Last update: May 17, 2017


Kyoto, Japan, April 2017

竹村 幸祐 / TAKEMURA, Kosuke

滋賀大学 経済学部 准教授(社会心理学)
〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1丁目1-1
Tel.: 0749-27-1107 / E-mail: kosuke-takemura@biwako.shiga-u.ac.jp

English page
Google scholar citations

滋賀大学 経済学部 社会心理学ゼミ
滋賀大学 経済学部 「社会心理学Ⅰ」講義資料

略歴

学歴

2009年03月 北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程 修了
2008年10月~2009年03月 Visiting Student, Center for Evolutionary Psychology, University of California, Santa Barbara
2007年10月~2008年03月 Visiting Student, Department of Psychology, University of British Columbia
2004年04月 北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程 入学
2004年03月 北海道大学大学院文学研究科 修士課程 修了
2002年04月 北海道大学大学院文学研究科 修士課程 入学
2002年03月 北海道大学文学部 卒業
1998年04月 北海道大学文学部 入学

職歴

2014年04月~現在 滋賀大学 経済学部 社会システム学科 准教授
2011年10月~2014年03月 京都大学 大学院経営管理研究部附属経営研究センター 特定助教
2010年10月~2011年09月 京都大学 こころの未来研究センター 特定研究員
2009年10月~2010年09月 Post-Doctoral Research Fellow, Department of Psychology, University of British Columbia
2009年05月~2009年09月 京都大学こころの未来研究センター 教務補佐員
2005年04月~2007年03月 日本学術振興会特別研究員(DC2)

研究補助費・フェローシップ(代表者を務めるもののみ)

2015-2016年 滋賀大学環境総合研究センタープロジェクト「地域コミュニティにおける相互扶助とシェアド・リアリティの関係についての研究」[進行中]
2014-2016年 学術研究助成基金助成金(若手研究(B))「個人主義の社会的機能と民主主義的集団意思決定」[進行中]
2011-2013年 学術研究助成基金助成金(若手研究(B))「高関係流動性社会における独自性追求行動の社会的機能」
2009-2010年 Canadian Post-Doctoral Research Fellowships (The Government of Canada)
2009-2010年 科学技術融合振興財団補助金事業「個人主義者による集団間競争と集団内協力: 公共財ゲームを用いた比較文化研究」
2009年 北海道大学大学院文学研究科「共生の人文学」プロジェクト出張旅費支援
2008-2009年 クラーク記念財団 博士後期課程在学生研究助成「個人主義者による連合形成: 『北米型集団主義』の社会構造的基盤の解明」
2008年 大学院教育改革支援プログラム「人文科学における実証的研究者の育成拠点」主体的経費支援(研修) 「北米社会の集団間比較志向とひとり勝ち市場」
2007-2008年 松下国際財団研究助成「『開かれた社会』の集団主義: 北米の集団間比較志向を支える社会的基盤の解明」
2007年 日本社会心理学会 大学院生海外学会発表支援制度補助金
2005-2007年 日本学術振興会特別研究員奨励費「日米比較を通じた集団行動原理の多様性とその原因についての研究」
2005-2007年 日本学術振興会特別研究員(DC2)

他 関与中のプロジェクト

文部科学省科学研究費(基盤研究(A))「経験・信頼に基づく知識活用型サービスバリューチェーンの実証研究」[進行中]
文部科学省科学研究費(基盤研究(C))「多層的文化内での幸福感の対人的基盤:農業・漁業・企業分析」[進行中]
JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発プロジェクト「集合的幸福の概念構築と多世代共創の効果検証」[進行中]
農林水産政策研究所「農業・農村の新たな機能、価値に関する研究」[進行中]
総合地球環境学研究所「生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会─生態システムの健全性」[進行中]
等々

2015年 日本農業普及学会 奨励賞
2014年 日本心理学会第78回大会 学術大会優秀発表賞
2012年 日本グループ・ダイナミックス学会2012年度優秀学会発表賞(English Session部門)
2011年 第15回 実験社会科学カンファレンス トラベルアワード
2007年 SPSS研究奨励賞 審査委員特別賞
2006年 Honorable Mention for the Otto Klineberg Intercultural and International Relations Award (The Society for the Psychological Study of Social Issues)
2003年 日本社会心理学会 若手研究者奨励金(現・若手研究者奨励賞)

所属学会

Society for Personality and Social Psychology
Human Behavior and Evolution Society
International Association for Cross-Cultural Psychology
Asian Association of Social Psychology
日本心理学会
日本社会心理学会
日本グループ・ダイナミックス学会
日本人間行動進化学会
    (Journal: Letters on Evolutionary Behavioral Science)
サービス学会
日本農業普及学会

業績(論文等)

雑誌論文

Lu, M., Hamamura, T., Doosje, B., Suzuki, S., & Takemura, K. (2017). Culture and group-based emotions: Could group-based emotions be dialectical? Cognition and Emotion, 31, 937-949.

