都市域の地盤災害学理の構築と防災性能向上への展開
 人間活動が集中する都市域では、地震時の地盤液状化、人工・自然斜面崩壊など、地盤災害の危険性が増しています。
当研究室では、これらの地盤災害に対する危険度評価技術の高度化や、地盤・構造物系の耐震性能の向上に向け、
非線形有効応力法に基づく数値解析や、遠心力載荷装置を用いた模型実験など、あらゆる角度から取組んでいます。
 主な研究課題は、以下のとおりです。(より詳しくは、研究室紹介 へ!

大地震時の地盤・構造物系の被災程度予測                         多重せん断機構の概念に基づく土の構成モデルの改良
                         
Liquefaction analysis of a gravity type quay wall during earthquakes   Evolution of strain space fabric during macroscopic biaxial shear 

遠心模型実験による長継続時間地震動と津波による地盤-構造物系の変形メカニズムの解明
                       
    
                                        Results of centrifuge model tests for breakwater subjected to tsunami

教 授 
渦岡 良介
: uzuoka.ryosuke.6z<a>kyoto-u.ac.jp
准教授
助 教
上田 恭平: ueda.kyohei.2v<a>kyoto-u.ac.jp

611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
京都大学防災研究所
地盤研究グループ 地盤災害研究部門
地盤防災解析分野
宇治地区研究所本館E棟-409D-415D
TEL: 0774-38-4092
FAX: 0774-38-4094