災害情報,災害伝承,災害復興を実践的に研究する

東日本大震災,など現在の災害

プロフィール

  • 所属1(専任):東北大学 災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門
    • 被害軽減と予測ユニット(主メンバー)
    • アーカイブユニット(副メンバー)
    • 防災教育・人材育成ユニット(副メンバー)
    • 災害と健康ユニット(副メンバー)
  • 所属2(兼務):東北大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 - 工学部 建築・社会環境学科 津波工学研究室
  • 職名:助教
  • 学位:博士(情報学)
  • 専門分野:災害と社会情報(災害情報,災害伝承,災害復興)
  • 所内担当:国内連携委員会(気仙沼分室WG),ハラスメント防止対策委員会,男女共同参画委員会,研究企画委員会(金曜フォーラムWG,緊急調査WG)など
  • 出身大学院:京都大学大学院情報学研究科(2011.3)
  • 所属学会:地域安全学会,自然災害学会,災害情報学会,土木学会,電子情報通信学会
  • e-mail:ssato [at] irides.tohoku.ac.jp ※旧アドレス ssato [at] dcrc.tohoku.ac.jp (しばらく使えます)
  • ほか
    • 京都大学地域研究統合情報センター共同研究員(2015.4-2016.3)
    • 東北大学電気通信研究所共同研究員(2015.4-2017.3)
    • 石巻専修大学人間学部非常勤講師(復興の社会学,2015.4-)
    • 尚絅学院大学 現代社会学科非常勤講師(災害社会学,2016.4-/地域防災論,2017.4-)
    • 東京大学総合防災情報センター非常勤講師(災害情報論Ⅱ,2016.9-) NEW!
査読付き論文 ※以下の[論文誌HP][CiNii][J-STAGE]からPDFをダウンロードすることができます.
  1. 投稿中(6編,うち筆頭:4編)
  2. 佐藤翔輔,平川雄太,新家杏奈,今村文彦:災害伝承は津波避難行動を誘引したのか-陸前高田市における質問紙調査を用いた事例分析-,地域安全学会論文集,No.31, 2017.11. accepted !
  3. 浅利満理子,中川政治,佐藤翔輔:宮城県における震災学習プログラムに関する現状分析-東日本大震災と津波災害から6年間の震災伝承の特徴-,地域安全学会論文集,No.31, 2017.11. accepted !
  4. 佐藤翔輔,松川杏寧,立木茂雄:仮設住宅からの退去方針が決まらない被災者の特徴・課題:東日本大震災における名取市の事例,自然災害科学,Vol. 36,No. 3,2017.11. accepted !
  5. 佐藤翔輔,杉浦元亮,邑本俊亮,今村文彦:被災地大学における「復興」を題材にした科目の実践と事例分析-受講者の事後変化に着目して-,日本災害復興学会論文集 accepted !
  6. 佐藤翔輔,今村文彦,相澤和宏,横山健太,佐藤勝治,岩崎雅宏,皆川満洋,戸川直希:宮城県石巻市における2016年11月22日福島県沖の地震津波による避難行動実態,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.73,2017.10. accepted !
  7. 佐藤翔輔,平川雄太,白幡勝美,今村文彦:東日本大震災発生前における津波碑に対する岩手県陸前高田市の住民の認知・認識,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.73,2017.10. accepted !
  8. 佐藤翔輔,平川雄太,奥村誠,今村文彦:津波伝承知メディアによる人的被害低減効果の統計的分析-東日本大震災で被災した岩手県・宮城県における津波碑と津波由来地名に着目して-,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.73,2017.10. accepted !
  9. 戸川直希,佐藤翔輔,今村文彦,岩崎雅宏,皆川満洋,佐藤勝治,相澤和宏,横山健太:津波避難訓練が実際の津波避難行動に及ぼす効果ー宮城県石巻市2016年11月22日福島県沖地震津波時の事例ー,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.73,2017.10. accepted !
  10. 佐藤翔輔,相澤和宏,伊妻伸之,遠藤匡範,高橋大輔,平間雄,岩崎雅宏,皆川満洋,高橋里佳,今井健太郎,阿部利江,戸川直希,今村文彦:効果的かつ無理のない地区防災計画の作成方法-宮城県石巻市と亘理町における実践と評価-,自然災害科学,2017.9. accepted !
  11. 山崎麻里子,佐藤翔輔,山口壽道,マリ・エリザベス:震災伝承施設に必要な要件の探索的分析-木籠メモリアルパークへの再訪者に対する質的調査をもとに-,自然災害科学,2017.9. accepted !
  12. Shosuke Sato, Fumihiko Imamura, Naoki Togawa, Masahiro Iwasaki, Mitsuhiro Minakawa: Evacuation Behavior caused by the 2016 Fukushima Earthquake and Tsunami: Comparative Analysis in Ishinomaki City and Watari Town, Miyagi Prefecture, The 27th International Tsunami Symposium, 2017.8. accepted !
  13. 佐藤翔輔,今村文彦:災害デジタルアーカイブを利活用した被災地における防災教材の作成過程に関する実態分析-多賀城市防災教育副読本資料集作成業務の参与観察とインタビュー調査をもとに-,災害情報,No. 15,pp. 41-51,2017 NEW!
  14. 伊藤圭佑,立木茂雄,牧紀男,佐藤翔輔:名取市における復興事業区域における自力再建者の特性に関する研究,地域安全学会論文集,No. 30,2017.3 NEW!
  15. 松川杏寧,佐藤翔輔,立木茂雄:仮設住宅供給方式の選択がすまいの再建に与える影響に関する研究-名取市現況調査2年分のデータをもとに-,地域安全学会論文集,No. 30,2017.3  NEW!
  16. Shosuke Sato, Toru Okamoto, Shunichi Koshimura: Text Data Reduction Method to Grasp the Sequence of Disaster Situation: Case Study of Web News Analysis of the 2015 Typhoons 17 and 18, Journal of Disaster Research, Vol. 12, No. 2, pp. 329-334, doi: 10.20965/jdr.2017.p0329 NEW!
  17. Shosuke Sato, Shuichi Kure, Shuji Moriguchi, Keiko Udo, Fumihiko Imamura: Online Information as Real-Time Big Data About Heavy Rain Disaster and its Limitations: Case Study of Miyagi Prefecture, Japan, During Typhoons 17 and 18 in 2015, Journal of Disaster Research, Vol. 12, No. 2, pp. 335-346, doi: 10.20965/jdr.2017.p0335 NEW!
  18. 佐藤美嶺,佐藤翔輔:非専門家を主体とする食糧備蓄に関するワークショップの設計・実装-仙台市における乳幼児の母親を対象にして-,日本災害食学会誌,Vol.4,No.2, pp.1-5,2017.3.
  19. Kishie Shigekawa, Satoshi Tanaka, Hiroko Koumoto, Shosuke Sato: Analyzing Life Restoration Processes of Victims in Temporary Housing and How Public Aid Should Function Survey from the East Japan Earthquake ?, 16th. World Conference on Earthquake Engineering, 2017.1. 
  20. Akihiro Shibayama, Sebastien Boret Penmellen, Shosuke Sato, Fumihiko Imamura: The Roles of Archiving in Earthquake Studies: The Case of the Great East Japan Earthquake, 16th. World Conference on Earthquake Engineering, 2017.1. NEW!
  21. Shosuke Sato, Fumihiko Imamura: An Attempt of Extraction and Sharing Lessons Learned from Experiences of the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster Based on Viewpoints of Experts on Disaster Science: 3.11 Lessons Learned Web Database System, Journal of Disaster Research, Vol. 11, No. 5,  pp. 881-888, 2016.10., doi: 10.20965/jdr.2016.p0881 NEW! JDR Most Downloaded Papers, October 2016
  22. 平川雄太,佐藤翔輔,白幡勝美,今村文彦:津波碑と津波浸水域の位置・対応関係と人的被害に関する考察-岩手県沿岸の事例-,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.72,I_1621-I_1626,2016.10. NEW!
  23. 戸川直希,佐藤翔輔,今村文彦,平間雄:津波避難訓練を繰り返すことによる効果の検証―宮城県亘理町の事例―,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.72,I_1585-I_1590,2016.10. NEW!
  24. 佐藤翔輔,今村文彦:遠地津波と大雨に伴う複合災害対応の分析-2015年9月チリの地震による遠地津波と大雨に対する石巻市役所の事例-,自然災害科学・特別号,Vol.35,No. 3,pp.39-47,2016.9. NEW!
  25. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災の被災地における震災遺構の保存・解体の議論に関する分析-震災発生から5年の新聞記事データを用いて-,日本災害復興学会論文集,No.9,pp. 11-19,2016.7.  NEW!
  26. Shosuke SATO, Rui NOUCHI, Fumihiko IMAMURA: Numerical Evaluation of Effect of Using UTM Grid Maps on Emergency Response Performance - A Case of Information-Processing Training at an Emergency Operation Center in Tagajo City, Miyagi Prefecture -, IEICE Transactions on Communications, Special Section on Information and Communication Systems for Safe and Secure Life, Vol.E99-A,No.8, pp.1560-1566,2016.8.  NEW!
  27. 佐藤翔輔:発生から50年を迎えた「災害の記憶」の現状把握と災害・防災教育の試み―1964年新潟地震をテーマにした小学生対象の出前事業から―,自然災害科学,Vol. 35,No. 1,pp.29-33,2016.6. 
  28. 平川雄太,佐藤翔輔,鹿島七洋,今村文彦:津波由来地名の整理・分類と空間分布に関する考察ー東日本大震災の被災地を対象にしてー,災害情報,No. 14,pp.128-139,2016.6. 
  29. Shosuke Sato, Fumihiko Imamura, Mari Yasuda, Motoaki Sugiura, Rui Nouchi: Developments of Tools to Survive the Disasters - Civil Empowerment of "Zest for Living in Disaster" -, Journal of Disaster Research, Vol.11 No.3, pp. 443-4532016.6. (doi: 10.20965/jdr.2016.p0443)  
  30. Miwa Kuri, Ikuko Miyahara, Shouske Sato, Mahito Watanabe, Kazuyuki Nakagawa: Think Geopark on Stricken Area: Disaster and Gift of Geo, Journal of Disaster Research, Vol.11 No.3, pp. 443-453, 2016.6. (doi: 10.20965/jdr.2016.p0425)  
  31. Shosuke Sato, Kazumasa Hanaoka, Makoto Okumura, Shunichi Koshimura: Grasp of Disaster Situation and Support Need inside Affected Area with Social Sensing - An Analysis of Twitter Data before and after the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster Occurring -, Journal of Disaster Research, Vol.11 No.2, pp. 198-206, 2016.3.  JDR Most Downloaded Papers, June 2016, September 2016
  32. Rui NOUCHI, Shosuke SATO, Fumihiko IMAMURA: Disaster education for elementary school students using the disaster prevention pocket notebooks and quizzes, Journal of Disaster Research, Vol. 10, No. 6,pp. 1117-1125, 2015.12.
  33. 佐藤翔輔,立木茂雄,松川杏寧:被災者の生活再建支援を目的にした被災者のセグメント化と行政対応戦略の検討手法の提案-東日本大震災で被災した名取市の事例-,地域安全学会論文集No. 27,pp. 65-74,2015.11. 
  34. 佐藤翔輔,永村美奈,今村文彦:中小規模の災害対応組織の活動過程に対する体系的な記録手法の提案-東日本大震災における七ヶ浜町ボランティアセンターの災害対応を例にして-,自然災害科学,Vol.34,No. 3,pp. 225-241,2015.11. 
  35. 佐藤翔輔,阿部紀代子,大塚友子,中川政治,皆川満洋,岩崎雅宏,今村文彦:来街者の津波避難誘導をねらいにした避難行動・誘導実験とその分析-石巻市中心市街地における事例-,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.71, No.2I_1639-I_1644,2015.11. 
  36. 佐藤翔輔,平間雄,渡辺英明,今村文彦:学校・地域・行政の連携による全町一斉学校避難訓練手法の設計・実践-宮城県亘理町における試み-,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.71, No.2I_1633-I_1638,2015.11.
  37. Shosuke Sato, Yuta Hirakawa, Makoto Okumura, Fumihiko Imamura.: An Evaluation of Tsunami Tradition Media for Human Casualties Reduction - Case of Iwate and Miyagi Prefectures on the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami, Proceedings of The 6th Conference of the International Society for Integrated Disaster Risk Management (IDRiM)2015
  38. Shosuke SATO, Hiroko KOUMOTO, Shigeo TATSUKI: Grasp of utilization of social networking services in restoration process - Interview survey for N city-related citizens of the Great East Japan Earthquake -, Journal of Disaster Research, Vol. 10, No.5, pp. 948-955,2015.10. 
  39. Shosuke SATO, Masaharu NAKAGAWA, Masahiro IWASAKI, Fumihiko IMAMURA: A Survey on the Audible Quality of Outdoor Public Address Speakers for the Disaster Reduction Broadcasting System in the Central Area of Ishinomaki City, IEICE Transactions on Communications, Special Section on Information and Communication Systems for Safe and Secure Life, Vol.E98-A, No.8, pp.1671-1673, 2015.8. 
  40. 中川政治,尾形和昭,佐藤翔輔,佐藤茂久,藤間千尋:ICTを活用した仮想体験型震災学習プログラムの開発-東日本大震災で被災した石巻市における「防災まちあるき」実践事例-,地域安全学会論文集(電子ジャーナル),No. 26,pp. 37-44,2015.9. 
  41. 阪本真由美,佐藤翔輔,阿部紀代子,尾形和昭,中川政治,大塚友子:小規模事業主による事業継続のための取り組み-石巻芽生会による被災経験の振り返りに基づく事業継続の検討-,地域安全学会論文集(電子ジャーナル),No. 26,pp. 19-26,2015.9. 
  42. Motoaki Sugiura, Shosuke Sato, Rui Nouchi, Akio Honda,Tsuneyuki Abe, Toshiaki Muramoto, Fumihiko Imamura: Power to live with disasters: Eight personal characteristics suggested by the survivors of the 2011 Tohoku Earthquake, PLOS ONE, 10(7), e0130349, 2015.7. 
  43. Hiroko Koumoto, Shosuke Sato: Social media activities during restoration after the Great East Japan Earthquake, Disaster Management and Human Health Risk IV, pp. 247-256, 2015.3.
  44. 佐藤翔輔:「災害を伝える」活動の最新動向-「災害かたりつぎ研究塾」の合宿活動をもとにして-,口承文芸研究,No. 38,pp.42-51,2015.3.
  45. 重川希志依,田中聡,河本尋子,佐藤翔輔:借上げ仮設住宅施策を事例とした被災者の住宅再建に関する研究-恒久住宅への円滑な以降を目的とした住環境の分析-,住総研研究論文集,No. 41,pp. 145-156,2015.3
  46. 佐藤美嶺,佐藤翔輔乳幼児家庭を対象にした災害食ワークショップの設計・実装-仙台圏域の親子を対象にした実践とその特徴-,日本災害食学会誌,Vol.2,No.1, pp. 27-30, 2015.3
  47. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における「見える復興」を目指した復興広報活動に関する実態調査・分析-宮城県内の被災自治体を対象にして-,地域安全学会論文集,No.24,pp.171-181,2014.11.
  48. Shosuke SATO, Shigeo TATSUKI, Kishie SHIGEKAWA, Satoshi TANAKA: Participant Observation and Enhancing of "Watching and Recovery Supporting" Disaster Victims - Focus on Natori City, Miyagi Prefecture in the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster,3rd International Conference on Urban Disaster Reduction (ICUDR)
  49. Shin AIBA, Hiroataka IKEDA, Shuhei KIMURA, Shosuke SATO:Participative Planning of a Community Revival Plan After the Great East Japan Earthquake and Tsunami Disaster: A Case Study of a Frequently Stricken Area in Iwate Prefecture,3rd International Conference on Urban Disaster Reduction (ICUDR)
  50. 佐藤翔輔,今井健太郎,大野,齋正幸,板原大明,松尾敏彦,今村文彦:徒歩と自動車を組み合わせた津波避難計画の策定-宮城県亘理町での実践-,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.70, No. 2, I_1371-I_1375,2014.11.
  51. 佐藤翔輔,杉浦元亮,野内類,邑本俊亮,阿部恒之,本多明生,岩崎雅宏,今村文彦:災害時の「生きる力」に関する探索的研究-東日本大震災の被災経験者の証言から-,地域安全学会論文集,No.23(電子ジャーナル),pp.65-73,2014.7 [PDF
  52. Liz MALY, Mayumi SAKAMOTO, Saneyuki UDAGAWA, Hiromasa WATANABE, Ryoga ISHIHARA, Junko TAKAMORI, Mariko YAMAZAKI, Shosuke SATO: Telling the Stories of Disasters Study Juku: A Series of Workshops in 3 Disaster-Affected Areas in Japan, XVIII ISA(International Sociological Association) World Congress of Sociology, 2014.7.13-19
  53. 佐藤翔輔,今村文彦,林春男:東日本大震災における被災自治体の人的資源運用に関する分析-宮城県石巻市を対象にして-,地域安全学会論文集,No. 21,pp. 169-177, 2013.11 2013年地域安全学会年間優秀論文賞
  54. 佐藤翔輔,今井健太郎,岩崎雅宏,二上洋介,熊谷雅之,平松進,亀井一彦,鈴木聡一郎,山内智,今村文彦:避難先を指定しない新しい津波避難訓練手法の提案-宮城県石巻市における実践と検証-,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 60, No. 2, pp. Ⅰ_1361-Ⅰ_1365,2013.11
  55. 佐藤翔輔,今村文彦,林春男:東日本大震災における被災地外からの人的支援量の関連要因に関する分析,地域安全学会論文集,No. 19, pp. 93-103,2013.3. [PDF](電子ジャーナル)
  56. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における震災復興計画の巨視的分析-岩手県・宮城県の沿岸市町村を対象にして-,自然災害科学,Vol. 31, No. 4, pp. 305-315, 2013.3.[論文誌HP]
  57. 永村美奈,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦,岩崎雅宏:東日本大震災に関する記録・証言などの収集活動の現状と課題,レコード・マネジメント,記録管理学会,No. 64,pp. 49-66, 2013.
  58. Shosuke SATO, Michiaki Tatsubori: Mass and Social Media Corpus Analysis after the 2011 Great East Japan Earthquake, WWW 2012 Workshop on Social Web Disaster Management(SWDM), pp. 711-712, Lyon, France, 2012.4.17
  59. Michiaki TATSUBORI, Akihiro SHIBAYAMA, Shosuke SATO, Fumihiko IMAMURA: Social Web in Disaster Archives, WWW 2012 Workshop on Social Web Disaster Management(SWDM), pp. 715-716, Lyon, France, 2012.4.17
  60. 佐藤翔輔,今村文彦,林春男:東日本大震災について報じられたウェブニュースコーパスの基礎的解析,地域安全学会論文集,No. 15, pp. 303-311,2011.11. [PDF][PPTX]
  61. 佐藤翔輔,林春男,田村圭子,浦田康幸:平成21年の大雨時の避難勧告発令経験にもとづく自治会の対応に関する教訓・課題-大雨災害における避難のあり方検討会「避難勧告・避難指示を発令した市町村に対する調査」の自由回答のTRENDREADER(TR)解析-,自然災害科学,Vol. 30, No. 1, pp. 123-145, 2011.6.[論文誌HP]
  62. 武田文男,林春男,佐藤翔輔:巨大災害に対する法整備に関する考察-都市直下地震対策を中心に-,自然災害科学,Vol. 30, No. 1, pp. 105-122, 2011.6.[論文誌HP]
  63. 武田文男,林春男,佐藤翔輔:災害対策基本法と今後の展望,減災,Vol. 5,pp. 15-28, 2011.8.[論文誌HP]
  64. Yurie Takeda, Mitsuhiro Higashida, Yoshimasa Nagao, Manabu Yotsubashi, Shosuke Sato, Haruo Hayashi: Risk Management for Hospitals Using the Incident Report, Journal of Disaster Research, Vol.5, No.6, pp. 697-705, 2010.12.[論文誌HP]
