ご案内

新着情報
・平成30年3月16日に第42回研究会を開催します。詳細は今後の予定をご覧下さい。

〇当分科会による大気環境学会誌入門講座「大気環境モニタリング」を連載中です。
*******************************************************************************
当分科会は大気環境学会に属する分科会として、大気モニタリングのための測定方法および分析方法等の調査研究活動をしています。
 環境大気汚染状況については、今や全国の観測ステーション等から膨大な測定データが収集されていますが、その基となる測定法や分析法についての関心が薄れているのが実情です。
 当分科会では、大気汚染の調査、解析、予測、管理等にはより正確なデータが必要と考えていますが、その基礎となる大気モニタリングのための測定方法および分析方法等を調査研究し、自治体の精度管理、研究機関等にも反映される有効な環境大気モニタリング方法の調査研究を行います。
 また、大気汚染の高濃度イベントの解析や各種施策効果の検証には、平時からのモニタリングが不可欠です。これらの観点の基に、最近では、PM2.5、VOC、光化学オキシダント等に関連するモニタリングデータや課題を重点的に研究し、同時に精度管理面でも調査研究に取り組んでおります。
 会費は無料となっていますので、興味のある学会会員は、当分科会の活動に参画頂ければ幸いです。