2光子スピニングディスク共焦点顕微鏡の

高機能化

北海道大学電子科学研究所で拠点COREラボを運営し、2光子スピニングディスク共焦点顕微鏡の機能強化と、この顕微鏡の特性を生かした生物学研究を行っています。

メンバー

村田隆(基礎生物学研究所 准教授、北海道大学電子科学研究所 客員教授)

大友康平(北海道大学電子科学研究所 助教)

小林健太郎(北海道大学電子科学研究所ニコンイメージングセンター 技術職員)

根本知己(北海道大学電子科学研究所 教授)

所在地

〒001-0020 札幌市北区北20条西11丁目

北大・北キャンパス・創成科学研究棟2F

連絡先

村田隆

基礎生物学研究所・生物進化研究部門

tkmurata(at)nibb.ac.jp

最近の研究発表など

2017.6.14 日本細胞生物学会のシンポジウムに採択され、発表を行いました。

2017.5.31 日本顕微鏡学会学術講演会のシンポジウムで研究成果を発表しました。

この顕微鏡開発で目指すもの

細胞が何重にも重なっている組織の中で細胞内小器官や細胞骨格の動きを見られる顕微鏡はまだありません。超解像顕微鏡は対象物の表面しか観察できず、通常の2光子顕微鏡は細かい構造の速い動きは苦手です。スピニングディスク共焦点顕微鏡に2光子励起を組み合わせたシステムのポテンシャルを生かし、動物の多細胞組織、植物細胞や原生生物などの細胞内微細構造の動きを調べることを可能にしたいと考えています。

※ 数値はおおよそのものです。

顕微鏡の実機の紹介

北大ニコンイメージングセンターのサイトに顕微鏡の詳しい解説があります。

北大ニコンイメージングセンター Station5


発表論文

Otomo et al. (2015) Multi-point Scanning Two-photon Excitation Microscopy by Utilizing a High-peak-power 1042-nm Laser. Anal. Sci. 31(4), 307-313 website

Murata et al. (2015) Two-photon spinning disk confocal microscopy of living cells and tissues. Plant Morphology 27 (1), 27-32 website

サポート

北海道大学電子科学研究所 http://www.es.hokudai.ac.jp/

物質・デバイス領域共同研究拠点 http://five-star.tagen.tohoku.ac.jp/

基礎生物学研究所 http://www.nibb.ac.jp/