  65. 竹田百合惠,長尾能雅,佐藤翔輔,林春男:TRENDREADER(TR)を用いた京都大学附属病院インシデントレポート解析方法の開発,地域安全学会論文集,No. 13,pp. 305-316, 2010.11.[CiNii]
  66. 佐藤翔輔,林春男,井上和治,西野隆博:ウェブニュースに見る災害・危機における社会的側面の時系列展開の可視化 -TRENDREADER(TR)によるキーワード自動抽出結果の公開を通した危機管理関係者の状況認識の支援-,可視化情報学会論文集,Vol. 29,No. 7, pp. 17-26, 2009.7.[J-STAGE]
  67. 佐藤翔輔,林春男:TRENDREADER(TR)を用いた災害・危機に関する言語資料体の解析にもとづく災害・危機事象の将来展開予測手法の開発-新潟県を襲った2つの地震災害を例にして-,地域安全学会論文集,No. 10,pp. 281-291, 2008.11[CiNii]
  68. 大舘秀規,牧紀男,林春男,佐藤翔輔:危機の規模に対応したIncident Facilitiesの効果的な配置方法に関する提案-Incident Command SystemにおけるZoneの概念を踏まえた分析-,地域安全学会論文集,No. 10, pp. 447-456, 2008.11.[CiNii]
  69. Shosuke SATO,Haruo HAYASHI,Norio MAKI,Munenari INOGUCHI:Development of Automatic Keyword Extraction System from Digitally Accumulated Newspaper Articles on Disasters,2nd International Conference on Urban Disaster Reduction Proceedings, CD-ROM ,6pp. ,2007.11.
  70. 佐藤翔輔,林春男,牧紀男,井ノ口宗成:TFIDFを用いた災害・危機に関する言語資料体からのキーワード自動抽出手法の外的妥当性の検証,地域安全学会論文集,No. 9,pp. 65-74,2007.11.[CiNii]
  71. 佐藤翔輔,林春男,牧紀男,井ノ口宗成:TFIDF/TF指標を用いた危機管理分野における言語資料体からのキーワード自動検出手法の開発-2004年新潟 県中越地震を取り上げたウェブニュースへの適用事例-,地域安全学会論文集,No. 8,pp. 367-376,2006.11.[CiNii]
  72. 竹内一浩,林春男,浦川豪,井ノ口宗成,佐藤翔輔:効果的な危機対応を可能とするための『危機対応業務の「見える化」手法』の開発-滋賀県を対象とした適用可能性の検討-,地域安全学会論文集 ,No. 9,pp. 111-120,2007.11.[CiNii]
  73. 高島正典,林春男,田中聡,重川希志依,牧紀男,田村圭子,堀江啓,吉富望,浦川豪,藤春兼久,佐藤翔輔,木村玲欧:サービス・マネージメントの枠組みに基づく被災者支援における窓口業務の設計-小千谷市り災証明発行窓口業務を事例として-,地域安全学会論文集,No. 7,pp. 151-160,2005.11.[CiNii]
  74. 井ノ口宗成,林春男,浦川豪,佐藤翔輔:Incident Command Systemに照らしたわが国の災害対応における情報処理過程の分析評価-2004年新潟県中越地震災害の小千谷市災害対策本部の活動を事例として-,地域安全学会論文集,No. 7,pp. 103-112,2005.11.[CiNii]
  75. 佐藤翔輔 ,塩野計司:地震によるライフライン停止と住宅損傷を考慮した短期的避難需要の評価モデル-生活支障の計量評価を利用した震害波及過程の記載-,地域安全学会論文集,No. 5,pp. 299-308,2003.11.[CiNii] 第13回地域安全学会論文奨励賞
学会発表・一般論文
  1. (予定)佐藤翔輔,今村文彦: 2016年熊本地震災害におけるウェブ報道の量的傾向:それ以前の地震災害報道と比較して,日本災害情報学会 第19回研究発表大会予稿集,2017.10.  NEW!
  2. (予定)佐藤翔輔,岡元徹,今村文彦:東日本大震災に関する公開動画検索システムの構築: 「動画でふりかえる3.11-東日本大震災公開動画ファインダー-」,日本災害情報学会 第19回研究発表大会予稿集,2017.10.  NEW!
  3. (予定)須藤龍也,佐藤翔輔:2017年7月九州北部豪雨における「#救助」ツィートの発信状況とその考察,日本災害情報学会 第19回研究発表大会予稿集,2017.10.  NEW!
  4. (予定)佐藤翔輔,井内加奈子,松本行真,今村文彦:宮城県・東日本大震災復興検証に向けた事前調査,日本災害復興学会2017年度神戸大会予稿集,2017.10. NEW!
  5. (予定)佐藤翔輔,相澤和宏,横山健太,佐藤勝治,遠藤匡範, 高橋大輔,岩崎雅宏,皆川満洋, 戸川直希,今村文彦:2016年11月22日福島県沖地震に伴う津波避難の実態:石巻市と亘理町の住民を対象にした調査から第36回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,2017.9. NEW!
  6. (予定)小野寺洋友,佐藤翔輔:気仙沼市立階上中学校における地域と連携した防災学習の実践-未来の防災戦士の育成を目指して-第36回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,2017.9. NEW!
  7. (予定)新家杏奈,佐藤翔輔,押切一哲,今村文彦:東松島市震災復興伝承館の利用実態と利用者ニーズの把握第36回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,2017.9. NEW!
  8. 佐藤翔輔:石巻市における震災伝承に関する3つの計画の策定プロセス地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.6,pp. 53-58,2017.8.
  9. 浅利満理子,中川政治,佐藤翔輔:宮城県沿岸8市町における震災伝承事業と震災学習プログラムの現状と課題地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.6,pp. 39-44,2017.8.
  10. 中川政治,黒澤健一,佐藤翔輔VR技術,UAV,3Dモデル等のICTを活用した震災学習コンテンツ制作手法地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.6,pp. 49-52,2017.8. 
  11. 山崎麻里子,佐藤翔輔,山口壽道,松本勝男:中越メモリアル回廊におけるオープン6年目に見えた課題とその対応,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.6,pp. 45-48,2017.8. 
  12. 松川杏寧,佐藤翔輔,川見文則,立木茂雄:東日本大震災被災者の生活再建に関する検討:名取市現況調査の3年分のデータをもとに地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.6,pp. 1-4,2017.8. 
  13. 川見文則,松川杏寧,佐藤翔輔,立木茂雄:東日本大震災における仮住まい方式が生活復興感に与える影響についての検討―2014年名取市現況調査データを用いた傾向スコア分析から―地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.6,pp. 15-18,2017.8. 
  14. 土屋詩織,加藤広之,佐藤翔輔,今村文彦:漁業地域における防災減災機能の向上に関する研究,平成29年度日本沿岸域学会研究討論会(第30回),2017.7. 
  15. 牧野嶋文泰,今村文彦,佐藤翔輔,安倍祥:津波避難行動の数値的評価モデルとその社会実装に関する研究,第3回東北大学若手アンサンブルワークショップ,2017.7.3 優秀ポスター賞(受賞者:牧野嶋文泰)
  16. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における「津波による犠牲者ゼロ」の地域を対象にした探索的調査,地域安全学会梗概集,No. 40,pp.181-1822017.6.9
  17. 井出明,佐藤翔輔:災害復興とポケモンGO,地域安全学会梗概集,No. 40,pp.105-106,2017.6.9
  18. 佐藤翔輔:災害対応におけるソーシャルメディアの有効性と限界- 東日本大震災発生から5年間を見ての考察-,電子情報通信学会・安全・安心な生活とICT研究会講演論文集,2017.5.29-30
  19. 佐藤翔輔,岩崎雅宏,皆川満洋,今村文彦:災害情報行動の訓練と実際の比較と課題に関する考察-宮城県石巻市における事例分析-,電子情報通信学会・安全・安心な生活とICT研究会講演論文集,2017.5.29-30
  20. 佐藤翔輔,今村文彦:石巻市民を対象にした災害情報の認知度および収集手段に関する調査,平成28年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,2017.3.4 
  21. 平川雄太,佐藤翔輔,今村文彦:津波碑の存在認識に関する基礎研究-岩手県陸前高田市の事例-,平成28年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,2017.3.4
  22. 戸川直希,佐藤翔輔,杉浦元亮,今村文彦:災害対応訓練を行うこととによる「生きる力」の変化に関する研究平成28年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,2017.3.4 平成28年度土木学会東北支部研究奨励賞(受賞者:戸川直希)
  23. 馬場亮太,佐藤翔輔,今村文彦:住まいの再建のための復興情報に関する調査-宮城県の被災者を対象として-,平成28年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,2017.3.4 
  24. 佐藤翔輔被災地ガイドの利用者は何を学ぶのか-東松島市・奥松島観光ボランティアの会のガイドに宛てられた手紙から-,津波工学研究報告,Vol.33,pp.83-87,2017.1. 
  25. 佐藤翔輔「東日本大震災の証言」から何を学べるか―東松島市の証言集をもとにー,津波工学研究報告,Vol.33,pp.89-93,2017.1. 
  26. 佐藤翔輔,戸川直希,今村文彦:遠地津波での津波注意報発表時の登校時学校対応とその課題-2016年9月チリ中部沖の地震・津波にともなう亘理町の事例-,津波工学研究報告,Vol.33,pp.79-81,2017.1. 
  27. 蝦名裕一,佐藤翔輔:和歌山県印南町における歴史津波史料を活用した防災活動,津波工学研究報告,Vol.33,pp.105-108,2017.1.
  28. 馬場亮太,佐藤翔輔,今村文彦:住まいの再建のための復興情報に対する受け手の評価に関する調査-宮城県の被災者を対象として-,第6回巨大津波災害に関する合同研究集会,2016.12.8
  29. 佐藤翔輔,松川杏寧,杉安和也,藤生慎,寅屋敷哲也,河本尋子:「地域安全学 夏の学校2016 -基礎から学ぶ防災・減災-」:地域安全学領域における若手人材育成 その1,地域安全学会梗概集,No. 39,pp. 69-72,2016.11 地域安全学会研究発表会(秋季) 優秀発表賞
  30. 平川雄太,佐藤翔輔,川島秀一,今村文彦:津波碑前で行われる慰霊祭の実態調査とその効果に関する研究,地域安全学会梗概集,No. 39,pp. 125-128,2016.11
  31. 佐藤翔輔,今村文彦,中川政治:震災伝承を行うフィールド型デバイスのユーザー評価とその比較分析-東日本大震災における石巻・東松島・名取の事例-,日本災害情報学会 第18回研究発表大会予稿集,pp. 214-215,2016.10.22-23
  32. 佐藤翔輔,呉修一,森口周二,有働恵子,今村文彦:ウェブからリアルタイムで収集できる大雨情報とその限界に関する事例分析-2015年台風17・18号における宮城県内の場合-,日本災害情報学会 第18回研究発表大会予稿集,pp. 8-9,2016.10.22-23
  33. 佐藤翔輔被災地大学での講義を通した復興人材育成の試み(その2),日本災害復興学会2016年度石巻大会予稿集,2016.10.01-02
  34. 佐藤翔輔子ども世代における東日本大震災の記憶の現状―東松島市での2つのワークショップから―,第35回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 125-126,2016.9.20-21 第35回 日本自然災害学会学術講演会 平成28年度学術優秀発表賞
  35. 戸川直希,佐藤翔輔,今村文彦,杉浦元亮:洪水を想定した避難訓練前後における「生きる力」の変化の評価―宮城県亘理町中泉地区の事例-,第35回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,2016.9.20-21 NEW!
  36. 佐藤健,桜井愛子,佐藤翔輔,村山良之,北浦早苗:東日本大震災からの復興過程における地域ぐるみによる復興教育の実践とその評価-石巻市立鹿妻小学校の復興マップづくりにおけるインタビューカードの分析-第35回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,2016.9.20-21
  37. 佐藤美嶺,佐藤翔輔「主催者」の行動変容を意図した食糧備蓄に関するワークショップ-仙台市における乳幼児の母親を対象にして-(当日発表タイトル:非専門家を主体とする食糧備蓄に関するワークショップの設計・実装-仙台市における乳幼児の母親を対象にして-),日本災害食学会第2回研究発表会,2016.8.27
  38. 佐藤翔輔,中川政治,浅利満理子,今村文彦:災害伝承活動に関する先進事例からの学びと石巻地方における課題-「震災学習協働事業体制づくり」コンファレンスの取組み-,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.5,pp.15-18,2016.8.
  39. 山崎麻里子,山口壽道,佐藤翔輔:被災をきっかけにして新たに生まれた外部交流拠点に関する第一次調査-旧山古志村木籠集落の事例-,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.5,pp.91-94,2016.8. 
  40. 中川政治,黒澤健一,佐藤翔輔:石巻市における屋外伝承拠点の来訪者集計方法の確立と屋内外拠点への来訪者数の傾向把握望,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.5,pp.7-10,2016.8.
  41. 浅利満理子,中川政治,藤間千尋,佐藤翔輔:宮城県沿岸部における東日本大震災後の震災学習プログラム開催状況と今後の展望,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.5,pp.1-7,2016.8.
  42. 松川杏寧,佐藤翔輔,立木茂雄:生活復興感から見る仮住まいのあり方について-名取市現況調査2年分のデータから-地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.5,pp.59-64,2016.8.
  43. 佐藤翔輔,今村文彦:2015年台風17・18号災害における宮城県内自治体によるソーシャルメディア発信の内容分析,電子情報通信学会・第1回安全・安心な生活とICT研究会講演論文集,pp.35-37,2016.6.14-15 電子情報通信学会 2016年安全・安心な生活とICT研究会 優秀研究賞
  44. 佐藤翔輔2016年熊本地震災害に関する情報(報道・SNS・ウェブ)の特徴,第38回(2016年度)地域安全学会研究発表会,熊本地震特別セッション,2016.6.3
  45. 松川杏寧,佐藤翔輔,立木茂雄:東日本大震災の仮住まい方法による生活再建に関する検討:平成27年度名取市現況調査のデータをもとに,地域安全学会梗概集,No. 38,pp. 75-78,2016.6.3
  46. 井出明,佐藤翔輔:自然災害型ダークツーリズムjにおける観光者開発,地域安全学会梗概集,No. 38,pp. 135-136,2016.6.3
  47. 平川雄太,佐藤翔輔,鹿島七洋,今村文彦:宮城県沿岸部の津波由来地名と3.11津波浸水域との対応関係,平成27年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,2016.3.5
  48. 戸川直希,佐藤翔輔,今村文彦:津波避難訓練における繰り返しと参加者の多層化の効果-宮城県亘理町の事例-,平成27年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,2016.3.5
  49. 佐藤翔輔:災害経験をかたりつぐICTに関する対話型・実践型研究,平成27年度共同プロジェクト研究発表会(東北大学電気通信研究所),2016.2.25
  50. 佐藤翔輔,今村文彦:地震津波と大雨にともなう複合災害対応の事例分析-2015年9月チリの地震にともなう津波と大雨に対する石巻市役所の参与観察-,平成27年度東北地域災害科学研究集会,2015.1.08-09
  51. 佐藤翔輔:2015年9月チリの地震にともなう遠地津波・津波注意報の学校対応-宮城県亘理町における小・中学校の事例-,第5回巨大津波災害に関する合同研究集会,2015.12.04
  52. 戸川直希,佐藤翔輔,今村文彦:津波避難訓練の対象と内容の経年変化とその効果の比較・検証ー宮城県亘理町の3年間のデータを用いてー第5回巨大津波災害に関する合同研究集会,2015.12.04
  53. 松川杏寧,佐藤翔輔,立木茂雄:東日本大震災における仮住まいのあり方が個人の生活再建に与える影響について-名取市現況調査のデータをもとに-,地域安全学会梗概集,No. 36,pp. 83-86,2015.11.14
  54. 小林奈津子,根本晴美,佐藤翔輔,菊地紗耶,本多奈美,松岡洋夫,富田博秋:災害時の妊産褥婦の心理的反応と母子保健・支援活動,第12回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会,2015.10.30
  55. 佐藤翔輔,花岡和聖,奥村誠,越村俊一:ソーシャルセンシングによる被災地の被害状況と支援ニーズの把握の可能性-東日本大震災の発生前後に発信されたTwitterの分析-,日本災害情報学会 第17回研究発表大会予稿集,pp. 140-141,2015.10.23-24 日本災害情報学会第16回学会大会・河田賞
  56. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災の経験を踏まえた「教訓」のオンライン発信-その1:研究者の見解にもとづく教訓抽出・共有の試み-,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.4,pp.75-78,2015.10.(地域安全学会・東日本大震災特別委員会ワークショップ in 気仙沼)
  57. 重川希志依,田中聡,河本尋子,佐藤翔輔;仙台市シルバー人材センターが生活再建支援活動に果たす役割と今後の課題,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.4,pp.47-50,2015.10.(地域安全学会・東日本大震災特別委員会ワークショップ in 気仙沼)
  58. 河本尋子,重川希志依,田中聡,佐藤翔輔;生活再建支援施策に関連するプロセスの可視化,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.4,pp.55-58,2015.10.(地域安全学会・東日本大震災特別委員会ワークショップ in 気仙沼)
  59. 佐藤翔輔,今村文彦:被災地大学での講義を通した復興人材育成の試み-石巻専修大学講義科目の2015年度「復興の社会学」-,日本災害復興学会2015年度東京大会予稿集,pp. 60-61,2015.09.26-27
  60. 佐藤翔輔,平川雄太,鹿島七洋,奥村誠,今村文彦:津波伝承知メディアが人的被害の軽減に及ぼす影響に関する一次的分析-津波碑と津波由来地名に着目した東日本大震災の事例検討-,第34回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 125-126,2015.9.24-25 第34回 日本自然災害学会学術講演会 平成27年度学術優秀発表賞
  61. 佐藤翔輔,野内類,今村文彦:災害対応におけるUTMグリッド地図情報の定量的効-多賀城市総合防災訓練における情報処理訓練を事例にして-2015年電子情報通信学会ソサエティ大会,2015.9.10
  62. 佐藤翔輔:わたしのアンサンブル災害研究たいけん,研究所若手アンサンブルワークショップ(東北大学附置研究所若手アンサンブルブロジェクト),2015.7.23
  63. 佐藤翔輔,今村文彦,古関良行:東日本大震災の発生から4年間における生活復興過程の評価-宮城県の被災者を対象にした東北大・河北新報合同継続調査から-,地域安全学会梗概集,No. 36, pp. 45-46,2015.5.29(第36回(2015年度)地域安全学会研究発表会)
  64. 松川杏寧,佐藤翔輔,立木茂雄:東日本大震災被災者の生活復興感における生活復興7要素モデルの検証:名取市現況調査のデータをもとに,地域安全学会梗概集,No. 36,pp. 41-44,2015.5.29(第36回(2015年度)地域安全学会研究発表会)
  65. 鹿島七洋,佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における津波伝承知の減災効果,平成26年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集,Ⅳ-9,2015.3.7
  66. 高倉浩樹,及川高,佐藤翔輔:震災復興における無形民俗文化財データベースの役割,東北大学第4期研究所連携プロジェクト平成26年度成果報告会『ヒューマンサイエンス&テクノロジー』,2015.2.2
  67. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災の発生から3年間の被災者の心情-宮城県の被災者を対象にした東北大・河北新報合同継続調査から-,平成26年度東北地域災害科学研究集会,2015.1.9-10
  68. 佐藤翔輔:亘理町における全町一斉学校避難訓練の試みとその考察,第4回巨大津波災害に関する合同研究集会,2014.12.26-27
  69. 鹿島七洋,佐藤翔輔,今村文彦:岩手・宮城・福島における津波由来地名の整理・分類-刊行書籍を対象にして-,第4回巨大津波災害に関する合同研究集会,2014.12.26-27
  70. 佐藤翔輔,小野敬弘,岡田正己,小林由夏,今村文彦:災害時における子どもの「生きる力」に関する一考察-東日本大震災を経験した宮城県立多賀城高校生徒を対象にしたワークショップ調査から-地域安全学会梗概集,pp. 21-24,2014.11.7-8
  71. 佐藤翔輔,石塚直樹,杉安和也,永松伸吾:日本災害復興学会・若手人材交流会の実施報告-実務者と研究者のネットワーク構築をねらいにして-日本災害情報学会・日本災害復興学会合同大会in長岡,pp.98-101,2014.10.23-26
  72. 佐藤翔輔,Elizabeth MALY,櫻井敬佑,日置友智,Leo J.CHE,柴山明寛,今村文彦:震災アーカイブコンテンツの英語化と震災学習の両立をねらいにしたワークショップ手法の設計と試行,日本災害情報学会・日本災害復興学会合同大会in長岡,pp.116-117,2014.10.23-26
  73. 中川政治,尾形和昭,宇田川真之,阪本真由美,佐藤翔輔,山崎麻里子:被災地の震災伝承におけるAR技術活用の取り組み-石巻市における「防災まちあるき」実践事例-,日本災害情報学会・日本災害復興学会合同大会in長岡,pp.86-87,2014.10.23-26 日本災害情報学会第16回学会大会・河田賞(受賞者:中川政治)
  74. 佐藤翔輔,立木茂雄,重川希志依,田中聡:名取市における「被災者見守り活動」の実態に関する一次的分析,地域安全学会東日本大震災特別論文集,No.3,pp.33-34,2014.10.(地域安全学会・東日本大震災特別委員会ワークショップ in 宮古 2014,2014.10.18)
  75. 佐藤翔輔,今村文彦,川島秀一,今井健太郎,首藤伸夫:わが国における災害伝承に関する量的分析の試み,第33回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp.1-2,2014.9.24-25
  76. 永村美奈,佐藤翔輔,今村文彦:中小規模の災害対応プロジェクトに対する活動過程の体系的な記録手法の開発-七ヶ浜町ボランティアセンターの活動を事例として-,第33回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,2014.9.24-25
  77. 佐藤翔輔,坪田亜由子,今村文彦:東日本大震災復興交付金事業に関する分析-発災から3年間に岩手県・宮城県の沿岸市町村に適用された事業について-,津波工学研究報告,Vol.31,pp. 379-389, 2014.8.[PDF]
  78. 佐藤美嶺,佐藤翔輔:乳幼児家庭を対象にした災害食ワークショップの設計・実装-仙台圏域の親子を対象にした実践とその特徴-,日本災害食学会第2回研究発表会,2014.7.12 日本災害食学会第2回研究発表会最優秀賞
  79. 佐藤翔輔,中川政治,岩崎雅弘:石巻市中心市街地における「防災行政無線の聞こえ方」調査,電子情報通信学会・第5回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集,pp.29-30,2014.6.12-13
  80. 佐藤翔輔,阿部紀代子,尾形和昭,中川政治,大塚友子,阪本真由美,山崎麻里子,渡邉敬逸:まちづくり協議会主導による被災後の地域防災力向上の取組み-宮城県石巻市中心市街地における事例-,地域安全学会梗概集(地域安全学会研究発表会(春季),No. 34,pp. 41-42,2014.5.16
  81. 松川杏奈,松本亜沙香,水田恵三,柄谷友香,佐藤翔輔,河本尋子,田中聡,重川希志依,立木茂雄:東日本大震災における被災者の生活再建の現状-名取市被災者生活再建ワークショップをもとに-,地域安全学会梗概集(地域安全学会研究発表会(春季)),No. 34,pp. 43-46,2014.5.16
  82. 池田浩敬,饗庭伸,木村周平,佐藤翔輔,馬場拓夫,原木典子,上岡洋平,白井くるみ,藤谷幹,大橋由美,山本裕文,河野正治,辻本侑生,岡田朋子:津波常襲地における防災に関する教訓継承の取り組み-岩手県大船渡市綾里地区の事例-,地域安全学会梗概集(地域安全学会研究発表会(春季)),No. 34,pp. 23-26,2014.5.16
  83. 山﨑麻里子,佐藤翔輔,阪本真由美,宇田川真之,中川政治:AR技術を活用した震災アーカイブと安全・安心な街づくりに関する研究,2014年電子情報通信学会総合大会講演論文集 基礎・境界(2014年電子情報通信学会総合大会,公募シンポジウム:AS-2「安全・安心な生活のための情報通信システム」),S-29,2014.3.18
  84. Shin AIBA, Hirotaka IKEDA, Shuhei KIMURA, Shosuke SATO: Reconstruction Machizukuri from the Great East Japan Earthquake in Ofunato’s Ryori Village, The 9th Pacific Community Design Network Meeting, 2014.3.14
  85. 坪田亜由子,佐藤翔輔,今村文彦:岩手県・宮城県沿岸市町村を対象とした東日本大震災復興交付金事業の内容分析,平成25年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集(CD-ROM),2pp., 2014.3.8
