声優ワークショップ

サイト内のコンテンツは、すべて無料です。

劇団出身の声優は『演技がうまい』なぜか?


いろいろな考えかたを知る

「ひれつな者を倒し、平和になるなら戦争もやむを得ん」

「強いものが戦争によって理想の世界を築けるなら『我こそ正義!』という者が次々に現れますよ。それでは平和になるどころか、永久に戦争はなくなりません」

演技の上手な声優は、何を知っていて、どんな練習をしているのでしょう。

考えるチカラをUPして、演技に役立てましょう。

アンドレア

英雄のいない国は不幸だ!

ガリレオ

違うぞ。英雄を必要とする国が不幸なのだ。

「ガリレイの生涯」より

地動説が正しいことを教会は気づいていた?

「それでも地球は回っている」で有名な、ガリレオの地動説が否定されたのは、当時の人々には理解できなかったから・・・

では、ありません!


実は、ガリレオ裁判のヴァチカン教会、教皇ウルバヌス八世は数学者で、天文学の知識もありました。

ガリレオの地動説も、始めは擁護(ようご)していたんです。


しかし異端審問官たちに押し切られてしまったんですね。


それは、聖書が間違いだったと認めてしまったら、自分たちの立場が危うくなるから。

だれも聖書や教会を信じなくなったら、明日からの生活に困るから。


ガリレオの裁判は、地動説は正しい、ガリレオは間違ってないと気が付いていながら、真実ではなく、自分たちの立場や生活を優先した裁判だったんです。


「ガリレイの生涯」(ブレヒト作)に詳しく書かれていますよ。

大学でのガリレオ先生の講義には、千人以上の学生が詰めかけるという人気ぶりでした。当時の人々は地動説を理解していたんです。


そして「ガリレイの生涯」は、演技派と呼ばれる声優たちを多数輩出している劇団が上演しているんです。


“ガリレイの生涯”でググって(検索)みると分かりますよ。


「劇団出身の声優は演技力がある、人間が演じられる、奥が深い」といわれていますが、なんとなくその理由の一端が見えたような気がしますね。


劇団出身の声優だから演技がうまい【人間が演じられる】んじゃなくて、劇団で上演した演目の内容に演技力アップのヒントが隠されていたんです。


声優演技研究所では「ガリレイの生涯」のブレヒトはもちろん、シェイクスピア、モリエール、ジロドゥなどのレッスンを行っています。

めざせ!演技派声優。


【ひとことポイント】

ヴァチカンの教皇と異端審問官を卑怯な悪者ではなく、「誰もが同じ状況になれば同じことをする可能性がある」ハンナ・アーレントがナチの戦犯「アイヒマン裁判」のレポートで報告した概念【悪の凡庸さ・陳腐さ】で演じてみると面白いと思います。


もっと いっちゃいましょうか?すっごく怖くなりますよ。

ガリレオの台詞

「なぜこの国の秩序は空っぽで、必然性とは、けわしい葡萄(ぶどう)山や麦畑で働いて死ぬことでしかないのか?慈愛深いイエスの代理人である教皇がスペインやドイツでやっている戦争の金を、農民たちが払わされているからですよ!なにゆえに教皇は、地球を宇宙の中心に置くのか?教皇庁の玉座が地球の中心になれるようにです!そのことが大事なんですよ。」

この当時(1618~48年) キリスト教は、ドイツ(神聖ローマ帝国)を中心に、プロテスタント(新教)とカトリック(旧教)、二手に分かれてヨーロッパ中を巻き込む「三十年戦争」と呼ばれる宗教戦争を行っていました。

キリスト教同士で戦争をしていたんです。


戦争の資金は、もちろん信者からの献金です。

教会は人々に慈愛の心を説き、集めたお金で戦争をしていたのです。

ガリレオの正しさが証明され、教会を信じる人々がいなくなると、献金が減って「戦争が続けられなくなる」んです。神を信じる人が多いほど、戦争が続くんですね。【参考文献】ブレヒト戯曲「母(おふくろ)」


でも、なんでそんなこと(戦争)を?

