関東エスペラント連盟

関東エスペラント連盟は1952年11月23日に第1回関東大会が東京で開催された際、大会の議決により発足しました。毎年1回関東大会の開催と合宿、機関誌PONTETOの発行を主な活動としています。
 
 
エスペラントとは?
国際共通語エスペラントは、1887年にポーランドの眼科医ザメンホフが発表した人工語です。規則正しく学びやすく使いやすいことが特長です。民族と民族を結ぶ橋渡しの言葉として、世界で100万人以上が使っています。詳しくは、ウィキペディアに書かれている説明をご覧下さい。
お知らせ
2017年の第66回関東エスペラント大会は5月27日(土)調布市で開きます。
PONTETO281号、282号を参照してください。

PONTETO283号を発行しました。2017年7月
PONTETO282号を発行しました。2017年5月
PONTETO281号を発行しました。2017年3月
PONTETO280号を発行しました。2017年1月
PONTETO279号を発行しました。2016年11月 
PONTETO278号を発行しました。2016年9月 
PONTETO277号を発行しました。2016年7月 関東大会の報告が載っています。
PONTETO276号を発行しました。2016年5月 関東大会の内容の変更がのっています。
PONTETO275号を発行しました。2016年3月
PONTETO274号を発行しました。2016年1月
PONTETO273号を発行しました。2015年11月
PONTETO272号を発行しました。2015年9月
PONTETO271号を発行しました。2015年7月
PONTETO270号を発行しました。2015年5月


サブページ (1): 関東エスペラント大会