  86. 佐藤翔輔,今村文彦:復興期における被災自治体の人的資源運用の実態分析-東日本大震災で被災した宮城県石巻市を対象にして-,平成25年度自然災害科学研究東北地区部会,2014.1.7-8
  87. 佐藤翔輔,今井健太郎,大野,今村文彦,齋正幸,板原大明,松尾敏彦:徒歩と自動車を組み合わせた津波避難計画の策定-宮城県亘理町での実践-,第3回巨大津波災害に関する合同研究集会,2013.12.19-20
  88. 坪田亜由子,佐藤翔輔,今村文彦:岩手県・宮城県沿岸市町村を対象とした東日本大震災復興交付金事業の内容分析,第3回巨大津波災害に関する合同研究集会,2013.12.19-20
  89. 佐藤翔輔,今井健太郎,岩崎雅宏:東日本大震災における石巻市役所の1週間-「情報」をとりまく状況・対応を中心にして-,電子情報通信学会・第4回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集,pp. 30-33,2013.12.16-18
  90. 馬場美智子,佐藤翔輔:被災者の生活再建の観点からの復興まちづくりデータベースの構築,地域安全学会発表会梗概集,No. 31,pp.45-46,2013.11.
  91. 池田浩敬,饗庭伸,木村周平,佐藤翔輔,馬場拓也,原本典子,白井くるみ,上岡洋平:東日本大震災における避難行動・避難生活に関する教訓継承の取組-岩手県大船渡市綾里地区での事例-,地域安全学会発表会梗概集,No. 31,pp.67-70,2013.11.
  92. 小山真紀,藤森崇浩,佐藤翔輔,清野純史:東日本大震災における時系列新聞記事データにみる属性別状況と推移について,日本災害情報学会第15回学会大会予稿集,pp. 218-221, 2013.10.26-27
  93. 佐藤翔輔,邑本俊亮,野内類,今村文彦,杉浦元亮,阿部恒之,本多明生,岩崎雅宏:災害時の「生きる力」に関する探索的研究-東日本大震災の被災経験者の証言から-,第32回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 9-10,2013.9.24-25
  94. 永村美奈,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦:東日本大震災の対応組織が発行した災害対応記録の内容分析,第32回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 15-16,2013.9.24-25
  95. 柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における震災アーカイブ検索システムの構築,第32回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 35-36,2013.9.24-25
  96. 岩崎雅宏,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦,阿部冨雄,丹野由美:地域主導による被災証言記録誌の作成手法の設計と実装-仙台市七郷市民センターでの試み-,第32回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 37-38,2013.9.24-25
  97. Fumihiko IMAMURA, Akihiro SHIBAYAMA, Shosuke SATODigital archive for the 2011 Tohoku Earthquake and tsunami - Michinoku Shinrokuden, International Tsunami Symposium (ITS) 2013, pp.xx-xx, 2013.9
  98. 田中聡,重川希志依,佐藤翔輔,柄谷友香,河本尋子:名取市における借り上げ仮設住宅に居住する被災者の再建過程に関する一考察,地域安全学会東日本大震災連続ワークショップ in 大船渡,pp. 17-18, 2013.9
  99. 柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦:震災復興支援に関する震災記録の利活用について,平成25年度電気学会 電子・情報・システム部門大会,pp. xx-xx,2013.9
  100. 渋谷幸子,久保田健吾,石川愛弓,佐藤翔輔,玉木秀幸,原田秀樹:高塩濃度環境下での金属イオンが微生物群集に及ぼす影響の評価,第47回日本水環境学会年会,p.394,2013.3.13.
  101. 石川愛弓,渋谷幸子,久保田健吾,佐藤翔輔,玉木秀幸,原田秀樹:新規金属耐性微生物の分離培養,第47回日本水環境学会年会,p.395,2013.3.13.
  102. 名取哲平,久保田健吾,佐藤翔輔,原田秀樹:バイオアーミング技術による浸出水中からの有価金属類の回収,第47回日本水環境学会年会,p.508,2013.3.13.
  103. 佐藤翔輔,今村文彦,水野淳太,岡崎直観,乾健太郎:「被災者」ツィートに見る東日本大震災発生1週間の災害対応過程の分析,平成24年度東北地域自然災害科学研究集会,2012.12.
  104. 佐藤翔輔,今村文彦,柴山明寛,伊藤なほみ:東日本大震災の発生1年間に見るウェブ報道の内容分析-地域性と「復興」という文脈に着目して-,第31回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 103-104,2012.9
  105. 杉浦元亮,野内類,佐藤翔輔,邑本俊亮,今村文彦,阿部恒之,本多明生,岩崎雅宏:生きる力とは何か-3.11震災経験の認知科学的分析-被災者・復旧復興当事者の困難克服事例の定性的分析-,第31回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 53-54,2012.9
  106. 岩崎雅宏,人見俊介,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦:宮城県沿岸15市町における東日本大震災の現地情報収集活動の試み-「みちのく.いまをつたえ隊」の活動-,第31回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 121-122,2012.9 
  107. 永村美奈,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦,岩崎雅宏:東日本大震災に関する記録・証言などの収集活動の現状把握,第31回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 144-145,2012.9
  108. 柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災アーカイブの収集から利活用までのモデル構築に関する研究,第31回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 195-196,2012.9
  109. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における震災復興計画の巨視的分析-岩手県・宮城県の沿岸市町村を対象にして-,津波工学研究報告,Vol.29,pp. 29-35, 2012.5
  110. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における震災復興計画の市町村間比較分析-岩手県・宮城県の沿岸市町村を中心にして-,平成23年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集(CD-ROM),2pp., 2012.3 [PPTX]
  111. 佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における震災復興計画の市町村間比較分析-岩手県・宮城県の沿岸市町村を中心にして-,平成23年度東北地区災害科学研究集会講演予稿集,pp. 123-124, 2012.1 [PPTX]
  112. 柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦:東日本大震災における災害アーカイブに関する研究,平成23年度東北地区災害科学研究集会講演予稿集,pp. xx-xx, 2012.1
  113. 佐藤翔輔,今村文彦,古関良行:東日本大震災後の沿岸リスク認知と情報収集に関するアンケート調査-宮城県沿岸15 市町を対象にして-,第30回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 69-70,2011.11 [PDF][PPTX] 第30回 日本自然災害学会学術講演会 学術優秀発表賞
  114. Yoshimasa NAGAO,Yurie TAKEDA, Shosuke SATO, Haruo HAYASHI: Development of an Analysis Method to the Incident Report from the Kyoto University Hospital Using TRENDREADER, Global Forum of Crisis Management and Crisis Communication for Health Care, 2010.11.
  115. 長尾能雅,竹田百合惠,佐藤翔輔,林春男:病院インシデントレポートにおける重要キーワードの抽出-TRENDREADER(TR)を用いた解析,医療の質安全学会第4回学術集会,2009.11.
  116. Shosuke SATO,Haruo HAYASHI:Comparing the Reaction of People at Highly Impacted Area to Two Recent Earthquake Disasters - TRENDREADER Analysis of Web News Concerning the 2004 Niigata Chuetsu Earthquake and the 2007 Niigata Chuetsu-oki Earthquake -, Proceedings of The Young Scientists Session, The 9th IIASA-DPRI Conference on Integrated Disaster Risk Management, pp. 82-87, 2009.10.
  117. 佐藤翔輔,林春男,井上和治,西野隆博:TRENDREADER(TR)を用いた災害・危機関連のウェブニュースからのキーワード自動抽出にもとづく災害の時系列的展開の可視化,可視化情報学会誌,Vol. 28, Suppl. No. 2(可視化情報学会全国講演会(釧路2008)講演論文集),pp. 175-176,2008.10.[CiNii]
  118. 林春男,佐藤翔輔,井ノ口宗成,長洞記嘉,三原久明,浦川豪:化学物質および生物病原体を対象にした効果的な国民保護方策を可能とする情報処理モデルの構 築,京都大学生存基盤科学研究ユニット 平成19年度研究成果報告書(萌芽研究),pp. 73-79, 2008.7.(代理発表)[CiNii]
  119. 佐藤翔輔,林春男,井上和治,西野隆博:危機管理関連のウェブニュースを用いたTRENDREADER(TR)によるキーワード自動抽出と可視化,可視化 情報学会誌,Vol. 28, Suppl. No. 1(第36回可視化情報シンポジウム講演論文集), pp. 371-376,2008.7.[CiNii]
  120. 森川里奈,白土直樹,大脇桂,尾澤真吾,岡本睦,佐藤翔輔,永井拓三:2006年学生防災サミット実施の報告,地域安全学会梗概集,No. 20,pp. 65-68,2006.11.[CiNii]
  121. 牧紀男,林春男,立木茂雄,重川希志依,田村圭子,佐藤翔輔,田中聡,澤田雅浩,小林郁雄:ステークホルダー参加型復興計画手法の構築-小千谷市復興計画策定の試み-,京都大学防災研究所年報,No. 49,pp. 137-146,2006.4.
  122. 牧紀男,林春男,立木茂雄,重川希志依,田村圭子,佐藤翔輔,田中聡,澤田雅浩,小林郁雄:ステークホルダー参加型復興計画手法の構築-小千谷市復興計画策定の試み-,第35回安全工学シンポジウム講演予稿集,No. 35,pp. 255-258,2005.7.
  123. 佐藤翔輔:2004年7月新潟・福島豪雨災害における応急復旧期のボランティア活動-新潟県中之島町の場合-,第22回土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,No. 22,pp. 141-144,2004.11. 第22回 土木学会関東支部会新潟会 土屋雷蔵賞
  124. 佐藤翔輔,塩野計司:震災時のライフライン停止と住宅損傷がもたらす短期的避難需要の評価-物的な被害の低減による避難需要の制御効果-,第21回土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,No. 21,pp. 159-162,2003.11.
  125. 佐藤翔輔,塩野計司:震災時生活支障の計量評価とその応用-避難所設置計画への適用-,第30回土木学会関東支部技術研究発表会CD-ROM,No. 30,4pp. ,2003.3.
  126. 佐藤翔輔,塩野計司:震災時生活支障の計量評価とその応用-短期的避難需要の評価に向けて-,第20回土木学会関東支部新潟会研究調査発表会論文集,No. 20,pp. 247-250,2002.11.
講演等
  1. (予定)[講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔,仙台防災フォーラム,2017.11.26 NEW!
  2. (予定)[講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔,国民防災推進会議,2017.11.26 NEW!
  3. (予定)[講演]佐藤翔輔:災害科学研究技法としての言語データ分析:テキストマイニングからワークショップまで「災害と健康」学際研究推進セミナー,2017.10.18 NEW!
  4. (予定)[講演]佐藤翔輔:タイトル未定,愛島公民館,2017.9.26 NEW!
  5. (予定)[報告]佐藤翔輔:「社会発信のための災害研究フリーマーケット」」の試み,第49回IRIDeS金曜フォーラム「災害研究とメディアの関わり」,2016.9.22 NEW!
  6. (予定)[コーディネート]佐藤翔輔,第20会防災文化講演会「災害伝承と博物館展示」,2017.9.16 NEW!
  7. [アドバイザー]第3回上釜ふれあい広場避難訓練・ミニサッカー大会
  8. [ワークショップ]佐藤翔輔:ぼうさい家族会議,相互大公民館(ゆりあげかもめ),2017.8.31
  9. [講演]佐藤翔輔:震災伝承の現状と事例,塩竈市,2017.7.20
  10. [基調講演]佐藤翔輔:創造的復興に向けての東北の歩み,中越大震災ネットワークおぢや研修会 公開プログラム「被災地からの発信 -創造的復興に向けて-」,2017.7.19
  11. [ワークショップ]佐藤翔輔:災害を「たいけん」するゲーム,平成29年度東松島市インリーダー研修会,2017.7.17
  12. [講評]佐藤翔輔:ふりかえり,東豊中学校区防災教育推進委員会・地域防災を語る会(笠神地区),2017.7.14
  13. [アドバイザー]佐藤翔輔:気仙沼高等学校SGHプログラムフィールドワーク,2017.7.14
  14. [講演]佐藤翔輔:多賀城市防災主任者会が優れていること/ 他市町が優れていること,平成29年度第2回多賀城市立小・中学校防災主任会,2017.7.4
  15. [記念講演]佐藤翔輔災害対応におけるソーシャルメディアの有効性と限界-東日本大震災発生から5年間を見ての考察-,電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会 2017年度第1回研究会,2017.5.29
  16. [話題提供,パネルディスカッション]佐藤翔輔:タイトル未定,「海と暮らす-恵み,時に災害wpもたらす海と私たちはどう向き合うのか?」,東北マリンサイエンス拠点形成事業,2017.5.28
  17. [講演,コーディネーター]佐藤翔輔:宮城県における現在の3.11の伝承,東北大学災害科学国際研究所・第18回防災文化講演会,2017.5.27
  18. [基調講演]佐藤翔輔:震災伝承のあの日まで・あの日から・これから,宮城県平成29年度津波防災シンポジウム,2017.5.26
  19. [講演]佐藤翔輔:災害科学とは何か-よりよい課題研究に向けて-,古川黎明高等学校総合的な学習の時間(SS総合Ⅰ)プロローグ講演会,2017.4.25
  20. [ワークショップ・コーディネーター]佐藤翔輔:津波警報発表時の対応を市民で検証する-平成28年11月22日福島県沖の地震津波-,石巻市防災シンポジウム,こもれびの降る丘 遊楽館,2017.3.12
  21. [アドバイザー]佐藤翔輔:ポスター発表講師,多賀城高等学校 平成28年度 東日本大震災メモリアルday,2017.3.4
  22. [講演]佐藤翔輔:現場で生まれる・磨く実践的防災学,東北大学災害科学国際研究所,2017.2.27
  23. [基調講演]佐藤翔輔:東日本大震災の.被災地における実践的研究.-防災・減災と復興の歩み-,東北農業土木技術士会 平成28年度 第3回研修会,2017.2.24
  24. [ワークショップ]佐藤翔輔:SS総合Ⅰ課題研究.のふりかえり-次年度へのステップアップ-,古川黎明高等学校総合的な学習の時間(SS総合Ⅰ)エピローグ講演会,2017.02.14
  25. [ワークショップ]佐藤翔輔:災害を生き抜くゲーム.東松島市大曲小学校5年1組,2017.2.9
  26. [ワークショップ]佐藤翔輔:災害を生き抜くゲーム.東松島市大曲小学校5年2組,2017.2.9
  27. [講演]佐藤翔輔:みんなの防災手帳の紹介.衣奈地区防災研修,2017.2.4
  28. [講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔:人的被害の発生を軽減する災害情報の現状と限界-2015年台風18号と2016年台風10号を例にして-,平成28年度中小河川の防災対策研修,公益財団法人 河川財団,2017.2.3
  29. [講演]佐藤翔輔:「実践的」な防災・減災への取り組み-どうしたら効果的な災害対応が実現できるのか?-,「震災対策技術展」横浜,2017.2.2  NEW!
  30. [講演]佐藤翔輔:「災害時の情報収集」,第2回コミュニティFM勉強会(FMおあぞら)・夜の部,2017.2.1  NEW!
  31. [講演]佐藤翔輔:「災害時の情報収集」,第2回コミュニティFM勉強会(FMおあぞら)・昼の部,2017.2.1  NEW!
  32. [アドバイザー]佐藤翔輔:平成28年度宮城県気仙沼高等学校 地域社会研究 学年発表会,2017.1.28  NEW!
  33. [コーディネーター]佐藤翔輔:パネルディスカッション(防災を意識したまちづくり),平成28年度気仙沼防災フォーラム(兼 東北大学災害科学国際研究所第17回防災文化講演会),2017.1.27  NEW!
  34. [基調講演,]佐藤翔輔:津波伝承は被害を軽減できたのか-東日本大震災を事例に-,平成28年度気仙沼防災フォーラム(兼 東北大学災害科学国際研究所第17回防災文化講演会),2017.1.27  NEW!
  35. [講演]佐藤翔輔:災害モニュメントの事例,第2回東松島市震災復興モニュメント検討委員会,2017.1.12
  36. [アドバイザー]佐藤翔輔,川島秀一:気仙沼高等学校SGHプログラムフィールドワーク,2016.12.17
  37. [コーディネーター]佐藤翔輔:神戸大学附属中等教育学校および石巻・女川被災地視察,多賀城高等学校・IE-SCHOOL端末野外活用授業,2016.12.15
  38. [講演]佐藤翔輔:地域での実践的防災-災害発生後,個人や組織がどうしたら効果的な災害対応を実現できるか-,石巻市町内会連合会平成28年度研修会,2016.12.6
  39. [パネリスト]佐藤翔輔:防災科学技術研究所 2016公開シンポジウム「徹底討論! 被災地での災害対応における情報の利活用とは?」その2 災害対応で求められる情報のあり方とは?,2016.11.24
  40. [講演]佐藤翔輔:震災伝承・震災メモリアル事業の県内事例に関する話題提供,自治体担当者円卓会議(第3回)~震災伝承・震災メモリアル事業の現状と課題を共有する~,2016.11.10
  41. [講演]佐藤翔輔:防災・減災と「生きる力」,古川高等学校,2016.11.8
  42. [監修・講師(遠隔)]佐藤翔輔:遠隔質問コーナー,山王3・4丁目自治会,「帰宅困難者なりきり遠足 サバイバルウォークⅡ」,2016.11.6
  43. [ワークショップ]佐藤翔輔:佐藤翔輔:事業体制.コンファレンス.第5回のふりかえり,「石巻地方における.震災学習の協働事業体制づくり」第6回コンファレンス,石巻ビジターズ産業ネットワーク・震災伝承部会,2016.10.27
  44. [ワークショップ]佐藤翔輔:ぼうさい家族会議,山元町立山下中学校,2016.10.4
  45. [コーディネーター]佐藤翔輔:日本災害復興学会2016年度石巻大会公開シンポジウム「被災地から未来へ~子どもたちと考える復興~」,第2部 パネルディスカッション~第1部の報告を受けての議論~,2016.10.2
  46. [コーディネーター]佐藤翔輔:日本災害復興学会2016年度石巻大会エクスカーションAコース(市街地コース),2016.9.30
  47. [招待講演]佐藤翔輔:東日本大震災からの学びを踏まえた,被災地での実践的な津波災害対応,日本地震工学会・大会-2016,特別セッション「避難」,2016.9.26
  48. [報告,コーディネーター]佐藤翔輔,呉修一,森口周二,有働恵子,今村文彦:人的被害の特徴と災害情報の現状・限界-2015年台風18号と2016年台風10号-,第40回IRIDeS金曜フォーラム「2015年9月関東・東北豪雨に関する研究:1年間の総括と2016年台風10号緊急報告」,2016.9.23
  49. [コーディネーター]佐藤翔輔,第14回防災文化講演会「生活の楽しみであった生業の復興」,2016.9.17
  50. [講演]佐藤翔輔:水害の情報と防災・減災,東豊中学校区防災教育推進委員会第1回研修会,2016.9.13
  51. [報告]今村文彦,佐藤翔輔:岩泉町向地区・乙茂地区での被害状況,土木学会東北支部台風10号水害調査団緊急報告会,仙台国際センター,2016.9.7
  52. [ワークショップ]佐藤翔輔:佐藤翔輔:石巻地方でつくる.震災学習の協働事業体制.コンファレンス.第1-4回のふりかえり,「石巻地方における.震災学習の協働事業体制づくり」第5回コンファレンス,石巻ビジターズ産業ネットワーク・震災伝承部会,2016.9.6
  53. [講演]佐藤翔輔:2016年台風10号の被害を考える,名取市委託事業・ぼうさい学校(防災教育市民団体「ゆりあげかもめ」),名取市・増田西公民館,2016.9.3
  54. [講演]佐藤翔輔:地域と学校で取り組む防災を亘理で考える,平成28年度亘理町防災教育推進研修会講演会,2016.9.2
  55. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 岩沼,ミヤギテレビ,2016.8.21
  56. [講演]佐藤翔輔:防災・減災と「生きる力」,名取市委託事業・ぼうさい学校(防災教育市民団体「ゆりあげかもめ」),名取市・増田西公民館,2016.8.20
  57. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 東松島亘理,ミヤギテレビ,2016.8.19
  58. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 亘理,ミヤギテレビ,2016.8.18
  59. [講演]佐藤翔輔:防災・減災と「生きる力」,ぼうさい学校(防災教育市民団体「ゆりあげかもめ」),名取市・ゆりが丘公民館,2016.8.9
  60. [コーディネーター]佐藤翔輔:地域安全学 夏の学校2016,東北大学災害科学国際研究所,2016.08.07
  61. [コーディネーター]佐藤翔輔:地域安全学会・東日本大震災連続ワークショップ2016 in 石巻,2016.08.05-06
  62. [講演]佐藤翔輔:災害科学国際研究所に入るには!!,東北大学オープンキャンパス(災害科学国際研究所での多賀城高校受入れ,模擬講義の一環),2016.07.27
  63. [招待講演]Shosuke Sato: Actual damage from the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami: The actual state in affected areas with data stored in digital archives, Organized Session "What happened in the struck area of the Great East Japan disaster ?", 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan., 2016.07.25
  64. [ワークショップ]佐藤翔輔:ぼうさい家族会議,東松島市イン・リーダー研修(防災キャンプ),花山青少年自然の家,2016.07.18
  65. [ワークショップ]佐藤翔輔:災害を生きぬく力おためしゲーム,東松島市イン・リーダー研修(防災キャンプ),花山青少年自然の家,2016.07.18
  66. [研修]佐藤翔輔:東松島市震災アーカイブを利用した防災教育,平成28年度第3回東松島市学校防災主任等会議,2016.07.12
  67. [講演]佐藤翔輔:災害につよい人・社会を育てるために-防災の基本枠組みと「生きる力」-,気仙沼市教育研究会一斉研修「安全・防災部会」講演会,2016.07.01
  68. [ワークショップ]佐藤翔輔:講演内容をワークショップでふりかえる,気仙沼高等学校SGH講演,海を素材とするグローバルリテラシー育成,2016.06.29
  69. [招待報告]佐藤翔輔:2016年熊本地震災害に関する情報・報道の特徴,第38回(2016年度)地域安全学会研究発表会,熊本地震特別セッション,2016.06.03 
  70. [講演]佐藤翔輔:災害・防災・災害対応の基礎,閖上震災を伝える会,2016.06.01
  71. [講演]佐藤翔輔:災害科学とは何か-よりよい課題研究に向けて-,古川黎明高等学校総合的な学習の時間(SS総合Ⅰ)プロローグ講演会,2016.05.31
  72. [講演,ワークショップ]佐藤翔輔:東日本大震災の特徴および交流ワークショップ,大阪ジュニア・リーダー・東松島ジュニア・リーダー交流ワークショップ「ともに考える東日本大震災からの学び」,東松島市,2016.3.26
  73. [ワークショップ]佐藤翔輔,SS総合Ⅰ課題研究のふりかえり-次年度へのステップアップ-,古川黎明高等学校・総合的な学習の時間(SS総合Ⅰ)エピローグ講演会,2016.3.22
  74. [講演]佐藤翔輔:「みんなの防災手帳」の使い方とその使い方について,地域ぐるみ防災セミナー,奥州市,2016.3.12
  75. [ワークショップ]佐藤翔輔:震災発生から5年のまちの歩みをふりかえる,防災週間2016 「まちなか防さいの会」,コンパクトシティいしのまき・街なか創生協議会,2016.3.9
  76. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:防災ワークショップの技法,みらいサポート石巻・語り部研修会,2016.2.29
  77. [報告・パネルディスカッション]佐藤翔輔:震災伝承を災害科学からアプローチする,みやぎボイス2016(後半テーブルC「震災の伝承・風化・次の災害に向けて)」,2016.2.28
  78. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 江刺,テレビ岩手,2016.2.18-19