カトリックの旧教徒からみれば、新教徒のプロテスタントは教会を堕落させる異端の「反キリスト」ということになるんですね。【参考文献】ブレヒト戯曲「肝っ玉おっ母とその子供たち」「母アンナの子連れ従軍記」


「地動説が正しい」と勘づいていたのと同じように、「自分たちのお金が戦争の資金になっている」と気づいた信者もいたでしょう。

ブレヒト劇「処置」と「屠場の聖ヨハンナ」の台詞を使って考えてみましょう。【あくまで演技がうまくなるための推測です】


「卑劣なものを絶やすためなら卑劣になれ」【処置の台詞より】


「卑劣なもの(戦争)をなくすためなら、卑劣な行為(戦争も)やむを得ない。それが理想の世界の実現につながるのであれば…」これを教会の考えだと仮定しましょう。


この「戦争は必要悪だ」という考えには、次のような反論が成り立ちます。


「暴力が、破壊以外のものを生むとお思いのようですね!でも、私は申し上げます、それでは天国どころか、混乱が生まれるばかりです」【屠場の聖ヨハンナの台詞】

つまり・・・

強いものが戦争によって理想の世界を築けるのであれば「我こそは!」という者が次々に現れて、永久に戦争はなくならず、平和にもなりません。


だからこそ、ガリレオは

「それっておかしいよね!」と言ってるんですね。

あんた方(教会や神様)には溺れていくものも必要だ。

なぜってあんた方(教会や神様)の仕事は溺れる者の摑む藁(わら)ってことになるのだからね。

商品の流通も天体の運行も すべては結局こうなるのだよ。【屠場の聖ヨハンナの台詞】

すべての人が幸福になったら神様はいらなくなる、という意味です。


こんな難しい問題と日々格闘しているんですから・・・演技がうまくなる【本当の人間が演じられるようになる】わけですね。

「ガリレイの生涯」でガリレオを演じたチャールズ・ロートンは、なぜあなたは芝居をするのかと問われて、こう答えました。「人びとはあるがままの自分たちを知りません。ですが、私なら人びとにそれをお見せできると思っているからです」


俳優の仕事や勉強とは、それをめざし努力することなのかもしれませんね。


見慣れたことを見慣れぬように

当たり前のことを不思議なように

原則さえもおかしいと考えてほしい。

ブレヒト劇「例外と原則」より

参考文献

ブレヒト戯曲選集第3巻「ガリレイの生涯」 白水社

ブレヒト戯曲全集第3巻「屠場の聖ヨハンナ」 「母(おふくろ)」未来社

ブレヒト戯曲全集第5巻「肝っ玉おっ母とその子供たち」 未来社

ブレヒト戯曲全集第8巻「処置」「例外と原則」 未来社

ガリレオの生涯 光文社古典新訳文庫

母アンナの子連れ従軍記 光文社古典新訳文庫

戯曲ガリレオ 績文堂

※ガリレオ裁判より約百年前の、マルティン・ルター「宗教改革」【免罪符】あたりから調べてみると、また違ったものも見えてきて面白いですよ。




もちろん初心者の方々に向けた楽しいレッスン台本も、たくさんご用意しております。



現実にあった歴史がアニメになった?

「Zガンダムとアインシュタインの生涯・共通点」は、このページの【↓】一番最後に!

なぜリアル<現実>を学ぶのか?


物語には【道徳や教訓】が含まれているものがあります。

「狼とは男性のこと。若い女性は狼の甘い誘惑に気を付けて」という、赤ずきんちゃんの教訓はよく知られていますね。

赤ずきんは「ひとりで水辺に近寄ったら危ないよ」といった【警告型の昔話】に分類されています。

他には「シンドラーのリスト」のように歴史から教訓を学ぶ物語もあります。

だけどここで問題が起こります。

ハードルが高いんです。

「シンドラーのリスト」のような反戦映画の名作は「知っておく必要がある」ことは みんな十分承知していても、気軽に見るとなると・・・なかなか難しいんですね。

ニンジンやピーマンが体にいいことは知っていてもなかなか・・・というのと似てますね。


じゃあ、野菜嫌いな子供に野菜を食べさせるにはどうするか?

