スペイン語通訳案内士 試験対策講座 新人研修

    スペイン語のプロへの第一歩 

 通訳案内士の国家資格を取りましょう!
   ~~~~~~~~~~~


2020年度 

通訳案内士試験 

     口頭試験対策講座 

~ 9月29日~12月9日 ~
オンライン:Skypeによる授業
火曜または水曜クラスのどちらかををお選びください。
 全10回  
  前期:5回(筆記試験合格発表まで)
  後期:5回(直前特訓コース)
定員:各クラス 7~8名
◎毎週火曜日 19:30 - 21:30     
◎毎週水曜日 19:30 - 21:30 

すぐに定員になります。お申し込みはお早めに!
~~~~~~~~~~~~~
*10月~12月 二次口頭試験対策講座について 
1.2013年度から口頭試験の形式が大幅にかわりました!
さらに通訳案内士法が改正された2018年の試験では、通訳案内士の業務に関する問題も加わりました。
 ←詳しくは通訳案内士試験概要(外部サイト)を参考にしてください

新しい形式で実力を十分発揮できるよう、面接(通訳、通訳案内士の業務、プレゼン、質疑応答)中心にした実践力養成講座を行います。

2.今年の予想試験形式
  1. 100文字ぐらいの日本語の文章の通訳
  2. 通訳案内士業務についての質問 
  3. 決められたテーマについてのプレゼン(2分)
  4. プレゼンのテーマについての質疑応答
*試験時間は全部で約10分です。
*各質問は、恐らく昨年までの形式を踏襲するものと思われます。

質問を冷静に把握し、的確な解答を迅速に表現できることが重要です。そのための訓練を行い、日本についての事象や観光について学びます。

3.実戦練習で目指すこと
*ガイドとしての自分をアピールする。
*日本語を通訳するための訓練をする
*短い試験時間のあいだに要領よくまとめて答える練習をする
*実践練習を通じて、与えられたテーマについて説明できるようにする。
*その他、試験に必要なノウハウを習得します。
※通常授業に加え月1回(土曜または日曜日)
模擬試験+情報交換会を行います。(費用別途 4000円)
  *試験官はネイティブと日本人の二人です。


*授業料その他の詳しい内容については「コース案内」をご覧ください~

*お問い合わせや見学などをご希望の方はコンタクトからお申し込みください。

    ~~~~~

筆記試験対策コース 1~8月

1~3月 前期I    (1月8日~3月25日 )終了

 4~6月 前期II   (4月1日~6月24日)終了
 
    7~8月 後期     直前対策講座  終了

<講座詳細>
  • 1月~3月  ◆筆記試験対策講座  前期  I
  • 4月〜6  ◆筆記試験対策講座       前期 II
  • 7~8月   ◆通訳案内士試験対策講座  
  • 後期 直前対策講座
  • 10~12月の口頭試験対策講座、




  • 合格者研修コース(2021年2月)については「年間カリキュラム」をご覧ください。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
参加ご希望の方はコンタクトからお申し込みください。