『食べて旅するミャンマー語』


著者:浅井美衣
発行:㈲イビッシュ
本体価格:2300円
初版出版:2015年9月
 
【ご購入方法】
上の画像をクリックすればAmazon.co.jp のサイトが別ウィンドウで開きます。
その他、日本国内の書店もしくはミャンマーでのご購入はこちらを御覧ください。

本の内容
 
対象:        旅行者、ミャンマー語入門者、ミャンマーの食に関心がある人
ページ数:  総102ページ

 私自身、ミャンマーを訪れると決まって食べるものや買って帰るものがあります。ミャンマーが初めての旅行者にもミャンマーの食を楽しんでほしい。そしてミャンマーの食について多くの人に興味を持ってもらい、もっと認知度を上げたい。そんな思いで執筆を始めました。会話の部分はスマートフォンやWiFi、銀行ATMなど、今の時代に即した単語や会話表現が含まれ、ミャンマー語が話せなくてもこの本を見せれば意思疎通ができるように配置しています。旅行の部分は各地の特産やお土産を含め食べものに関する説明が中心ですので、ガイドブックと一緒に持っていただくとちょうどいいと思います。
 本書は「話す」「食べる」「旅する」の3部で構成されています。「話す」の部は旅行一般でよく使う単語や会話表現を掲載しています。「食べる」の最初の方はミャンマーの食についての概要です。そして「ミャンマー料理」「民族料理」「麺料理」「スウィーツ&スナック」について詳細に説明していきます。それぞれの項目の初めにはカラー写真をつけ、詳細説明では料理の材料や調味料などにも触れていますので見た目や味をイメージすることができます。また、それぞれの食べものを買ったり注文したりする際に必要となる表現を適宜挿入し、できるだけページをめくらずに済むよう配慮しています。最後の「旅する」では主な観光地と特産、お土産などの情報を載せていますので、観光地でも美味しい食べ物を楽しんでください。皆さまがミャンマーを訪れ、会話を通して素敵な出会い、食べもの情報を基に美味しい出会いができますように!


目次

目次

表記について

はじめに

話す

 空港

 宿泊

 挨拶・自己紹介

 街歩き

 乗り物

 数字・単位

 時間・日にち

 買い物

 服・色柄

 インターネット・電話

 トラブル

 病院・薬局

 天気・年中行事

食べる

 ミャンマー料理って?

 香辛料と調味料

 油大好き

 肉・魚・たまご

1日に何回食べる?

 食べ方

 ご飯にする?麺にする?

 定食屋さんでは指さし注文OK 

 麺類は専門店へ

 おやつと一緒にお茶をしよう

 ミャンマー料理

 民族料理

 麺料理

 スウィーツ&スナック

 果物と生ジュース、その他の飲み物

 食材・調理法

 お店で

 ヤンゴンのダウンタウン

旅する

 ミャンマーの地図

 観光地

 特産・名物

文字を綴る・発音する