in Japanese

(Last Update: 2017/05/23)


【所属】

京都大学 教育学研究科 研究員

京都大学 こころの未来研究センター 共同研究員

Researchmap

Research Gate 

Mail: ogihara.yuji.3w[at]kyoto-u.ac.jp

 

経歴

2015年12月- 2017年2月 University of California Los Angeles (USA), Department of Psychology, Visiting Researcher (受け入れ教員: Prof. Patricia Greenfield)

20153 京都大学大学院 教育学研究科 教育科学専攻 博士後期課程 修了(指導教員: 楠見 孝 教授)

2014年7月-8月 University of Konstanz (Germany), Department of Psychology, Visiting Student (受け入れ教員: Prof. Gisela Trommsdorff)

20127月-10 University of Delaware (USA), Department of Psychology, Visiting Student (受け入れ教員: Prof. Beth Morling)

20123月 京都大学大学院 教育学研究科 教育科学専攻 修士課程 修了 (指導教員楠見 孝 教授)

20103月 京都大学 教育学部 教育科学科 卒業 (指導教員: 楠見 孝 教授)

 

研究領域

社会・文化環境が人々の心理・行動傾向に及ぼす影響に興味があります。特に、日本社会・文化の個人主義化に伴う不適応問題に関心があります。具体的には、以下の2点について研究を進めています。

1. 人間の心理・行動傾向と社会の制度・構造の変容を定量的・実証的に記述する。特に、日本文化の個人主義化がどのように進んでいるか。

2. 社会・文化の変容が人々の心理・行動傾向にどのような影響を与えているかを解明する。特に、日本文化の個人主義化が対人関係のあり方や幸福感にどのような影響を与えているか。歴史的に個人主義文化とは言い難い日本において個人主義化が進むことで、対人関係の希薄化や幸福感の低下が一時的に生じているのではないか。

社会・文化環境の変容への適応過程を理論化するとともに、現在の日本社会・個人が抱える心の問題を明確に記述し、その問題の予防・解決に貢献できる研究を進めたいと考えています。

Keywords: 「文化変容」・「対人関係」・「幸福感」・「個人主義」「文化」

 

論文

査読あり (Google Scholar Citations; Citations: 134, h-index: 5, i10-index: 3)

1. [New] Ogihara, Y. (2017). Temporal changes in individualism and their ramification in Japan: Rising individualism and conflicts with persisting collectivism. Frontiers in Psychology,8: 695. [PDF]

2. Ogihara, Y. (2016). The change in self-esteem among middle school students in Japan, 1989-2002. Psychology, 7, 1343-1351. [PDF]

3. Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T. (2016). Losing confidence over time: Temporal changes in self-esteem among older children and early adolescents in Japan, 1999-2006. SAGE Open, 6, 1-8. [PDF]

4. Ogihara, Y. (2016). Age differences in self-liking in Japan: The developmental trajectory of self-esteem from elementary school to old age. Letters on Evolutionary Behavioral Science, 7, 33-36. [PDF]

5. 荻原祐二 (2015). 近年の日本における個性的な名前の特徴とその類型 人間環境学研究, 13, 177-183. [PDF] [Altmetric]

6. Ogihara, Y., Fujita, H., Tominaga, H., Ishigaki, S., Kashimoto, T., Takahashi, A., Toyohara, K., & Uchida, Y. (2015). Are common names becoming less common? The rise in uniqueness and individualism in Japan. Frontiers in Psychology. 6:1490. [PDF] Most viewed Psychology articles in October 2015 (3rd place among 228 articles) / Selected as “Climb the Tier” Article on Frontiers in Psychology / 京都大学プレスリリース / 朝日新聞 / 京都新聞 / 日本経済新聞 / 毎日新聞 / 読売新聞 / 共同通信
7. Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T. (2014). How do Japanese perceive individualism? Examination of the meaning of individualism in Japan. Psychologia, 57, 213-223. [PDF]
8. Ogihara, Y., & Uchida, Y. (2014). Does individualism bring happiness? Negative effects of individualism on interpersonal relationships and happiness. Frontiers in Psychology5:135. [PDF] Top 10 most viewed Psychology research articles in March 2014 (2nd place among 107 articles) / 京都大学プレスリリース / 京都新聞

