ムーンショット型研究開発事業

「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター(CA)技術と社会基盤の開発」

avatarin株式会社

科学技術振興機構ムーンショット型研究開発事業 目標1

「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」

研究開発プロジェクト 「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発」

avatarin株式会社では、JSTムーンショット型研究開発事業において、

次世代CAクラウドの構築と運用および国際標準化の推進」および「CAを通じた高度技能のモデル化と技能転写技術の開発」

の2つのテーマに取り組んでいます。

プロジェクト推進のため、6つの研究開発グループから構成され、avatarin株式会社では、グループ3とグループ4に参加しています。

Group 3:

技能融合研究グループ

CAを通じた高度技能のモデル化と技能転写技術の開発

模倣学習を用いたスキルの習得

Group 4:

CA基盤研究グループ

次世代CAクラウドの構築と運用および国際標準化の推進

誰でもどこでも繋がるCAクラウドの構築

Copyright (c) JST Moonshot Project Cybernetic being. All rights reserved.

Copyright(2021)Moonshot R&D.

プロジェクトについてのお問い合わせは、「お問い合せフォーム」からお願い致します。


<<競争的資金の不正使用・研究不正に関する相談窓口>>

当社では、競争的資金不正使用・研究不正に関する相談および告発窓口を設置し、内外に公開しています。

公的研究費の管理・運営および研究不正に関する相談または告発については、メールを通じて受け付けております。

相談窓口:compliance@avatarin.com