ES経営を実践する上で大切なのが、組織に「つながり」を生み出し「つながり」でコトを動かしていくことです。

お金が媒介となってコトが動く貨幣経済から、つながりによって動く贈与経済へと社会の角度が傾いている現代において、はたらく個々の”共感力””思いやり”といった人間性を高めながらつながりをつくり、組織全体で価値を生み出していく必要性が高まっています。

このサイトでは、そのような人間性向上(ES)の機会として、職場を離れた非日常の場での経験を通した研修プログラムをご紹介しています。

さまざまな専門性をもつ団体との協働で組み立てたプログラムでは、「経験学習」モデルを踏まえ、”経験→内省→実践”のサイクルをつくります。言葉ではない”からだ”で体感する経験を通して、人間が本来もつ身体知を呼び覚まし、日常での実践を促します。また、自己と向き合い未来を考える時間を通して、”気づく力”と”自己肯定感”を養い、一歩を踏み出す機会にしましょう。

アフリカの民族楽器・ジャンベのリズムでオープンマインドなチームづくり
畑を舞台にしたチームビルディング&マインドフルレッスン
みんなで健康向上!ウェルビーイングな職場づくり
“徒歩”と“まちあるき”でカッコいい大人を目指す
「刺激→認知→反応」のサイクルを正しくまわすマインドフルネス瞑想
「犬」とのふれあい・育成を通して非言語コミュニケーションを習得