9. 荻原祐二 (2013). ブータンを訪れてブータンの幸福を支える背景ヒマラヤ学誌, 14, 207-210. [PDF]

10. 荻原祐二・内田由紀子・楠見孝 (2013). 対人関係におけるコントロール方略が感情状態に及ぼす影響 対人社会心理学研究, 13, 9-14. [PDF]


1. 小宮あすか・唐牛祐輔・荻原祐二・後藤崇志 (2016潜在的文化的自己観と親しい他者との協力-競争目標に対する選好 社会心理学研究, 32, 133-140. [PDF]

2. Uchida, Y., & Ogihara, Y. (2012). Personal or Interpersonal Construal of Happiness: A Cultural Psychological Perspective. International Journal of Wellbeing, 2. [PDF]

3. 内田由紀子・荻原祐二 (2012). 文化的幸福観: 文化心理学的知見と将来への展望 心理学評論, 55, 26-42. [Abstract]

 

査読なし

1. Ogihara. Y. (2014). Globalization, Individualism, and Happiness: A Cultural Psychological Perspective. Annual Report of Academic Exchange Programs 2013 between Kyoto University and Beijing Normal University, 26-32.

2. Ogihara. Y. (2012). Culture and Subjective Well-Being. Proceedings of the 5th International Symposium between the Graduate School of Education, Kyoto University (Japan), and the institute of Education, University of London (UK) Culture and Subjectivity in Translation, 81-88.

3. Ogihara. Y. (2012). Does practicing individualism make people happy in Japan? Annual Report of Academic Exchange Programs 2011 between Kyoto University and Beijing Normal University, 108-111.

 

学位論文

荻原祐二 (2015). 日本社会・文化の個人主義化に伴う不適応問題の解明 京都大学教育学研究科博士論文  [PDF].

荻原祐二 (2012). 日本における「個人主義」が幸福感に及ぼす影響: 対人関係からの検討 京都大学教育学研究科修士論文 (未公刊).

荻原祐二 (2010). 対人関係におけるコントロール方略が精神的健康に及ぼす影響 京都大学教育学部卒業論文(未公刊).

 

著書

1. [New] Ogihara, Y. (in press). Economic shifts and cultural changes in individualism: A cross-temporal perspective. In Uskul, A. & Oishi, S. (Eds.), Socioeconomic environment and human psychology: Social, ecological, and cultural perspectives. Oxford University Press. [available upon request]

2. Uchida, Y., Ogihara, Y., & Fukushima, S. (2015). Interdependently achieved happiness in East Asian cultural context: A Cultural Psychological point of view. In Trommsdorff, G & Assmann, W. R (Eds.), Engaging in interdisciplinary research. Quality of life in cultural context. (pp. 217-229). Universitätsverlag Konstanz, UTB., Germany.

3. Uchida, Y., Ogihara, Y., & Fukushima, S. (2015). Cultural construal of wellbeing: Theories and empirical evidence. In Glatzer, W., Camfield, L., Moller, V.,  & Rojas, M. (Eds.), Global Handbook of Wellbeing and Quality of Life: Exploration of Well-being of Nations and Continents. (pp. 823-837). Springer Netherlands. DOI: 10.1007/978-94-017-9178-6_38 [peer-reviewed book chapter] [Springer]
 

翻訳

荻原祐二 (2013).「自己卑下」,「セルフスキーマ」,「根本的帰属のエラー」など150項目 繁桝算男・四本裕子 (監訳) (2013) APA心理学大辞典 培風館 (VandenBos, R. G. (2007). APA Dictionary of Psychology, American Psychological Association)

 

【国際学会発表(査読あり)】

口頭発表(シンポジウム)

Ogihara, Y. (2016, 8. 2). Cultural change toward greater individualism in Japan: Analyses of human and dog names “Social/Cultural Change: Determinants, Moderators, and Consequences” The 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, WINC Aichi, Nagoya, Japan.

口頭発表

1. Ogihara, Y. (2016, 8. 2). Are unique names increasing in Japan? An analysis of baby names from 30 years of city newsletters, 1984-2015. The 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, WINC Aichi, Nagoya, Japan.

2. Ogihara, Y., Uchida, Y. & Kusumi, T. (2016, 8. 1). Losing confidence over time: Temporal changes in self-esteem among older children and early adolescents in Japan. The 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, WINC Aichi, Nagoya, Japan.

