略歴     □   Home    □ 展覧会のご案内   □ 研究室工房;心の場


1953  本名、柴田幸宏。岐阜県多治見市、美濃陶芸家五代目加藤幸兵衛の孫として土を生業とする家に生れる。

1976  武蔵野美術大学工芸工業学科を卒業

1977  日本陶磁器デザインコンペティションに「Pyramid」を出品し金賞を受賞する。

1978  建築デザイン「Prince of Orange」名古屋

1980  渡米(ニューヨーク)

1982  アートウェアー(米国アートジュエリーの登竜門)のメンバーになる。

1983  ドイツ版ヴォーグ誌の表紙になる。以後エル、ハーパースバザーなど有名 ファッション誌の表紙を飾る。

1984  パリ秋冬コレクション(フランス)のアクセサリーを制作。レブロン、ロレアル、ビダルサスーンなどの有名化粧品メーカーのポスター、テレビコマーシャル用のジュエリーを制作。

1985  ニューヨーク市立美術館に作品三点が展示される。アフリカンエイドファッションショーに参加。

1988  アメリカ版アクセサリーズ誌に金工工芸の全米 代表作家として紹介される。

1990      帰国。 陶芸を再び始める。美濃の器、黄瀬戸/瀬戸黒の研究を始める。重要無形文化財、故 加藤卓男氏(伯父)に指導を受ける。

1992      岐阜県伊深、正眼寺、故 谷耕月老師より日本の禅を教わる。

1993      個展 インスタレーション「記憶の中に存在することのできる思考の場。」 (京都  井村 アートギャラリー)

1994      個展 金工「飛天のごとく」(大阪高島屋)  /   有馬頼底老師(金閣寺・銀閣寺住職、相国寺派管長)と出会い、以後茶陶について の造詣を深める。

1995      個展 陶 「織部の仏像」(ノリタケギャラリー、サイトウ画廊) /    個展 絵画「仏師にあこがれる」(名古屋MOA) /    個展 金工「五番街のクリスマス」(サンギャラリー住恵)

1996      個展 陶、絵画「From West to East」(名古屋NHKARTSPACE)  /      個展 金工「飛天のごとく」(岐阜高島屋) /     個展 金工「スワンミケランジェロ」(横浜高島屋)

1997      個展 金工「スワンミケランジェロ」(大阪高島屋)

1998      個展 金工「スワンミケランジェロ」(岐阜高島屋)

1999      個展 「義政公を偲ぶ」(京都銀閣寺)出品作品 " 二彩大鉢 "が銀閣寺お蔵入りになる。有馬頼底管長より、号  ” 一佐衛門  ( いちざえもん )  を命名される。

2000      個展 金工、陶「ラファエロの考察」(大阪高島屋)

2001      個展 金工、陶「ラファエロの考察」(名古屋松坂屋本店、岐阜高島屋)

2002      個展 金工、陶「金と黄瀬戸」(日本橋高島屋)

2003      個展 金工、陶「金銀(こんごん)の美」(日本橋高島屋、大阪高島屋)

2004      個展 金工、陶「Ichizaemon のスワン」(名古屋松坂屋本店)

2005      個展 金工、陶「Ichizaemon 阿弥陀世界」(はせがわ銀座本店)  /    個展 金工、陶「Ichizaemon の世界」(横浜高島屋 /日本橋高島屋)

              この年から、茶道遠州流家元小堀宗実氏による茶陶の指導が始まる。

2006      個展 金工、陶「考、白鳥の茶会」(はせがわ銀座本店)  /     個展 金工、陶「柴田一佐衛門展」 (大阪高島屋) 

2007      個展 「柴田一佐衛門展」(日本橋高島屋3/14~20)  /     個展 「一佐衛門展」(日本橋高島屋10/24~30

2008      ”小堀遠州、美の出会い展” プラチナの茶室に水指を出品 (松屋銀座2007/1/30~2008  /1/14名古屋松坂屋美術館2008/2/23~3/16)(神戸大丸ミュージアムKOBE2008/3/19~31
            
個展  一佐衛門展横浜高 島屋4/23~29)    
            
CBCクラブの会員になる。

             谷松屋戸田商店 戸田博氏より瀬戸黒の指導が始まる 。

              東 京茶道会創立100周年記念 江戸・東京の茶の湯展-近代茶の湯の黎明     水指を展示(日本橋高島屋ホール 10/22~11/4)

             織部工房群のプロジェクトスタート(関連ブログ

2009      個展 " 一佐衛門展 "  (日本橋高島屋 3/11~17)/ 遠州忌茶筵、立礼席水指 (東京美術倶楽部  3 / 8)

              個展 " 柴田一佐衛門作品展 "  (名古屋松坂屋本店 8/5~11

              遠州流 ニューヨーク茶会 (水指)
              個展 ” 柴 田一佐衛門、瀬戸黒に挑む ” (大阪高島屋12/9~15

2010      現代日本の陶芸家(陶磁郎編)
              個展 ” 柴 田一佐衛門、瀬戸黒に挑む ” (横浜髙島屋4/285/4
              個展 ” 柴 田一佐衛門、瀬戸黒に挑む ” (日本橋高島屋11/1016

2011      
伊勢神宮に茶碗を献納
              個展 ”   柴 田一佐衛門、瀬戸黒に挑む ” (日本橋高島屋8/1023
              個展 ”   柴 田一佐衛門展 ” (丸栄古川古美術9/1~7
              個展 ”   柴 田一佐衛門展、イサム・ノグチと瀬戸黒 ” (飛騨世界生活文化センター9/325

2012      個展 "   柴 田一佐衛門展、織部と瀬戸黒 (日本橋高島屋 3/7~13
              個展 ”   柴 田一佐衛門展、織部と瀬戸黒 ” (柿傳ギャラリー4/28~5/4
              遠州茶道宗家 正月茶碗制作

2013      個展 『無限の黒』   ( しぶや黒田陶苑 3/15~19)
              個展 『織部の陶』   ( しぶや黒田陶苑 5/10~14)
              『唐長 × 柴田一佐衛門』 (古川美術館 10/19~27)
              個展 『柴田一佐衛門展』 (古川古美術10/31~11/6)
              個展”  『無限の黒』 ” (岐阜橋髙島屋11/14~19)

2014      茶道ドキュメンタリー映画「父は家元」、一佐衛門は陶芸家として出演する。
              個展 柴田一佐衛門展 『瀬戸黒竹林』 ( しぶや黒田陶苑 2/7~11
              個展” 『瀬戸黒と織部』 ” 日本橋髙島屋(日本橋高島屋 3/26~4/1

2015      個展    柴 田一佐衛門展 『 白を播く、黒を播く 』 (柿傳ギャラリー 3/5~11)
              東アジア伝統陶芸展 2015京畿道世界陶磁ビエンナーレインビテーション
               小堀宗実 と 二人の陶芸家』古川美術館別館 爲三郎記念10月24日11月15日

2016      個展  柴田一佐衛門 展   ( 松坂屋本店   名古屋 4/20〜26 )

2017      個展  美濃  柴田一佐衛門    ( 日本橋髙島屋  3/8〜14 )
              個展  美濃  柴田一佐衛門    (柿傳ギャラリー  11/30〜12/6 )