吉松 公平 (Kohei Yoshimatsu)

吉松 公平 (Kohei YOSHIMATSU)
東京工業大学物質理工学院応用化学系 助教
〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1 S1-1 南1号館617号室
TEL: 03-5734-2146
FAX: 03-5734-2145
E-MAIL: k-yoshi[at]apc.titech.ac.jp ([at]→@)


最近の更新

  • 2018年6月8日  β-(AlxGa1-x)2O3/β-Ga2O3 (100)界面バンドオフセットの論文がAPLに掲載されました。
  • 2018年4月25日  TiOx薄膜超伝導の論文がScientific Reports誌のTop 100 in Physicsに選ばれました。
  • 2018年4月20日 ファインケミカルジャパン2018でセミナー発表を行いました。
  • 2018年2月9日 助成金情報を更新しました。


学歴
  • 2007年3月 東京大学工学部応用化学科卒業
  • 2009年3月 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 修士課程修了
            修士論文: 「放射光光電子分光によるLaAlO3/SrTiO3界面金属層に関する研究」
  • 2012年3月 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 博士課程修了
             博士論文: 「Electronic Structures on QuantumWell States in Artificial Structures of Strongly Correlated    
                             Oxides studied by Synchrotron Radiation Photoemission Spectroscopy
職歴
  • 2009年4月 日本学術研究員特別研究員(DC1)東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 尾嶋研究室
  • 2012年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)   東京大学大学院理学系研究科物理学専攻    藤森研究室
  • 2013年4月 東京工業大学大学院理工学研究科応用化学専攻 助教 大友研究室
  • 2016年4月 東京工業大学物質理工学院応用化学系 助教 大友研究室 (改組)
    現在に至る。

業績 
原著論文

2018年
  1. R. Wakabayashi, M. Hattori, K. Yoshimatsu, K. Horiba, H. Kumigashira, and A. Ohtomo, “Band alignment at β-(AlxGa1-x)2O3/β-Ga2O3 (100) interface fabricated by pulsed-laser deposition” Appl. Phys. Lett. 112, 232103 (2018). 
  2. G. Shibata, M. Kitamura, M. Minohara, K. Yoshimatsu, T. Kadono, K. Ishigami, T. Harano, Y. Takahashi, S. Nakamoto, Y. Nonaka, K. Ikeda, Z. Chi, M. Furus, S. Luchino, M. Okano, J. Fujihira, A. Uchida, K. Watanabe, H. Fujihira, S. Fujihira, A. Tanaka, H. Kumigashira, T. Koide, and A. Fujimori, "Anisotropic spin-density distribution and magnetic anisotropy of strained La1-xSrxMnO3 thin films: Angle-dependent x-ray magnetic circular dichroism" npj Quantum Materials 3, 3 (2018).
2017年
  1. R. Wakabayashi, K. Yoshimatsu, M. Hattori, and A. Ohtomo, "Epitaxial structure and electronic properties of β-Ga2O3 films grown on MgO (100) substrates by pulsed-laser deposition" Appl. Phys. Lett. 111, 162101 (2017).
  2. M. Kobayashi, K. Yoshimatsu, T. Mitsuhashi, M. Kitamura, E. Sakai, R. Yukawa, M. Minohara, A. Fujimori, Koji Horiba, and Hiroshi Kumigashira, "Emergence of Quantum Critical Behavior in Metallic Quantum-Well States of Strongly Correlated Oxides" Sci. Rep. 7, 16621 (2017).
  3. K. Yoshimatsu, O. Sakata, and A. Ohtomo, "Superconductivity in Ti4O7 and γ-Ti3O5 films" Sci. Rep. 7, 12544 (2017).
  4. K. Yoshimatsu, H. Mashiko, N. Umezawa, K. Horiba, H. Kumigashira, and A. Ohtomo “Electronic Structures and Photoanodic Properties of Ilmenite-type MTiO3 Epitaxial Films (M = Mn, Fe, Co, Ni)” J. Phys. Chem. C 121, 18717 (2017).
  5. N. Nishiyama, H. Mashiko, K. Yoshimatsu, K. Horiba, H. Kumigashira, and A. Ohtomo, "Highly oriented epitaxial CaFe2O4 thin films on TiO2 substrates grown by pulsed-laser deposition" Thin Solid Films 638, 406 (2017).
  6. H. Kurokawa, K. Yoshimatsu, O. Sakata, and A. Ohtomo, "Effects of phase fraction on superconductivity of low-valence eutectic titanate films"  J. Appl. Phys. 122, 055302 (2017).
  7. M. M. Maitani, T. Yamada, H. Mashiko, K. Yoshimatsu, T. Oshima, A. Ohtomo, and Y. Wada, “Microwave effects on Co-Pi co-catalysis deposited on α-Fe2O3 for application to photocatalytic oxygen evolution” ACS Appl. Mater. Interf.  9, 10349 (2017).

