●活動実績

平成25(2013)年度

平成25(2013)年度行事:第一回研究会(5月31日)、第二回研究会(9月12~13日:秋田地域視察研究会)、第三回研究会(第六回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於関西)、第四回研究会(12月13日)、第五回研究会(平成26年2月28日:第六回岩木賞、第16回シンポジウム)

平成25(2013)年度:第五回研究会>盛会裡に開催されました!

第16回「トライボコーティングの現状と将来」

―医療、光学、ナノ分野へのコーティング技術の応用―

趣 旨:トライボコーティング技術は、トライボロジーとファブリケーションとを融合させ、重要な高機能ものづくり技術の一つとして、近年大きく注目されてきています。こうした先見性からトライボコーティング技術研究会を発足された、故岩木正哉博士の偉業を讃え、遺志を継ぐ技術者・研究者の業績を表彰する岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)が平成23年度より一般社団法人未来生産システム学協会に継承されました。本シンポジウムでは今回、第6回目となる岩木賞の受賞業績から、「医工学連携大学発ベンチャーによる国産冠動脈用DLC コートステントの開発と事業化」(㈱日本ステントテクノロジー 山下 修蔵氏、トーヨーエイテック㈱ 中谷 達行氏、岡山県工業技術センター 窪田 真一郎氏)、「X 線/EUV 光学素子開発に適用できる高精度・高平滑多層膜コーティング技術開発とそれを利用した材料・微細構造分析用標準試料の開発」(㈱トヤマ 竹中 久貴氏)、「マイクロ・ナノスケ―ル三次元DLC コ―ティング:膜特性の評価およびプラズマ挙動解析」(東京大学 崔 埈豪氏)の記念講演ほか、会員法人によるトライボコーティング関連技術の最新情報を提供し、様々な分野の技術者が相互に交流することによって新しい価値を生み出していきたいと思います。

日 時:平成26年2月28日(金) 10:00~17:20 (交流会 17:30 ~ 19:30)

会 場:(独)理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール

主 催:トライボコーティング技術研究会

(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室

共 催:(地独)東京都立産業技術研究センター

後 援:一般社団法人未来生産システム学協会(FPS)

協 賛:日本トライボロジー学会,表面技術協会,日本熱処理技術協会,日本金属学会,日本表面科学会,日本材料試験技術協会,日本機械学会,日本塑性加工学会,精密工学会,日本鉄鋼協会,応用物理学会,日本真空学会,AMPI ドライコーティング研究会,砥粒加工学会

定 員:200 名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

問合先:トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局

TEL 03-3963-1611 / FAX 03-3579-5940

E-mail:tribo@tribocoati.st

URL http://www.tribocoati.st/

プログラム

10:00-10:10 開会の挨拶

大森 整 会長

10:10-11:00 第6回岩木賞贈呈式

審査経過説明:審査委員長

岩木賞贈呈 :藤井 進 氏(FPS表彰顕彰部門長、神戸大学名誉教授)

11:00-12:20 記念講演1(岩木賞事業賞)

株式会社 日本ステントテクノロジー 山下 修蔵 氏

トーヨーエイテック 株式会社 中谷 達行 氏

岡山県工業技術センター 窪田 真一郎 氏

「医工学連携大学発ベンチャーによる国産冠動脈用DLC コートステントの

開発と事業化」

12:20-13:20 - 休憩・昼食 (60 分)-

13:20-14:20 記念講演2(岩木賞優秀賞)

株式会社トヤマ 竹中 久貴 氏

「X 線/EUV 光学素子開発に適用できる高精度・高平滑多層膜コーティング

技術開発とそれを利用した材料・微細構造分析用標準試料の開発」

14:20-15:20 記念講演3(岩木賞優秀賞)

東京大学 崔 埈豪 氏

「マイクロ・ナノスケ―ル三次元DLC コ―ティング:膜特性の評価および

プラズマ挙動解析」

15:20-15:40 - 休憩 (20 分)-

15:40-16:10 会員講演1

DOWA サーモテック株式会社 松岡 宏之 氏

「低圧プラズマCVD 法で成膜したDLC 膜とその機械特性評価」

16:10-16:40 会員講演2

東京都立産業技術研究センター 小野澤 明良 氏

「RP 造形品への塗装技術の開発」

16:40-17:10 会員講演3

理化学研究所 吉田 敦 氏

「RI ビームの工業応用-表面摩耗量検査法の開発-」

17:10-17:20 閉会の挨拶

熊谷 泰 副会長

17:30-19:30 岩木賞受賞パーティー・交流会

平成25(2013)年度:第四回研究会>盛会裡に開催されました!

