Research‎ > ‎

研究


査読付論文

  • “Did US Safeguards Resuscitate Harley-Davidson in the 1980s?,” (with Hiroshi Ohashi), Journal of International Economics, vol.79(2), pp. 186-197, Nov. 2009.
  • 「携帯電話におけるスイッチング・コストの定量分析―番号ポータビリティ制度の評価」(齋藤経史,大橋弘と共著),日本経済研究63号,pp. 29-5720107月.

査読無論文

  • 「携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)制度の評価-消費者利益の視点から-」, 『電気通信事業分野における競争状況の評価 2006(総務省)2007 (大橋弘,齋藤経史と共著)
  • 「需要関数の推定 -CPRCハンドブックシリーズNo.3-」,CPRCディスカッションペーパー(公正取引委員会競争政策研究センター)2012年.
  • 「日本の自動車市場における環境政策は偽装された保護主義政策か」,新世代法政策学研究,19巻,2013年,347 - 369
  • 「環境政策の計量経済分析:自動車市場における減税・補助金の定量評価」,効率的な政策ツールに関する研究会報告書 (財務省財務総合政策研究所)2014年,141 - 156
  • 「自動車市場の経済分析-差別化された財の需要と寡占競争市場における政策評価-」,日交研シリーズ (日本交通政策研究会)A-606,2014年.
著書(本の1章)
  • 「貿易救済措置の経済分析――定量評価による政策効果の検証」,木村福成・椋寛編『国際経済学のフロンティア グローバリゼーションの拡大と対外経済政策』,12章,2016年.

ワーキングペーパー

  • Did temporary protection induce technology adoption? A study of the US motorcycle industry, (under revision for the Journal of Industrial Economics)
  • Assessing anticipatory effects in the presence of antidumping duties: Canadian softwood lumber (with Hiroshi Ohashi), 2010, RIETI Discussion Paper 10-E-059.
  • Measuring the effects of tariff-jumping FDI on domestic and foreign firms' profits: the case of the US motorcycle market, 1983 - 1987.
  • Number portability under heterogeneous switching costs: Japanese mobile telecommunications (with Hiroshi Ohashi)
  • Disguised Protectionism? Environmental policy in the Japanese car market, RIETI Discussion Paper Series 13-E-059, 2013 

国際学会での報告

  • EARIE 2016 Lisbon (Nova School of Business and Economics), Aug. 2016.
  • ETSG 2015 Paris (University of Paris 1), Sep. 2015.
  • Asian Meeting of the Econometric Society 2013 (National University of Singapore), Aug. 2013.
  • EARIE 2012 Rome (University of Rome Tor Velgata), Sep. 2012.
  • EARIE 2011 Stockholm (KTH Campus and Stockholm School of Economics), Sep. 2011.
  • ETSG 2010 Lausanne (University of Lausanne), Sep. 2010.
  • European Association for Research in Industrial Economics (EARIE) 2010 Istanbul (Grand Hyatt Istanbul, hosted by Sabanci University), Sep. 2010.
  • European Trade Study Group (ETSG) 2006 Vienna (University of Vienna), Sep. 2006.

国内学会での報告

  • 2013年度日本国際経済学会春季大会(福岡大学),2013年6月.
  • 2011年度日本経済学会秋季大会(筑波大学,特別セッション),2011年10月.
  • 2011年度日本国際経済学会年次大会(慶應大学),2011年10月.
  • 2007年度日本経済学会秋季大会(日本大学),2007年9月.
    Comments