現在、転写因子NF-κBの活性化に関わるシグナル伝達システムの数理モデリング研究を行っています。NF-κBシグナル伝達システムの数理モデルにご興味がある方(特に実験研究者)はご連絡ください。(例えば、新たに見つけた分子メカニズムの制御を数理モデルを使って説明したい (Shinohara 2014, Inoue 2016)、での共同研究が可能です。) また、既に分子ネットワークとそれらの分子の時間変化における活性ダイナミクスが分かっているもの(MAPK, etc.)に関しても数理モデル解析が可能です。また、一般的なバイオインフォマティクス研究もご相談ください。

News

  • 理研IMSサイトカイン制御研究チームの客員研究員になりました。 - 2017/04/01
  • JSBi九州部会セミナーで発表します。 - 2017/02/27
  • FiSTA 2017のPC memberになりました。 - 2017/02/27
  • 宮崎大学に着任しました。 - 2017/02/01
  • 論文がアクセプトされました。→出版されました。 - 2016/08/15
  • 共著論文がアクセプトされました。→出版されました。 - 2016/08/13


Subpages (2): News Schedule