3. Ogihara, Y., Uchida, Y. & Kusumi, T. (2015, 10, 9). Does individualization of culture bring risk of being isolated in Japan? A Cultural Psychological Perspective. The 13th Meeting of the German-Japanese Society for Social Sciences, German Institute of Japanese Studies, Tokyo, Japan.

4. Ogihara,Y., Fujita, H., Tominaga, H., Ishigaki, S., Kashimoto, T., Takahashi, A., Toyohara, K., Uchida, Y., & Kusumi, T. (2015, 2). Are unique names increasing? Rise in uniqueness and individualism in Japan. The 11th Cultural Psychology Preconference (at the 16th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), Long Beach, California, USA.

5. Ogihara,Y., Fujita, H., Tominaga, H., Ishigaki, S., Kashimoto, T., Takahashi, A., Toyohara, K., & Uchida, Y. (2014, 7). Are unique names increasing? Individualization in Japan. The 22nd International Congress for Cross-Cultural Psychology, Reims, France.

6. Ogihara, Y. & Uchida, Y. (2013, 5). Does Globalization Decrease Happiness in East Asia? A Cultural Psychological Perspective. The 12th Meeting of the German-Japanese Society for Social Sciences, Bad Homburg, Germany.


1. Uchida, Y., Ogihara, Y. & Fukushima, S. (2015, 7, 8). What constitutes a good life? Cultural variation in the emotional patterns of happiness and well-being. Bi-Annual Conference of the International Society for Research on Emotion, Genova, Italy.

 

ポスター発表

1. Ogihara, Y. (2017, 1, 21). Temporal changes in individualism in Japan: An analysis of Japanese newspapers, 1874-2015. The 18th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, San Antonio, Texas,USA.

2. Ogihara, Y. (2017, 1, 19). Historical trends in individualism in Japan: Evidence from Japanese newspapers, 1875-2015. The 13th Cultural Psychology Preconference (at the 18th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), San Antonio, Texas, USA.

3. Ogihara, Y. (2016, 8. 2). Characteristics and patterns of uncommon names in present-day Japan. The 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology, WINC Aichi, Nagoya, Japan.

4. Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T. (2016, 1. 29). Losing confidence over time: Temporal changes in self-esteem in Japan. The 17th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, San Diego, California, USA. (granted SPSP Teacher/Scholar Travel Award)

5. Ogihara, Y. (2016, 1. 28). Are common names becoming less usual in Japan? An analysis of baby names from 30 years of city newsletters, 1984-2015. The 12th Cultural Psychology Preconference (at the 17th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), San Diego, California, USA.

6. Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T. (2015, 2). Does individualism damage interpersonal relationships and subjective well-being in Japan? Longitudinal examination for a causal link. The 16th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, California, USA. (granted SPSP Student Poster Award & SPSP Diversity Fund Graduate Travel Award)

7. Ogihara, Y., Tominaga, H., Kameda, C., Abutsuka, S., Sakai, K., & Uchida, Y. (2014, 2). Does image of individualism differ between Japan and the United States? Analyses of inside and outside the head. The 10th Cultural Psychology Preconference (at the 15th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), Austin, Texas, USA.

8. Ogihara, Y., Tominaga, H., Kameda, C., Abutsuka, S., Sakai, K., & Uchida, Y. (2014, 2). Is Individualism Perceived to be Egoism in Japan? Cultural Differences in the Image of Individualism. The 15th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Austin, Texas, USA. 

9. Ogihara, Y., Uchida, Y., Morling, B., & Kusumi, T. (2013, 1). Influence and adjustment in the friendship. The 9th Cultural Psychology Preconference (at the 14th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), New Orleans, Louisiana, USA. 

10. Ogihara, Y. & Uchida, Y. (2012, 1). Does personal achievement orientation have negative effect for Japanese? Cultural analysis of personal achievement versus relationships orientation. The 13th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, San Diego, California, USA.

11. Ogihara, Y, & Uchida, Y. (2011, 1). Effects of contingencies of self-worth on subjective well-being in Japan and the U.S. The 7th Cultural Psychology Preconference (at the 12th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), San Antonio, Texas, USA. 


