Home / News


Copyright: Sho Aradachi
野村研究室のWEBページへようこそ.生きるマシンを創ろう.
我々の研究室は,東北大学大学院工学研究科・ロボティクス専攻・ナノシステム講座・分子ロボティクス分野に所属しています.
当研究室では,広義のバイオ材料を用いて自律的に働く人工細胞(超分子ロボット)をつくり,社会に提供することを目標にしています.その過程で多くの面白い発見をし,また(野村よりも)優れた人を世に送り出す事を使命としています.さあ果たしていこう.

前口上(のようなもの):

合成分子で分子機械を作製し,それらを制御するシステムを組み上げて,分子ロボットを合成する.その精緻化を極めれば細胞にもゆきつくであろう,その先には完全合成人工細胞ができて,現存の生命と共存し人類未踏の世界を開拓する…という愉快なおとぎばなしは,いまや虫食いのように現実に荒らされはじめている.その先を提示するのはSF作家に期待するとして,

さて,ぼくらは今,自分たちに何を期待しよう?

大学の研究室でできることの何に期待しよう?歴史に磨かれた知見と技術が,学生の情熱を後押しして,これまでの世になかった「何か」を生み出す,そんな瞬間に立ち会えるかもしれない.ぜひ立ち会おう.立ち会わずにいられましょうか.

(ですし,SF作家さんに未来のフラグを立てられていないところを狙うのも醍醐味じゃあないでしょうかね)

※学部学生は村田・川又/野村研究室として一体で指導を行っています.学部三年生(B3)から研究室配属になります.B3は,他学部の学生も一緒になって,国際学生分子デザインコンテストBIOMODに毎年参戦しています(10年目).金賞→世界1位→3位→3位→1位→2位→2位ときて2018年は世界王者奪還,2019年は総合3位でした.泣くんじゃない,自分らの設計を信じた最後の追い上げは過去最高だったと思います.さて2020年の明日はどっちだ!?応援もぜひよろしくおねがいいたします!近隣の学部学生でチャレンジしたい方は,理系文系分野問わずご連絡ください.

大学院生を募集しています
人工細胞や分子ロボット,さらにその斜め上位概念に興味のある方,いっしょに研究しましょう!下から目線で世界を変えてやろうぜ...大学院入試(日程,過去問等)については,機械系,工学部のWebページをご覧ください.



  • 20200512 世界中えらいことになっております.ますが普段,目に見えない工作でゲラゲラ笑って泣いてメシ食ってるぼくらは,目に見えないウィルスに苦しめられてもへこたれてはならない代表なのです.たったいま直接SARS-Cov2のヤロウどもに鉄槌を下す技術はなくても(悔しい限りですが)いまにみておれの精神でひとつやっていきましょう.心は常に下から目線.ところで半年在外研究でやってきた新しい実験を発表しました.プレプリ表にだすのは気が引けますが状況が状況なので「あいつ最近なにやってんだ」と気にしていただける方は→お目通しいただけると幸いです.カッとなってやった,若干公開しているというやつです.ふざけているようですがずいぶん本気です ...
    投稿: 2020/05/11 10:46、Shin-ichiro M. Nomura
  • 20200103 新年あけました.今年はずいぶん面白いネタが皆様に提供できるのでは...と勝手に期待しています.そうそう,昨年ネタですが,学部学生チームの熱闘サンフランシスコ・BIOMOD2019(→公式),DNAでフルスクラッチのゾルゲル転移をやったんで!というネタで総合3位でした(→チームWebPage).終盤の追い上げが近年ないくらい凄かった...のでその勢いで今度は個人名を刻みに世界いきましょう.同じく昨年末,渡辺くん(2018年修了)の研究が論文発表されました.微小体積内でのDNAオリガミって定量が難しいのですが,めちゃくちゃ面白い物理や機構が隠れている気がぷんぷんします.なんじゃこりゃ甘いわ!と思われた方は ...
    投稿: 2020/01/03 8:09、Shin-ichiro M. Nomura
  • 20191016 10/24-27の生物物理学会@宮崎に参加した安部くん,劉さん,岩渕くん,おつかれさまでした!野村も初ネタをやって滑った感がある反省.さて10/17-18の「細胞を創る」研究会12.0@愛媛にてM1の深見くんがポスター発表をします.
    投稿: 2019/10/16 3:00、Shin-ichiro M. Nomura
  • 190829 夏の大学院院試終了,受験生のみなさま,本当におつかれさまでした!そしてBIOMOD2019の国内大会が目の前に迫っているので野村の向かいの部屋から鬼気が迫っている今日この頃です.フォルツァフォルツァ.
    投稿: 2019/08/29 19:21、Shin-ichiro M. Nomura
  • 190514 佐藤増幅論文がアクセプトされました!詳細は後ほど.今年は新3年生の配属が5月末〜なのでなんだか落ち着きませんねー...
    投稿: 2019/05/14 5:25、Shin-ichiro M. Nomura
  • 190214 卒業研究発表完了!修論発表も終わったので,ガッツドリンク飲んでよいですよ.みなさまおつかれさまでした.あとは卒業論文修士論文,きっちり仕上げて提出しましょう.
    投稿: 2019/02/14 0:31、Shin-ichiro M. Nomura
  • 20190110 新年はじまっています,細谷君の論文がアクセプトされていて(のちほど),修士論文卒業論文に向けて原稿が飛び交っています.よい論文を残しましょう!
    投稿: 2019/01/20 22:41、Shin-ichiro M. Nomura
  • 20181126 慰霊祭明けの本日より,修士論文の中間審査会です.みなさんどうぞ丁寧に,シンプルに,わかりやすく伝えて良い議論を!
    投稿: 2018/11/25 18:19、Shin-ichiro M. Nomura
  • 20181018-19 「細胞を創る」研究会11.0が,東北大学青葉山キャンパスで開催されました(野村はお世話係です).大勢の皆様にご参加いただき,そして活発なご議論をいただき,誠にありがとうございました!→http://www.jscsr.org/sympo2018/http://www.jscsr.org/sympo2018/ ウチからはM2遠藤くん,安部くん,市堰くん,大瀧くん,B4岩淵くん,水野くんがポスター発表をおこないました.(身内向けに:運営の皆様ありがとうございました!)
    投稿: 2018/11/05 19:31、Shin-ichiro M. Nomura
1 - 9 / 124 件の投稿を表示中 もっと見る »

進行中のプロジェクト:

AMED-CREST
「メカノバイオロジー機構の解明による革新的医療機器及び医療技術の創出」のプロジェクトの「細胞質から核に至る力覚機構の解明 と 新技術開発から医学展開を目指す基礎研究 」(代表:小椋利彦先生)
の研究分担「新規力刺激-評価実験系の構築」19gm0810001h0105


「マイクロロボットの3Dプリントのための自己組織型「人工筋肉」インクの開発」分担17K18852

修了しましたプロジェクト:

科研費 基盤研究(B)
「人工分子デバイス援用による新世代人工細胞」15H02774

科研費 新学術領域「感覚と知能を備えた分子ロボットの創成」
「アメーバ型分子ロボット実現のための要素技術開発とその統合」24104004

サブページ (1): NEWS