home‎ > ‎日本語サイト‎ > ‎

履歴書・業績一覧

こちらはほとんど更新いたしません/最新の情報は早稲田大学研究者データベースをご確認ください


氏名

吉田 敬(よしだ けい)


専門

科学哲学、社会科学の哲学、脳神経科学の哲学


学歴

1993(平成5)年4月 国際基督教大学教養学部人文科学科入学

1997(平成9)年3月 国際基督教大学教養学部人文科学科卒業、学士(教養)

1997(平成9)年4月 上智大学大学院哲学研究科哲学専攻博士前期課程入学

1999(平成11)年3月 上智大学大学院哲学研究科哲学専攻博士前期課程修了、修士(哲学)

1999(平成11)年4月 上智大学大学院哲学研究科哲学専攻博士後期課程入学

1999(平成11)年9月 カナダ・ヨーク大学大学院哲学科博士課程入学

2002(平成14)年3月 上智大学大学院哲学研究科哲学専攻博士後期課程中途退学

2005(平成17)年10月 カナダ・ヨーク大学大学院哲学科博士課程修了、Ph.D.


職歴

2007年10月〜2011年3月 東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)特任研究員

2009年4月〜2014年9月 東京電機大学工学部第二部非常勤講師(担当科目 技術者倫理) 

2010年4月〜2015年3月 玉川大学教育学部教育学科非常勤講師(担当科目 ロジック)

2011年2月〜2011年3月 アメリカ・南フロリダ大学哲学科客員研究員

2011年4月〜2012年3月 東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)特任講師

2012年4月〜2014年9月 立教大学文学部教育学科兼任講師(担当科目 思索と人生〈道徳哲学入門〉[各年度半期のみ])

2012年12月〜2013年3月 東京大学大学院医学系研究科医療倫理学分野特任研究員

2013年12月〜2014年2月 東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)特任研究員

2014年2月〜2015年3月 東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)特任講師

2015年4月〜2017年3月 早稲田大学社会科学総合学術院専任講師

2016年4月〜現在 東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)非常勤講師

2017年4月〜現在 早稲田大学社会科学総合学術院准教授


学位論文

Towards a Rational Philosophy of the Social Sciences: Interpretivism and the Rationality of Other Cultures


研究業績

著書(単著)

Rationality and Cultural Interpretivism: A Critical Assessment of Failed Solutions. Lanham, MD: Lexington Books, 2014.


著書(共著)

"Rationality and other cultures," Science, vol. 3 of Karl Popper: A Centenary Assessment, edited by I. C. Jarvie, K. Milford, and D. Miller. Aldershot: Ashgate, 251–260, 2006.

"Comparing and explaining different cultures: The case of Captain Cook," Utopia: Here and There (UTCP Booklet 4). Tokyo: University of Tokyo Center for Philosophy, 53–64, 2008.

認知的エンハンスメントと公平性」、『エンハンスメント・社会・人間性』(UTCP Booklet 8)、UTCP、25–37頁、2009年。 

病的賭博への神経経済学的アプローチ」、『脳科学時代の倫理と社会』(UTCP Booklet 15)、UTCP「脳科学と倫理」プログラム編、UTCP、87–107頁、2010年。

「経済学と脳神経科学はどのような関係にあるのか——科学哲学の立場から」、『経済学に脳と心は必要か?』川越敏司編著、河出書房新社、85–104頁、2013年。

「文化相対主義の克服に寄せて——道徳的/慣習的規則の区別に関する論争を手がかりに」、『モラル・サイコロジー——心と行動から探る倫理学』、太田絋史編、春秋社、413–439頁、2016年。



論文

「非合理的な合理主義?——ファイヤアーベントへの回答」、『ポパーレター』(日本ポパー哲学研究会)、第11巻、1号、5–16頁、1999年。

「「認識論の自然化」は果たして可能か——方法論的批判」、『哲学論集』(上智大学哲学会)、第30号、83–103頁、2001年。

"Defending scientific study of the social: Against Clifford Geertz (and his critics)," Philosophy of the Social Sciences 37 (3): 289–314, 2007.

