査を行っています.実験室に閉じこもらず,虫採り魚採りに熱中する,研究対象が野外で生きている姿を知っている,それがこの研究室のよいところです.

適応的多様化・種分化

 動物の適応的な多様化,そしてそれに関連する種分化について,野外観察,室内実験,分子生態学的解析を通して研究しています.例えば,魚や昆虫における,餌や生息場所タイプに対応した形態の分化が,どのような自然選択によって生じたのか,またその分化は,集団間の遺伝的分化や生殖隔離と結びついているのか.昆虫の近縁種間の交尾器の違いがどのような性選択,自然選択によって生じたのか,また交尾器の多様化進化がどう種分化に結びつくのか.
 適応分化や種分化を遺伝子レベルで解明するために,QTL解析や発現遺伝子比較が行われますが,そうした研究は,「エコゲノミクス」のアプローチで進められています.次世代シーケンサーが普及し,対象動物のゲノムから大量のシーケンスデータを得て解析が行われるようになりました..

個体群生態学

 個体群動態の研究は,生態学の最も基礎的な研究であり,適応進化の理解や種の保全においても重要な情報を提供します.本研究室では,絶滅が危惧されるネコギギについて,継続的な個体群調査が行われています.

種間関係・群集

 競争や捕食といった種間関係に関する研究もいろいろ行われています.資源をめぐる競争だけでなく,繁殖行動を介した種間の干渉(繁殖干渉)の研究,また植食性昆虫と餌植物の相互の適応,共進化など.
 群集レベルでは,淡水魚類,土壌無脊椎動物などの餌資源利用が,胃内容分析や安定同位体分析によって研究されてきました.

系統地理学・歴史生物地理学

 動物の種の地理的分布,地理的な集団分化・種分化がどのような歴史的背景をもっているのか,気候変動や地史とどのように関係しているのかについて,分子系統学的手法を用いて研究しています.とくに日本の淡水魚や,オサムシ,シデムシ,ネクイハムシといった鞘翅目昆虫が主な研究対象になってきました.

お知らせ

  • 2021/01/26(火)修士論文発表会

    京大動物生態学研究室の修士論文発表会のお知らせ


    日時:2021126日(火):13:30-

    開催方式:オンライン(Zoomを使用)

     

    国松翔太

    シマヒレヨシノボリ種群(ハゼ目)の交雑を含む系統進化と形態分化

    Phylogeny, morphological divergence, and hybridization in the Rhinogobius tyoni species complex


    ZoomミーティングルームのURLをお知らせするため、

    下記より事前に登録をよろしくお願いいたします。

     https://forms.gle/e1hpm3JkQDpv2GGz7


    関心のありそうな方にご自由にご転送ください。

    皆さんの来聴をお待ちしております。

    投稿: 2021/01/19 3:45、京都大学動物生態学
  • 2021/01/19(火)大戸夢木氏 博士学位論文公聴会
    大戸夢木氏の博士学位論文公聴会をオンラインにて開催します。
    ご関心ある方、皆さんの参加を歓迎いたします。

    博士学位論文
    「Physiological and ecological studies on life history evolution of amphidromous goby fishes」
    (両側回遊性ハゼ科魚類の生活史進化に関する生理生態学的研究)
    日時:2021年1月19日(火):13:30-14:30
    開催方式:オンライン(Zoomを使用)(要事前登録)

    事前登録サイト:https://forms.gle/viu7pd1mf4qDArKM9
    投稿: 2021/01/08 1:03、京都大学動物生態学
1 - 2 / 40 件の投稿を表示中 もっと見る »


最近の研究成果

最近の論文は全てこちらで確認できます。=>英文論文・出版物

2019年

大学院生の佐藤くんが今年の日本魚類学会で最優秀ポスター賞を受賞しました!
佐藤健介・山﨑曜・渡辺勝敏. ビワヨシノボリの集団構造,形態的多様性,および近縁種との遺伝的関係.第52回日本魚類学会年会(高知大学,高知).

大学院生の福家くんが今年の日本陸水学会で優秀ポスター賞を受賞しました!
福家悠介・Prachya Musikasinthorn・鹿野雄一・松井彰子・田畑諒一・岩田明久・渡辺勝敏. ミャンマーの古代湖・インレー湖における 固有淡水魚類の起源.日本陸水学会第84回大会(金沢大学角間キャンパス大学,金沢).
サブページ (2): お知らせ 研究室紹介