Introduction

About me
                 
              加藤卓哉(Takuya Kato)
                 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 森島研究室 博士後期課程
                早稲田大学 博士課程教育リーディングプログラム 実体情報学博士プログラム
                日本学術振興会 特別研究員(DC1)
                ACM, 情報処理学会, 画像電子学会, 学生会員. 
                   Email: takuya_lbj (a) ruri.waseda.jp
                   Address: 〒169-8555 東京都 新宿区 大久保3-4-1 55N406 森島研究室


[Research Interest]
    ・Robotics
    ・Perception
    ・Human Computer Interaction
    ・Entertainment Computing    
    ・Charactor Animation
    ・Machine Learning
    ・Digital Dance ( http://research.mlabdance.com/)

Biography
2010.03 私立 早稲田大学高等学院 卒業
2010.04 早稲田大学 先進理工学部 応用物理学科 入学
2014.03 早稲田大学 先進理工学部 応用物理学科 卒業  (学士:工学)
2014.04 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 (博士前期課程) 入学
2014.07 University of California, Los Angeles.
              Cross-disciplinary Scholars in Science and Technology 2014 Participants (日本人採択率:0.4%) 
              (Mentor : Prof. Demetri Terzopoulos  Masaki Nakada(PhD Candidate)
              Best Presenter Award (92人中,上位6人)
2016.03 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 (博士前期課程) 卒業  (修士:工学)
2016.04 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2017.03 University of California, Berkeley.
              客員研究員(
博士課程教育リーディングプログラム 海外留学プログラム)
              (Mentor: Prof. Alexei Efros, Jun-Yan Zhu, Taesung Park)

[その他経歴]
ACM SIGGRAPH Asia 2016 Student Volunteer Team Leader
ACM SIGGRAPH 2016 Student Volunteer Team Leader
ACM SIGGRAPH ASIA 2014, 2015 Student Volunteer
早稲田吹奏楽団 35期 演出係長 
『Hoop』2014年12月号 Utah Jazzのシーズン予想採用(amazon_link )


Teaching Experience
駒澤大学 非常勤講師(映像コンテンツデザイン各論、映像コンテンツデザイン演)(2017.09 - ) 
科学技術振興機構 戦略的創造推進事業 (JST CREST)  "コンテンツ共生社会のための類似度を可知化する情報環境の実現." リサーチアシスタント (2016.04-2016.09)
画像情報処理演習A (早稲田大学 先進理工学研究科), (2014.04-2014.07)


Internship
ウォルト・ディズニー・カンパニー・ジャパン インタラクティブ・グループ テクノロジーチーム  (2016.12 - 2017.03)
OLMデジタル インターンシップ(2015.04-10)(Mentor : Dr. Ken Anjyo)
産業技術総合研究所 情報技術研究部門 メディアインタラクショングループ(グループ長:後藤真孝博士)にて研究実習 (2015. 09-10) (2016. 02-03)


