経歴 / CV

学歴:
2011年  4月   名古屋大学情報科学研究科 博士前期課程計算機数理科学専攻 入学 
2013年  3月   同上 修了 
2013年  4月   名古屋大学情報科学研究科 博士後期課程計算機数理科学専攻 進学
2016年  2月   同上 短期修了


学位:
2013年  3月 25日  修士(情報科学),名古屋大学
Heuristic Algorithms for the Rectilinear Block Packing Problem
日本オペレーションズ・リサーチ学会 学生論文賞 受賞
2016年  2月 29日  博士(情報科学),名古屋大学
Construction Heuristics for the Rectilinear Block Packing Problem
名古屋大学大学院情報科学研究科 エクセレントドクター賞 受賞


職歴:
2017年 4月〜          名古屋大学 情報学研究科 助教
2016年 3月〜2017年 3月     名古屋大学 情報科学研究科 助教
2014年 4月〜2016年 2月   日本学術振興会 特別研究員(DC2


所属学会:
日本オペレーションズ・リサーチ学会
電子情報通信学会
情報処理学会
スケジューリング学会


研究助成:
2017 4 ~ 20213     日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B)
3D配置問題に対する構築型解法の開発および現実問題への応用」
201610 ~ 20173  日本学術振興会 科学研究費補助金 研究活動スタート支援研究代表者
3次元配置問題に対する近似解法の研究とその応用」
2014  4 ~ 2016 3月  日本学術振興会 特別研究員奨励費,研究代表者
2D3D配置問題に対する解法の研究とその応用」
2013 10 ~ 2014 4月  名古屋大学情報科学研究科 博士後期課程学生研究費助成,研究代表者


社会活動:
2018年  4月 現在に至る      アルゴリズム研究運営委員会・運営委員
201611月 現在に至る    スケジューリング学会 最適化とアルゴリズム研究部会・幹事
2016
  4月 ~ 2018   3月  名古屋大学情報文化学部・広報公開講座委員会
2016  7月 ~ 2017   6     International Symposium on Scheduling 2017・実行委員



受賞歴:
20179月  スケジューリング学会 学術賞
受賞論文:Online product shipping using heuristic algorithms based on column generation
20177月  International Symposium on Scheduling 2017, Best paper award for scheduling theory
受賞論文:Efficient implementations of an iterated local search algorithm for the multi-vehicle covering tour problem
20169月  スケジューリング学会 学術賞
受賞論文:バス乗務員スケジューリング問題に対する列生成アプローチ
20163月  名古屋大学大学院情報科学研究科 エクセレントドクター賞
博士学位論文: Construction Heuristics for the Rectilinear Block Packing Problem
(レクトリニア図形配置問題に対する構築型解法)
 配置問題の中でもとくにレクトリニア図形の配置問題に焦点を絞り,性能の高い近似解法の構築を目的とした.レクトリニア図形は,垂直もしくは水平線分で描かれる多角形である.レクトリニア図形は長方形と似た構造を持っており,長方形配置問題に対する知見・成果を利用して,二つ高速な解法を提案した.これらの解法の利点を活かし,図形の形状の特徴を利用する新たな解法を提案した.計算実験により,提案アルゴリズムの性能を確認した.
20157月  International Symposium on Scheduling 2015, Best paper award for scheduling practice
受賞論文:A Heuristic Algorithm for the Crew Pairing Problem in Airline Scheduling
20156月  電子情報通信学会東海支部 学生研究奨励賞
受賞題目:2次元および3次元配置問題に対するアルゴリズムの研究とその応用
20153月  Challenge ESICUP 2015, Short Runtime Competition, Third Prize
このコンペティションは国際会議ESICUPRenaultと共同で実施したもので,現実問題に近い様々な制約条件が課された3D直方体配置問題が対象である.3D直方体配置問題は,直方体の容器に直方体を詰め込む問題である.ナップサック問題を用いて効率的な物体の組み合わせをあらかじめ求め,それを詰め込むという手法を提案し,コンペティションで3位に入賞した.
20147月  名古屋大学 学術奨励賞
受賞題目:2次元および3次元配置問題に対するアルゴリズムの研究とその応用
20139月  日本オペレーションズ・リサーチ学会 学生論文賞
受賞論文:修士論文)Heuristic Algorithms for the Rectilinear Block Packing Problem
 レクトリニア図形問題に対し,長方形配置問題に対する代表的な構築型解法として知られているbottom-left法とbest-fit法をレクトリニア図形に拡張し,これらを高速に実行するためのデータ構造を提案した.これを組み込んだ新しいアルゴリズムを提案し,その理論的計算量を評価するとともに,計算実験によりその性能を検証した.
20137月  International Symposium on Scheduling 2013, Best paper award for scheduling theory
受賞論文:Efficient Construction Heuristic Algorithms for the Rectilinear Block Packing Problem
20135月  情報処理学会東海支部学生論文奨励賞
受賞論文:レクトリニア多角形配置問題に対する高速な構築型    


共著者・指導学生の受賞:
20179月  伊東真由, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 学生論文賞
卒業論文:オンライン型商品発送問題に対する列生成アプローチ
20174月  舟橋紀絵, 日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会「評価のOR」学生奨励賞
受賞論文:複数車格を生産する自動車組立て工場のグローバル最適配置問題
20173月  松下健, 日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部第44回研究発表会 最優秀賞
受賞論文:レクトリニア多角形詰込問題に対する新しい解表現法の提案
20169月  水野竜太郎, スケジューリング学会 奨励賞
受賞論文:ギロチンカット制約を考慮した配置コスト付き長方形詰込み問題に対する反復局所探索法
20169月  澤井佑樹, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 学生論文賞
受賞論文:バス乗務員スケジューリング問題に対する列生成アプローチ
20155月  松下健,日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会「評価のOR」学生奨励賞
受賞論文:レクトリニア多角形詰め込み問題に対する厳密解法
20149月  深津翔, スケジューリング学会 奨励賞
受賞論文:ビットマップ表現された図形の詰込み問題に対する構築型解法
20133月  小嶋拓哉, 日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部第40回研究発表会 優秀賞
受賞論文:航空乗務員スケジューリング問題に対する集合被覆アプローチ
20133月  深津翔, 日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部第40回研究発表会 最優秀賞
受賞論文:ビットマップ表現された図形の詰込み問題に対する発見的解法