細かく刻んでカレーやハンバーグに混ぜるんです。

実は物語も、この手法をとっています。


「こんなことがあった」みんなに知ってもらいたい。だけどニュースやドキュメンタリーは「シンドラーのリスト」よりも さらに心理的ハードルが高いのがふつう。


それだったら【娯楽という名の】カレーやハンバーグにまぜちゃおう。

だからこそ声優には、リアルな演技の解釈や読解力が必要になってくるんです。

物語を作った人は、娯楽じゃない「べつなもの」を伝えたかったのに、その真意を読み取って演じてくれないと「この声優は演技ができない」と思われてしまうんですね。


赤ずきんちゃんはメルヒェンですが、「Zガンダム」のようにSFアニメのなかに作者のメッセージをまぜていくお話はたくさんありますよ。(このページの一番下で解説しています)


つまり演技派の声優とは

物語のウラに隠されたテーマを読み解いて演じられる人のことなんですね。

めざせ!演技派声優

麹町中学校の改革を、演技レッスンに応用!

すべての生徒が楽しめる運動会に


麹町中学では、運動が苦手な生徒、得意な生徒【どちらの生徒も輝ける運動会】を考えるミッションを、生徒たちに与えました。


ルールはひとつ。「クラス対抗にはしない」


クラス対抗にすると、

勝つためにはガマンしろよ

みんな頑張ってるんだから・・・、というガマンの押し付けになっちゃいます。


それじゃ生徒全員は輝けませんよね。


もちろん全員が輝ける方法はひとつじゃないし、簡単でもありません。

だからこそ生徒全員でアイデアを出して考えるんです。


そうすることで、上の人から言われたことに何も考えないで従うんじゃなくて、

自分の頭で考えて行動できる人材の育成につながるんですって。


声優演技研究所のレッスンも、これでいこうと思います。

生徒には、演技の初心者もいれば、経験者もいます。

どちらの生徒も輝けるレッスンを、生徒たちと一緒にめざします!

考えることの大切さ

「かわいがってやりな」


体育会系の隠語である【かわいがり】これは「いい子いい子してあげましょう」という意味ではありません。


ところがAI (人工知能) には、この違いがわかりません。


AI (人工知能) は、文章を<たんたんと>読むことはできても、文章を読み解くことが苦手なため、台詞に感情をこめられず、演技をすることができないのです。

なぜなら・・・

恋をした⇒片思いだ⇒せつない、食欲がない、ご飯が食べられない・・・

【AIはご飯を食べません!】ご飯がのどを通らなくなる気持ち、AIに理解できるかな?


仕事も勉強もなにもかも手につかなくなる気持ち、AIが理解し演じられるかな?

恋する気持ちをAIに【理解させる】のは、とても難しいと思います。


文章を読み解いて、登場人物の気持ちを理解し、表現していくのが演技です。

AI(人工知能)に負けない声優になるために“考えるチカラ”を養いましょう。

読解力を磨いて、演技にいかそう!

グリム童話のシンデレラ(灰かぶり)は、なぜ王子様のもと【舞踏会の会場】から逃げ出したのか?

「魔法の効果がなくなるから」は、ディズニーのシンデレラです。

グリム童話のシンデレラのドレスは、魔法使いが出したものではないので、真夜中12時をすぎても消えません。いつまでもドレスを着たままでいられます。

王子様にみとめられ、いつまでもきれいな姿でいられたシンデレラは、なぜ逃げたのでしょう?

初心者の方々へ

グリム童話の、もともとの「白雪姫」は、女王に三回殺されます。


まず読み取れるのは、若者は何度も失敗してもいいのだ、ということです。

白雪姫はたしかに、こびとの注意を忘れて、女王を家の中に入れ、ひも、櫛(くし)、りんごを買ってしまいました。

【注】グリム童話の白雪姫は女王に、一回目は「ひも」。二回目に「くし」。三回目は「りんご」で殺されます。


実生活においても、人からいわれた注意や忠告を、大事なときに忘れてしまうことは、いくらでもあるでしょう。何回いわれても、またやってしまうことなんていくらでもあるのではないですか。

白雪姫はまさにそうなのです。


それでも彼女としては、それぞれの場面で、一度はこびとたちからの注意を思い出して、「わたしは、だれもうちの中へ入れてはいけないことになってるの」といっています。それでも、美しい櫛や、おいしそうなりんごの誘惑には勝てなかった。いわば与えられた状況に精一杯反応しているのです。