  79. [講演]佐藤翔輔:「石巻地方でつくる震災学習の協働事業体制」コンファレンス.学びで地域を元気に!地方創生全国コンファレンス 第1回,文部科学省,2016.2.17
  80. [講演]佐藤翔輔:東日本大震災からの復興と被災地での実践的防災研究,東日本大震災復興状況講演会「震災から5年…でも復興はまだ途上」,NPO東日本大震災復興対策等貢献協議会,2016.2.15
  81. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 二戸,テレビ岩手,2016.2.12
  82. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 紫波,テレビ岩手,2016.2.10-11
  83. [講演]佐藤翔輔:東日本大震災の経験にもとづく実践的防災研究ー「みんなの防災手帳」と経験の蓄積・活用の試みー,岩手県・平成27年度自主防災組織連絡会議,2016.2.2
  84. [パネルディスカッション・コーディネーター]佐藤翔輔:「海と生きる~未来に向けた防災のあり方~」,平成27年度「気仙沼市防災フォーラム」~津波防災研究の最前線~,2016.1.28
  85. [講演]佐藤翔輔:東日本大震災の教訓を活用するために-「伝承」の検証と「伝達」の取り組み-,南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト地域研究会・第6回関西地域研究会,2016.1.27
  86. [オーガナイザー]「石巻地方でつくる震災学習協同事業体制」第2回コンファレンス,石巻中央公民館,2016.1.24
  87. [講演]佐藤翔輔:社会の減災を指向する災害アーカイブと災害伝承-「みちのく震録伝」と震災発生から5年目の災害科学的アプローチ-,平成27年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-地域の記録としての震災アーカイブ-,2016.1.11
  88. [オーガナイザー]「石巻地方でつくる震災学習協同事業体制」第1回コンファレンス,石巻中央公民館,2015.12.20
  89. [講演]佐藤翔輔:「ぼうさい家族会議」をひらこう,まちなかキャンパス長岡,まちなかカフェ・防災カフェ,2015.12.17
  90. [講演]佐藤翔輔:防災・減災をまなぶポイント:「災害科学」の超入門,石巻西高等学校,東松島市市民開放講座,2015.11.10
  91. [講演]佐藤翔輔:平成27年度亘理町避難訓練をデータでふりかえる,亘理町自主防災会連絡協議会研修会(亘理地区),亘理町中央公民館,2015.10.27
  92. [講演]佐藤翔輔:平成27年度亘理町避難訓練をデータでふりかえる,亘理町自主防災会連絡協議会研修会(逢隈地区),逢隈地区交流センター,2015.10.28
  93. [講演]佐藤翔輔:平成27年度亘理町避難訓練をデータでふりかえる,亘理町自主防災会連絡協議会研修会(吉田西部地区),農村創作活動センター,2015.10.29
  94. [講演]佐藤翔輔:平成27年度亘理町避難訓練をデータでふりかえる,亘理町自主防災会連絡協議会研修会(吉田東部地区),吉田地区交流センター,2015.10.29
  95. [講演]佐藤翔輔:平成27年度亘理町避難訓練をデータでふりかえる,亘理町自主防災会連絡協議会研修会(荒浜地区),荒浜地区交流センター,2015.10.30
  96. [講演]佐藤翔輔:風水害から命を守る-過去の水害と2015年9月台風17号・18号災害の経験から-,防災教育市民団体ゆりあげかもめ主催「ぼうさい学校」,2015.09.19
  97. [報告]佐藤翔輔,今村文彦,佐藤健,久利美和,保田真里,林晃大,蝦名裕一,行場絵理奈,早坂真紀,後藤さつき,網田早苗:IRIDeS災害調査対応本部の設置・運営と情報分析班の活動,2015年9月台風17・18号災害に関する緊急調査報告会,2015.9.16
  98. [講演]佐藤翔輔:「災害のカガク」ってナニ?,学都 仙台・宮城 サイエンスデイ in 気仙沼(東北大学災害科学国際研究所 第7回防災文化講演会共催),2915.9.6
  99. [ワークショップ]佐藤翔輔:語り手さんの体験談をふりかえる,東松島市民開放講座「東日本大震災を語り継ぐ~未来への伝言」,2015.8.21
  100. [講演]佐藤翔輔:東日本大震災の特徴-被害実態とアーカイブ動向-,アチェ宮戸プロジェクト交流ミーティング,2015.8.20 
  101. [報告]佐藤翔輔:「生きる力」は個人の生活再建・復興の原動力になり得るか,生きる力を育むには?:学術と現場のコラボレーションに向けて(第4回災害・認知・脳科学研究会),東北大学災害科学国際研究所,2013.7.24 
  102. [講演]佐藤翔輔:防災・減災に活きる「災害科学」の超入門とその実践-災害・防災・減災ってなに?-,宮城県多賀城高等学校,2015.07.09 
  103. [講演・ファシリテーター・解説]佐藤翔輔(坂田邦子氏と共同):防災ワークショップ・防災のポイント,東松島市立大曲小学校,東松島市図書館主催,2015.6.10 
  104. [講演]佐藤翔輔:災害・防災・減災の科学とは何かー「実践的防災学」的な課題研究に向けてー古川黎明高等学校総合的な学習の時間(SS総合Ⅰ)プロローグ講演会,2015.06.02 
  105. [講演]佐藤翔輔:風水害から命を守る-どんな災害でも共通する防災4つの基本-,防災教育市民団体ゆりあげかもめ主催「防災セミナー」,2015.05.31 
  106. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:みんなの防災家族会議,高鍋町立高鍋西小学校,NHK宮崎放送局,2015.03.20 
  107. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:「みんなの防災手帳」使い方講座 in 高鍋,高鍋町・NHK宮崎放送局,2015.03.20
  108. [コーディネーター]佐藤翔輔:第3回国連防災世界会議:『生きる力』市民運動化プロジェクト推進のためのシンポジュウム,2015.03.18
  109. [講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔:東日本大震災における災害伝承の後方支援,第3回国連防災世界会議パブリックフォーラム:被災地でのジオパークを考える~大地の災いと恵み~,2015.03.17
  110. [講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔:災害対応における「災害情報」,防災シンポジウムin仙台,東北河川技術研修実行委員会,2015.3.15,2015.03.15
  111. [講演]佐藤翔輔,災害・防災・減災の科学とは何か-課題研究の「実践的防災学」化に向けて-,古川黎明高等学校総合的な学習の時間(SS総合Ⅰ)エピローグ講演会,2015.02.17
  112. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 久慈,テレビ岩手,2015.1.25
  113. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 宮古,テレビ岩手,2015.1.24
  114. [講演・ワークショップ]佐藤翔輔:24時間テレビ「みんなの防災手帳」使い方講座 in 釜石,テレビ岩手,2015.1.24
  115. [講演]佐藤翔輔:地域包括ケアと防災・減災の接点-新潟と東日本の被災経験から学ぶ-,福祉・介護・健康フェア2014-いま,できること,明日のために知っておきたいこと-地域包括ケアと防災・減災(新潟日報,新潟県社会福祉協議会,新潟市社会福祉協議会),2014.11.03
  116. [講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔:東日本大震災アーカイブの今,震災メモリアル~震災資料アーカイブと活用・展示~,2014.11.02
  117. [講演]土砂災害にどう備えるか-気仙沼市滝ノ入地区-,気仙沼市滝ノ入地区防災講演会,2015.10.28
  118. [報告]佐藤翔輔:復興過程のなかの.コミュニケーション-復興過程の「見える化」と.被災者見守り活動の事例調査-,第23回IRIDeS金曜フォーラム「災害とコミュニケーション」,2014.10.24
  119. [講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔:報告:「災害かたりつぎ研究塾」夏合宿in東北・デジタルアーカイブ,2014年度日本復興学会大会分科会「震災学習とそのための手法の構築-東北・中越・阪神の比較より-」,2014.10.24
  120. [パネルディスカッション・司会]佐藤翔輔:自治体広報は震災をどう伝えたか,そして復興をどのように伝え復興のチカラになれるか第20回東北広報サミット in 東松島,2014.10.04
  121. [講演]佐藤翔輔:「見える復興」を目指す震災復興広報の最新動向-宮城県沿岸被災自治体を対象にした事例調査から-,第20回東北広報サミット in 東松島,2014.10.04
  122. [報告]佐藤翔輔:東日本大震災アーカイブ(みちのく震録伝)を利活用した防災・減災に係る社会技術開発,東日本大震災復興技術支援フォーラム-国連防災世界会議に向けて-,2014.10.1
  123. [パネルディスカッション]佐藤翔輔:官民連携による災害予防対策,「新しい東北」官民連携推進協議会 平成26年度 第1回 会員交流会,2014.9.29
  124. [講演]佐藤翔輔:被災訓練プログラム SENDAI CMAP ~あなたの"生きる力を高めよう!~,「新しい東北」官民連携推進協議会 平成26年度 第1回 会員交流会,2014.9.29
  125. [講演]佐藤翔輔:防災・減災の最先端をいく亘理町-過去2回の町総合防災訓練から得られたもの-,亘理町防災主任者会・亘理町自主防災会連絡協議会,2014.9.17
  126. [司会]第5回「震災対策技術展」宮城,セミナー:「次の津波からどう逃げるか ~渋滞リスクを減らす作戦を考える~」,主催:日本地震工学会,2014.8.7
  127. [報告]佐藤翔輔:災害の記憶・記録に関する.拠点間の連携を通した.災害アーカイブ学の探求,平成25年度特定プロジェクト研究成果報告会口頭発表,2015.7.13
  128. [オーガナイザー]電子情報通信学会・第5回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会,2014.6.12-13
  129. [講演]佐藤翔輔:「災害の経験を伝える」活動の最新動向-災害かたりつぎ研究塾の合宿活動から-,第38回日本口承文芸学会大会,公開講演,東北大学,2014.6.7
  130. [出前授業]新潟日報こども新聞「ふむふむ」:にいがたぼうさい出前授業(新潟博報堂,みらいずworksと共同),新潟市立新潟小学校4年生,2014.5.27
  131. [講演]佐藤翔輔:災害と向き合う2つのキーワード:「多重防御」と「実践的防災」,宮城県平成26年津波防災シンポジウム,2014.5.17
  132. [講演]佐藤翔輔:災害ボランティアセンター運営に.関わる支援者養成研修,宮城県社会福祉協議会,2014.3.17
  133. [オーガナイザー]東北大学災害科学国際研究所,第3回「生きる力」市民運動化プロジェクトシンポジウムin東京-地域の防災力向上を考える-,2014.2.28
  134. [オーガナイザー]東北大学災害科学国際研究所,人と防災未来センター:「世界に3.11を伝える」国際シンポジウム,仙台市,2014.2.21
  135. [講演]佐藤翔輔:災害科学の基礎と活用,平成25年度災害医療コーディネーター研修会,新潟県五泉市,2014.2.7
  136. [講演]佐藤翔輔:協定が円滑に機能していくために-災害に備えた連携と発災時の協働-仙台都市圏域等社協協定合同研修会,2014.2.5
  137. [講演]佐藤翔輔:協定が円滑に機能していくために-災害に備えた連携と発災時の協働-仙台都市圏域等社協協定合同研修会,2014.2.5
  138. [オーガナイザー]多賀城高校,多賀城市.東北大学災害科学国際研究所,生きる力市民運動化プロジェクト実行委員会:多賀城高校「災害と生きる力ワークショップ」,宮城県立多賀城高校大会議室,2014.1.27
  139. [講演]佐藤翔輔:東日本大震災で被災した基礎自治体の復興期における人的資源運用に関する実態分析-宮城県石巻市を対象にして-,第5回東日本大震災からの復旧・復興に関するプロジェクトチーム研究会(神戸都市問題研究所),2014.1.23
  140. [講演]佐藤翔輔:防災のはなし その1:行政からの避難情報,コンパクトシティいしのまき・街なか創成協議会「一人一人がつくる安全・安心のまちづくり アンケート報告会」,2013.12.9
  141. [講演,パネルディカッション]佐藤翔輔:災害かたりつぎ研究塾,夏合宿in東北の報告,第4回人と防災未来センター災害ミュージアム研究塾2013,災害の記憶の忘却を防ぐことはできるのか-3つの災害かたりつぎから見えること-,2013.12.8
  142. [オーガナイザー]「生きる力」市民運動化プロジェクトシンポジウムin関西,2013.12.6
  143. [講演]佐藤翔輔:災害科学の基礎と活用,災害対策セミナー in 佐渡,2013.11.19
  144. [講演]佐藤翔輔(渡邉英徳氏,柴山明寛氏と同時レクチャー):災害のアーカイブ,せんだいスクール・オブ・デザイン,2013年秋学期オープンレクチャー,2013.11.11
  145. [審査員]Earth Communication Award 仙台会場,2013.9.7
  146. [講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔:東日本大震災アーカイブをマネジメントする-東北大学・東日本大震災アーカイブ「みちのく震録伝」での試み-,土木学会平成25年度全国大会研究討論会「東日本大震災アーカイブサイトの展望」,2013.9.6
  147. [オーガナイザー]災害かたりつぎ研究塾 夏合宿in東北,2013.8-9-10
  148. [オーガナイザー]東北大学災害科学国際研究所:「津波災害の記憶を巡る」シンポジウム,2013.8.8
  149. [講演,パネルディスカッション]佐藤翔輔:災害とビッグデータとカストディアン,情報メディア学会第12回研究大会,ビッグデータ時代の図書館の役割~データのカストディアンは誰か~,パネルディスカッション,2013.6.29
  150. [講演]佐藤翔輔:IRIDeSは社会にどのように「映って」いるのか?-発足からの1年をふりかえる-,第10回IRIDeS金曜フォーラム,東北大学災害科学国際研究所,2013.6.21
  151. [報告]佐藤翔輔:災害対応の実践と理論・フレームワーク-「これまで」を超えるために-,第1回災害・認知・脳科学研究会,東北大学災害科学国際研究所,2013.5.29
  152. [講演]佐藤翔輔:災害・防災・減災の基礎/災害業務対応とは,平成25年度 早島町 防災研修会,2013.5.15-16
  153. [報告]佐藤翔輔:東日本大震災アーカイブ(みちのく震録伝)を利活用した防災・減災に係る社会技術開発,東日本大震災復興技術支援フォーラム,2013.3.27
  154. [講演]佐藤翔輔:災害・防災・減災の基礎と被災者の生活再建-あのときとこれから-,東松島市平成24年度第2回防災研修会,東松島市,2013.3.5
  155. [講演・パネル]佐藤翔輔:我が国における津波災害の記憶を巡る試み,国際シンポジウム「大規模災害とコミュニティの再生」,第3部:コミュニティにおける災害の記憶の継承,2012.11.16-17 [PDF]
  156. [講演]佐藤翔輔:災害・防災・減災の科学入門,博報堂防災勉強会,2012.10.3
  157. [出演]NHK防災パーク2012,防災キッズステージ,NHK防災アーカイブストーク「東日本大震災から学ぶ私たちの備え」,2012.8.25
  158. [出展]東北大学災害科学国際研究所:「文理融合」の英知をあわせて巨大災害に立ち向かう,せんだい防災のひろば-東日本大震災から学ぶ-,2012.8.26
  159. [出展]東北大学災害科学国際研究所:International Research Institute of Disaster Science, Tohoku Universtiy,世界防災閣僚会議in東北,サイドイベント,2012.7.3-4
  160. [出展]東北大学災害科学国際研究所:「文理融合」の英知をあわせて巨大災害に立ち向かう,震災復興支援チャリティーコンサート Sharing~シェアリング~in新宿,2012.6.23-24
  161. [特別講演]佐藤翔輔:みちのく震録伝-東日本大震災をアーカイブする・学ぶ・活かす-,日本画像情報マネジメント協会(JIIMA)セミナー2012(東京会場),2012.5.18
  162. [調査協力]KIP(Knowledge Investment Programs)知日派国際人育成プログラム:日米復興市民対話:東日本大震災から1年,日本の声を伝えよう-Japanese Students' Voices on 3.11-, 131pp., 2012.4.
  163. [出展]東北大学災害科学国際研究所:「文理融合」の英知をあわせて巨大災害に立ち向かう,2012ぼうさいカフェみやぎ,2012.4.28
  164. [出展]東北大学災害科学国際研究所:「文理融合」の英知をあわせて巨大災害に立ち向かう,東北大学・独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)合同シンポジウム「東日本大震災から1年-なにを学び,どう活かすか-」,2012.4.7
  165. [講演]佐藤翔輔:東北大学災害科学国際研究所の設立について,東北大学イノベーションフェア2012in東京,特別展示,2012.3.15
  166. [出展]東北大学災害科学国際研究所:「文理融合」の英知をあわせて巨大災害に立ち向かう,東北大学イノベーションフェア2012in東京,2012.3.15
  167. [講演・パネル]佐藤翔輔:震災コーパスとテキスト解析,日本建築学会・第34回情報・システム・利用・技術シンポジウム,オープニングパネルディスカッション「東日本大震災における情報通信技術の役割」,2011.12.15
  168. [出展]東北大学防災科学研究拠点:東北大学による東日本大震災の実態解明と来たる低頻度巨大災害の備えに向けて,メッセナゴヤ2011,2011.11.9-12
  169. [講演]佐藤翔輔,林春男,今村文彦:膨大な文書から社会現象としての災害を観る-TRENDREADER(TR)による言語資料の解析-,第48回自然災害科学総合シンポジウム講演論文集,「東日本大震災を踏まえた今後の防災について」セッション「災害情報のこれからの役割」,pp.89-97,2011.9.14
  170. [研究報告]柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦,阿部恒之,本多明生:東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト,東北大学による東日本大震災6ヶ月後報告会,2011.9.13
  171. [公開講座]佐藤翔輔:インターネットのニュースから観える東日本大震災,みやぎ県民大学・東北大学災害制御研究センター公開講座,2011.9.2
  172. [調査報告]今井健太郎,今村文彦,越村俊一,菅原大助,サッパシー・アナワット,佐藤翔輔:宮城県南部
    沿岸域における津波被害の特徴,東北地方太平洋沖地震津波に関する合同調査会,2011.7.16
  173. [研究報告]古関良行,今村文彦,佐藤翔輔沿岸部でのリスク認識と対応についての調査東北大学による東日本大震災3ヶ月後緊急報告会,2011.6.10
  174. [研究報告]佐藤翔輔,今村文彦,林春男:東日本大震災に関するウェブ情報のアーカイブとその解析,東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会,2011.4.13
  175. [研究報告]佐藤翔輔:2011年東北地方太平洋沖地震に関するウェブ情報のTR解析,八都県市首都直下地震対策研究協議会「第28回月例研究会」今後の災害対応における効果的情報の活用,2011.3.18
  176. [調査報告]鈴木進吾,佐藤翔輔:鈴木・佐藤の現地報告,八都県市首都直下地震対策研究協議会「第28回月例研究会」今後の災害対応における効果的情報の活用,2011.3.18
  177. [研究報告]佐藤翔輔,林春男,田村圭子:平成21年の大雨対応を踏まえた自治体の教訓・課題-内閣府調査の自由回答の分析-,平成22年度 京都大学防災研究所研究発表講演会,2011.2.22-23 [PDF][PPTX]
  178. [出展]トレンドリーダーコンサルティング株式会社:TRENDREADER,第15回震災対策技術展,2011.2.3-4
  179. [研究報告]佐藤翔輔:災害対応を観る-TRENDREADER(TR)を用いた災害対応情報の抽出-,ワークショップ「災害を観る 7」,2010.3.2
  180. [出展]佐藤翔輔,林春男,竹田百合惠:危機管理を目的にした状況認識を支援する言語資料解析システム(TRENDREADER:TR,完璧な危機管理への「ラスト1マイル」にこだわるひとのために),京都大学ICTイノベーション2010-ネットワークがつなぐ新たな情報学の未来-,2010.2.19
  181.  [パンフレット掲載]京都大学防災研究所巨大災害研究センター:京都大学防災研究所(和文要覧),p. 9,2010.2.
  182. [研究紹介]佐藤翔輔,竹田百合惠:TRENDREADERの内容紹介,第1回TRENDREADERユーザー会(The 1st TRENDREADER USER CONFERENCE),2009.10.2
  183. [研究紹介]佐藤翔輔:TRENDREADER(TR)を用いた災害・危機に関する言語資料体の解析,平成20年度第1回災害対応研究会「災害対応をめぐる新しい流れ・試みを紹介する」,2008.4.25
  184. [調査協力]塩野計司:地震後の住宅回復過程の調査法-2004年新潟県中越地震・川口町東川口での試み-,地域安全学会論文集,No. 8, pp. 395-404, 2007.11.
  185. [研究報告]Shosuke SATO:The Development of a Method to Extract Automatically the Set of Keywords of Corpus about Fields Related to Emergency Management,International Symposium on Emergency Management Thesauri and Controlled Vocabularies "EMTCV07",2007.2.
  186. [研究報告]佐藤翔輔:危機管理分野におけるデジタル言語資料体からのキーワード自動検出手法の構築,大都市大震災軽減化特別プロジェクト重点2課題大課題1 平成18年度第1回ミーティング,2006.8.
  187. [プロジェクトメンバー]奈良県:奈良県地震防災対策アクションプログラム,29pp. , 2006.4.
  188. [研究報告]Shosuke SATO,Munenari INOGUCHI:Categorization of Controlled Vocabulary for Disaster,International Symposium on Emergency Management Thesauri and Controlled Vocabularies "EMTCV06",2006.1.
  189. [チームメンバー]田中聡,重川希志依,林春男,牧紀男:新潟県中越地震小千谷市支援のプロジェクトマネジメント-プロジェクトマネジメントの枠組みによる評価-,地域安全学会論文集,No. 7, pp. 113-122, 2005.11.
  190. [調査メンバー]林春男:2004年7月13日新潟水害における人的被害の発生,「平成16年7月新潟・福島、福井豪雨災害に関する調査研究」文部科学省突発災害調査報告,2005.
  191. [研究報告]佐藤翔輔:危機報道にみられる災害時情報処理プロセスのあり方,平成17年度第1回大大特3-3-5・林Gr&振興調整費・危機管理システム合同ミーティング,2005.6.
賞罰
  1. 平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(振興部門),2015
  2. 2013年地域安全学会年間優秀論文賞,2014
  3. 第13回 地域安全学会論文奨励賞,2003
  4. 第39回 地域安全学会研究発表会(秋季) 優秀発表賞,2016 NEW!
  5. 第35回 日本自然災害学会学術講演会 学術優秀発表賞,2016 NEW!
  6. 第34回 日本自然災害学会学術講演会 学術優秀発表賞,2015
  7. 第30回 日本自然災害学会学術講演会 学術優秀発表賞,2011
  8. 日本災害情報学会第16回学会大会・河田賞,2015
  9. 日本災害食学会 第2回研究発表会 最優秀賞,2014
  10. 電子情報通信学会 2016年安全・安心な生活とICT研究会 優秀研究賞,2017 NEW!
  11. 第22回 土木学会関東支部会新潟会 土屋雷蔵賞,2004
  12. ジャパン・レジリエンス・アワード(国土強靭化大賞)2017・最優秀レジリエンス賞,2017 NEW!
  13. 平成26年度PRアワードグランプリ ソーシャル・コミュニケーション部門 優秀賞(東北大学災害科学国際研究所,博報堂,東北博報堂,“災害と共存して『生きる力』を高める市民運動化プロジェクト”「みんなの防災手帳」による市民のための防災・減災意識向上活動),2014
  14. 平成14年度 全国高専土木工学会 近藤賞,2003
  15. 平成14年度 長岡工業高等専門学校同窓会長賞,2003
  16. 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除の認定(修士課程,全額),2008
  17. 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除の認定(博士後期課程,半額),2010
経歴
  • 1998.4-2003.3  長岡高専 環境都市工学科,準学士(工学)
  • 2003.4-2005.3  長岡高専専攻科 環境都市工学専攻 + 学位授与機構,学士(工学)
  • 2005.4-2007.3  京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 修士課程,修士(情報学)
  • 2007.4-2011.3   京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 博士後期課程,博士(情報学)
  • 2009.4-2011.3   日本学術振興会特別研究員(DC2)(京都大学防災研究所巨大災害研究センター)
  • 2011.4-2012.3  東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター/東北大学防災科学研究拠点,助教
  • 2012.4-      現職
  • その他,リサーチアシスタント(京都大学防災研究所巨大災害研究センター,特に危機事案のデータベースに関する研究(災害に関する学理及び総合的な防災に関する研究)等
学位論文
  1. 博士学位論文:社会現象としての災害・危機の理解を目的にした言語資料解析システムの開発(京都大学,博士(情報学))
  2. 修士論文:危機管理分野における言語資料体からのキーワード自動検出手法の開発(京都大学,修士(情報学))
  3. 修了論文(特別研究):震災時の避難に関する研究-1995年阪神・淡路大震災と2004年新潟県中越地震災害を例にして-(長岡高専専攻科,学士(工学))
  4. 卒業論文(卒業研究):震災時生活支障の計量評価とその応用-避難所設置計画への適用-(長岡高専,準学士(工学))

