情報・システム工学概論

内容

  • 近年情報技術の対象は、個数、金額、品番など、数値として管理するのが適切であることが一見してわかるものから、人間の言葉、動作、社会的行動など、単純な数値化による情報技術の適用が容易でないものに広がってきている。本講では、こうした対象に情報技術を適用するのに必要となる技術を概観し、具体的な適用例の紹介を通じてその理解を深める.
  • Aセメスター月曜5限(16:50~18:35)に,521教室(駒場5号館)にて開講
  • 月曜日以外に開講することもあります.注意して下さい.

予定

レポート提出要領

  • 提出内容
    • 各教員出題の課題から3教員分を選んで提出
    • 各課題についてA4で,2~3ページ以上を期待している.なお,個別指示があればそれに従うこと.
    • なお,出席点を加味する.
  • 提出方法
    • 電子ファイルで以下より提出すること.
    • Word ファイル,あるいは,PDF ファイルのフォーマットのみ受け付ける.
      • ファイル名は PDF ファイルであれば,「教員名_学籍番号.pdf」とする.
      • 例えば,長谷川教員の講義に対してレポートを出す場合は,Hasegawa_J4180123.pdf となる(J4180123部分は自分の学籍番号に置き換える).
    • なお,本授業の質問については,各担当教員あるいは長谷川(hasegawa[AT-MARK]biom.t.u-tokyo.ac.jp)に連絡すること.
  • 締め切り(授業最終日は12/23です)
    • 2020年1月17日 18:00(遅れたものは一切採点しません)