About Us

音響効果 担当者 原靖幸に関する事
■略歴

専門学校卒業後

都内 音響効果プロダクションに就職。
10年半、社会情報・バラエティ番組を中心に従事。
上司の皆さんの営業努力などから円滑に仕事を頂く。
納品先は都内各テレビ局。
日本テレビとTBSテレビではスタジオでのレギュラー生放送を同僚と担当。

他にアシスタントとしてTMC、緑山、生田などでドラマの収録業務、
VP・CMなどを行う。

プロダクション退職後、動画配信事業を行う会社へ転職。
約4年、社内唯一の音響効果担当として、従来の選曲・効果に加え
音声やマスタリングの基礎を学ぶ。

2009年、事業部の縮小、分社化、他社への事業譲渡を機会に退職。
寒波が予想されるもフリーランスを志す。

なお、Com.City! [コムシティ]とは、
[コミュニケーション・シティ]の略称。
多くの仲間と繋がってビジネスをしたいという願いから。
TwitterID:gen_chang
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

■個人的に好きな事

ラジオ。受信地域が東京・城北地区ゆえ、AMではTBSとQRがよく聞こえた。
(LFは木更津に送信所があるためよく聞こえない)
感度良好な二局のうちTBSは床屋で聞くラジオの印象があり、マイナーとおぼしきQRリスナーとなる。
「吉田照美のふっかいあな」で、テレビよりも立体的2Wayメディアな印象を覚えた少年は、
那智チャコ(野沢那智・白石冬美)、さだまさしの番組をカセットテープで録り溜める程ヒートアップ。
1988年に開局したFM富士、FM埼玉、FMジャパン、FMサウンド千葉開局時には
開局特番を録音してみたりした。

喋る事。萎縮すると声が出なくなる事があるくらいだが、基本的には喋り好き。
ただ、もしかすると”良い声を聞く事”の方が好きなのかもしれない。
MAでもナレーション録りが楽しみの一つ。
生放送対応番組だとNA録り中は選曲のチャンスなので、集中はCDプレイヤーであるが、
余裕のある時は70年代80年代デビューの大御所ナレーターさんの声に耳を傾ける事しばしば。
結果的にcue出しをした番組もあったので、流れを注視していた事は収穫。

トイカメラ。デジカメが1万円で買える時代にフィルムカメラにはまる。
高精細なカメラも買える大人になったハズだが、気分で写りの変わる”トイ”に魅力を感じている。
110やポラロイドの供給終了や、高額の現像代金のため、
最近ではデジカメのピンホール機能でなんとか満足しようとしている。
  Fisheyeにて撮影の千葉マリンスタジアム
 LUMIXピンホール機能にて撮影の丸形ポスト