競争的資金

 代表研究者
  1. 科学研究費補助金(若手研究(B)),「膨大なテキストデータを活用した災害対応に資する効果的な状況認識支援モデルの構築」(研究代表者,2012.4~2015.3)
  2. 科学研究費補助金(JSPS特別研究員奨励費,DC2),「災害・危機に関する言語資料解析にもとづく社会現象としての災害・危機の将来展開予測」(研究代表者,2009.42011.3
  3. 平成24年度(第18回)建設事業に関する技術開発支援(東北建設協会)「東日本大震災アーカイブ(みちのく震録伝)を利活用した防災・減災に係る社会技術開発(開発代表者,2012.11~2013.9)」
  4. 平成24年度東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究(拠点研究,研究種目C),「災害知識インフラとしての東日本大震災アーカイブの価値創成」(研究代表者,2012.8~2013.3)
  5. 平成25-26年度東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究(拠点研究,研究種目B),「災害の記憶・記録に関する拠点間の連携を通じた災害アーカイブ学の探求」(研究代表者,2013.4~2015.3)
  6. 平成25年度東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究(連携研究,研究種目b),「超広域災害における災害対応支援NPOの効果的な連携モデルの構築」(研究代表者,2013.6~2014.3)
  7. 平成25-26年度東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究(連携研究,研究種目c),「東日本大震災の被災地における『被災者目安箱システム』の開発」(研究代表者,2013.6~2015.3)
  8. 平成27年度東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究(拠点研究B),「参加型アクションリサーチにもとづく災害アーカイブ学の探索」(研究代表者,2015.4~2016.3)
  9. 平成27年度東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究(連携研究),「被災地における「見える復興」広報活動の要件とは何か-東日本大震災における復興広報の「受け手」の評価を通して-」(研究代表者,2015.4~2016.3)
  10. 平成27年度東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究,災害経験をかたりつぐICTに関する対話型・実践型研究(研究代表者,2015.4~2016.3)
  11. 平成27年度 三菱財団 社会福祉事業・研究助成「非集合的に居住する被災者の「見守り」の実態とその効果」(研究代表者,2015.10~2016.9
  12. 文部科学省・平成27年度学びによる地域力活性化プログラム普及・啓発事業,「地域内の連携・交流・学びを通した震災学習の協働事業体制づくり」(実施推進担当者,2015.9~2016.3)
  13. 日本学術振興会 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業・実社会対応プログラム(公募型研究テーマ)「効果的・持続的な災害伝承を目的にした拠点構築手法のモデル化と実践的研究」(研究代表者,2015.10~2018.9)  NEW!
 分担研究者等
  1. 科学研究費補助金(基盤(A)),「インクルーシブ防災学の構築と体系的実装」(代表:立木茂雄,2017.4~2022.3)  NEW!
  2. 科学研究費補助金(基盤(B)),「住宅確保要配慮者のシームレスな恒久住宅移行支援プログラム開発に関する研究」(代表:重川希志依,2017.4~2020.3)  NEW!
  3. 科学研究費補助金(基盤(A)),「リモートセンシングとソーシャルセンシングの融合による被災地支援策の刷新」(代表:越村俊一,2013.4~2016.3)
  4. 科学技術振興機構(JST)・社会技術研究開発センター研究開発プログラム「コミュニティがつなぐ安全・安心な都市・地域の創造」:借り上げ仮設住宅被災者の生活再建支援方策の体系化(代表:同志社大学・立木茂雄,2013.4.~2016.3)
  5. 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究),「分散居住する被災者の生活再建過程の解明」(代表:田中聡,2013.4~2015.3)
  6. 科学研究費補助金(基盤(B)),「津波常襲地における50年後を見据えた津波リスク軽減方策とその伝承に関する研究」(代表:饗庭伸,2014.4~2017.3
  7. 住総研研究助成,「借上げ仮設住宅施策を事例とした被災者の住宅再建に関する研究」(代表:重川希志依,2013.4~)
  8. 「地域の集合的記憶の再編を支援する『メモリーハンティング』の展開と防災・ツーリズムへの応用」
  9. 科学技術振興機構(JST)独創的シーズ展開事業 大学発ベンチャー創出推進「時系列的に増加するWeb情報を対象にしたキーワード自動検出ソフトウェアの開発」(開発代表者:林春男,分担開発者,2008.42010.3
  10. 東北大学災害科学国際研究所共同研究助成,アナログ方式とデジタル方式が連携した災害エスノグラフィーのアーカイブ構築(代表:常葉大学・田中聡,分担研究者,2016.10~2017.3)
  11. 東北大学災害科学国際研究所共同研究助成,豪雨災害に関する災害情報および発災前後の対応と実被害との関係分析(代表:富山県立大学・呉秀一,分担研究者,2016.10~2017.3)
著書
  1. 佐藤翔輔:人的被害を軽減する災害情報の現状と限界,消防防災の科学,No. 129,pp. 15-21,2017 NEW!
  2. 佐藤翔輔:津波碑は犠牲者を減らすことができたのか?,地震ジャーナル,Vol. 63,pp.48-52,2017.6. NEW!
  3. 佐藤翔輔:揺れ動く東北の震災伝承,日本災害復興学会News letter Vol.26,2017.
  4. 佐藤翔輔:【短信】「動画でふりかえる3.11」公開,日本災害情報学会News Letter Vol. 69,2017.4.
  5. 佐藤翔輔:第11章 報道動向に関する分析,平成28年熊本地震に関する報告書,pp. 151-155,東北大学災害科学国際研究所,2017.4.
  6. 佐藤翔輔:防災・減災の取り組み4 いまなお生きる先人の知恵,『わかる!取り組む! 災害と防災』第2巻 津波,帝国書院,2017.2. 第19回 学校図書館出版賞受賞
  7. 佐藤翔輔:復興の「ものさし」にみる宮城県内被災者の生活復興過程,『東日本大震災と〈復興〉の生活記録』(吉原直樹,似田貝香門,松本行真(編)),六花出版,2017.3.
  8. 佐藤翔輔:石巻大会エクスカーション 市街地コース 復興の明暗も実感,日本災害復興学会News letter Vol.26,2017.1.
  9. [寄稿]佐藤翔輔:東日本大震災アーカイブを使ってみた,情報管理(視点). 2017, Vol. 59, No. 10, pp.690-694. doi: http://doi.org/10.1241/johokanri.59.690,2017.1.
  10. みやぎボイス連絡協議会:みやぎボイス 333人による一人称の復興-みやぎボイス2013-2016総括/みやぎボイス2016-これまでの復興とこれからの社会,鹿島出版会,2016.12.
  11. 今村文彦,佐藤翔輔:津波から生き抜く「じぶん防災プロジェクト」,2016.11.
  12. 佐藤翔輔,杉安和也,村尾修:東日本大震災連続ワークショップ2016 in 石巻 開催報告,地域安全学会ニューズレター No. 97, pp. 37-40, 2016.9.
  13. 佐藤翔輔:「地域安全学 夏の学校2016」開催報告,地域安全学会ニューズレター No. 97, pp. 45-46, 2016.9.
  14. 佐藤翔輔:熊本地震災害の情報空白期?,日本災害情報学会 News Letter No. 66, p. 5, 2016.7.
  15. [寄稿]佐藤翔輔:家族のいのちを守る「みんなの防災手帳」,漁港漁場漁村研報,Vol. 39,pp.14-17,2016.6
  16. 今村文彦.佐藤翔輔,小林由夏,佐藤雄一:災害科学の研究者とPRの専門家が二人三脚でつくった「防災手帳」(東北大学 × 博報堂),広報の仕掛け人たち PRのプロフェッショナルはどう動いたか,pp. 129-152,日本パブリックリレーションズ協会・宣伝会議,2016.3.
  17. [寄稿]佐藤翔輔:東日本大震災アーカイブの5年間-生かされる記録の意義-,月刊IM,2016年3月号,pp.16-19,2016.2.
  18. [コラム]佐藤翔輔:災害科学と心理学,Q&A心理学入門: 生活の疑問に答え、社会に役立つ心理学(兵藤宗吉,野内類 (編)),ナカニシヤ出版,2015.10.
  19. 佐藤翔輔:宮城の防災教育・学校安全の要!「防災主任」制度,地域安全学会ニューズレター No. 92, pp. 48-52, 2015.9.
  20. 佐藤翔輔:東日本大震災の被災自治体と大学が結ぶ「実務ー研究両立型」協定,消防科学と情報,No. 120,pp. 14-17,2015.4.
  21. 佐藤翔輔:盛り上がりました「第3回国連防災世界会議『関連イベント』」,日本災害情報学会ニュースレター,No. 61, 2015.4.
  22. 佐藤翔輔:超広域災害に立ち向かう-東日本大震災での住民参加・組織型フィールドワークの試み-,『災害フィールドワーク論』(「FENICS 百万人のフィールドワーカー」シリーズ第5巻,木村周平,杉戸信彦,柄谷友香(編)),pp. 78-96,古今書院,2014.9.
  23. 今村文彦,柴山明寛,佐藤翔輔:東日本大震災記録のアーカイブの現状と課題,情報の科学と技術「震災アーカイブ」特集,.Vol.64,No. 9pp.338-342,2014.9.
  24. 今村文彦,佐藤翔輔:震災ビッグデータの活用 ~ 2011年東日本大震災での事例と今後の期待,「季刊大林」,No. 55,特集:ビッグデータ,pp.28-34, 2014.3.
  25. 佐藤翔輔:被災地からの報告,~防災・減災の実践ツールとしての「みんなの防災手帳」,安全と健康3月号,中央労働災害防止協会,pp.35-47,2014.3
  26. 佐藤翔輔,今村文彦,林春男:ウェブニュースから東日本大震災を分析する,東日本大震災を分析する2 震災と人間・まち記録(平川新,今村文彦,東北大学災害科学国際研究所編),明石書店,第3部第7章,pp.235-248, 2013.6
  27. 古関良行,佐藤翔輔,今村文彦:大震災後の沿岸部でのリスク認識と対応についての調査,東日本大震災を分析する2 震災と人間・まち記録(平川新,今村文彦,東北大学災害科学国際研究所編)明石書店,,第2部第5章,pp.135-144, 2013.6
  28. 柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦:東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト,東日本大震災を分析する2 震災と人間・まち記録(平川新,今村文彦,東北大学災害科学国際研究所編)明石書店,,第3部第6章,pp.224-234, 2013.6
  29. [寄稿]今村文彦,柴山明寛,佐藤翔輔:震災経験を後世に伝える震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」,電子情報通信学会誌,小特集「人間中心の観点での東日本大震災からの創造的復興」,Vol. 95, No. 10, pp. 921-926, 2012.10
  30. [寄稿]佐藤翔輔:インターネットのニュースを通して“認識”できる「東日本大震災」,月刊ニューメディア,2012年8月号,pp. 14-16, 2012.7
  31. [寄稿]今村文彦,佐藤翔輔,柴山明寛:みちのく震録伝:産学官民の力を結集して東日本大震災のアーカイブに挑む,情報管理,Vol. 55, No. 4, pp. 241-252, 2012.7 [J-STAGE]
  32. 今村文彦,佐藤翔輔,柴山明寛:場と時を超える「みちのく震録伝」-東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト-,月刊IM(Journal of Image & Information Management),Vol. 51, No. 5, pp. 13-15, 2012.4
  33. 佐藤翔輔:災害科学からみた「とうしんろく」,聞き書き 震災体験-東北大学90人が語る3.11:とうしんろく(東北大学震災体験記録プロジェクト),新泉社,pp. 318-320,2012.3
  34. [寄稿]林春男,佐藤翔輔:膨大な情報から必要とされる情報を報せるビジネスツールとしてのTRENDREADER,情報管理,Vol.54, No. 1, pp. 2-12,2011.4.[J-STAGE]
プロダクト
  1. [開発]「動画でふりかえる3.11」-東日本大震災公開動画ファインダー- NEW!
  2. [開発]3.11からの学びデータベース-IRIDeSから発信する東日本大震災の教訓空間-
  3. [開発]震災教訓文献データベース-論文・報告書がしめす震災教訓の検索システム-
  4. [協力]佐藤翔輔:大津波 3.11未来への記憶(NHKメディアテクノロジー)
  5. [協力]佐藤翔輔:ともに前へ! 東日本大震災 七ヶ浜町ボランティアセンター 活動の記録(社会福祉法人 七ヶ浜町社会福祉協議会)
  6. [協力]佐藤翔輔:防災クリアファイル(亘理町防災主任者会)
  7. [監修]佐藤翔輔,阪本真由美:料理店の震災談義(石巻芽生会,コンパクトシティいしのまき・街なか創生協議会) BCAOアワード2014  企業防災賞・震災対応特別賞
  8. [協力]佐藤美嶺,佐藤翔輔ママの立場で考える防災・減災
  9. [監修]佐藤翔輔:石巻津波伝承AR(みらいサポート石巻) 総務省 地域情報化賞・特別賞
  10. [開発]高倉浩樹,滝澤勝彦,小谷竜介,佐藤翔輔東日本大震災で被災した宮城県沿岸部の無形文化財データベース「みやしんぶん」
  11. [開発]佐藤翔輔復興へ カワルみちのく風景」(定点写真閲覧サイト) 
  12. [監修]佐藤翔輔:NHK "もしも"のときに備える防災クイズ「地震だ! どうする? どーもくん」
  13. [協力]首藤伸夫,佐藤翔輔:ともにある2013, 山形国際映画ドキュメンタリー祭 
  14. [制作]東北大学災害科学国際研究所(今村文彦,佐藤翔輔,保田真理):みんなの防災手帳 ジャパン・レジリエンス・アワード(国土強靭化大賞)2017・最優秀レジリエンス賞 
  15. [監修(防災関係資料提供・編集協力)]佐藤翔輔・佐藤美嶺:もしものときの「あんしん」持ち出しノート(本田桂子著,技術評論社),pp.4-38, 2013.10
  16. [開発]ヒトの目に映る311津波浸水(東日本大震災津波浸水高可視化サイト)
  17. [協力]3Dドキュメンタリー 大津波 3.11未来への記憶(NHKメディアテクノロジー)
  18. [監修]東北大学災害科学国際研究所(今村文彦,佐藤翔輔):NHK東日本大震災アーカイブスで防災・減災を学ぶ
  19. [開発]2011年東北地方太平洋沖地震のウェブ情報に関するTR解析ポータル
  20. [開発]災害・危機に関するウェブ情報のTR解析ポータル
  21. [監修・協力]七ヶ浜町社会福祉協議会:ともに前へ 東日本大震災七ヶ浜町ボランティアセンター 活動の記録 防災・減災コンテスト2016 奨励賞 NEW!
  22. [監修・協力]多賀城市教育委員会:多賀城市防災教育副読本資料集 NEW!
  23. [協力]東松島市教育委員会 生涯学習課 東松島市図書館:東日本大震災の証言 NEW!
  24. [監修・協力]石巻危機対策課:地域ごとの津波避難計画づくり(地区津波避難計画,手引き) NEW!
  25. [協力]「新しい東北」官民連携推進協議会 東日本大震災からの復興に向けた新たな挑戦を紹介・応援するポータルサイト(防災分野) NEW!
 