Takemura, K., & Suzuki, S. (2017). Self-expression and relationship formation in high relational mobility environments: A study of dual users of American and Japanese social networking sites. International Journal of Psychology, 52, 251–255. Abstract (Journal site) Full text (post-print)

Takemura, K., Hamamura, T., Guan, Y., & Suzuki, S. (2016). Contextual effect of wealth on independence: An examination through regional differences in China. Frontiers in Psychology, 7, Article 384. Full text (Journal site)

Fujiwara, K., Takemura, K., & Suzuki, S. (2016). When a smile does no good: Creativity reduction among avoidance- vs. approach-oriented individuals in dyadic interactions. International Journal of Innovation Management, 20, 1640007.

笹川果央理・竹村幸祐・内田由紀子 (2015). 自己価値の随伴性と従業員の心理的健康 ストレス科学研究, 30, 131-137. 論文 (Journal site)

Falk, C. F., Heine, S. J., Takemura, K., Zhang, C. X. J., & Hsu, C.-W. (2015). Are implicit self-esteem measures valid for assessing individual and cultural differences? Journal of Personality, 83, 56-68.

Ida, T., Takemura, K., & Sato, M. (2015). Inner conflict between nuclear power generation and electricity rates: A Japanese case study. Energy Economics48, 61-69. Full text (Journal site)

Takemura, K., Uchida, Y., & Fujino, M. (2014). Extension officers as social coordinators: Comparisons between agricultural and fishing communities in Japan. Psychologia, 57, 245-258. Full text (J-Stage)

Takemura, K. (2014). Being different leads to being connected: On the adaptive function of uniqueness in "open" societies. Journal of Cross-Cultural Psychology, 45, 1579-1593. Abstract (Journal site) Full text (post-print)

Takemura, K., Uchida, Y., & Yoshikawa, S. (2014). Roles of extension officers to promote social capital in Japanese agricultural communities. PLoS ONE, 9, e91975. Full text (Journal site)

鈴木智子・竹村幸祐 (2014). サービス業のグローバル・ブランディングに関する再考: ユニバーサル・スタジオの事例から マーケティングジャーナル, 33, 108-126.

Falk, C. F., Heine, S. J., & Takemura, K. (2014). Cultural variation in the minimal group effect. Journal of Cross-Cultural Psychology, 45, 265-281. Abstract (Journal site)

竹村幸祐・浜村武・鈴木智子 (2013). 社会心理学・文化心理学的視座からの日中関係の検討: 好意的申し出への反応における内集団バイアス 組織科学, 46, 45-55. Abstract

Yuki, M., Sato, K., Takemura, K., & Oishi, S. (2013). Social ecology moderates the association between self-esteem and happiness. Journal of Experimental Social Psychology, 49, 741-746. Abstract (Journal site)

Sznycer, D., Takemura, K., Delton, A. W., Sato, K., Robertson, T., Cosmides, L., & Tooby, J. (2012). Cross-cultural differences and similarities in proneness to shame: An adaptationist and ecological approach. Evolutionary Psychology, 10, 352-370. [The first three authors contributed equally to this article.] Abstract (Journal site) Full text (Journal site)

竹村幸祐・佐藤剛介 (2012). 幸福感に対する社会生態学的アプローチ 心理学評論, 55, 47-63. Abstract

佐藤剛介・結城雅樹・竹村幸祐 (2011). 幸福感の規定因に対する社会生態学的環境の干渉効果: 社会状況間比較による検討 北海道心理学研究, 34, 21-33.

内田由紀子・竹村幸祐・吉川左紀子 (2011). 農村社会における普及指導員のコーディネート機能 社会技術研究論文集, 8, 194-203. Full text (Journal site)

Takemura, K., Yuki, M., & Ohtsubo, Y. (2010). Attending inside or outside: A Japanese-US comparison of spontaneous memory of group information. Asian Journal of Social Psychology, 13, 303-307. Abstract Full text is available upon request.

Falk, C.F., Heine, S.J., Yuki, M., & Takemura, K. (2009). Why do Westerners self-enhance more than East Asians? European Journal of Personality, 23, 183-203.

Schug, J., Yuki, M., Horikawa, H., & Takemura, K. (2009). Similarity attraction and actually selecting similar others: How cross-societal differences in relational mobility affect interpersonal similarity in Japan and the United States. Asian Journal of Social Psychology, 12, 95-103.