日 時:平成25年12月13日(金)14:30~17:30

場 所:地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター城東支所2階 中会議室

[住所]〒125-0062 東京都葛飾区青戸7-2-5 TEL:03-5680-4632(代) FAX:03-5680-4635

[交通]京成青砥駅→亀有行バス テクノプラザかつしか下車 徒歩1分

JR亀有駅→新小岩東北広場行バス テクノプラザかつしか下車 徒歩1分

京成青砥駅下車 徒歩13分

アクセスマップ:http://www.iri-tokyo.jp/gaiyo/access/joto.html

内 容:

1. 開会挨拶       14:30~14:40

2. 講演                      14:40~15:40

「最近のHIP技術と金属造形技術」

金属技研株式会社 技術本部 テクニカルセンター

山本 泰弘 氏

*********** 休憩 (20分) ***********

3. 見学(東京都立産業技術研究センター城東支所内) 16:00~17:30

城東支所事業紹介および3Dプリンター装置解説(城東支所2階中会議室)

                         16:00~16:30

城東支所施設見学(3Dプリンター装置等) 16:30~17:30

●<平成25(2013)年度:第三回研究会>盛会裡に開催されました!

『第6回:トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』

日 時:平成25年11月15日(金)14:00 ~ 17:00

場 所:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター(ARIC)、2階 会議室1,2,3兵庫県尼崎市道意町7丁目1番3号(AMPIの隣のビル) TEL:06-6415-2500

内 容:ドライコーティング研究会との合同技術研究会

   会員のカタログ展示コーナーも設けますので、よろしくお願い申し上げます。

問合先:(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室 内

    トライボコーティング技術研究会 事務局

  TEL 03-3963-1611/ FAX 03-3579-5940

  E-mail:tribo@tribocoati.st

=== プログラム ===

1. 開会挨拶               14:00~14:15

① ドライコーティング研究会

牛尾 誠夫((財)近畿高エネルギー加工技術研究所長)

② トライボコーティング技術研究会

大森 整 (トライボコーティング技術研究会 会長)

2. 講演

① 「ハイパワーパルススパッタリング(HiPIMS)に於けるプラズマの研究(仮題)」

兵庫県立大学 工学研究科 電気系工学専攻 東 欣吾 助教授

                     14:15~15:15

********** コーヒーブレイク *********

                     15:15~15:30

② 「宇宙望遠鏡開発から始まった自然光熱エネルギー応用レンズシステムの開発」

(独)理化学研究所 大森 整 主任研究員 15:30~16:30

3. 閉会挨拶                16:30~16:40

4. 懇親会(3Fの309号室)      17:00~

平成25(2013)年度:第二回研究会>盛会裡に開催されました!

『秋田地域見学講演会』

○開催日:平成25年9月19日(木)-20日(金)

○場 所:秋田県産業技術センター 〒010-1623 秋田県秋田市新屋町字砂奴寄4-11

http://www.rdc.pref.akita.jp Tel 018-862-3414(代表) Fax 018-865-3949

【1日目】

1.秋田県産業技術センター ご講演・見学

開会の挨拶                14:00~14:10

秋田県産業技術センター紹介        14:10~14:30

ご講演 「電界砥粒研磨技術とその応用技術」 14:30~15:10

秋田県産業技術センター 素形材プロセス開発部 研究員 池田 洋 博士(工学)

休憩                   15:10~15:20

見学                   15:20~15:50

閉会の挨拶                 15:50~16:00

移動                   16:00~18:00

2.交流会               19:00~

【2日目】

1.斉藤光学製作所 秋田工場見学      10:00~12:00

〒019-1512 秋田県仙北郡美郷町本堂城回字若林118-3

http://www.interset.ne.jp/~optsaito/ TEL. 0187-85-3300 FAX. 0187-85-3302

2.昼食               12:00~13:00

問合先:(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室 内

   トライボコーティング技術研究会 事務局

   TEL 03-3963-1611 FAX 03-3579-5940

   E-mail:tribo@tribocoati.st

平成25(2013)年度:第一回研究会>盛会裡に開催されました!