みんなの防災手帳
みんなの防災手帳
 
ヒトの目に映る311津波浸水
ヒトの目に映る311津波浸水
 
復興へ カワルみちのく風景
復興へ カワルみちのく風景
 
 
災害・危機に関する情報のTR解析
「災害・危機に関する情報のTR解析」
 
被災無形民俗文化財調査データベース
「みやしんぶん」
被災無形民俗文化財調査
データベース
 
もしものときの「あんしん」持ち出しノート
もしものときの「あんしん」
持ち出しノート
 
 
NHK東日本大震災アーカイブスで防災・減災を学ぶ
NHK
「東日本大震災アーカイブスで
防災・減災を学ぶ」
 
”もしも”のときに備える防災クイズ地震だ!どうする?どーもくん
NHK
”もしも”のときに備える防災クイズ
地震だ!どうする?どーもくん
 
みらいサポート石巻
「石巻津波伝承AR」
 


石巻芽生会
コンパクトシティいしのまき・街なか創生協議会
「料理店の震災談義」
 
亘理町防災主任者会
「防災クリアファイル」
七ヶ浜町社会福祉協議会
「ともに前へ 東日本大震災
七ヶ浜町ボランティアセンター」
活動の記録

 
       

多賀城市教育委員会
「多賀城市防災教育副読本資料集
命をまもり 未来をひらく」
 
東松島市教育委員会
生涯学習課 東松島市図書館
「東日本大震災の証言」

石巻市危機対策課
地域ごとの津波避難計画づくり

 
       

津波から生き抜く
「じぶん防災プロジェクト
 




 
       


