京大動物生態 Animal Ecology Lab. Kyoto University


研究について:フィールドからゲノムまで

 本研究室では,昆虫や魚類などの動物の生態と進化について,分子生態学,個体群・群集生態学,行動生態学といった幅広いアプローチで,さまざまな角度から研究を行っています.
 もともとこの研究室ではフィールドでの生態観察が中心でした.しかし生態学の多様化と,進化的研究課題への関心から,飼育実験や分子生物学的実験など,実験室内での研究の比重も高まっています.
 それでも教員,院生とも,国内のみならず海外のフィールドへたびたび出かけて調査を行っています.実験室に閉じこもらず,虫採り魚採りに熱中する,研究対象が野外で生きている姿を知っている,それがこの研究室のよいところです.

適応的多様化・種分化

 動物の適応的な多様化,そしてそれに関連する種分化について,野外観察,室内実験,分子生態学的解析を通して研究しています.例えば,魚や昆虫における,餌や生息場所タイプに対応した形態の分化が,どのような自然選択によって生じたのか,またその分化は,集団間の遺伝的分化や生殖隔離と結びついているのか.昆虫の近縁種間の交尾器の違いがどのような性選択,自然選択によって生じたのか,また交尾器の多様化進化がどう種分化に結びつくのか.
 適応分化や種分化を遺伝子レベルで解明するために,QTL解析や発現遺伝子比較が行われますが,そうした研究は,「エコゲノミクス」のアプローチで進められています.次世代シーケンサーが普及し,対象動物のゲノムから大量のシーケンスデータを得て解析が行われるようになりました..

個体群生態学

 個体群動態の研究は,生態学の最も基礎的な研究であり,適応進化の理解や種の保全においても重要な情報を提供します.本研究室では,絶滅が危惧されるネコギギについて,継続的な個体群調査が行われています.

種間関係・群集

 競争や捕食といった種間関係に関する研究もいろいろ行われています.資源をめぐる競争だけでなく,繁殖行動を介した種間の干渉(繁殖干渉)の研究,また植食性昆虫と餌植物の相互の適応,共進化など.
 群集レベルでは,淡水魚類,土壌無脊椎動物などの餌資源利用が,胃内容分析や安定同位体分析によって研究されてきました.

系統地理学・歴史生物地理学

 動物の種の地理的分布,地理的な集団分化・種分化がどのような歴史的背景をもっているのか,気候変動や地史とどのように関係しているのかについて,分子系統学的手法を用いて研究しています.とくに日本の淡水魚や,オサムシ,シデムシ,ネクイハムシといった鞘翅目昆虫が主な研究対象になってきました.

お知らせ

  • 堀道雄 名誉教授らの論文がZoological Science Awardを受賞
    昨年Zoological Science誌に掲載された堀道雄先生(当研究室の元教授・現京都大学名誉教授)らの論文"Laterality is Universal Among Fishes but Increasingly Cryptic Among Derived Groups"が平成30年度Zoological Science Awardを受賞しました!詳細

    受賞理由:
    魚類の左右性の進化生態学は、日本発の高いオリジナリティーを有する研究分野の⼀つといえる。本論⽂は、様々な魚類分類群における左右性を網羅的に解析し、系統樹にマッピングして進化プロセスを解析することで、魚類における左右性の普遍性を示した記念碑的成果である。独自の視点から地道に観察知⾒を蓄積していくという動物学的な手法によって達成されたものであり、論⽂賞に相応しい研究である。

    当研究室で行われた研究成果が元になった論文であり、多くのOBが共著者として貢献したものです。
    おめでとうございます。
    投稿: 2018/06/20 0:28、Satoshi Yamamoto
  • 大学院生の募集(平成31年度入学分)
    京都大学大学院理学研究科は平成31年(2019年)4月に入学する修士課程学生の募集案内を公開しました。
    当研究室でも一緒に研究をする大学院生を募集します。当研究室を希望する方は教員にコンタクトを取って受け入れが可能かどうかを確認してください。
    メンバー紹介サイトから各教員の研究テーマや連絡先を確認することができます。

    出願書類の受付は2018年7月4日〜6日、受験日は7月31日〜8月1日です。
    4月21日には院試説明会・オープンラボも開催されます。
    詳しくは理学研究科生物科学専攻のウェブサイトを御覧ください。
    投稿: 2018/04/08 16:38、Satoshi Yamamoto
1 - 2 / 32 件の投稿を表示中 もっと見る »


最近の研究成果

最近の論文は全てこちらで確認できます。=>英文論文・出版物

Fujisawa T, Koyama T, Kakishima S, Cooley JR, Simon C, Yoshimura J, Sota T (2018) Triplicate parallel life cycle divergence despite gene flow in periodical cicadas. Communications Biology 1:26.

Nakagawa H, Yamamoto S, Sato Y, Sado T, Minamoto T, Miya M. (2018) Comparing local‐ and regional‐scale estimations of the diversity of stream fish using eDNA metabarcoding and conventional observation methods. Freshwater Biology 63: 569–580.

Iijima T, Kajitani R, Komata S, Lin CP, Sota T, Itoh T, Fujiwara H (2018) Parallel evolution of Batesian mimicry supergene in two Papiliobutterflies, P. polytes and P. memnon. Science Advances 4: eaao5416.

Komata, S., CP. Lin & T. Sota. (2018) Do juvenile developmental and adult body characteristics differ among genotypes at the doublesex locus that controls female-limited Batesian mimicry polymorphism in Papilio memnon?: a test for the “cost of mimicry” hypothesis. Journal of Insect Physiology 107:1-6.

Nagata N, Ohwaki A, Akaishi D, Sota T (2018) Genetic structure of Dytiscus sharpi in North and South Hokuriku in Japan inferred from mitochondrial and nuclear gene sequence. Zoological Science 35(2): 134-139.

Watanabe K, Sakai H, Sanada T, Nishida M (2018) Comparative phylogeography of diadromous and freshwater daces of the genus Tribolodon (Cyprinidae). Ichthyological Research.

Kano Y, Tabata R, Nakajima J, Takada-Endo M, Zhang C, Zhao Y, Yamashita T, Watanabe K (2018) Genetic characteristics and possible introduced origin of the paradise fish Macropodus opercularis in the Ryukyu Archipelago, Japan. Ichthyological Research.
サブページ (2): お知らせ 研究室紹介