齊藤博英研究室

Hirohide Saito Lab (English page)

iPS細胞研究所 未来生命開拓部門 細胞制御システム工学


タンパク質がRNAの配列と構造を認識して形成する「RNA-タンパク質( RNP) 複合体」は遺伝子発現,細胞内局在などを制御し,細胞内分子機構の中核を担っています.

では,配列と構造など必要なメカニズムを解明できれば,

逆にそれらを人工的に改変することで,RNAやRNP複合体の機能や形成を制御し,

細胞を自在に操作できるのではないでしょうか...?

本研究分野ではこのような合成生物学的着想に基づき,生命システムを理解・制御するための新たな技術開発を通して,

細胞のプログラミング機構を解明するとともに,その運命決定を精密に制御することを目指す取り組みを行っています.

Welcome to our lab!

最新情報,ラボの日常はFacebookページからお届けしております!


研究・教育について

研究テーマは「RNAを基盤とする合成生命システムの創成」です。

私はRNAやRNA-タンパク質 (RNP)相互作用の理解を通じて生命システムを自由に制御し、さらには目的の機能をもつ人工細胞を創成することを目指しています。合成生物学や生命化学、幹細胞生物学、生物物理学といった異分野の知識や技術を結集することで、RNA や RNP が司る生命現象を統合的に理解するとともに、医療応用や生命進化の考察に資する人工システムを設計、開発することで、「合成生命システム創生分野」を新たに切り拓きたいと考えています。

これから以下のような新しいテーマを進めるため、新メンバーを募集しています!

  1. RNA構造に着目した相分離現象の理解と制御

  2. RNAを基盤とする人工遺伝子回路・構造体による細胞、個体の運命制御

  3. RNAを基盤とする人工細胞の構築と生命起源の探究

研究室では独自の新技術を開発し、次世代の生命科学や医療につながる基礎研究・応用研究の両方を実現することを目指しています。幅広い分野の方からの応募を歓迎します。
学位取得を目指す大学院生には、研究に集中できる環境を整えるため、RAやTAとして経済的なサポートもおこなっています。

メンバー募集!

RNA生命システムの理解や創成に興味のある方を募集しています! 興味がある方は、以下メールでまずは問い合わせください。より詳しい情報についてもお話しできればと思います。

連絡:hsaito-g*cira.kyoto-u.ac.jp

お手数ですがメール送信の際 * を@に変えてください。