報道・出演等 
  1. 2017.09.06 石巻かほく,石巻ビジターズ産業ネットワーク 中間組織の在り方 運営など意見交換 震災伝承部会コンファレンス NEW!
  2. 2017.09.01 NHKラジオ第1,ゴジだっちゃ! 防災研究最前線:防災教育に生かせ!デジタルアーカイブ NEW!
  3. 2017.09.01 NHK文化放送研究所,放送研究と調査 2017年9月号 九州北部豪雨でSNSに救助要請 不用意なハッシュタグで情報"埋没"も NEW!
  4. 2017.08.11 河北新報, <むすび塾>客の安全へ避難対策を-専門家から:リスク確認で安心感 NEW!
  5. 2017.08.11 河北新報, <むすび塾>第69回ワークショップ 被災観光地の津波防災 NEW!
  6. 2017.08.04 毎日新聞(夕刊),♯救助 被災地発信は2% ツィッター分析 NEW!
  7. 2017.08.04 毎日新聞,「♯救助」被災地は2% NEW!
  8. 2017.08.04 毎日新聞,SNS ツイッターで救助要請 果たして有効? 消防庁に聞いてみた NEW!
  9. 2017.07.28 河北新報,いのちと地域を守る 観光客の安全 どう確保 むすび塾 体験踏まえ対策議論 宮城・亘理 NEW! 
  10. 2017.07.22 日本経済新聞,この場所安全? 防災アプリ脚光 兵庫県職員が開発 被害想定・避難場所を一目で 自治体などのサイト、利便・一覧性に難点 NEW! 
  11. 2017.07.18 東北大学学友会No. 21,動画でふりかえる3.11 NEW! 
  12. 2017.06.29 TBC(東北放送),Nスタみやぎ,遺族ら語り部務める 閖上の震災伝承施設 岐路に
  13. 2017.06.28 閖上復帰うだより第44号,津波防災シンポジウム
  14. 2017.06.20 NHK仙台,おはよう宮城,亘理町 車の避難で渋滞遭遇1割
  15. 2017.06.17 読売新聞,[ふしぎ科学館]津波をとらえる 海底観測 素早く警報 実際に「避難した」41%
  16. 2017.05.29 TBC NEWS,津波避難「車も」なぜ? 宮城・亘理町の取り組み
  17. 2017.05.28 ラジオ石巻,災害時に役立つラジオ~いつも身近にラジオを~
  18. 2017.05.27 読売新聞,「30年先にも災害伝える」 名取で津波防災シンポ=宮城
  19. 2017.05.27 河北新報,震災伝承こそ防災 名取で津波シンポジウム
  20. 2017.05.27 読売新聞,「震災の伝承」講演会 きょう,気仙沼
  21. 2017.05.23 三陸新報,「3.11を伝えていく」をテーマに 27日防災文化講演会
  22. 2017.05.22 岩手日報,防災訓練 避難に影響? 昨年11月津波 東北大調査 参加率で行動に差
  23. 2017.05.21 大学ジャーナルオンライン,東北大学ら 福島県沖地震の避難行動に関する調査を実施
  24. 2017.05.20 日経新聞,昨年の福島沖地震、東北大など調査――避難者の9割車利用、自治体の対応策、必要に(大震災東北の今)
  25. 2017.05.19 東日本放送,KHB NEWS 去年11月の福島沖地震 亘理沿岸の住民 63.8%避難
  26. 2017.05.19 東日本放送,スーパーJチャンネルみやぎ 亘理沿岸部の住民 6割避難 福島沖地震 東北大などが調査
  27. 2017.05.17 建設通信新聞,【津波避難】16年福島県沖地震で避難行動したのは63.8% 東北大災害研らアンケート
  28. 2017.05.17 TEAM防災ジャパン,平成29年度津波防災シンポジウムを開催します 名取/宮城
  29. 2017.05.16 産経新聞,福島沖地震から半年 東北大災害研など調査 亘理町民,6割超が避難
  30. 2017.05.16 河北新報,昨年11月の福島沖地震 亘理の避難63.8% 車利用90%超もスムーズ
  31. 2017.05.15 東北放送,Nスタみやぎ,シリーズ防災・減災 特集 "車で津波避難" 必要なこととは
  32. 2017.05.13 河北新報,被災校舎 どう残す 石巻・説明会を前に 下・大川小 区域分け全体を保存
  33. 2017.05.12 河北新報,被災校舎 どう残す 石巻・説明会を前に 上・門脇小 津波火災の伝承重視
  34. 2017.05.11 NHKラジオ第1(NHK仙台放送局),ゴジだっちゃ! 「防災研究最前線」 6年後の避難行動は
  35. 2017.05.11 河北新報,防災啓発 日常の中に ヤフーが「災害カレンダー」開設 東北大学災害科学国際研究所・佐藤翔輔助教に聞く ネット発信の意義大きい
  36. 2017.05.11 河北新報,震災の教訓 伝承へシンポ 名取・26日
  37. 2017.05.02 東北大学新聞,【復興の今・研究成果】「動画でふりかえる3・11」 ~津波映像 防災につなげる~
  38. 2017.04.16 読売新聞,伊達なひと 被災経験の伝承研究に熱 東北大災害科学国際研究所助教 佐藤翔輔さん
  39. 2017.03.31 ミヤギテレビ,OHバンデス,旧門脇小・震災遺構「校舎は一部保存 立ち入り禁止」の最終案
  40. 2017.03.31 東日本放送,スーパーJチェンネルみやぎ,石巻 震災遺構“旧門脇小” 校舎“部分保存”の整備方針
  41. 2017.03.31 仙台放送,FNNスピーク,旧門脇小学校、校舎中央部のみ3階まで保存
  42. 2017.03.29 NHK東北ニュース,震災遺構の大川小 整備計画素案
  43. 2017.03.29 仙台放送,みんなのニュース,大川小慰霊碑移設案を提示 6月までに方針
  44. 2017.03.29 河北新報,石巻市 大川小慰霊碑移設を提案 遺構検討委 渡り廊下などを保存
  45. 2017.03.29 石巻かほく,石巻市検討会議 震災伝承計画案を示す 意見踏まえ6月にまとめ
  46. 2017.03.28 仙台放送,みんなのニュース,石巻市「震災伝承計画」最終案、6月に
  47. 2017.03.28 東日本放送,KHB NEWS 石巻市の震災伝承計画案 官民連携した新組織設置へ
  48. 2017.03.28 河北新報,震災伝承の指針提示 石巻市が学習機会創出へ
  49. 2017.03.28 NHK仙台,東北NEWS 石巻市が震災伝承の部署
  50. 2017.03.28 読売新聞,産学官民で震災伝承組織を 石巻市 検討会議で計画案
  51. 2017.03.16 石巻市HP,防災シンポジウムを開催しました
  52. 2017.03.14 リスク対策.com,今は震災後ではなく震災前 石巻で防災シンポジウム
  53. 2017.03.13 河北新報,石巻でシンポ 昨年11月の福島沖地震 津波避難 対応を議論
  54. 2017.03,13 朝日新聞,警報で避難4割どまり 石巻市,福島沖地震で調査
  55. 2017.03.11 仙台放送,岩手/宮城/福島 合同特別番組 明日への羅新案~震災から6年 ふるさとの未来~(ゲスト)
  56. 2017.03.11 産経新聞,平成30年史 第3部 大震災の時代 教訓 まさか忘れたとは・・・困難な伝承 命どう守る 防災の未来は歴史の中に
  57. 2017.03.11 日本経済新聞,震災動画地図から検索 東北大災害研,システム公開
  58. 2017.03.10 東京FM,防災FRONT LINE 動画でふりかえる東日本大震災
  59. 2017.03.10 大学ジャーナル,東北大学など 「福島県沖地震」の避難行動に関する調査結果を公表
  60. 2017.03.10 livedoor,3.11を1000本超の動画でふりかえる「東日本大震災公開動画検索システム」
  61. 2017.03.09 NHKラジオ第1(NHK仙台放送局) ゴジだっちゃ! 「防災研究最前線」 東日本大震災を語り継ぐ
  62. 2017.03.09 産経新聞,津波浸水域の石巻市民、昨秋の福島県沖地震で半数超が避難せず 宮城
  63. 2017.03.08 河北新報 昨年11月の福島県沖地震・津波 石巻4割止まり 東北大調査 5割超が車利用
  64. 2017.03.08 石巻かほく 昨年11月の地震・津波 「警報」でも避難4割 石巻市が旧市域でアンケート 車利用も過半数,渋滞招く
  65. 2017.03.08 オーヴォ,経験上、津波は来ない…? 6割が避難せず
  66. 2017.03.07 NEWSZERO,"津波"車避難の危険性 繰り返す渋滞・・・自治体は
  67. 2017.03.07 RBBTODAY,6割近くが避難せず!福島県沖地震及び津波への避難行動に関する調査結果
  68. 2017.03.07 東日本放送,スーパーJチャンネルみやぎ,津波避難警報でも6割近く「避難せず」 避難に「車」は過半数
  69. 2017.03.07 ミヤテレ,OH!バンデス,石巻 去年11月津波警報 避難4割 半数以上「車」
  70. 2017.03.07 てれまさむね,津波避難 車が55% 
  71. 2017.03.07 読売新聞,車で避難 半数以上に…昨年11月地震
  72. 2017.03.06 東北放送,Nスタみやぎ:去年11月の津波 石巻市沿岸部「半数以上避難せず」
  73. 2017.03.06 河北新報,震災動画検索システム開発 東北大 時系列や場所で分類
  74. 2017.03.01 宮城県古川黎明中学校・高等学校SSH通信,高校1学年エピローグ講演会
  75. 2017.02.27 NHK仙台,てれまさむね,東日本大震災6年 震災の体験 逆に津波を過小評価か
  76. 2017.02.25 石巻かほく,震災津波動画が簡単検索 東北大災害科研がシステム公開 石巻地方150件 ネット地図に表示
  77. 2017.02.21 岩手日報,「津波石」で震災後世に 大船渡、東北大助教ら見学
  78. 2017.02.21 読売新聞,津波動画を地図上で検索…東北大がネット公開
  79. 2017.02.21 読売新聞,津波動画を地図上検索
  80. 2017.02.13 リスク対策.com,東北大災害科学国際研が「動画で振り返る3.11」公開 津波の襲来状況や被害の動画を地図上に配置
  81. 2017.02.12 河北新報,朝刊(23),【いのちと地域を守る】災害時の情報読み解く力を 専門家が住民に助言 亘理・勉強会
  82. 2017.02.10 時事通信,津波動画、地図で検索=1369本データベース化-東北大
  83. 2017.02.09 NHK仙台,おはよう宮城,慰霊モニュメント検討で視察
  84. 2017.02.06 NHK仙台,てれまさむね,去年11月の避難行動検証会議
  85. 2017.02.04 NHK仙台,津波警報発令時の避難行動調査
  86. 2017.01.28 三陸新報,減災は「信頼」と「伝承」 気仙沼市で防災フォーラム
  87. 2017.01.19 東北放送,ひるおび!:石巻・旧門脇小 校舎外から見学案 多数占める
  88. 2017.01.19 東日本放送 震災遺構 旧門脇小検討会議 「一部保存」「立ち入り禁止」の意見多数
  89. 2017.01.19 仙台放送 みんなのニュース,旧門脇小学校校舎の活用方法検討会議 3月に保存方針提示へ
  90. 2017.01.19 石巻かほく,震災伝承の素案を協議 石巻市検討会議
  91. 2017.01.18 仙台放送 みんなのニュース,石巻市震災伝承計画検討会議 素案提示、基本理念など話し合い
  92. 2017.01.18 河北新報,震災伝承の素案を提示 石巻市・検討会議
  93. 2017.01.17 多賀城高校・防災学習プログラム,神戸大学附属中等教育学校との合同巡検(石巻・女川方面)が開催されました
  94. 2017.01.16 河北新報,コミュニティーFM/防災への活用 勉強会で探る/亘理・来月1日
  95. 2017.01.15 広報けせんぬま,気仙沼市防災フォーラム~市民で考える防災~
  96. 2017.01.08 日本災害復興学会News letter Vol.26,公開シンポジウム 若者の体験に共感 ひとのつながり 復興のカギ
  97. 2016.12.22 朝日新聞,福島県沖地震1カ月 津波避難情報にばらつき
  98. 2016.12.02 石巻かほく,石巻・震災遺構検討会議 モニュメント校庭に配置 市が大川小整備案提示
  99. 2016.12.01 仙台放送 みんなのニュース,石巻市、大川小の旧校舎を「震災遺構エリア」などと設定する案提示
  100. 2016.11.30 石巻かほく,石巻市震災伝承計画、来年1月に素案を協議 検討会議で確認
  101. 2016.11.29 河北新報,震災伝承の理念を議論 石巻・第3回検討会議
  102. 2016.11.29 ミヤギテレビ 震災の記憶など伝え方話し合う 石巻市で検討会議
  103. 2016.11.29 仙台放送 みんなのニュース,震災を後世にどう伝えるか 石巻市で委員が意見交わす
  104. 2016.11.29 NHK,おはよう日本,津波警報中に作業 避難の課題も
  105. 2016.11.25 NHK仙台放送局,てれまさむね 22日の避難行動は 東北大学が津波避難の現地調査
  106. 2016.11.22 テレビ岩手 5きげんテレビ みんなの防災手帳について
  107. 2016.11.16 古高点描~避難訓練と防災講演会 
  108. 2016.10.23 読売新聞 [大川あの日から](5)学校統合 名前が消える-津波訴訟判決 
  109. 2016.10.23 ラジオ石巻,平成28年度石巻市総合防災訓練特別番組
  110. 2016.10.16 朝日新聞,熊本地震と一緒に何を検索? 6月以降目立った「半壊」
  111. 2016.10.16 Yahoo!JAPANニュース,検索から浮かぶ関心の移ろい 6月以降は「半壊」
  112. 2016.10.16 北海道新聞,熊本地震半年 関連死55人 直接死超す
  113. 2016.10.13 NHKラジオ第1(NHK仙台放送局),ゴジだっちゃ! 「防災研究最前線」(大雨の人的被害と災害情報)
  114. 2016.10.04 石巻かほく,日本災害復興学会2016年度石巻大会 支え合い,震災風化防災 公開シンポジウムでアピール 若者が活動報告,パネル討論
  115. 2016.10.03 河北新報,被災地の子どもと災害復興を考える
  116. 2016.10.01 市報ひがしまつしまNo.204 防災キャンプ事業Ⅰ 東松島市イン・リーダー研修「防災プログラム体験」
  117. 2016.09.29 仙台放送 みんなのニュース,石巻市、旧門脇小校舎一部保存を2019年度末までに整備完了の方針
  118. 2016.09.28 仙台放送 みんなのニュース,震災遺構検討会議 大川小旧校舎の整備計画策定が来年度に
  119. 2016.09.29 TBC(東北放送),Nスタみやぎ 旧門脇小 2019年度までに整備完了へ
  120. 2016.09.29 河北新報,朝刊(16),石巻・旧門脇小後者 移設概算費初めて提示 検討会議・第2回会合
  121. 2016.09.29 石巻かほく,大川小震災遺構検討会議 計画素案提出先送り 保存方法の議論優先
  122. 2016.09.28 NHK仙台放送局,おはよう宮城 大川小保存計画策定は来年度か
  123. 2016.09.28 TBC(東北放送),Nスタみやぎ 石巻の大川小 震災遺構整備計画年度内困難に
  124. 2016.09.24 NHK仙台放送局,おはよう宮城 東北大で台風10号緊急報告会
  125. 2016.09.24 仙台放送 みんなのニュース,東北大で豪雨被害分析した報告会 情報活用の課題など示される
  126. 2016.09.15 毎日新聞,石巻の震災遺構検討会議 神戸訪問 教訓の伝え方 視察 「残せなかったもの」も体感 /兵庫
  127. 2016.09.14 毎日新聞,遺構保存、神戸に学ぶ 宮城・石巻で被災の旧門脇小 震災教訓、どう伝えるか 検討会議が視察 /兵庫
  128. 2016.09.13 朝日新聞,熊本地震直後 被災地での検索ワードは ヤフー分析
  129. 2016.09.12 TBC(東北放送),ウォッチンみやぎ,おしえて!マサくん 関東・東北豪雨 その教訓とは?
  130. 2016.09.12 仙台放送 みんなのニュース,宮城・石巻市震災遺構 検討会議メンバー、大川小と門脇小を視察
  131. 2016.09.11 毎日新聞,震災遺構 保存へ被爆建物を視察…広島で石巻検討会
  132. 2016.09.11 中國新聞,石巻市検討会議 原爆ドームなど視察 遺構保存ヒロシマに学ぶ
  133. 2016.09.09 石巻かほく,石巻 震災伝承の在り方協議 ビジターズ産業ネット 市検討会議へ反映も
  134. 2016.09.08 朝日新聞,大川小旧校舎をメンバーら視察 震災遺構検討会議
  135. 2016.09.08 石巻日日新聞,震災遺構と伝承検討会議が被災校舎の内部を視察
  136. 2016.09.08 河北新報,朝刊(x),<大川小保存>遺構検討会議 校舎など視察
  137. 2016.09.08 NHK仙台放送局,おはよう宮城 遺族の語り部の取り組みを視察
  138. 2016.09.08 毎日新聞,石巻市検討会議、旧門脇小など視察 「全階保存」の意見も
  139. 2016.09.08 TBC(東北放送),ウォッチン!みやぎ 石巻市震災遺構検討会議など 大川小校舎など視察
  140. 2016.09.07 TBC(東北放送),Nスタみやぎ 石巻市で震災遺構検討会議 大川小校舎など視察
  141. 2016.09.07 NHK仙台放送局,てれまさむね 遺族の語り部の取り組みを視察
  142. 2016.09.07 NHK仙台放送局,てれまさむね 震災の「語り部」来訪者が減少
  143. 2016.09.06 NHK仙台放送局,おはよう宮城 震災からまもなく5年半 語り部団体「伝承ノウハウ共有を」
  144. 2016.09.05 テレビ岩手 ニュースプラス1いわて 岩泉町 被害拡大なぜ? 台風10号被災地 防災研究者が分析
  145. 2016.09.02 毎日新聞,くらしナビ・気象・防災 命守る助けに防災手帳を
  146. 2016.08.29 NHK仙台放送局,てれまさむね,大川小遺族ら中越地震遺構視察
  147. 2016.08.29 NHK新潟放送局,新潟ニュース610,大川小遺族らが震災遺構を視察
  148. 2016.08.29 TeNY夕方ワイド新潟一番,石巻の震災遺構の保存へ 中越被災地視察
  149. 2016.08.29 Yahoo!JAPANニュース,検索データに見る熊本地震 検索された「地震保険」 前震翌日ピーク
  150. 2016.08.28 テレビ岩手 24時間テレビ,みんなの防災手帳について
  151. 2016.08.26 朝日新聞,熊本の被災地で検索された「地震保険」 前震翌日ピーク(特集 検索データが語る熊本地震)
  152. 2016.08.25 気高SGH通信,防災講演会・防災ワークショップ 6月29日(水)1年生対象
  153. 2016.08.23 朝日新聞(てんでんこ)教訓を未来へ:17 カード千枚 神戸や中越の視察の成果を整理.「大変だけど,やることが今後の価値になる」
  154. 2016.08.22 朝日新聞(てんでんこ)教訓を未来へ:16 担う若者 「最初は興味なさそうでも,話すうちに真剣に」.防災グッズを孫に買う人も.
  155. 2016.08.17 朝日新聞(てんでんこ)教訓を未来へ:13 21年 震災30年に向け「伝えていく10年」.自分の言葉で語れる次世代に
  156. 2016.08.16 朝日新聞(てんでんこ)教訓を未来へ:12 復興した街 神戸を突然襲った地震の教訓.経験を「自分事」として伝えるには.
  157. 2016.08.15 朝日新聞,(てんでんこ)教訓を未来へ:11 神戸 収集された震災資料の数々,5年後でも「集められる」
  158. 2016.08.12 朝日新聞,(てんでんこ)教訓を未来へ:10 減る訪問者 「来館者は減ったけれど,じっくり話せるようになった」
  159. 2016.08.11 朝日新聞,(てんでんこ)教訓を未来へ:9 伝承会議 「遺族や被災者の思いを一つずつ受け止め,丁寧に積み上げようと思った」
  160. 2016.08.10 朝日新聞,(てんでんこ)教訓を未来へ:8 テーブル 「すべての人に『3・11』が自分事になる伝承のあり方を語り合いたい」
  161. 2016.07.22 石巻日日新聞,石巻市 伝承検討会議 初会合 震災語り部団体が一堂 基本計画 年度内目標に策定
  162. 2016.07.22 NHK,震災の教訓 後世に 語り部が連携へ
  163. 2016.07.22 仙台放送 みんなのニュース,震災遺構の後世への伝え方を話し合う会議 石巻市で開かれる
  164. 2016.07.22 河北新報,朝刊(14),旧門脇小移設費9月提示の方針 石巻市検討会議
  165. 2016.07.13 仙台放送 みんなのニュース,「大川小震災遺構検討会議」初会合 具体的な保存方法を議論
  166. 2016.07.06 三陸新報,2年後の開館へ4案 プロムナードセンター 柱は防災・減災教育と観光
  167. 2016.07.01 広報わたり,防災意識地域で共有 亘理町総合防災訓練実施
  168. 2016.06.30 気高なう.(宮城県気仙沼高等学校),地域社会研究「震災防災講演会」
  169. 2016.06.23 NHKラジオ第1(NHK仙台放送局),ゴジだっちゃ! 熊本地震とメディア
  170. 2016.06.17 TBC(東北放送),Nスタ みやぎ,防災・減災⑩ “地域の力”で水害に備える
  171. 2016.06.11 朝日新聞,報道が作る「明星災区」 「大被害」に注目集中 熊本地震での報道傾向
  172. 2016.06.09 朝日新聞,熊本地震復興へ、調査状況を報告 研究者ら意見交換も /高知県
  173. 2016.06.04 共同通信,救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  174. 2016.06.04 日本経済新聞,救援求めるツイート2%、情報埋没 東日本大震災直後  東北大分析 「選別できる仕組み必要」
  175. 2016.06.04 東京新聞,つかめぬ「SOS」ツイート 大震災直後 情報に埋もれ
  176. 2016.06.04 西日本新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  177. 2016.06.04 北海道新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  178. 2016.06.04 大分合同新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  179. 2016.06.04 上毛新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  180. 2016.06.04 信濃毎日新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  181. 2016.06.04 中日新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  182. 2016.06.04 山陰中央新報,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  183. 2016.06.04 大阪日日新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  184. 2016.06.04 千葉日報,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  185. 2016.06.04 神戸新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  186. 2016.06.04 ロイター,震災直後、救援要請ツイート2%
  187. 2016.06.04 長崎新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  188. 2016.06.04 佐賀新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  189. 2016.06.04 岐阜新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  190. 2016.06.04 静岡新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  191. 2016.06.04 東奥日報,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  192. 2016.06.04 東京新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  193. 2016.06.04 スポニチ,震災直後の救援求めるツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  194. 2016.06.04 河北新報,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  195. 2016.06.04 山形新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  196. 2016.06.04 デーリー東北,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  197. 2016.06.04 徳島新聞,震災直後、救援要請ツイート2% 感想に埋もれ把握難しく
  198. 2016.06.01 国立国会図書館月報662号,平成27年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~
  199. 2016.05.26 三陸新報,朝刊(3),防災意識高揚へ役割 気仙沼市自主組織 訓練など事業活発に 講演会で取り組み理解
  200. 2016.05.23 河北新報,朝刊(13),亘理・中泉 住民視点 防災に生かす 水害対策 地区計画策定へ
  201. 2016.05.15 三陸新報,自主防災組織考える 東北大災害研 21日 防災文化講演会 気仙沼
  202. 2016.05.13 三陸新報,津波記念碑と供養-漁村を訪ねて74 普代村太田名部(上) ※川島秀一教授寄稿
  203. 2016.05.10 日経ビジネスオンライン,九州市緊急消防援助隊隊長に聞く、熊本の現場 [熊本地震]報道されないあの事、あの人(3)
  204. 2016.04.20 NHKラジオ第1(NHK仙台放送局),ゴジだっちゃ!,熊本地震を受けての宮城県内の対策について
  205. 2016.04.01 広報わたり,おらほの地区の防災計画 中泉で防災座談会
  206. 2016.04.01 広報にのへ,みんなの防災手帳、その使い方を学ぶ 防災士などを対象に講座を開催
  207. 2016.03.29 岩手日報,朝刊(15),津波碑あり-犠牲少なく 東北大分析
  208. 2016.03.16 河北新報,朝刊(1),脱「被災者」意識 住形態で差 河北新報社・東北大 宮城沿岸アンケート 「災害公営は希薄」
  209. 2016.03.16 河北新報,朝刊(12),被災者アンケート 生活復興感・災害住宅の満足度低く
  210. 2016.03.16 河北新報,朝刊(12),被災者アンケート 生活再建7要素・「つながり」重視増加
  211. 2016.03.16 河北新報,朝刊(13),被災者アンケート 不安度・収入の悩み より深まる
  212. 2016.03.16 河北新報,朝刊(13),被災者アンケート 生きる力・借り上げ・持ち家 高い
  213. 2016.03.13 河北新報,朝刊,震災5年 教訓の共有に意義 被災3県の語り部 全国各地で情報発信 来訪者増目指す
  214. 2016.03.13 胆江日日新聞,防災・減災 地域ぐるみで 江刺でセミナー 活動事例 参考に方途(市主催)
  215. 2016.03.11 ラジオ石巻,3月11日「東日本大震災から5年」
  216. 2016.03.10 日本経済新聞,古文書が語る日本災害史、刻まれた「先人の教え」 再生への闘い(5) -石碑
  217. 2016.03.05 NHK総合,週間ニュース深読み,「震災5年 “命を守る”防災はどこまで進んだ?」
  218. 2016.02.22 共同通信,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  219. 2016.02.22 毎日新聞,津波…先人の教え「碑」あった地区の犠牲者は…
  220. 2016.02.22 産経新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  221. 2016.02.22 北海道新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  222. 2016.02.22 岩手日報,津波碑あると犠牲者少なく  東北大、被災地で裏付け
  223. 2016.02.22 秋田魁新報,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  224. 2016.02.22 河北新報,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  225. 2016.02.22 山形新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  226. 2016.02.22 福島民友,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  227. 2016.02.22 福島民報,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  228. 2016.02.22 デーリー東北新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  229. 2016.02.22 下野新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  230. 2016.02.22 上毛新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  231. 2016.02.22 東京新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  232. 2016.02.22 新潟日報,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  233. 2016.02.22 信濃毎日新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  234. 2016.02.22 福井新聞,津波碑あると犠牲者少なく  東北大、被災地で裏付け
  235. 2016.02.22 日本海新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  236. 2016.02.22 静岡新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  237. 2016.02.22 中日新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  238. 2016.02.22 京都新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  239. 2016.02.22 大阪日日新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  240. 2016.02.22 神戸新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  241. 2016.02.22 東奥日報,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  242. 2016.02.22 中国新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  243. 2016.02.22 山陰中央新報,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  244. 2016.02.22 山陽新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  245. 2016.02.22 徳島新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  246. 2016.02.22 愛媛新聞,津波碑あると犠牲者少なく/東北大、被災地で裏付け
  247. 2016.02.22 高知新聞,津波碑あると犠牲者少なく / 東北大、被災地で裏付け
  248. 2016.02.22 四国新聞,津波碑あると犠牲者少なく/東北大、被災地で裏付け
  249. 2016.02.22 西日本新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  250. 2016.02.22 長崎新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  251. 2016.02.22 佐賀新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  252. 2016.02.22 大分合同新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  253. 2016.02.22 宮崎日日新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  254. 2016.02.22 デイリースポーツ,津波碑あると犠牲者少なく
  255. 2016.02.22 ニコニコニュース,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  256. 2016.02.22 中日スポーツ新聞,津波碑あると犠牲者少なく 東北大、被災地で裏付け
  257. 2016.02.20 石巻日日新聞,中越巡礼⑦完 震災伝承を考える 石巻地方に活かすヒント 広域周遊型で相乗効果期待 南浜の復興祈念公園が中核