日 時:平成25年 5月31日(金)14:00~17:30

場 所:(独)理化学研究所和光本所 研究交流棟 3F W319・321 会議室

問 合 先: トライボコーティング技術研究会 事務局

   Tel: 03-3963-1611E-mail: tribo@tribocoati.st

内 容:第1回研究会及び総会

1. 開会挨拶      14:00-14:10

2. 講演

2.1. 新規企業紹介        14:10-14:25

株式会社ダイエイバレル 田島 秀紀 氏

2.2. 新規企業紹介        14:25-14:40

株式会社エンハンストマテリアル 取締役 岩元 哲志 氏

****** コーヒーブレイク(20 分) ******

2.3. 講演            15:00-16:00

「自動車用動力伝達歯車の高強度・高機能化のための材料・表面改質技術」

パーカー熱処理工業株式会社 技術研究所 所長 渡邊 陽一 氏

2.4. 講演             16:00-16:30

「ウルトラファブリケーションテクノロジー:宇宙望遠鏡から太陽光熱レンズ開発へ向けて」 理化学研究所 大森素形材工学研究室 大森 整 主任研究員

3. 総会               16:30-17:00

・ 平成24年度 活動報告,会計報告

・ 平成25年度 役員選出,活動計画

4. 閉会挨拶、次回の予定など 17:00-17:20

懇親会              17:30-

平成24(2012)年度

平成24(2012)年度行事:第一回研究会(6月1日)、第二回研究会(9月6~7日:三重・名張地域視察研究会)、第三回研究会(第五回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於お台場)、第四回研究会(12月7日)、第五回研究会(平成25年3月1日:第五回岩木賞、第15回シンポジウム)

・シンポジウムテキスト 第15回「トライボコーティングの現状と将来」、岩木賞総覧(第1回~5回)発行。

平成24(2012)年度:第五回研究会

理研シンポジウム 第15回「トライボコーティングの現状と将来」盛会裡に開催されました!

― ハイブリッドカー部品・宇宙開発で活躍する表面処理技術 ―

趣 旨:トライボコーティング技術は、トライボロジーとファブリケーションとを融合させ、重要な高機能ものづくり技術の一つとして、近年大きく注目されてきています。こうした先見性からトライボコーティング技術研究会を発足された、故岩木正哉博士の偉業を讃え、遺志を継ぐ技術者・研究者の業績を表彰する岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)が平成23年度より一般社団法人未来生産システム学協会に継承されました。本シンポジウムでは今回、第5回目となる岩木賞の受賞業績から、「ケイ素を利用したトライボ表面処理技術の開発」(㈱豊田中央研究所 森 広行氏)、「真空装置用精密化学研磨」(三愛プラント工業㈱ クリーンテック事業本部 技術開発センター)の記念講演ほか、当該分野の新規技術の特別講演「イオンビームによる表面改質~真空中・気相中を経て液相中照射へ~」(理化学研究所 小林 知洋氏)、そして会員法人によるトライボコーティング関連技術の最新情報を提供し、様々な分野の技術者が相互に交流することによって新しい価値を生み出していきたいと思います。

日 時:平成25年3月1日(金) 10:00~17:20

会 場:(独)理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール

主 催:(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室

   トライボコーティング技術研究会

後 援:(地独)東京都立産業技術研究センター

    一般社団法人未来生産システム学協会(FPS)

協 賛:日本トライボロジー学会,表面技術協会,日本熱処理技術協会,日本金属学会,日本表面科学会,日本材料試験協会,日本機械学会,日本塑性加工学会,精密工学会,日本鉄鋼協会,応用物理学会,日本真空協会,AMPIドライコーティング研究会,砥粒加工学会