1. Katsumura, F., Akutsu, S., Uchida, Y., Kitayama, S., & Ogihara, Y. (2015, 2). Differential Impacts of Employees' Cultural Self-Construals on Job Satisfaction and Workplace Social Relationship Between Japanese Companies and Foreign-owned Companies in Japan. The 16th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, California, USA.

2. Akutsu, S., Uchida, Y., Katsumura, F., Ogihara, Y. & Kitayama, S. (2015, 2). Do Japanese workers feel lonelier in local Japanese companies than in foreign-owned multinational companies in Japan? If so, why? - A cultural psychological inquiry. The 11th Cultural Psychology Preconference (at the 16th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), Long Beach, California, USA.

3. Akutsu, S., Uchida, Y., Katsumura, F., Ogihara, Y., & Kitayama, S. (2013, 1) Negative impact of seeking independence in a global Japanese company The 9th Cultural Psychology Preconference (at the 14th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology), New Orleans, Louisiana, USA.

4. Komiya, A., Karoji, Y., Ogihara, Y., & Goto, T. (2010, 1). Cultural self and motivation for cooperation and competition. The 11th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, Las Vegas, Nevada, USA. 

 

【国内学会発表】

口頭発表(シンポジウム)

荻原祐二 (2014). 日本社会の個人主義化と幸福 公募シンポジウム 「変容する日本社会と組織:職場のメンタルヘルスと幸福感の検証」 話題提供者 日本心理学会 78回大会(同志社大学, 9.10


口頭発表

Ogihara, Y., Uchida, Y. & Kusumi, T. (2015). Are people giving more unique names to their dogs? Rising uniqueness and individualism in Japan. The 62nd Annual Meeting of Japanese Group Dynamics Association (Nara University, October, 11)

荻原祐二・内田由紀子・楠見孝 (2013). 日本社会の個人主義化は幸福をもたらすか?文化の変容と個人の適応に関する経時的検討 日本社会心理学会第54回大会発表論文集, 54 .(沖縄国際大学, 11.2

 

ポスター発表

荻原祐二・内田由紀子・楠見孝 (2015). 自信を失う日本人: 日本における自尊感情の経時的変化 日本心理学会 79回大会発表論文集, 54.(名古屋国際会議場, 9. 24

荻原祐二・内田由紀子・楠見孝 (2014). ユニークになりたい親は子どもにユニークな名前を与えるか?個人主義指標としての個性的な名前の検討 日本心理学会 78大会発表論文集, 235. (同志社大学, 9. 11

荻原祐二・内田由紀子・楠見孝 (2014). 日本の個人主義者は孤独か?日本における個人主義と対人関係 日本グループ・ダイナミックス学会 61回大会.優秀学会発表賞 受賞; 東洋大学, 9. 7

荻原祐二・内田由紀子・楠見孝 (2013). 個人主義者は嫌われる?個人主義的なひと・社会・生き方に対するイメージの検討 日本心理学会 第77回大会発表論文集, 201.(札幌コンベンションセンター, 9. 21

荻原祐二・内田由紀子 (2012). 成人期における主観的幸福感:対人関係からの検討 日本社会心理学会第53回大会発表論文集, 265.(つくば国際会議場, 11.18

岡田安功・荻原祐二Beth Moring・内田由紀子 (2012) 集団内成員の関係性満足に影響力保持と影響力格差が与える効果 日本社会心理学会第53回大会発表論文集,180.(つくば国際会議場, 11.18

荻原祐二・内田由紀子・楠見孝 (2011). 友人関係における影響行動・調整行動の認知 日本社会心理学会第52回大会発表論文集, 328.(名古屋大学, 9.19

荻原祐二・内田由紀子・宮本百合 (2010). 日米の青年期における主観的幸福感:自己価値と対人関係からの検討 日本社会心理学会第51回大会発表論文集, 568-569.(広島大学, 9.18

 

【その他の発表】

 
口頭発表(招待発表)

荻原祐二 (2015. 2) ユニークな名前は増加しているか?日本文化における個性追求と個人主義化 社会行動研究会 東洋大学

Ogihara, Y. (2015, 1). Do people provide unique names to human and dog babies? Rise in uniqueness and individualism in Japan. Invited Lecture at Japan and East Asia Study Program, Kwansei Gakuin University, Hyogo, Japan.