精一杯反応したのだが、それが、失敗だった。これも実人生に、いくらでもあることです。

こう考えてくると、どうも「白雪姫」は、精一杯やって失敗したら、それはそれでいいよ、といっているようなのです。若者に失敗はつきものです。


ひとことでいえば、「子どもの成長にはときがあるよ」ということでしょう。子どもの成長のときを大事にしてやりましょう。

~「昔話からのメッセージ ろばの子」小澤 俊夫 著より~


もっと詳しい説明は、こちら。【無料です】


演技の練習も、これと同じだと思うのです。

指導者にとって大切なのは、ていねいに教えること、そしてあせらずに生徒の成長を待つこと なんだと思います。


ただいま、無料体験入学&レッスン見学実施中です。

よろしければ、ぜひ足をお運びくださいませ。

演技の基礎から、メソッド演技の問題点と解決策まで

かんたんマスター 腹式呼吸と笑い方、泣き方 【無料です】

「機動戦士ガンダム」⇒「Ζガンダム」と

「アインシュタインの生涯」は、とてもよく似ているんですね。


「アインシュタインの生涯」(ブレヒト遺稿)は 天才物理学者アインシュタインの物語です。


ざっくり説明しますと、

アインシュタインは、ファシスト(独裁者)に勝利するため、偉大な公式【E = mc2 イー・イコール・エム・シーじじょう】を、2つの勢力の一方に引き渡します。


味方の勢力が勝利し、敵を打ち負かします。

が、

そのとき味方だった勢力が、恐ろしい姿を現すのです。

ファシズムの敵だったものたちが、ファシストになっていたのです。


「機動戦士ガンダム」とは

ファシストであるジオン軍と戦って、地球連邦軍が勝利するお話です。


「Ζガンダム」とは

ところが、あるとき気がついてみると、地球連邦軍はいつの間にか、ファシスト(独裁者)に変貌していたという物語です。


独裁者に勝ったものが、新たな独裁者に

それが「Ζガンダム」と「アインシュタインの生涯」の共通点です。


実は、「アインシュタインの生涯」は、構想途中でブレヒト逝去のため完成しませんでした。


ですから富野氏は【現実の歴史を調べて】ガンダムを制作されたのでしょうね。


ガンダムシリーズに登場するハマーン・カーンというキャラクターは、【限定核戦争】を肯定した実在の人物ハーマン・カーン(アメリカの軍事理論家)に由来しているのはよく知られています。


富野氏は「事実に基づいて」ガンダムの世界を構築した。だからこそガンダムは時代を超えて「リアル」なんですね。

そしてそのような状況下でも、たくましく成長している子供たちの姿を描いたのが「機動戦士ガンダムZZ」です。

「ガンダムシリーズ」素晴らしいと思います。


参考文献 ガリレオの生涯 光文社古典新訳文庫

※「マンハッタン計画」オッペンハイマー。「ナチスの原爆計画」ハイゼンベルグ。日本の原爆製造計画・暗号名“二号研究”「仁科研」。「V2ロケットとアポロ計画」フォン・ブラウンなども調べてみると面白いですよ。


機動戦士ガンダムZZの主題歌は「アニメじゃない♪アニメじゃない♪ホントのことさ♪」そうか、そういう意味か。


私が言いたかったのは、私は戦争に反対なのだということ。

その結論としてこう言ってもいいだろう、平和が私にも他の人にも、戦争よりもっと多くの不当なことをもたらすにしても、私は平和に賛成なのだ、と。【アインシュタインの生涯より】


理想は絶えることなく語られなければならない。なぜならばそれは「人間の思考がはじまる本質的な基盤」だからだ。

エドワード・ハレット・カー【イギリスの歴史家、政治学者、外交官】


もっと詳しい説明は、👇 こちら。【無料です】

新入生募集中!

18歳以上

年齢制限・入所試験なし。

稽古場:渋谷区・新宿区の公民館、区民会館

無料体験入学 & レッスン見学受付中!


Voice actor laboratory 声優演技研究所

公式サイト http://www1.odn.ne.jp/seiyukenkyujo/【無料です】

ワークショップ声優演技研究所のコンテンツは、すべて無料です。

知識は物語ります!

若い時と人生経験を積んだ後では、同じ話からでも違うことがらを読み取るのがふつうです。

読む人の心に知識が語りかけてくるのです。

いろいろなことを知って演技に深みを持たせましょう。

初心者歓迎!