定 員:200名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

問合先:  トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局

     TEL 03-3963-1611 / FAX 03-3579-5940 tribo@tribocoati.st

     URL http://www.tribocoati.st/

プログラム

10:00 - 10:10 開会の挨拶

大森 整 会長

10:10 -11:00 第5回岩木賞贈呈式

審査経過説明:審査委員長

岩木賞贈呈 :藤井 進 氏

(FPS表彰顕彰部門長、神戸大学名誉教授)

11:00 - 12:20 記念講演1(岩木賞大賞)

株式会社豊田中央研究所 森 広行 氏

「ケイ素を利用したトライボ表面処理技術の開発」

12:20 - 13:20 - 休憩・昼食 (60分)-

13:20 - 14:20 記念講演2(岩木賞優秀賞)

三愛プラント工業株式会社 クリーンテック事業本部

技術開発センター 塩野入 正和 氏

「真空装置用精密化学研磨」

14:20 - 15:20 特別講演

理化学研究所 小林 知洋 氏

「イオンビームによる表面改質~真空中・気相中を経て液相中照射へ~」

15:20 - 15:40 - 休憩 (20分)-

15:40 - 16:10 会員講演1

株式会社タンケンシールセーコウ 長妻 忠浩 氏

「オールカーボン製精密吸着盤」

16:10 - 16:40 会員講演2

日本アイ・ティ・エフ株式会社 辻岡 正憲 氏

「日本ITFにおけるDLCの開発事例とその応用」

16:40 - 17:10 会員講演3

理化学研究所(元 東京都立産業技術研究センター)若林 正毅 氏

「表面機能を創成するレーザ微細加工」

17:10 - 17:20 閉会の挨拶

熊谷 泰 副会長

17:30 - 19:30 岩木賞受賞パーティー・交流会

平成24(2012)年度:第四回研究会

日 時:平成24年12月7日(金)14:00~17:30

場 所:(独)理化学研究所 研究交流棟 3F W319・321 会議室

http://www.riken.jp/r-world/riken/campus/wako/index.html

問合先: トライボコーティング技術研究会 事務局

   TEL 048-467-9318/ FAX 048-462-4657

   E-mail:tribo@tribocoati.st

内 容:

1. 開会挨拶                14:00~14:10

2. 講演①「マイクロプレス加工のトライボロジーと金型表面設計」

首都大学東京 システムデザイン学部 助教 清水 徹英 氏           14:10~15:10

3. 会員講演①「新会員紹介」

INI Coatings Ltd / イオン化スパッタリングINI Coatings Ltd 日本支店代表

稲垣 力 氏                             15:10~15:25

4. 会員講演②「スクラッチ試験を用いた薄膜密着性の評価」

CSM Instruments SA マーケティング / ビジネス開発

グウェン ボロレ 氏                         15:25~15:50

*********** コーヒーブレイク(10分) ***********

5. 講演②「高繰返し周波数の両極パルスを用いたPBII法によるSi含有DLC膜の形成」

独立行政法人産業技術総合研究所 サステナブルマテリアル研究部門

高耐久性材料研究グループ 主任研究員 池山 雅美 氏         16:00~17:00

6. 会員講演③「クラスタープラズマによるコーティング除去技術」

福岡県工業技術センター 機械電子研究所 池田 健一 氏         17:00~17:30

※忘年会                             17:30~19:30

平成24(2012)年度:第三回研究会

『第5回:トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』盛会裡に開催されました!

日 時:平成24年9月28日(金)13:00 ~ 17:30

場 所:地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター 新本部(お台場)

  〒135-0064 江東区青海2-4-10 TEL:03-5530-2111(代表)

  http://www.iri-tokyo.jp/index.html

アクセス 「東京テレポート」駅まで 新宿駅から23分、池袋駅から28分りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩15分 (駅から無料送迎バスあり) 「テレコムセンター」駅まで新橋駅から18分、豊洲駅から12分 新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅前(http://www.iri-tokyo.jp/gaiyo/access/honbu.html

