Download

MacRを使うには、統計環境 R がインストールされている必要があります。

MacR と R のインストールに関しては、こちら(外部サイト)にまとめていただいているので、ご参照ください。

マニュアルの準備を始めましたが(左の Manual から行けます)、データの入力や、その他の基本的な動作に関しては、外国語教育メディア学会(LET) 関西支部メソドロジー研究部会 2012年度報告論集(外部サイト)の「MacR の開発と今後の課題」でも触れています。

注意:初回起動時には、必要なライブラリをダウンロードしてインストールを試みるため、インターネットへの接続が必要です。また、インストールが必要なライブラリの数によっては、かなりの時間がかかります。


Last Updated: 2017/04/05

システム要件:統計環境 R がインストールされている Mac OS 10.9 以降

変更点に関しては Changes をご覧ください。

このバージョンには以下の機能もついています。
  • ドキュメントベースで、ファイルごとにデータウィンドウを用意
  • 正規分布を基にしたランダムデータ、相関のあるランダムデータの作成機能
  • グラフのマージン設定(これはちゃんと動かないかもしれません)
  • IRT(項目応答理論: 1PM, 2PM, 3PM)
  • メタ分析
  • DIF(差異項目機能: Mantel-Haenszel, Logistic Regression, Lord's chi-squared, Raju's statistics)