日本国憲法前文・9条の理念を持つ地球憲章を作り、非戦・非武装の世界を目指す会です。

2015年9月の安保法制強行採決の後、2016年6月に、安保法制に不安を感じた有志が集まり、日本と世界の平和の深まる危機に対し、自分たちに為すべきことやできることがないかを語りあいました。。そのためには、先人たちの努力を受け継ぎつつも、日本国憲法9条の理念で地球憲章を創り広げるという、市民に根ざした国内外でのグローバルな新しい思想運動がやれないかということになり、その趣意書と各国語版をつくって広く内外に呼びかけようということになりました。


最近の活動

2017年3月15日、発足記者会見を行いました。詳細はこちらをご覧ください。




活動の基本指針

(1)9条はもともと一国平和主義ではありません!

その理念を世界に広げることなしには、守ることもできないのです。憲法50年に際しては、憲法学者が総力をあげて大著『日本国憲法からの提言 恒久世界平和のために』(1998)をまとめ、1999 年のハーグ世界平和市民会議では「世界各国が9条の精神で政治を!」との画期的な決議が採択されました。2008 年には国際法律家協会が中心となって、「九条世界会議」が東京と大阪で開催されました。アジア・太平洋地域での法律家たちの9条への関心も、確実に広がっています。

(2)国連総会で「平和への権利」が採択されました!

法律家たちなどの国際的運動によって、2016年12月、国連総会で画期的な「平和への権利宣言」が採択されました。9条を高く評価する外国の知識人や法律家、市民も増えています。


何を目指しているのか

(1)まずは日本で9条を守り根付かせる運動を強めたい。
(2)地球憲章の取り組みに賛同協力する国内外の人々の署名やメッセージをいただきたい。
(3)9条の理念で地球憲章を創り上げる、国内外の市民による世界的な協同作業を始めたい。
(4)その成果を国連での活動や決議に活かしたい。
(5)最終的に、世界各国の国民と政府が、国政と外交の原則に9条の非戦・非武装の理念を取り入れ、さらに自然と人間の共生の思想を深めた、地球時代にふさわしい地球憲章を完成させたい。


アクセス数
(2017年3月15日~)
無料カウンター