ミクロ生物分譲サービス

日本原生生物学会は、岩国市ミクロ生物館と連携し、原生生物などのミクロ生物および、これらの採集・培養・観察のための器具などの分譲サービスを行っています。

以下に、原生生物学会ミクロ生物分譲サービスで実費分譲することが可能な生物等のリストがあります。ほとんどの生物の輸送には15 mlのプラスチックチューブが用いられますが、無菌の生物は1.5mlチューブも用いられます。リストの「生物名」に「無菌」と表記されているもののみが 無菌環境下で培養している生物です。送料は、送付先や生物の株数によって異なります。また、ボルボックスの送料のみは受取人払いでお支払いいただきますので、ご了承ください。さらに、リストには掲載されていても、その時の培養の様子によってはお送りできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。ご注文の場合には、下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。折り返し、メールにて分譲の可否・送料を含めた合計金額・送金方法をご連絡します。入金が確認され次第、発送いたします。学校関係の方で、料金後払いをご希望の方は、その旨を注文フォームのメモ欄にお書きください。注文フォーム送信後、10日経過しても返信がない場合には、通信障害などのエラーが考えられますので、お手数ですが原生生物学会事務局までメールにてお問合せください(E-mail: gajsp@protistology.jp)。

★本サービスは、教育目的に限ってご利用いただけます。研究・開発や商業目的でのご利用をお考えの方は別途の対応が必要ですので、原生生物学会事務局までご相談ください。

★分譲サービスで取り扱っている生物などの詳しい説明は、こちらをご覧ください。

★日本原生生物学会の準会員(年会費1,000円)は、年間4株のミクロ生物の無償分譲が受けられます(送料はご負担いただきます)。準会員の方は、注文フォームのコメント欄に準会員である旨をお書きください。

★送料のだいたいの目安: 注文の個数がおおよそ5個までは500円程度。10個1,000円程度です。夏季はクール便で発送する必要がありますので、その場合はクール料金が加算されます。それでも夏季は輸送中の温度変化により生き物が弱ることがありますので、なるべくなら避けていただくことをお勧めします。

★原生生物を野外の池や沼に放した場合、その場所の生態系が乱される可能性があります。上の生物リストには南大東島産の生物も含まれます。同じ日本国内であってもこれを例えば北海道に放ったりすることは、生態系を乱すことになるでしょう。生物の処分や管理にあたっては、使用者の責任で適切な方法をお考えください。

★以下のサイトからも様々な原生生物が入手可能です。

NBRPゾウリムシ

国立環境研究所 微生物系統保存施設