科学研究費基盤研究(S)

「集合行動の認知・神経・生態学的基盤の解明」

(平成28〜32年度:代表 亀田達也)

目的

局所的な社会現象が増幅し、社会全体に亘る予想外の影響を及ぼし得る「集合行動」のしくみについて理解することは、21世紀の諸科学が連携して取り組まねばならない重要課題です。本研究は、近年、生物学と情報科学で注目を集めている社会性昆虫の群れ行動に関する知見を参考に、社会科学研究者と、動物行動学・脳科学・数理生物学などの自然科学研究者が連携し、人間の集合行動を支える認知・神経・生態学的基盤について解明することを目指します。

本研究は、「計算論的アプローチ」と呼ばれるメタ理論に立ち、数理モデル、コンピュータ・シミュレーション、大規模種間比較実験(ヒトとほかの動物種の集合行動の比較)、神経・生理実験、認知・行動実験、大規模インターネット実験を組み合わせた、組織的な検討を行います。人間の集合行動のしくみを科学的方法により理解するとともに、集合行動の予測・制御についても応用的な示唆を得ることを目的とします。


メンバー

亀田達也(東京大学大学院人文社会系研究科) 代表

坂上雅道(玉川大学脳科学研究所)

伊澤栄一(慶應義塾大学文学部)

大槻 久(総合研究学院大学先導科学研究科)

竹澤正哲(北海道大学大学院文学研究科)

犬飼佳吾(大阪大学社会経済研究所)

小川昭利(順天堂大学医学部)

小倉有紀子(東京大学大学院人文社会系研究科・PD)

研究成果

2017年度

    1. 亀田達也 (2017). モラルの起源――実験社会科学からの問い.岩波書店.
    2. Xin, Q., Ogura, Y., & Matsushima, T. (2017). Four eyes match better than two: Sharing of precise patch-use time among socially foraging domestic chicks. Behavioural Processes. 140, 127–132. doi: 10.1016/j.beproc.2017.04.020
    3. Toyokawa, W., Saito, Y., & Kameda, T. (2017). Individual differences in learning behaviours in humans: Asocial exploration tendency does not predict reliance on social learning. Evolution and Human Behavior, 38, 325-333. doi: 10.1016/j.evolhumbehav.2016.11.001
    4. King, A. J., Kosfeld, M., Dall, S. R. X., Greiner, B., Kameda, T., Khalmetski, K., Leininger, W., Wedekind, C., & Winterhalder, B. (2017). Explorative strategies: Consequences for individual behavior, social structure, and design of institutions. In L-A. Giraldeau, P. Heeb and M. Kosfeld (Eds.), Investors and Exploiters in Ecology and Economics: Principles and Applications (pp. 205–214). Cambridge, MA: MIT Press.
    5. 小川昭利・横山諒一・亀田達也 (印刷中). 日本語版 ToM Localiser for fMRI の開発. 心理学研究. doi: 10.4992/jjpsy.88.16217
    6. 上島淳史・亀田達也 (印刷中). 資金獲得に伴う不確実性は他者のためのリスク選択に影響するか. 心理学研究
    7. Tindale, R. S., & Kameda, T. (2017). Group decision-making from an evolutionary/adaptationist perspective. Group Processes and Intergroup Relations. doi: 10.1177/1368430217708863


2016年度

    1. Murata, A., Saito, H., Schug, J., Ogawa, K., & Kameda, T. (2016). Spontaneous facial mimicry Is enhanced by the goal of inferring emotional states: Evidence for moderation of “automatic” mimicry by higher cognitive processes. PLOS ONE. 11(4): e0153128. doi:10.1371/journal.pone.0153128
    2. Bryant, G.A., Fessler, D.M., Fusaroli, R., Clint, E., Aarøe, L., Apicell, C.L., Petersen, M.B., Bickham, S.T., Bolyanatz, A., Chavez, B., De Smet, D., Díaz, C., Fančovičová, J., Fux, M., Giraldo-Perez, P., Hu, A., Kamble, S.V., Kameda, T., Li, N.P., Luberti, F.R., Prokop, P., Quintelier, K., Scelza, B.A., Shin, H.J., Soler, M., Stieger, S., Toyokawa, W., Evan den Hende, E. A., Viciana-Asensio, H., Yildizhan, S. E., Yong, J.C., Yuditha, T., & Zhou, Y. (2016). Detecting affiliation in co-laughter across 24 societies. Proceedings of the National Academy of Sciences, 113(17), 4682-4687.
    3. Kameda, T., Inukai, K., Higuchi, S., Ogawa, A., Kim, H., Matsuda, T., & Sakagami, M. (2016). Rawlsian maximin rule operates as a common cognitive anchor in distributive justice and risky decisions. Proceedings of the National Academy of Sciences, 113(42), 11817-11822. doi: 10.1073/pnas.1602641113.

メディア(新聞・雑誌など)

  • Kameda, T., Inukai, K., Higuchi, S., Ogawa, A., Kim, H., Matsuda, T., & Sakagami, M. (2016). Rawlsian maximin rule operates as a common cognitive anchor in distributive justice and risky decisions. Proceedings of the National Academy of Sciences, 113(42), 11817-11822. doi: 10.1073/pnas.1602641113. 【プレスリリース Link、朝日新聞2016年10月2日朝刊3面 Download、中日新聞2016年12月1日夕刊2面 Download、コメンタリー Link
  • 亀田達也 (2017). モラルの起源――実験社会科学からの問い.岩波書店.

書評一覧【毎日新聞「今週の本棚」2017年4月23日朝刊 Download、週刊東洋経済「新刊新書サミン グアップ」2017年4月15日 Download、朝日新聞「読書」2017年5月7日朝刊 Download、週刊エコノミスト「Book Review」2017年5月23日号 Download、山梨日日新聞「読んでナルホド」2017年5月21日朝刊 Download、日経サイエンス「森山和道の読書日記」2017年7月号 Download、北海道新聞「卓上四季」2017年5月24日朝刊、文藝春秋「今月買った本」2017年7月号 Download、教職ネットマガジン「今週の一冊」2017年6月26日 Download

シンポジウム、ワークショップ

  • 日本心理学会第81回大会(久留米大学)公募シンポジウム「集合行動のアルゴリズムを考える:計算論的な種間比較の可能性」(2017年9月20日)大会ページ
  • ワークショップ「集合知の認知・神経・生態学的基盤」 久留米ビジネスプラザ(2017年9月23日):プログラム(pdf)

セミナー

  • 北海道大学理学研究院・松島俊也教授のセミナー(「動物にとって理(ことわり)とは何か?」)が開催されました(2017年7月3日)。詳しくはこちらをご覧ください。