Publications
Patent
  1. 路網ルート設計装置及びそのプログラム、並びに路網ルート生成表示
    藤井 祥万、野澤直樹、佐藤隆哉、加藤卓哉、白井裕子
    出願番号:特願2016-95747 出願日: 平成28年5月12日
International Conference(査読有り)
[Full Paper]
  1. Character Transfer: Example-based individuality retargeting for facial animation (Acceptance rate 22%)
    Takuya Kato, Shunsuke Saito, Masahide Kawai, Tomoyori Iwao, AkinobuMaejima, Shigeo Morishima       
    International Conference in Central Europe on Computer Graphics, Visualization and Computer Vision 2014 (WSCG2014), 121-129, June 2014
[Short Paper / Techincal Brief]
  1. Garment Transfer for Quadruped Characters
    Fumiya Narita, Shunsuke Saito, Takuya KatoTsukasa Fukusato, and Shigeo Morishima. 
    Eurographics 2016, Lisbon, 2016.05.09-13.
  2. Region-Based Painting Style Transfer 
    Shugo Yamaguchi, Takuya Kato, Tsukasa Fukusato, Chie Furusawa, Shigeo Morishima 
    ACM SIGGRAPH Asia2015, Kobe, 2015.11.02-05. 
[Poster]
  1. Yugo Sato, Takuya KatoNaoki Nozawa, Shigeo Morishima. " Perception of Drowsiness based on Correlation with Facial Image Features" ACM Symposium on Applied Perception 2016, Anaheim, 2016.07.22-23. 
  2. Tsukasa Nozawa, Takuya KatoPavel Savkin, Naoki Nozawa, Shigeo Morishima, "3D Facial Geometry Reconstruction using Patch Database ACM SIGGRAPH 2016, Anaheim, 2016.07.24-28. 
  3. Shoichi Furukawa, Takuya KatoPavel Savkin, Shigeo Morishima, "Video Reshuffling: Automatic Video Dubbing without Prior KnowledgeACM SIGGRAPH 2016, Anaheim, 2016.07.24-28. ACM Student Research Competition 1st Place.
  4. Savkin Pavel, Daiki Kuwahara, Masahide Kawai, Takuya Kato, Shigeo Morishima, "Wrinkles Individuality Representing Aging Simulation" ACM SIGGRAPH Asia2015, Kobe, 2015.11.02-05. 
  5. Takuya KATO, Ryo SUZUKI, Naomi OKAMURA, Taro KANAI, Akira KATO, Yuko SHIRAI, “Musasabi: 2D/3D intuitive and detailed visualization system for the forest” ACM SIGGRAPH2015, Los Angeles, 2015.08.09-13. 
  6. Hiroki Kagiyama, Masahide KAWAI, Daiki KUWAHARA, Takuya KATO, Shigeo MORISHIMA , “Automatic Synthesis of Eye and Head Animation According to Duration and Point of Gaze” ACM SIGGRAPH2015, Los Angeles, 2015.08.09-13. 
  7. Fumiya NARITA, Shunsuke SAITO, Takuya KATO, Tsukasa FUKUSATO and Shigeo MORISHIMA, “Texture Preserving Garment Transfer” ACM SIGGRAPH2015, Los Angeles, 2015.08.09-13. 
  8. Shugo YAMAGUCHI, Chie FURUSAWA, Takuya KATO, Tsukasa FUKUSATO, Shigeo MORISHIMA, "BGMaker: Example-Based Anime Background Image Creation from a Photograph" ACM SIGGRAPH2015, Los Angeles, 2015.08.09-13.  ACM Student Research Competition Finalist (3rd Place)
  9. Fumiya Narita, Shunsuke Saito, Takuya Kato, Tsukasa Fukusato and Shigeo Morishima. "Pose-Independent Garment Transfer." ACM SIGGRAPH ASIA 2014, Shenzhen, 2014.12.03-06.
  10. Takuya Kato, Shunsuke Saito, Masahide Kawai, Tomoyori Iwao, Akinobu Maejima and Shigeo Morishima. "Example-Based Blendshape Sculpting With Expression Individuality" ACM SIGGRAPH 2014, 7, Vancouver, 2014.08.10-14.

学術論文誌
  1. Pavel A. Savkin, 加藤卓哉, 福里 司, 森島繁生, "老化時の皺の個人性を考慮した経年変化顔画像合成." 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.7, pp.xx--xx, 2016.07. 特選論文受賞

Japanese Conference (査読有り)
[Oral Presentation]
  1. 古川翔一, 加藤卓哉, サフキンパーベル, 森島繁生. "顔の発話動作と音声とを同期させた映像を生成する手法の提案." 顔学フォーラム2016, 東京, 2016.11.19-20.
  2. 加藤卓哉,森島繁生. "キャラクタの個性的な表情特徴を反映した表情モデリング法の提案." フォーラム顔学2015,名古屋,2015.09.12-13.  
  3. 山口周吾, 加藤卓哉, 古澤知英, 福里司, 森島繁生. " BG Maker ~アニメ背景画生成システムの提案とゲーム応用の可能性." Computer Entertainment Developers Conference 2015 (CEDEC2015), 横浜, 2015.08.26-28.  
  4. 成田史弥, 斉藤隼介, 加藤卓哉, 福里司, 森島繁生. "ポーズに依存しない4足キャラクタ間の衣装転写システムの提案." Visual Computing/GCAD合同シンポジウム2015, 9, 姫路, 2015.06.28-29.(採択率:42%).
  5. サフキン・パーベル, 川井正英, 桑原大樹, 加藤卓哉, 森島繁生. "皺の発生過程を考慮した経年変化顔画像合成." Visual Computing/GCAD合同シンポジウム2015, 37, 姫路, 2015.06.28-29.(採択率:42%).
  6. 加藤卓哉. 森島繁生 "Character Transfer キャラクタ固有の表情特徴を考慮した顔アニメーション生成手法." Computer Entertainment Developers Conference 2014 (CEDEC2014), 横浜, 2014.09.02-04.
[Poster]
  1. 鍵山裕貴, 加藤卓哉, 森島繁生. "注視時間と注視位置が変化する際のキャラクタの頭部及び眼球運動の自動合成." Computer Entertainment Developers Conference 2015 (CEDEC2015), 横浜, 2015.08.26-28. 