Ogihara, Y. (2014, 8). How does cultural change affect human psychology and behavior? Individualization, interpersonal relationships, and subjective well-being in Japan. Guest lecture at the Department of International Business Communication, Copenhagen Business School, Frederiksberg, Denmark. 

荻原祐二・内田由紀子 (2013, 3) 日本の「個人主義」は幸福をもたらすか?文化心理学からの検討 KGU文化心理学研究会 関西学院大学

Ogihara, Y. (2013, 1). Cultural Differences in the Experience of Influence and Adjustment in Friendship. Invited Lecture at Japan and East Asia Study Program, Kwansei Gakuin University, Hyogo, Japan.

Ogihara, Y. & Uchida, Y. (2012, 6). Are Individualists Happy? Negative Effect of Globalization in East Asia. Invited Lecture at Japan and East Asia Study Program, Kwansei Gakuin University, Hyogo, Japan.

 

口頭発表

Ogihara, Y. (2013, 11). Globalization, Individualism, and Happiness: A Cultural Psychological Perspective. Academic Exchange Programs 2013 between Kyoto University and Beijing Normal University, Beijing, China.

Ogihara, Y. (2013, 11). Do the Changes of the Japanese Society Bring Happiness? Examination of the Effect of Individualism from Cultural Psychology. Joint DIJ Business & Economics and Social Science Study Group “The Properties and Effects of Collectivism and Individualism in Japan: Two Perspectives from Cultural Psychology”, German Institute for Japanese Studies, Yotsuya, Japan. (Guest Speaker)

荻原祐二2013, 9. 日本の個人主義はいかに孤独を生み出すか? 文化心理学による検討サントリー文化財団 若手研究者のためのチャレンジ研究助成 中間報告会, 如水会館, 東京

荻原祐二 (2013, 2) グローバリゼーションと幸福:文化心理学からの検討 「持能性と幸福研究」ネットワーク 4回大学院生研究会

荻原祐二・内田由紀子 (2012) 日本のコジンシュギは幸福をもたらすか?文化心理学による検討 2012年度院生リーグ 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス

Uchida, Y. & Ogihara, Y. (2012, 4). Does individualism decrease subjective well-being in Japan? MIDJA Workshop “Culture, Well-Being, and Health”. Kyoto University, Kyoto, Japan.

Ogihara, Y. & Uchida, Y. (2012, 3). Does Globalization Bring People Happiness? Culture, Individualism, and GNH. The 8th visiting of Kyoto University Bhutan Friendship Program, Royal University of Bhutan, Thimphu, Bhutan.

Ogihara, Y. (2011, 12). Culture and Subjective Well-Being. The 5th International conference between the Graduate School of Education, Kyoto University and the Institute of Education, University of London, Kyoto, Japan.

Ogihara. Y. (2011, 11). Does practicing individualism make people happy in Japan? Academic Exchange Programs 2011 between Kyoto University and Beijing Normal University, Beijing, China.

Ogihara, Y. (2010, 12). Cultural differences in the use of influence and adjustment in the friendship. The 2nd international seminar on social cognition for young researchers, Kyoto, Japan.

 

ポスター発表

Ogihara, Y., Uchida, Y., Morling, B., & Kusumi, T. (2013, 3). Cultural Differences in the Experience of Influence and Adjustment in Friendship. International Forum Supported by Grants for Excellent Graduate Schools Practical Knowledge and Educational Studies for the Future.

内田由紀子・荻原祐二 (2012, 3). 日本におけるコジンシュギは幸福をもたらすか?文化心理学的アプローチ 北海道大学グローバル COE「心の社会性に関する教育研究拠点」総括シンポジウム 心は「なぜ」、「どのように」社会的か? ~フロンティアとアジェンダ~ 学術総合センター

Ogihara, Y. & Uchida, Y. (2011, 12). Does personal achievement orientation have negative effect for Japanese? Concluding Symposium of the Global COE Program "Revitalizing Education for Dynamic Hearts and Minds", Kyoto University, Kyoto, Japan.

荻原祐二・内田由紀子 (2011, 10). 日米の青年期における主観的幸福感:個人達成志向と関係志向からの検討. 平成23年度生理研研究会 社会神経科学研究会, 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター.