"Re-politicising philosophy of science: A continuing challenge for social epistemology," Social Epistemology 26 (3–4): 365–378, 2012.(創刊25周年記念号への招待論文)

On twenty-five years of social epistemology: A way forward, edited by J. H. Collier. London: Routledge, 2013.に再掲

Alexander BirdとJames Ladymanによる応答:Bird, Alexander, and James Ladyman. "Free Inquiry: The Haldane Principle and the Significance of Scientific Research," Social Epistemology Review and Reply Collective 2 (7): 14–22, 2013.


書評論文・書評・事典項目・その他

「拙稿再考——立花氏の反批判にお答えして 」、『ポパーレター』(日本ポパー哲学研究会)、第12巻、1号、43–44頁、2000年。

"Review of Naturalistic Hermeneutics, by Chrysostomos Mantzavinos," Philosophy of the Social Sciences 37 (1): 108–112, 2007.

「社会科学の哲学の現状」、『日本科学哲学会ニューズレター』、第40号、3−5頁、2008年。

"Sociology as a political project: Fuller's argument against bioliberalism," Philosophy of the Social Sciences 39 (1): 99–106, 2009.

"Andrews on the social intelligence hypothesis," Proceedings of the CAPE International Workshops, 2012, edited by H. Nakao. Kyoto: Center for Applied Philosophy and Ethics, 172–76, 2013.

"Neuroeconomics," Encyclopedia of Philosophy and the Social Sciences, edited by Byron Kaldis. Thousand Oaks, CA: Sage, 662–663, 2013.


翻訳・訳者解題

ジャグディッシュ・ハティアンガディ、「政治的寛容の二つの概念」、『ポパーレター』(日本ポパー哲学研究会)、第12巻、2号、2000年、43–60頁。

「科学的倫理(学)」(336–341)、「社会工学」(968–971)、「新自由主義」(1142–1145)、「定性的研究」(1505–1506)、「テクノエシックス」(1517)、「予測」(2272–2275、『科学・技術・倫理百科事典』、カール・ミッチャム編/科学・技術・倫理百科事典翻訳編集委員会監訳、丸善出版、2012年。


口頭発表・コメント

「反証主義の擁護」、上智大学哲学会、1998年10月。

"Rationality and other cultures," at Karl Popper 2002: Centenary Congress, University of Vienna, Austria, July 2002.

"Democracy in science: Or science in democracy," at The Republic of Science: A Conference in Honor of Ian Jarvie, York University, Canada, December 2003.

"Interpretive anthropology, anti anti-relativism, and the SSSM: A plague on both houses," at The Sciences and Humanities in a Changing World, 1st Interdisciplinary Graduate School and Seminar, Lund University, Sweden, June 2004.

"Problems with interpretivism: Problems, aims, and methods in the philosophy of the social sciences," at Philosophy: Problems, Aims, Responsibilities, University of Warwick, UK, September 2004.

"Rationality and relativism: The case of Sahlins vs. Obeyesekere," at Canadian Society for the History and Philosophy of Science, University of Western Ontario, Canada, May 2005.

「社会科学の哲学とその現在」、上智大学大学院哲学研究科、2005年12月。

「民主主義と科学哲学——ミラウスキーの挑戦」、日本科学哲学会、北海道大学、2006年10月。

「社会の科学的研究を擁護する——ギアツの解釈人類学と進化心理学による、その批判をめぐって」、心の科学の基礎論研究会、明治大学、2007年7月(招待講演)。

「政治的プロジェクトとしての社会学——フラー、バイオリベラリズム、価値自由」、日本科学哲学会、中央大学、2007年11月。

"Altruistic behavior: Lessons from neuroeconomics," at UTCP Seminar Series: Thomas Metzinger with Stephan Schleim, University of Tokyo, Japan, February 2008(報告).

"Comparing and explaining different cultures: The case of Captain James Cook," at Age of Comparison? New York University, United States, March 2008(報告).

"Moral relativism, tolerance, fallibilism: A problem with Jesse J. Prinz," at UTCP Lecture Series: Jesse J. Prinz, University of Tokyo, Japan, July 2008(報告).

