林研究室の説明

香川高等専門学校 建設環境工学科 林研究室(暫定名称:維持管理工学研究室)は、2013年3月に誕生しました。

土木工学、コンクリート構造、コンクリート工学、橋梁の維持管理、について研究を行っています。

現在、コンクリートの表層の吸水抵抗性を完全非破壊で測定する「表面吸水試験(SWAT)」(横浜国立大学 細田 暁准教授と共同開発)などについて、研究を行っています。

土木学会委員会等で携わっているコンクリートの品質確保を、四国で推進できるよう、活動を行っています。