荻原祐二・内田由紀子 (2011, 1). 自己価値と対人関係が主観的幸福感に与える影響:日米比較研究. 4回京都大学・慶應義塾大学グローバルCOE共催シンポジウム, 京都大学.

 
 

【賞罰・助成等】

賞罰

20164 Frontiers in Psychology, Selected as “Climb the Tier” Article (Ogihara et al. (2015) に対して)

201511 Frontiers in Psychology, Most viewed Psychology articles in October 2015 (3rd place among 228 articles; Ogihara et al. (2015) に対して)

2015年10月 Society for Personality and Social Psychology, Teacher/Scholar Travel Award ($ 500)

20152 Society for Personality and Social Psychology, Student Poster Award, Finalist & Runner-up (2nd place) ($ 50)

2014年10月 日本グループ・ダイナミックス学会 2014年度優秀学会発表賞 (ポスター発表部門)

2014年9月 Society for Personality and Social Psychology, Diversity Fund Graduate Travel Award ($ 500)

20144月 Frontiers in Psychology, Top 10 most viewed Psychology research articles in March 2014 (2nd place among 107 articles; Ogihara & Uchida. (2014) に対して )

 
研究助成
[New] 20173 日本グループ・ダイナミックス学会 平成28年度 研究の国際化支援制度 32,800円)

20163 日本グループ・ダイナミックス学会 平成27年度 研究の国際化支援制度 18,600円)

2014年4月-2016年3月 日本学術振興会 特別研究員奨励費  「日本社会・文化の個人主義化に伴う不適応問題の解明2014年度: 1,200,000; 2015年度: 1,000,000円
2013年4月2014年3月 公益財団法人 サントリー文化財団 若手研究者のたのチャレンジ研究助成   「日本の個人主義はいかに孤独を生み出すか?文化心理学による検討」 1,000,000円; 20133月採用内定
2011年8月2012年5月 京都大学教育学部 同窓会 京友会 研究助成  「日本の「個人主義」は幸福感を低下させるか?:対人関係からの検討」(62,500円; 20117月採用内定)

 

旅費助成
20168 日本社会心理学会 2016年度大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度
2016年6月 村田学術振興財団 研究者海外派遣援助 300,000円)
20153 京都大学 教育研究振興財団 在外研究長期助成 3,000,000円)

20135 日本社会心理学 2013年度大学院海外発表支援制度 2014.2; 80,775円)

20135 Japan Foundation, Travel Support (300 Euro)

20132 京都大学 教育研究振興財団 研究集会表助成 2013.5; 200,000円) 

20131月 卓越した大学院拠点形成支援補助金 国際学会派遣助成 

 

その他

20146 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金「特に優れた業績による返還免除」全学免除認定

20133月 卓越した大学院拠点形成支援補助金 外国語論文校閲補助費 

20126月 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金「特に優れた業績による返還免除」半額免除認定

 

【職歴】

非常勤講師

[New] 20174 7 神戸松蔭女子学院大学 「社会心理学」

[New] 20174 7 関西学院大学 国際教育・協力センター Japanese Psychology B」(英語講義)

[New] 20174  7 京都精華大学 人文学部 文化心理学「異文化間コミュニケーション」

20172 京都精華大学 人文学部 「文化心理学」(集中講義)

20168 京都精華大学 人文学部異文化間コミュニケーション」(集中講義)

20154月  7月 京都精華大学 文化心理学「異文化間コミュニケーション」 

2015年1月 ~ 2月 京都精華大学 「異文化間コミュニケーション」(集中講義) 

2014年4月 ~ 7月 京都精華大学 「文化心理学」 

2013年12月 ~ 1月 京都精華大学 「文化心理学」(集中講義) 

 

ティーチングアシスタント

20124月 ~ 2014年3月 京都大学 学術情報メディアセンター

20114月 ~ 7月 京都大学 全学共通科目 「批判的思考力を高める」 

20104月 ~ 2015年3月 京都大学 教育学部「教育心理学実習」 

 

研究員

20164 現在 京都大学教育学研究科 研究員

201512月 ~ 20172月 University of California Los Angeles (USA), Department of Psychology, Visiting Scholar (受け入れ教員: Prof. Patricia Greenfield

20154  2016年3月 日本学術振興会 特別研究員(PD)

