日本生体医工学会

Young Investigator's Award

Update:

  • 2017/8/7 サイトを作成しました。内容が変更されることがありますので、ご注意下さい。
  • 2017/10/19 応募方法に変更がありました。大会サイトでの一般演題申込に加えて、本サイトから応募資料を提出する必要がありますので、ご注意下さい。

趣旨

若手研究者による独創的・萌芽的な研究の奨励ならびに、医学系・工学系の分野を超えた若手研究者間の活発な交流を目的として、第57回日本生体医工学会大会@札幌においてYoung Investigator’s Award (YIA)セッションを開催します。

応募資格

応募者は、以下の二つを満たす必要があります。

  1. (少なくとも受賞時までに)日本生体医工学会 会員あるいは準会員であること。
  2. 応募時に医学系は満40歳未満工学系は満35歳未満であること。

YIAセッションにおいては、医学系は「医療系国家資格(医師・歯科医師・薬剤師・看護師・臨床工学技師など)の保持者あるいはそれに準じた知識や経験を有するもので、医学・生物学系の専門分野の研究を行っているもの」、工学系は「理学・工学系の専門分野の研究を行っているもの」とします。入会時のM系・E系の選択とは異なりますので、ご注意ください。

応募方法と応募時期

応募には、以下の2段階を経る必要があります。

  1. 学会大会サイトにて、一般演題の登録画面で「YIA賞を希望する」という選択肢を選択する
  2. 本サイトより、応募資料に必要事項を埋めて提出する


応募資料のフォームは、こちらからダウンロードしてください。

応募資料の提出ページは、こちらです。


原則として、招待講演のみで構成されるオーガナイズドセッションでの発表演題は、YIAの対象外となります。

応募時期は、一般演題の募集に併せて12月を予定しています。

選考

  1. 一次選考;一般演題に登録された抄録原稿および応募資料の情報をもとに、独創性・新規性、萌芽性、医工連携分野への貢献が期待できる点を有する優れた研究演題を医学系・工学系の各部門で各々3演題を選出します。
  2. 二次選考;学会大会のYIAセッションにて口述発表を行い、医学系・工学系の各部門でそれぞれ、最優秀賞1名ならびに優秀賞2名を決定します。

一次選考の通過者は、学会大会中に一般セッションとYIAセッションの併せて2回発表いただくことになりますので、ご留意ください。

授賞式

二次選考の選考結果は学会大会で行われる懇親会・情報交換会にて公表し、理事長名にて最優秀賞と優秀賞の受賞者の表彰を行います。最優秀賞の受賞者には賞状・記念品・賞金の贈呈を行い、優秀賞の受賞者には賞状・記念品の贈呈を行います。

問い合わせ先

jsmbe-yia-contact_(at)_googlegroups.com

ただし、_(at)_をアットマーク@に置き換えて下さい。

企画: 日本生体医工学会 若手研究者活動ワーキンググループ

    • 実行委員長:朔 啓太(九州大学)
    • メンバー :福満 雅史(国立循環器病研究センター)、塩澤 成弘(立命館大学)、西川 拓也(九州大学)