車検・点検と整備

車検って・・・?


国が定めた検査で、『自動車継続検査』といい、一般的に「車検」と称されています。

皆さんがご家庭で乗られている自家用軽乗用車・自家用乗用車は初回は3年後、以降は2年ごとにこの検査が必要で、法令にしたがって継続して乗ることが許される車かどうかを検査するものです。

検査には、ブレーキがちゃんときくかどうか、ヘッドライトや方向指示器・ハザードやバックライトなどが全て点灯・点滅するか、排気ガスの値などは基準値以内であるかどうかなどを検査します。

合格すると自動車検査証と検査標章(ステッカー)が交付されます。

検査標章には次の検査時期が記されています。

原則として、全面ガラスの見えやすい位置に貼付します。

これは、道路運送車両法により表示を義務付けられ、違反者は罰金を科せられます。

点検整備って・・・?

車検に合格しても、これだけでは快適・安心してお車に乗れるという保証をするものではありません。

ブレーキパットやタイヤの溝が減っていては安全ではありませんし、エンジンオイルが汚れていたり減っていると、エンジントラブルに繋がり危険です。

そのために点検と整備が必要で、陸運局より認可された自動車分解整備事業者いわゆる認証工場や指定工場などで整備ができます。

下の画像を目にしたことがあるとか思います。

車検のときなどに貼りかえられますが、これはダイアルステッカーと呼ばれ、これが貼られているとキチンと整備がされている証であり、車検とは別に法定定期点検整備をしましたというお知らせです。

自家用車では、1年に一度、点検整備が義務付けられています。

車検を受けるのに必要なものって・・・?

・自動車検査証(車両番号、交付年月日、使用者および所有者の住所・氏名、型式などが記載されたもの)

・現在有効な自動車損害賠償責任保険証(自賠責保険)

・現在有効な納税証明書

・自賠責保険料

・自動車重量税

・証紙、印紙代

・検査代行費