20144月 ~ 2015年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)

20124月 ~ 現在 京都大学 こころの未来研究センター共同研究員

 

リサーチアシスタント

20141月 ~ 2月 京都大学 教育学研究科 

20131月 ~ 3月 京都大学 教育学研究科 

200811月 ~12月 京都大学 こころの未来研究センター 

 

その他 

2013年4月 ~ 2014年3月 京都大学 「教育認知心理学演習」 研究代表者 
 
2012年4月 ~ 2013年3月 京都大学 「教育認知心理学演習」 研究代表者

 

【社会活動】

新聞

毎日新聞 20151024日(27面)名前 読み方個性 人気漢字自由自在

日本経済新聞 20151022日(夕刊14面)ちゃ名前 読み方個性競 制限背景 京大調査

朝日新聞 20151022日(34面)名前 漢字 読み方個性 京大研究

京都新聞 20151022日(25面)0413傾向京大解析 漢字独自性 個人主義化示唆

読売新聞 20151022日(夕刊10面)「ひろと、やまと、つばさ・・・すべて大翔くん 京大調査 読み方で個性 増加」

共同通信 20151022 名前に個性的読み増加、京大調査 個人主義化を示唆

京都新聞 2014年3月20日(29面) 「個人主義、日本では幸福感低い?京大調査」 


TV

NHK総合 「そうだったのか!日本人の名前~データで探る名前の未来」(データなび 世界の明日を読む) 2015年1128日放送

KBS京都テレビ newsフェイス 20151028日放送

KBS京都テレビ 京都新聞ニュース 20151028日放送


ウェブ等

京都大学 研究報告 個性的な名前を与える傾向が増加している -日本文化の個人主義化を示唆-20151022

教育版サイエンスセンサー 9 日本人の尊感情はしている? (小塩・岡田・茂垣・並川・脇田, 2014, 教育心理学研究の紹介記事)公益財団法人 未来教育研究所 2015.6.5

教育版サイエンスセンサー 1 栽培する物の種類よって人々の心理・行動傾向が異なることを実証 Talhelm, Zhang, Oishi, Shimin, Duan, Lan & Kitayama, 2014, Scienceの紹介記事)公益財団法人 未来教育研究所 2014.5.27

京都大学 研究報告 「個人主義的な人は、親しい友人の数が少なく幸福感が低い -日本社会の個人主義化がもたらす負の側面を示唆-」 2014年319

「こころを知る、未来を考える」ダイアログBAR in 京都大学こころの未来センター 1回 つながりから価値を生む トピック提供 2013.9.5

 

【学会活動】

所属学会

日本心理2013年~)

日本社会心理2010年~)

日本グループダイナミックス学会2014年~)

日本感情心理学会2016年~)

Society for Personality and Social Psychology2010年~)

International Association for Cross-Cultural Psychology2016~)


その他

荻原祐二 (2014). 優秀学会発表 受賞者の声 日本グループ・ダイナミックス学会会報ぐるだいニュース第46, 9-10.

2013年度 日本社会心理学会 大学院生リーグ 幹事

 

【その他】

報告等

荻原祐二 (2014). 院生分科会Ⅰ 京都大学大学院教育学研究科・北京師範大学教育学部 学術交流活動2013報告書, 162-163.

荻原祐二 (2014). 北京師範大学との学術交流会報告 京都大学大学院教育学研究科 北京師範大学教育学部 学術交流活動2013報告書, 176-177. 

荻原祐二 (2012). 京都大学教育学部同窓会 京友会 平成23年度助成事業助成対象者報告

Ogihara, Y. (2012). Happiness and Globalization in Bhutan. Report of the 8th Visiting Party. Kyoto University Bhutan Friendship Program.

荻原祐二 (2012). 院生分科会Ⅰ 京都大学大学院教育学研究科・北京師範大学教育学部 学術交流活動2011報告書, 7.

荻原祐二 (2012). 北京師範大学との交流会をふりかえって 京都大学大学院教育学研究科北京師範大学教育学部 学術交流活動2011報告書, 22-23.

 

その他

認知心理学講座の魅力 京都大学教育学研究科 教育認知心理学講座 2013

京都大学 高等教育研究開発進セター 主催 The PhD Movie 指定討論者 2012523