2016年以前はこちら


招待講演

International conference

  1. K. Yoshimatsu, "Modulation of superconductivity in oxide films using Li-ion electrochemical reactions" BIT's 7th Annual World Congress of Nano Science & Technology 2017 Session:308 No.12, Fukuoka, Japan 2017/10/23-10/26.
  2. K. Yoshimatsu, "Epitaxial growth and physical properties of low-valence titanium okie films" 2017 Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) Day1-5 (2017), Jeju, Korea 2017/6/26-6/30.
  3. K. Yoshimatsu, "Modulation of superconductivity in oxide films using Li-ion electrochemical reactions" 2nd World Congress on Materials Science Day2-16 (2016), Abu Dhabi, UAE, 2016/11/28-11/30.
  4. K. Yoshimatsu, K. Nogami, K. Watarai, H. Mashiko, E. Sakai, H. Kumigashira, O. Sakata, T. Oshima, and A. Ohtomo, “Synthesis and spectroscopic study on double-perovskite oxide thin films” Energy Materials Nanotechnology A24 (2014) Chengdu, China 2014/9/22-9/25.
  5. K. Yoshimatsu, “Quantum confinement of strongly correlated electrons in oxide artificial structures” IMS Workshop on ASCM 13 3-3 (2013).  
  6. K. Yoshimatsu and H. Kumigashira, “Metallic quantum well states in artificial structures of strongly correlated oxide” The 6th AOFSRR 2012 A4.1. (2012). 
  7. K. Yoshimatsu, K. Horiba, H. Kimigashira, T. Yoshida, A. Fujimori, and M. Oshima, “Metal-insulator transition and two-dimensional electron liquid in SrVO3 ultrathin films” The 4th Indo-Japan Seminar 4, (2011).

国内学会など
  1. 吉松 公平、”酸化チタン系超伝導材料の創生と電子デバイス応用” ファインケミカルジャパン2018 N-14 (2018).
  2. 吉松 公平、"前周期遷移金属酸化物超伝導体の薄膜合成と制御" 第4回酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会 (2016).
  3. 吉松 公平、坂田 修身、大友 明、”高品質γ-Ti3O5薄膜の作製と超伝導特性” 第63回応用物理学会春季学術講演会 19a-H111-1 (2016).
  4. 吉松 公平、 “低原子価Ti系薄膜の合成と超伝導物性制御” 第52回化合物磁性材料研究会 薄膜新材料の合成・分光・理論 (2015). 
  5. 吉松 公平、 “放射光光電子分光法による強相関量子化状態の観測” 第27回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム 学会奨励賞受賞講演 (2014). 
  6. 吉松 公平、 “酸化物量子井戸構造における強相関電子の量子化状態” 第67回日本物理学会年次会 26pAD-1 (2012). 
  7. 吉松 公平、 “酸化物量子井戸構造による強相関電子の量子閉じ込め” 2012年秋季応用物理学会学術講演会 11p-C9-3 (2012). 
  8. 吉松 公平、堀場 弘司、組頭 広志、吉田 鉄平、藤森 淳 尾嶋 正治 “強相関酸化物薄膜における量子井戸状態” 第58回応用物理学関係連合講演会24p-BF-4 (2011). 
一般講演はこちら


受賞

  1. Poster Award “Superconductivity in higher titanium oxides” at 3rd Functional Oxide Thin Films for Advanced Energy and Information Technology Conference (2017).
  2. 第39回応用物理学会講演奨励賞「γ-Ti3O5薄膜の超伝導」13p-2H-20 (2015).
  3. 第18回日本放射光学会奨励賞「放射光光電子分光による強相関量子井戸状態の観測」(2014). 
  4. 2013年度船井研究奨励賞「伝導性酸化物SrVO3による強相関量子化状態の創製と観測」(2014). 
  5. 第25回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム JSR12学生発表賞「強相関酸化物SrVO3における量子井戸状態」(5C002). (2012).