  258. 2016.02.19 石巻日日新聞,中越巡礼⑥ 震災伝承を考える 生まれたつながり大切に 地域のための活性化拠点にも
  259. 2016.02.18 石巻日日新聞,中越巡礼⑤ 震災伝承を考える 水没した集落の記憶伝える "残す"でなく"置いておく"保存
  260. 2016.02.17 石巻日日新聞,中越巡礼④ 震災伝承を考える 震災と山の暮らし発信 若いスタッフも語り継ぐ
  261. 2016.02.15 石巻日日新聞,中越巡礼③ 震災伝承を考える 崩落現場の震災遺構 語り部の存在が不可欠
  262. 2016.02.10 石巻日日新聞,中越巡礼② 震災伝承を考える ニーズに合わせたプログラム 一般客減るも 団体客伸びる
  263. 2016.02.09 石巻日日新聞,中越巡礼① 震災伝承を考える 施設と公園のメモリアル回廊 知的観光拠点目指し展開
  264. 2016.02.02 河北新報,夕刊(1) 河北抄 研究グループと河北新報社による東日本大震災の被災者アンケートことしで5回目
  265. 2016.01.27 石巻かほく,震災学習協働事業体制構築へ 石巻でコンファレンス、課題整理
  266. 2016.01.21 石巻かほく,石巻地方官民関係者 災害学習の在り方学ぶ 新潟県中越地震被災地 長岡・小千谷市を視察
  267. 2016.01.14 ラジオ石巻,石巻の未来を語ろう なんでも座談会,石巻ビジターズ産業ネットワーク(後半)
  268. 2016.01.07 ラジオ石巻,石巻の未来を語ろう なんでも座談会,石巻ビジターズ産業ネットワーク(前半)
  269. 2016.01.09 朝日新聞,風化する災害教訓,どう残す
  270. 2015.12.30 石巻日日新聞,機能分散で震災を伝承_新潟中越地震を参考に震災学習協働事業体制
  271. 2015.12.26 石巻かほく,震災学習、利用者減の傾向 11団体が課題や成果発表 石巻
  272. 2015.12.21 河北新報,朝刊(13),震災伝承絶やすな 石巻 語り部利用者増加へ会議
  273. 2015.12.19 河北新報,朝刊(16),石巻の震災伝承探る あす 連携強化へ初会議
  274. 2015.12.16 石巻日日新聞,協働の震災学習の考察 20日 基調講演や事例報告
  275. 2015.12.15 市報ひがしまつしま,正しい知識で災害に備える 石巻西高防災体験学習
  276. 2015.12.05 テレビ岩手,みんなの防災手帳-その活用方法-~ひとりひとりの「生きる力」を育む~
  277. 2015.12.04 石巻かほく,朝刊(1),震災学習促進へ官民連携 石巻地方で実践研究 20日に会議
  278. 2015.12.01 東名・野蒜てくてく通信,東松島市民開放講座 震災の経験を後世につなげていくために
  279. 2015.11.25 石巻西高実況中継,防災体験学習Ⅱ 東北大学の佐藤先生の基調講演
  280. 2015.11.15 ラジオ石巻,防災特別番組「石巻市総合防災訓練 自分で守る・地域で支える」
  281. 2014.11.14 石巻かほく,防災体験学習に600人 東松島市民も聴講 石巻西高
  282. 2015.11.12 石巻かほく,大震災・伝承のかたち~「阪神」被災地報告(下) 震災遺構
  283. 2015.11.11 石巻かほく,大震災・伝承のかたち~「阪神」被災地報告(上) 体験学習
  284. 2015.11.11 河北新報,朝刊(1)<福祉の今>生活保護率 被災直後低下 翌年再び上昇
  285. 2015.10.11 河北新報,朝刊(1)<震災4年7カ月>「暮らしの今」沿岸15市町調査
  286. 2015.10.11 河北新報,朝刊(3,総合)<震災4年7カ月>復興客観解析 再生の一助に
  287. 2015.10.08,NHKラジオ第1(NHK仙台放送局),ゴジだっちゃ! 「防災研究最前線」(宮城豪雨が警戒するもの)
  288. 2015.10.01,日本経済新聞,(29,くらし),発生から避難生活まで 災害を生き抜く力育む
  289. 2015.09.30,テレビ岩手,ニュースプラス1いわて,「みんなの防災手帳」内陸21市町村の全世帯にも配布
  290. 2015.09.12,NHK,ニュース645,避難情報の発信を複合化的に
  291. 2015.08.30,石巻かほく,東松島市図書館 震災体験聞き話しあう 石巻西高校と連携し市民開放講座 記憶継承し教訓共有
  292. 2015.08.26,石巻日日新聞,震災の教訓 未来に生かして 石巻西高で開放講座
  293. 2015.08.23.テレビ岩手,「みんなの防災手帳」内陸市町村配布へ
  294. 2015.07.24,産経新聞,防災に強い人材を世界へ 来春、多賀城高に「災害科学科」
  295. 2015.07.20,閖上復興だより 第34号,ゆりあげかもめ 防災学校
  296. 2015.07.14,ミヤギテレビ,OH!バンデス,目指すは防災リーダーの育成 多賀城高校災害科学科 大学や研究機関との連携
  297. 2015.07.09,東北放送,Nスタみやぎ,「災害科学科」新設へ 高校生ができる防災・減災とは
  298. 2015.07.09,NHK,てれまさむね
  299. 2015.06.30 宮城県古川黎明中学校・高等学校SSH通信,1学年防災科学プロローグ講演会
  300. 2015.06.19,白梅通信(宮城県古川黎明高等学校),SS総合Ⅰプロローグ講演会開催
  301. 2015.06.15,土木学会誌(第100巻第6号(2015年6月号),学生が知りたい土木人の心意(第5回[最終回]),「災害研究の最前線に立つ若手研究者の仕事観」
  302. 2015.06.06 NHK総合(NHK山形放送局),やまがたスペシャル「知っておきたい!“蔵王”の火山活動」
  303. 2015.06-2016.03(毎月第2火曜日) NHKラジオ第1(NHK仙台放送局),ゴジだっちゃ! 「防災研究最前線」(コーディネーター)
  304. 2015.05.25-(以降随時放送),NHK宮崎放送局,みんなで防災!①家族の情報を確認しよう
  305. 2015.05.25-(以降随時放送),NHK宮崎放送局,みんなで防災!②非常持出品を準備しよう
  306. 2015.05.25-(以降随時放送),NHK宮崎放送局,みんなで防災!③災害時の連絡先を確認しよう
  307. 2015.05.25-(以降随時放送),NHK宮崎放送局,みんなで防災!④防災の役割を決めよう
  308. 2015.05.25-(以降随時放送),NHK宮崎放送局,みんなで防災!⑤避難場所を確認しよう
  309. 2015.05.25-(以降随時放送),NHK宮崎放送局,みんなで防災!⑥発災後の役割を決めよう
  310. 2015.05.22,NHK宮崎放送局,イブニング宮崎「防災ミニ番組 みんなで防災!」
  311. 2015.05.08 NHKラジオ第1(NHK仙台放送局),ゴジだっちゃ!!,2015年ネパール中部地震への被災状況把握と支援に関する緊急シンポジウムの内容について
  312. 2015.04.18 毎日新聞(東京夕刊),東日本大震災:東北大がデータベース 教訓、具体的に 緊急時の声かけは隣近所で/生理用品、配布方法も配慮を
  313. 2015.04.18 毎日新聞,震災教訓:「津波、家に戻るな」…データベースで共有
  314. 2015.04.15 河北新報,朝刊,東北大災害研の今村所長ら文科相表彰
  315. 2015.03.18 NHK,てれまさむね,スマートフォンが防災を変える 書き込む側も情報源の意識を
  316. 2015.03.12 東日本放送.スーパーJチャンネルみやぎ 震災から4年 祈りの灯火 東日本大震災追悼 3.11のつどい
  317. 2015.03.11 ラジオ石巻,追悼特別番組(防災)
  318. 2015.03.10 河北新報,朝刊,河北新報社と東北大、被災者アンケート:災害公営住宅の住民、薄い復興実感
  319. 2015.03.10 河北新報,朝刊,河北新報社と東北大、被災者アンケート:<震災4年>生活再建「くらしむき」重視
  320. 2015.03.10 河北新報,朝刊,河北新報社と東北大、被災者アンケート:<震災4年>「生活資金支援を」が上位に
  321. 2015.03.10 河北新報,朝刊,河北新報社と東北大、被災者アンケート:<震災4年>心身ストレス 昨年より改善
  322. 2015.03.03 日刊建設工業新聞,東北河川技術研修実行委/3月15日に仙台市で防災シンポ/災害情報の伝え方探る
  323. 2015.03.01 「みんなの防災手帳」使い方講座が開催 防災手帳を使って家族会議,広報くじ 3月1日号,No. 216
  324. 2015.03.01 Date FM(FM仙台) SUNDAY MORNING WAVE .伝承知について(資料提供)
  325. 2015.02.06 石巻日日新聞,(1),土地勘なくても安全に 石巻街なか創生協 避難訓練かねて調査
  326. 2015.02.05 河北新報,朝刊,観光客の避難誘導確認 石巻・創生協
  327. 2015.02.05 りんごラジオ(山元町臨時災害放送局) りんごラジオスペシャル 震災4年後調査について
  328. 2015.02.05 読売新聞,石巻の日本料理店団体 震災の経験と教訓冊子に
  329. 2015.02.04 宮崎日日新聞,防災手帳を点字訳
  330. 2015.02.03 石巻かほく,災害時、観光客らの避難誘導を調査 石巻の中心街 来訪者18人協力
  331. 2015.02.03 河北新報,石巻の料理人が防災冊子 被災~再開つづる
  332. 2015.02.02 石巻かほく,「料理店の震災談義」発行 石巻芽生会と街なか創生協 教訓も伝える
  333. 2015.01.24 テレビ岩手,ニュースプラス1,24時間テレビが沿岸全世帯に配布 “みんなの防災手帳”使い方講座
  334. 2014.12.09 NHK,震災教訓の防災手帳 点字化
  335. 2014.11.06 新潟日報,震災記録の継承探る 神戸と仙台 担当者招きシンポ
  336. 2014.10.30 三陸新報,情報把握し自主避難を 滝の入2区 土砂災害に備え勉強会 気仙沼
  337. 2014.10.29 建設新聞,特集・東日本大震災復興技術支援フォーラム-国連防災世界会議に向けて- 技術研究発表
  338. 2014.10.28 NHK,てれまさむね,土砂災害からの避難 "住民の自主的判断で"
  339. 2014.10.27 河北新報,朝刊(20,企画特集),東日本大震災復興技術支援フォーラム-国連防災世界会議に向けて-災害に強い次世代社会探る,災害と共存 生きる力醸成
  340. 2014.10.26 河北新報(第2朝刊),週間かほピョン・こども新聞,みんなで防災を考えよう
  341. 2014.10.23 石巻かほく,(1),東北大災害研あす研究発表会 石巻市副市長が報告 仙台
  342. 2014.10.19 ラジオ石巻,特番「市総合防災訓練」(ゲスト解説)
  343. 2014.10.03 日刊建設産業新聞,東日本大震災復興技術支援フォーラム
  344. 2014.10.03 建設新聞,復興後押しする技術開発を
  345. 2014.10.01 東日本大震災復興応援ポータル,24時間テレビ36復興支援企画⑧「24時間テレビ・みんなの防災手帳」沿岸市町村全世帯配布
  346. 2014.10.17 石巻かほく,朝刊(4),復興へ広報の役割探る 東松島でサミット開催 東北6県自治体職員が参加
  347. 2014.09.30 テレビ岩手,ニュースプラス1いわて
  348. 2014.09.30 盛岡タイムス,(1),災害予防テーマに意見交換 新しい東北推進協 本県で初の官民交流会
  349. 2014.09.28 仙台放送 地元愛2014
  350. 2014.09.25 テレビ岩手 5きげんテレビ
  351. 2014.09.18 河北新報,朝刊(16),みやぎ面,いのちと地域を守る,町や学校一丸 防災教育推進 亘理で研修会
  352. 2014.09.16 NHK,てれまさむね,下校中の避難訓練検証結果の報告”中学生地域で果たせる役割がある”
  353. 2014.09.05 日本建設工業新聞,東北地域づくり協会/10月1日に復興技術フォーラム/国連会議に向け情報共有
  354. 2014.09.03 河北新報,災害食、家の材料で簡単に 仙台の主婦最優秀賞
  355. 2014.09.02 NHK,てれまさむね,シリーズ東北の防災 いかせるか 土砂災害警戒情報
  356. 2014.08.16 仙台放送,ともに
  357. 2014.07.27 Date FM(FM仙台) SUNDAY MORNING WAVE .日本災害食学会の紹介(資料提供)
  358. 2014.06.13 石巻かほく,朝刊(1),東松島市 避難支援者に指針 退避時間を設定 津波到達15分前までに!!
  359. 2014.06.10 新潟日報子ども新聞「週間ふむふむ」
  360. 2014.06.01 広報いわぬま2014年6月号,後世に伝える震災の教訓-実践的防災のススメ-
  361. 2014.06.04 NHK,てれまさむね,避難指示・避難勧告ガイドライン 自治体向け説明会
  362. 2014.05.28 新潟日報,朝刊(26),新潟地震50周年 出前授業 防災学び自分で守ろう 新潟小 体験者・専門家呼び掛け
  363. 2014.05.22 assh(新潟日報フリペーパー),日ごろから備えよう(タイアップ 新潟地震50周年事業実行委員会)
  364. 2014.05.18 河北新報,朝刊(12),みやぎ面,津波 学んで備える 実践的な防災を 岩沼・シンポ
  365. 2014.05.18 朝日新聞,朝刊(29),宮城面,「実践的防災」シンポで紹介 岩沼
  366. 2014.05.09 河北新報,朝刊(15),みやぎ面,多重防御など津波対策学ぶ 宮城・岩沼で17日シンポ
  367. 2014.04.22 日刊建設通信新聞,建設事業に関する技術開発支援事業(震災関連テーマ3件)
  368. 2014.04.01-05.04,CNSテレビ(コミュニティネットワーク佐渡),佐渡市防災研修会(2013年11月19日開催)講演:災害科学の基礎と活用 
  369. 2014.03.28 毎日新聞,朝刊,防災手帳:多賀城市、全戸配布 必要な対策、情報網羅 /岩手
  370. 2014.03.21 河北新報,朝刊,被災した宮城沿岸の無形文化財をDB化 東北大
  371. 2014.03.19 毎日新聞,朝刊,防災手帳:多賀城市が作成、全国初の全戸配布 東北大監修 /宮城
  372. 2014.03.11 ラジオ3(仙台シティエフエム),震災特番:これまで これから
  373. 2014.03.11 ラジオ石巻,3.11特別番組 「東日本大震災から3年」,「防災対策について」
  374. 2014.03.10 河北新報,朝刊(15),特集:東日本大震災3年,被災者アンケート 苦難の記憶 継承願う
  375. 2014.03.10 河北新報,朝刊(14),特集:東日本大震災3年,被災者アンケート 健康への不安 消えず
  376. 2014.03.10 河北新報,朝刊(1),生活の復興 実感欠く 河北新報社・東北大 被災者アンケート
  377. 2014.02.26 防災グッズマガジン,東北大などの研究グループ、AR技術を用いた防災教育用アプリ「津波AR」を開発
  378. 2014.02.22 ラジオ3(仙台シティエフエム),「東北大学での災害科学の観点からの発信」,希望の杜 仙台への想い(政府広報,内閣府被災地広報番組)
  379. 2014.02.22 河北新報,朝刊,震災世界に伝えよう 東北大で国際シンポ 現状発信へ手法学ぶ
  380. 2014.02.21 Smart IT Magazine,東日本大震災を忘れない!アプリケーション「津波 AR」で学ぶ防災教育!
  381. 2014.02.21 河北新報,朝刊,津波の怖さスマホで学んで 宮教大など防災教育アプリ開発
  382. 2014.02.20 RBB TODAY,東北大と宮城教育大、スマホを活用した防災教育アプリ「津波AR」共同開発
  383. 2014.02.19 リセマム,防災教育アプリ「津波AR」を共同開発…宮城教育大、東北大
  384. 2014.02.18 CycleStyle,東北大などスマートフォンを用いた防災教育用アプリ開発
  385. 2014.02.18 MOBILE & APPS,AR技術を用いた防災教育用アプリ「津波AR」、宮城教育大と東北大が開発
  386. 2014.01.15 朝日新聞デジタル,被災地の変化,写真で定点観測
  387. 2014.01.14 河北新報,朝刊(16),社会面,復興への歩み 定点観測 東北大災害研 写真収録サイト公開
  388. 2014.01.07 四国新聞,朝刊(3),定点観測写真で復興状況を確認 東北大、サイト公開
  389. 2014.01.07 長崎新聞,朝刊(3),復興状況 サイトで確認/東北大 被災地の定点写真公開
  390. 2014.01.07 東京新聞,夕刊(2),復興の歩みネットで公開 東北大、206カ所の定点写真収録
  391. 2014.01.07 下野新聞,朝刊(2),社会面,震災復興の歩み 写真に/東北大定点観測サイトで公開
  392. 2014.01.07 東奥日報,朝刊(14),復興状況 サイトで確認 東北大 定点観測写真を公開
  393. 2014.01.07 信濃毎日新聞,朝刊(29),宮城の復興 定点観測写真で確認 東北大 206ヶ所集めサイト公開
  394. 2014.01.07 山形新聞,朝刊,復興状況 サイトで確認 東北大 定点写真集め公開 宮城206ヶ所
  395. 2014.01.07 福島民友,朝刊,復興状況をネットで確認 東北大が写真公開
  396. 2014.01.07 福島民報,朝刊,復興状況をネットで確認 東北大206ヶ所の定点写真記録
  397. 2014.01.03 石巻かほく,朝刊(1),次の災害でもした方がいいことは? アンケート結果報告 石巻・街なか創生協
  398. 2013.12.27 宮崎日日新聞,高鍋町が防災手帳を導入 全世帯に配布へ
  399. 2013.12.25 朝日新聞,朝刊(29),震災復興 206ヶ所を定点撮影 東北大災害研がウェブサイト
  400. 2013.12.08 石巻かほく,朝刊(1),無線の聞こえ方など 防災力調査の報告会
  401. 2013.12.07 神戸新聞,朝刊(28,社会面)防災意識 どう育む 教育の役割 専門家提案
  402. 2013,12,04 NHK,てれまさむね,東松島市 防災計画素案 津波対策を大幅強化
  403. 2013.10.30 NHK,てれまさむね,亘理町が津波避難計画示す
  404. 2013.10 内閣府,広報ぼうさい,いざというときに役立つ「みんなの防災手帳」
  405. 2013.10.06 ラジオ石巻,平成25年度総合防災訓練 あるいで にげっぺ!
  406. 2013.9.30-10.06 ラジオ石巻,CM:平成25年度総合防災訓練 あるいで にげっぺ!
  407. 2013.09.11 ラジオ石巻,石巻市からのお知らせ(平成25年度総合防災訓練 あるいで にげっぺ! について)
  408. 2013.09.01 北海道新聞,朝刊,車で高台へ 誘導やめ住民判断 避難訓練 被災地被災地模索
  409. 2013.09.04 NHK,てれまさむね,災害時の情報提供 ITで一元化 よりスムーズに
  410. 2013.09.01 河北新報,朝刊(26,特集),いのちと地域を守る 災害情報 どう対応 「東日本大震災 従来と異なる傾向 大規模災害時,県の役割増す」 
  411. 2013.08.25 北海道新聞,朝刊(4,特集),東奔北走 語り継ぐ災害の記憶
  412. 2013.08.21 ミヤギテレビ,ストレイトニュース,防災・減災対策で連携協定(東松島市)
  413. 2013.08.13 河北新報,朝刊(24),災害の記憶継承「研究塾」を開催(災害かたりつぎ研究塾)
  414. 2013.08.09 河北新報,朝刊(29,社会面),いのちと地域を守る 東北大災害研 津波の記憶 伝承を 仙台でシンポ 事例紹介
  415. 2013.08.05 朝日新聞,朝刊(25,社会面,伝える 東日本大震災 3年目),津波の高さ 人の目線で再現 東北大がサイト開設
  416. 2013.07.21 河北新報,朝刊(26),いのちと地域を守る,津波高 目の位置から見て規模体感 東北大災害研 サイト開設 地点ごとグラフィック表示
  417. 2013.07.16 読売新聞,朝刊(26),津波の怖さ サイトで実感 東北大チーム開設
  418. 2013.07.16 日経BP(ケンプラッツ,日経コンストラクション),「ヒトの目線」で津波高を実感、東北大がサイト公開
  419. 2013.07.11 河北新報,朝刊(20),防災・減災のページ/探る 実用重視 参加率向上を 津波避難訓練の変化
  420. 2013.06.12 東日本放送,スーパーJちゃんえるみやぎ,渋滞検証の避難訓練 原則“徒歩”あえて“車”
  421. 2013.06.11 河北新報,朝刊(30),車を使い津波避難訓練 10分で避難所に 宮城・亘理
  422. 2013.06.10 ミヤギテレビ,OH!バンデス
  423. 2013.07.10 日本広報協会「広報」,災害広報~防災・減災対策:災害と共存し「生きる力」を身につけるためのツールとして
  424. 2013.05.19 河北新報,朝刊(25),先人の知恵,現代に還元 東北大と東北芸工大が共同研究
  425. 2013.04.30 ジャパンエフエムネットワーク,OH! HAPPY MORNING (「みんなの防災手帳」の紹介)
  426. 2013.04.29 河北新報,朝刊(6),技術革新が復興を加速:10万件超データ活用 新たな研究生み出す
  427. 2013.04.24 日刊建設産業新聞,産学官で"生きる力"を醸成
  428. 2013.04.24 日刊建設工業新聞,一日も早い復興と,しなやかで強い国土の形成に役立つ技術のあり方を考える
  429. 2013.04.22 日刊建設通信新聞,"生きる力"醸成に利活用
  430. 2013.04.19 建設新聞,復旧・復興を加速させる技術を
  431. 2013.03.29 建設通信新聞,復興技術支援フォーラム・復興技術のあり方探る
  432. 2013.03.27 読売新聞,栄村復興の歩み 手記と写真で
  433. 2013.03.22 NHK総合,てれまさむね,生きる力
  434. 2013.03.10 河北新報,朝刊(1,16,17),心身ストレス改善せず 本社・東北大が被災者アンケート/交流が復興感に影響/復旧 手応えに格差
  435. 2013.01.18 石巻かほく,朝刊(1),東松島市 原発災害対応全市域で
  436. 2012.08.26 NHK総合,とっておきサンデー,南国市ワークショップ
  437. 2012.08.19 Date FM(FM仙台) SUNDAY WAVE MORNING 東北大学防災UPDATES!.「みちのく・いまをつたえ隊」の活動について 市民のみなさんと協働して東日本大震災のいまを記録として残し、伝える
  438. 2012.08.05 Date FM(FM仙台) SUNDAY WAVE MORNING 東北大学防災UPDATES!.沿岸市町村が目指す復興像の分析について
  439. 2012.05.29 フジテレビ,FNNスピーク,大震災の「記憶」を構成に
  440. 2012.04.14 新潟日報,朝刊(21),「中越」経験者が活躍
  441. 2012.03.10 河北新報,朝刊(1,16,22,23),住宅再建3割見通せす 復興遅れに焦燥感 被災者アンケート
  442. 2012.03.09 Nature, SPECIAL NEWS, AFTER THE DELUGE: JAPAN IS REBUILDING ITS COASTAL CITIES TO PROTECT PEOPLE FROM THE BIGGEST TSUNAMIS. 
  443. 2012.02.15 事務機ニュース,防災減災対策支援
  444. 2011.12.19 建設通信新聞,建築学会シンポ 都市再生に情報技術活用 先進取組みの紹介
  445. 2011.12.15 河北新報,朝刊(),千年後に震災伝える 東北大・デジタル資料収集,公開
  446. 2011.08.21 Date FM(FM仙台) SUNDAY MORNING WAVE 東北大学防災UPDATES!.インターネット世界の「言葉」から東日本大震災を観る
  447. 2011.08.07 Date FM(FM仙台)  SUNDAY MORNING WAVE 東北大学防災UPDATES!.東北大学 東日本大震災アーカイブ(仮)の構築について
社会活動
  • 石巻市震災復興計画推進事業アドバイザー(防災計画WG担当,平成24年度~)
  • 石巻市地域防災計画津波災害対策編アドバイザー(平成24年度)
  • 石巻市総合防災訓練研究業務アドバイザー(平成24年度~)
  • 石巻市震災伝承検討会議メンバー(ファシリテーター)(平成28年度~)
  • 石巻市震災遺構検討会議(旧門脇小学校校舎)メンバー(ファシリテーター)(平成28年度~)
  • 石巻市震災遺構検討会議(大川小学校旧校舎)メンバー(ファシリテーター)(平成28年度~)
  • 石巻市震災伝承事業に関するアドバイザー及びファシリテーター(平成29年度~)
  • 東松島市防災会議委員(平成24年度~)
  • 東松島市震災伝承館事業アドバイザー(平成27年度~)
  • 東松島市震災復興モニュメント検討事業  アドバイザー(平成28年度~)
  • 亘理町防災会議専門委員(平成25年度~)
  • 名取市防災会議委員(平成26年度~)
  • 亘理町防災主任者会(防災教育推進研修会)アドバイザー(平成26年度~)
  • 多賀城市立小・中学校防災主任会アドバイザー(平成26年度~)
  • 多賀城市被災者現況調査アドバイザー(平成28年度~)
  • 多賀城市率東豊中学校区防災教育推進委員会アドバイザー(平成28年度~)
  • 気仙沼市岩井崎プロムナードセンター整備検討会議委員(平成28年度~)
  • 仙台市沿岸部メモリアル施設アドバイザー(平成29年度~)
  • 石巻ビジターズ産業ネットワーク 後方支援部会 部会長(平成27年度~)
  • 地域安全学会 社会に役立つ防災情報システム研究小委員会委員
  • 電子情報通信学会 情報システムソサエティ 安全・安心な生活のための情報通信システム時限研究専門委員会 幹事補佐
  • 電子情報通信学会英文論文誌A「安全・安心な生活のための情報システム」特集号 編集幹事
  • 減災情報システム合同研究会委員(上記2つの委員会の合同委員会)
  • 防災教育団体ゆりあげかもめ 参与
  • Earth Communication Award 仙台会場 審査員
  • Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016 津波避難計画アドバイザー
  • 東豊中学校区防災教育推進委員会アドバイザー
  • 気高応援隊(気仙沼高等学校)
  • NHK仙台放送局 ゴジだっちゃ!「防災研究最前線」コーディネーター
特定プロジェクト研究(IRIDeS)→共同研究助成(平成28年度~)
  • 1611年慶長奥州地震津波の総合的調査およびデータベース構築(代表:今村文彦,拠点研究,研究種目A,平成24-25年度)
  • 生きる力とは何か?震災時行動の認知科学的分析(代表:杉浦元亮,拠点研究,研究種目A,平成24-25年度)
  • 災害関連精神疾患への支援体制整備のための基礎研究(代表:富田博秋,拠点研究,研究種目A,平成24~25年度)
  • 災害対応ゲーミング実験の方法論と実験施設のあり方(代表:奥村誠,拠点研究,研究種目A/B,平成24-25年度)
  • 360度カメラを用いた浸水域建物の被災度判定及び自動化技術に関する研究(代表:柴山明寛,拠点研究,研究種目B,平成24年度)
  • 災害知識インフラとしての東日本大震災アーカイブの価値創成(代表:佐藤翔輔,拠点研究,研究種目C,平成24年度)
  • 震災遺構の保存と伝承方法に関する研究(代表:安倍祥,拠点研究,研究種目C,平成24年度)
  • 緊急時のリスク認知プロセスの心理・神経基盤の解明とその応用(代表:野内類,拠点研究,研究種目B,平成25年度)
  • 災害の記憶・記録に関する拠点間の連携を通した災害アーカイブ学の探求(代表:佐藤翔輔,拠点研究,研究種目B,平成25-26年度)
  • 宮城県沿岸部における地域特性と復興事業への住民の対応に関する比較研究(代表:池田菜穂,拠点研究,研究種目C,平成25年度)
  • 震災アーカイブの国際標準化及び相互連携に関する研究(代表:柴山明寛,連携研究,研究種目(a),平成25年度))
  • 災害文化教育カリキュラムの構築(代表:今村文彦,連携研究,研究種目(b),平成25年度)
  • 超広域災害における災害対応支援NPOの効果的な連携モデルの構築(代表:佐藤翔輔,連携研究,研究種目(b),平成25年度)
  • 東日本大震災の被災地における「被災者目安箱システム」の開発(代表:佐藤翔輔,連携研究,研究種目(c),平成25-26年度)
  • 具体的震災対策提言を目指した災害文化の研究(代表:阿部恒之,共同研究,研究種目A,平成24年度)
  • 重金属汚染除去のための金属吸着タンパク質細胞表層提示技術の開発とバイオリソースの集積化(代表:久保田健吾,共同研究,研究種目A,平成24年度)
  • 2011年東北地方太平洋沖地震による仙台市の造成宅地とインフラ被害のデータベースの作成(代表:森友宏,共同研究,研究種目B,平成24年度)
  • 災害エスノグラフィー手法を用いた借り上げ仮設住宅世帯の生活再建過程の分析(代表:田中聡,共同研究,研究種目B,平成24年度)
  • 経験の蓄積を踏まえた津波復興まちづくりの計画立案手法の開発(代表:池田浩敬,共同研究,研究種目B,平成24年度)
  • 大規模災害における民俗(民族)知の援用に関する実践的研究(代表:田口洋美,共同研究,研究種目B,平成24年度)
  • 震災復興と事前復興支援のための復興まちづくり事例データベース(代表:馬場美智子,共同研究,研究種目B,平成24年度)
  • 広域被害把握・調査・解析に基づく被災地状況マッピングチームの創成(代表:越村俊一,拠点研究,研究種目A,平成26年度)
  • 災害を生きる力とは?―8因子の認知脳科学的分析(代表:杉浦元亮,拠点研究,研究種目A,平成26年度)
  • エビデンスに基づいた災害精神医学の確立(代表:富田博秋,拠点研究,研究種目A,平成26年度)
  • 「みちのく震録伝」の震災アーカイブ利活用基盤システムの構築と実践(代表:柴山明寛,拠点研究,研究種目A,平成26年度)
  • 東日本大震災および熊本地震における仙台市の災害対応に関するエスノグラフィー・アーカイブスの構築(代表:田中聡,受入れ教員:佐藤翔輔.平成28-29年度)
  • ケースマネジメント支援システムを活用した伴走型生活再建支援員の標準的研修プログラムの開発と実践 (代表:立木茂雄,受入れ教員:佐藤翔輔,平成29年度)
  • 豪雨災害に関する災害情報および発災前後の対応と実被害との関係分析(代表:呉修一,研究分担者,平成28年度)
参画プロジェクト
  • 文部科学省科学技術人材育成費補助事業・リスクコミュニケーションのモデル形成事業「行政・住民・専門家の協働による災害リスク等の低減を目的とした双方向リスクコミュニケーションのモデル形成事業(平成28年度~,分担者,代表者:地域安全学会)
  • 文部科学省研究委託事業「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」(平成25~33年度)
  • G空間情報を活用した次世代防災・被災地支援システム研究(平成25年度~,代表:越村俊一)
  • 文部科学省研究委託事業「東海・東南海・南海地震の連動性評価研究」(平成24年度)
  • 日本学術振興会 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業(領域開拓プログラム) ,「生きる力の認知神経科学的分析とその教育応用研究の創成(代表:杉浦元亮)」(平成26年度~,グループリーダー)
  • 復興庁「新しい東北」先導モデル事業,「被災訓練プログラム『SENDAI CAMP』の開発」(取組主体:「生きる力」市民運動化プロジェクト,2014.4~2015.3)
  • 復興庁「新しい東北」先導モデル事業,「生きる力市民運動化プロジェクト 実践的防災力養成事業」(取組主体:「生きる力」市民運動化プロジェクト,2013.4~2014.3)
  • 復興庁「新しい東北」先導モデル事業,「一人一人が作る安全・安心のまちづくり」(取組主体:コンパクトシティいしのまき・街なか創生協議会,2013.4-2015.3)
災害調査
  1. 2004年新潟・福井豪雨(7.13水害):中之島町,三条市
  2. 2004年新潟県中越地震(中越大震災):小千谷市,川口町,長岡市
  3. 2007年能登半島沖地震:輪島市
  4. 2007年新潟県中越沖地震:柏崎市
  5. 2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災):宮城県,岩手県
研究指導(OB・OG,進路,テーマ)
  1. 新B4・A
    • テーマ調整中
  2. 馬場亮太()
    • 宮城県における住まいの再建支援情報に対する被災者の評価
  3. 平川雄太(2017年3月修士課程修了,)
    • 被害低減に繋がる津波碑の機能に関する研究
  4. 戸川直希(2016年3月学部卒業,修士課程進学)
    • 津波避難訓練におけるくり返しと参加者の多層化による効果
  5. 鹿島七海(2015年3月学部卒業)
    • 東日本大震災における津波伝承知メディアの減災効果-地名と津波碑を対象として-
  6. 坪田亜由子(2014年3月学部卒業,仙台市役所)
    • 宮城県沿岸市町村を対象にした東日本大震災復興交付金事業に関する分析
災害に関する記憶・記録の拠点

災害に関する記憶・記録の拠点


ミュージアム・資料館(マーカー:青)
語り部・被災地案内(マーカー:緑)
ディジタルアーカイブ(マーカー:黄)

Ċ
Shosuke Sato,
2012/11/17 12:48
Ċ
Shosuke Sato,
2012/01/12 15:04
Ċ
Shosuke Sato,
2012/01/12 15:04
Ċ
Shosuke Sato,
2012/04/01 22:45
ċ
Shosuke Sato,
2012/01/09 16:54
Ċ
Shosuke Sato,
2011/11/14 16:19
ċ
Shosuke Sato,
2012/01/09 17:02
Ċ
Shosuke Sato,
2013/04/07 16:30
Ċ
Shosuke Sato,
2011/11/17 21:52
Ċ
Shosuke Sato,
2011/11/18 12:48
Comments