Japanese Conference (査読なし)
[Oral Presentation]
  1. 山本晋太郎,サフキンパーベル,加藤卓哉,山口周悟,森島繁生. “表情変化を考慮した経年変化顔動画合成.” 情報処理学会コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会 第166回研究発表会,2017.3.
  2. 山本晋太郎,サフキンパーベル,佐藤優伍,加藤卓哉,森島繁生. “笑顔動画データベースを用いた顔動画の経年変化.” 情報処理学会第79回全国大会,2017.3.
  3. 古川翔一, 加藤卓哉, サフキンパーベル, 森島繁生. "フレームリシャッフリングに基づく事前知識を用いない吹替映像の生成."情報処理学会 第78回全国大会, 横浜, 2016.3.10-12. (口頭発表, 査読なし) 学生奨励賞受賞, 大会奨励賞受賞
  4. 古川 翔一, 加藤 卓哉, 野澤 直樹, サフキン パーベル (早大), 森島 繁生 (早大/JST CREST). "主成分分析に基づく類似口形状検出によるビデオ翻訳動画の生成." 情報処理学会 グラフィックスとCAD研究会第161回研究発表会, 15, 神戸大学, 2015.11.06. Transactions on Computer Vision and Applications(CVA)推薦論文, 優秀研究発表賞
  5. 野沢 綸佐, 加藤 卓哉, 藤崎 国裕, サフキン パーベル (早大), 森島 繁生 (早大/JST CREST). "パッチタイリングを用いた法線推定による3次元顔形状復元." 情報処理学会 第199回CVIM合同研究会, 15, 神戸大学, 2015.11.07. Transactions on Computer Vision and Applications(CVA)推薦論文
  6. 成田史弥, 斉藤隼介, 加藤卓哉, 福里司, 森島繁生. "フィッティングを保持した体型の変化に頑健な衣装転写システムの提案." 情報処理学会 第77回全国大会, 4Y-02, 京都大学, 2015.03.18. 学生奨励賞
  7. サフキン・パーベル, 川井正英, 桑原大樹, 加藤卓哉, 森島繁生. "皺の個人性を考慮した経年変化顔画像合成" 情報処理学会 第77回全国大会, 4Y-05, 京都大学, 2015.03.18. 
  8. サフキン・パーベル, 川井正英, 桑原大樹, 加藤卓哉, 森島繁生. "キャラクタ特有の特徴再現を考慮したリアルな表情リターゲッ ティング手法の提案." 情報処理学会 グラフィックスとCAD研究会第158回研究発表会, 15, 理化学研究所, 2015.02.27. 優秀研究発表賞
  9. 加藤卓哉斉藤隼介, 川井正英, 岩尾知頼, 前島謙宣 森島繁生. "キャラクタに固有な表情変化の特徴を反映したキーシェイプ自動生成手法の提案." 情報処理学会 第76回全国大会, 4ZC-3, 東京電機大学, 2014.03.12. 学生奨励賞
  10. 加藤卓哉川井正英,  斉藤隼介, 岩尾知頼, 前島謙宣 森島繁生. "キャラクタ特有の特徴再現を考慮したリアルな表情リターゲッティング手法の提案." 情報処理学会 グラフィックスとCAD研究会第154回研究発表会, 15, 理化学研究所, 2014.02.21.
[Poster / Demo] 
  1. 岩本尚也, 加藤卓哉 , 原健太, 柿塚亮, 森島繁生 "Dance DJ: ライブパフォーマンスのためのダンス動作ミックスシステム" WISS2016, 滋賀, 2016.12.14 - 17.
  2. Shugo Yamaguchi, Takuya Kato, Tsukasa Fukusato, Chie Furusawa, Shigeo Morishima (Waseda Univ.). "Region-Based Painting Style Transfer." MIRU2015, SS5-33, 大阪, 2015.07.27 - 30. 
  3. 加藤卓哉斉藤隼介, 川井正英, 岩尾知頼, 前島謙宣 森島繁生. "キャラクタ固有の表情特徴を考慮した顔アニメーション生成手法." Visual Computing/GCAD合同シンポジウム2014, 37, 東京, 2014.06.29-30.
Others
  1. "Character Transfer: Example-based individuality retargeting for facial animations" Skindulgence Let Your Beauty Shine Through. [link] 

Presentation / Lecture
  1. 博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2016(Program for leading Graduate Schools Forum 2016) 学生討論会にて登壇発表予定 [link]
  2. FIT2016 「未来のICTリーダー 学生対企業対談 ~決意・意欲と期待・激励~」パネリスト2016.09.07-09. [link]
  3. 博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2015(Program for leading Graduate Schools Forum 2015) の学生フォーラムにて発表補助 2015.10.24-25. [link]
  4. 実体情報学博士プログラム第3回シンポジウム2015にて“Musasabi: 2D/3D intuitive and detailed visualization system for the forest”登壇発表 2015.10.29.[link]

Funding
  1. 日本学術振興会 特別研究員(DC1) "3DCGアニメーション作成の技法や作風の定量的ブレンディングシステムの提案." 2016.04-2019.03. [link]
  2. 博士課程教育リーディングプログラム 「実体情報学博士プログラム(http://www.leading-sn.waseda.ac.jp/)」 奨励金 2014.04 - 2016. 03
  3. University of California, Los Angeles, Cross-disciplinary Scholars in Science and  Technology 2014 奨学金 2014.07-2014.09