特定質問、シンポジウム「エンハンスメントの哲学と倫理——脳神経科学と人類の未来のあり方を問う」、UTCP、2008年8月(報告)。

内容紹介(第9章)、『脳神経倫理学の展望』合評会、UTCP、2008年9月。

コメンテイター、 UTCPセミナー「集合知、あるいは、新自由主義の文化的論理——Wikipediaにみる社会知の変容とネットワーク社会としての日本社会」、UTCP、2008年12月(報告)。

"Altruism, trust, strong reciprocity: Lessons from neuroeconomics to philosophy of the social sciences," at 2009 Philosophy of Social Science Roundtable, Emory University, United States, March 2009(報告).

"The missing link between evolution and human morality," at UTCP Seminar Series: Neil Levy, University of Tokyo, Japan, July 2009(報告).

「神経経済学の問題としての嗜癖的ギャンブル」、日本科学哲学会、高千穂大学、2009年11月。

「社会科学の哲学から見た神経経済学」、東京財団仮想制度研究所、2009年12月(招待講演、報告)。

内容紹介、合評会『脳科学時代の倫理と社会』、UTCP、2010年3月。

"A neuroeconomic approach to pathological gambling," at Brain Science and Ethics Workshop, Howard Florey Institutes, Australia, March 2010(報告).

「フラーの知識人論」、S・フラー合評会、STS Network Japan, 2010年3月(招待講演)。

「「脳科学と倫理」から「科学技術と社会」へ——UTCPの新たな試み」、「テクノロジーアセスメント」セミナー、UTCP、2010年5月(報告)。

"How is social science possible after neuroscience?" at 35th Annual Meeting of Society for Social Studies of Science, University of Tokyo, Japan, August 2010.

ディスカッサント、"Thomas Kuhn, Knowledge Management, and The Intellectual: A Fuller STS?" at 35th Annual Meeting of Society for Social Studies of Science, University of Tokyo, Japan, August 2010.

"Homo economicus and neuroeconomics: Between reason and emotions," at 1st East Asian Philosophy of Science Workshop, Hanyang University, South Korea, July 2011 (invited).

「合理的経済人と神経経済学」、応用哲学会2011年度臨時研究大会、京都大学、2011年9月。

「経済学の自然化——その射程と限界」、シンポジウム「経済学の自然化を考える」、中央大学、2012年11月(招待講演)。

"Andrews on the social intelligence hypothesis," at CAPE Philosophy of Animal Minds Workshop, Center for Applied Philosophy and Ethics, Kyoto University, Japan, January 2013 (invited).

「社会科学の哲学の将来を考える」、60周年記念分野別ワークショップ(1)「社会科学の哲学・工学の哲学の将来」、科学基礎論学会、慶應義塾大学、2014年6月(招待講演)。

"A skeptical commentary on Tamler Sommers's metaskepticism," at Kyoto Moral Psychology Workshop, Kyoto University, Kyoto, Japan, July 2014 (invited).

「文化相対主義の克服——道徳的/慣習的規則の区別に関する論争を手がかりに」、名古屋哲学フォーラム、南山大学、2014年9月(招待講演)。

「文化解釈主義の何がそんなに問題なのか」、第3回一橋哲学・社会思想セミナー、一橋大学、2014年12月(招待講演)。

オーガナイザ兼コメンテイタ、「社会科学における因果とメカニズム」、科学基礎論学会、北海道教育大学札幌校、2015年6月。

「方法論的個人主義の制度論的転回」、公共選択学会、明海大学、2015年11月。

"A possibility of institutional individualism," at 2016 Philosophy of Social Science Roundtable, University of South Florida, United States, March 2016.


学会および社会における活動等

2002年5月〜8月、2003年5月〜2005年8月 国際誌 Philosophy of the Social Sciences ジャーナルアシスタント(ジャーナルオフィス

所属学会 上智大学哲学会、日本ポパー哲学研究会日本哲学会日本科学哲学会応用哲学会科学基礎論学会(2014年度〜2016年度企画委員)、Philosophy of Science Association

査読経験 Philosophy of the Social Sciences(15件)、Social Studies of Science(2件)、Karl Popper: A Centenary Assessment(2件)




最終更新日 4/1/2017

E-mail: philsocsci[at]gmail.com

free website stats program