竹村幸祐・有本裕美 (2008). 「北の大地」における相互独立的自己: 北海道での認知的不協和実験 実験社会心理学研究, 48, 40-49. Full text (Journal site)

Takemura, K., & Yuki, M. (2007). Are Japanese groups more competitive than Japanese individuals? A cross-cultural validation of the interindividual-intergroup discontinuity effect. International Journal of Psychology, 42, 27-35. Full text (post-print)

Kitayama, S., Ishii, K., Imada, T., Takemura, K., & Ramaswamy, J. (2006). Voluntary settlement and the spirit of independence: Evidence from Japan's "Northern frontier". Journal of Personality and Social Psychology, 91, 369-384.

Yuki, M., Maddux, W. W., Brewer, M. B., & Takemura, K. (2005). Cross-cultural differences in relationship- and group-based trust. Personality and Social Psychology Bulletin, 31, 48-62.

書籍

内田由紀子・竹村幸祐 (2012). 農をつなぐ仕事: 普及指導員とコミュニティへの社会心理学的アプローチ 創森社 (Amazon

分担執筆

竹村幸祐・横田晋大 (2016). 集団間関係 北村英哉・内田由紀子(編著) 社会心理学概論 ナカニシヤ出版 pp. 183-206.

竹村幸祐・結城雅樹 (2014). 文化への社会生態学的アプローチ 山岸俊男(編著)文化を実験する: 社会行動の文化・制度的基盤 勁草書房 pp. 91-140.

竹村幸祐・鈴木智子・藤原健 (2014). サービスの実証的合理性理解: 定量心理学調査 小林潔司・原良憲・山内裕(編著)日本型クリエイティブ・サービスの時代: 「おもてなし」への科学的接近 日本評論社 pp. 97-113.

鈴木智子・竹村幸祐 (2014). 日本型クリエイティブ・サービスのグローバル展開事例 小林潔司・原良憲・山内裕(編著)日本型クリエイティブ・サービスの時代: 「おもてなし」への科学的接近 日本評論社 pp. 153-171.

Yuki, M., & Takemura, K. (2013). Intergroup comparison and intragroup relationships: Group processes in the cultures of individualism and collectivism. In M. Yuki & M. B. Brewer (Eds.), Frontiers of culture and psychology: Culture and group processes (pp. 38-65). New York, NY: Oxford University Press.

Suzuki, S., & Takemura, K. (2013). Culture and social media: Exploration of differences between the U.S. and Japan. In T. Bondarouk & M. R. Olivas-Lujan (Eds.), Social media in strategic management (pp. 245-258). Bingley, UK: Emerald. [peer-reviewed book chapter]

竹村幸祐 (2012). 関係流動性と独自性欲求 鈴木公啓(編著) パーソナリティ心理学概論: 性格理解への扉 ナカニシヤ出版 pp.164-165.

竹村幸祐 (2008). 自己概念と文化: 認知的不協和現象の国間比較および国内地域間比較による検討 下斗米淳(編) 自己心理学6: 社会心理学へのアプローチ 金子書房 pp. 85-86.

Takemura, K., Yuki, M., Kashima, E. S., & Halloran, M. (2007). A cross-cultural comparison of behaviors and independent/interdependent self-views. In A.B.I. Bernardo, M.C. Gastardo-Conaco, & M.E.C.D. Liwag (Eds.), The self, relationships, and subjective well-being in Asia: Psychological, social, and cultural perspectives (pp. 105-121). Seoul, Korea: Kyoyook-Kwahak-Sa. [peer-reviewed book chapter] Abstract

竹村幸祐 (2007). 日本人の集団主義を支える制度と心: 心理学実験による検討 煎本孝・高橋伸幸・山岸俊男 (編著) 社会集団の論理と実践: 互恵性を巡る心理学と人類学的検討 北海道大学出版会 pp. 156-170.

翻訳

Kadushin, C. (2011). Understanding social networks: Theories, concepts, and findings. New York: Oxford University Press.
(カドゥシン, C. 五十嵐祐(監訳) (2015). 社会的ネットワークを理解する 北大路書房)
担当箇所: 第7章

Nisbett, R. E., & Cohen, D. (1996). Culture of honor: The psychology of violence in the South. Boulder, CO: Westview Press.
(ニスベット, R.E.・コーエン, D. 石井敬子・結城雅樹(編訳)(2009). 名誉と暴力: アメリカ南部の文化と心理 北大路書房)
担当箇所: 序文・第1章・第2章