新聞記事等
新聞記事
  1. 2017年11月30日 「TIT observes SC in Thin Films of Titanium Oxide」 Superconductor Week Vol. 31 No. 10 Page 9 (2017).
  2. 2017年10月13日 「酸化チタンの新機能発見 安価な材料で超伝導実現」科学新聞1面
  3. 2017年10月3日 「酸化チタンで超電導 類縁化合物の薄膜を冷却」化学工業日報
  4. 2015年11月17日「リチウムイオン電池 超伝導状態を制御」日刊工業新聞 朝刊11面
  5. 2015年11月12日「超伝導 オン•オフ転換 低消費電力メモリーに道」日経産業新聞 朝刊8面
  6. 2011年 7月15日 「電子含む金属酸化物の膜 100原子層積み重ね技術」日経産業新聞 朝刊10面 
  7. 2011年 7月15日 「強相関電子物質の薄膜積層 高温超伝導材 実現へ」日刊工業新聞朝刊19面
  8. 2008年 7月11日 「絶縁体接合、境界に金属層 東大が仕組み解明 新型素子に応用も」日経産業新聞 朝刊9面
プレスリリース他
  1. 2017年10月3日 プレスリリース「酸化チタンの新機能を発見 -薄膜形状での超伝導を実現-」
  2. 2015年11月5日 プレスリリース「電池を使うと超伝導に -超伝導エレクトロニクス実現に道筋-」
  3. 2011年7月15日 プレスリリース 「世界で初めて強相関電⼦を2次元空間に閉じ込めることに成功- 新たな⾼温超伝導物質の実現や、電⼦素⼦作りに道を拓く -」
  4. 2010年7月5日 New@KEK 「サイズを変えて導体から絶縁体へ ~ 厚さの変化で性質が変わるしくみ ~」
  5. 2008年7月9日 プレスリリース「絶縁体界面に生じる金属層の発生メカニズムを解明(酸化物エレクトロニクスにおける新素子実現に向けて)」

教育
平成29年度
    • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 応用化学実験第二b/a (フェライト合成と評価)
    • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 分析化学演習    (X線回折、分光元素分析)

    平成28年度
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 応用化学実験第二 (フェライト合成と評価)
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 機器分析演習    (X線回折、電子分光)
      平成27年度
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 応用化学実験専門  (無機合成と機能: メータノールの水蒸気改質と水素燃料電池) 
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 実践応用化学第四    (光電子分光とオージェ電子分光)
      平成26年度
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 応用化学実験専門  (無機合成と機能: メータノールの水蒸気改質と水素燃料電池) 
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 実践応用化学第四    (光電子分光とオージェ電子分光, X線回折) 
      平成25年度
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 実践応用化学第四     (光電子分光とオージェ電子分光) 
      • 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 応用化学実験第二 (フェライト合成と評価) 


      研究費
      科学研究費補助金
      • 平成28〜30年度  若手研究(A) 「単純酸化物薄膜が創る複雑な構造・電子物性」課題番号: 16H05983
      • 平成25〜26年度  研究活動スタート支援 「強相関金属量子井戸構造による低次元伝導制御」課題番号: 25887021
      • 平成24年度 特別研究員研究奨励費(PD) 「強相関量子井戸構造による新奇電子状態の創製」課題番号:21・8463
      • 平成21〜23年度 特別研究員研究奨励費(DC1) 「放射光解析に基づく終端構造制御酸化物へテロ接合の界面エンジニアリング」課題番号:21・8463 

      その他の研究資金
      平成29年度

      • 東京工業大学物質理工学院 研究奨励賞
      平成27年度平成26年度
      • 東工大基金による研究助成 
      平成25年度
      • 東京工業大学工学系新任助教研究助成 


      特許
      1. 大友明、吉松公平、呉東広平、"金属化合物結晶性膜及びその製法"、出願番号: 特願2016-154759
      2. 吉松公平、大友明、” 超伝導酸化物薄膜およびその製造方法”、特開2017-39621

      資格
      1. エックス線作業主任者 (免許証番号 第60036520631号)
      2. 玉掛け技能講習 (修了証No. 11-0803-17-00556) 
      3. クレーン運転の業務(修了証 No. 11-1210-04-5339)