内 容:ドライコーティング研究会との合同技術研究会

   会員のカタログ展示コーナーも設けますので、よろしくお願い申し上げます。

問合先:(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室 内

   トライボコーティング技術研究会 事務局

  TEL 048-467-9318/ FAX 048-462-4657

  E-mail:tribo@tribocoati.st

=== プログラム ===

1. 開会挨拶               13:00~13:15

① ドライコーティング研究会

② トライボコーティング技術研究会

大森 整(トライボコーティング技術研究会会長)

2. 講演

① 「Cold Sprayの開発と実用化 (仮題)」 信州大学工学部 機械システム工学科

准教授 榊 和彦 先生           13:15~14:15

② 「作業からものづくりへ(我が国のモノづくりを考える)」 ものづくり支援センター

高瀬 公宥 センター長          14:15~15:15

**** コーヒーブレイク ****    15:15~15:30

3.見学

東京都立産業技術研究センター内施設・研究室など見学 15:30~17:20

4. 閉会挨拶               17:20~17:30

5. 懇親会       17:30~

平成24(2012)年度:第二回研究会>盛会裡に開催されました!

『名張・亀山(三重県)視察研究会』

開催日:平成24年9月6日(木)-7日(金)

【1日目】

9/6(木) 15:00-17:00

㈱ダ・ビンチ 東社長 ご講演「熱利用発電技術について(仮)」

同社 名張研究所見学

【2日目】

9/7(金) 9:00 -10:30

移動

11:30-12:30

昼食

13:00-15:00

シャープ・亀山工場見学

問合先: トライボコーティング技術研究会 事務局

   TEL 03-3963-1611 FAX 03-3579-5940

   E-mail:tribo@tribocoati.st

平成24(2012)年度:第一回研究会>盛会裡に開催されました!

場 所:(独)理化学研究所和光本所 研究交流棟 3F W319・321 会議室

開催日時: 平成24年6月1日(金)14:00~17:30

問 合 先: (独)理化学研究所 大森素形材工学研究室 内

   トライボコーティング技術研究会 事務局

   Tel: 03-3963-1611E-mail: tribo@tribocoati.st

内 容:第1回研究会及び総会

1. 開会挨拶            14:00-14:10

2. 講演

2.1. 講演              14:10-15:10

「WPCおよびDLCの最近の話題」

株式会社 不二WPC 技術部 部長 熊谷 正夫 氏

****** コーヒーブレイク(20 分) ******

2.2. 講演              15:30-16:30

「大気圧プラズマを援用したダメージフリーな形状創成と表面仕上げ」

大阪大学大学院工学研究科附属 超精密科学研究センター 准教授 山村 和也 氏

3. 総会               16:30-17:00

・ 平成23 年度活動報告

・ 平成23 年度会計報告

・ 平成24 年度役員選出

・ 平成24 年度活動計画

4. 閉会挨拶、次回の予定など 17:00-17:30

懇親会              17:30-

平成23(2011)年度

平成23(2011)年度行事:第一回研究会(6月6日)、第二回研究会(9月15~16日:長岡地域視察研究会)、第三回研究会(第四回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於関西)、第四回研究会(12月8日)、第五回研究会(平成24年2月24日:第四回岩木賞、第14回シンポジウム)

平成23(2011)年度:第五回研究会>盛会裡に開催されました!

理研シンポジウム 第14回「トライボコーティングの現状と将来」

‐トライボコーティング技術の海外動向、新規ナノ材料の応用、プラズマ反応技術について‐

趣 旨:トライボコーティング技術は、トライボロジーとファブリケーションとを融合させ、重要な高機能ものづくり技術の一つとして、近年大きく注目されてきています。こうした先見性からトライボコーティング技術研究会を発足された、故岩木正哉博士の偉業を讃え、遺志を継ぐ技術者・研究者の業績を表彰する岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)が平成23年度より一般社団法人未来生産システム学協会に継承されました。本シンポジウムでは今回、第4回目となる岩木賞の受賞業績から、「DLC, Its applications and New trends in Korea」(Youngha Jun氏)、「酸化チタンとカーボンナノチューブ複合液のコーティングにより開発された、太陽光を効率的に取り込む集熱板」(ナノフロンティアテクノロジー,信州大学)の記念講演ほか、当該分野の新規技術の特別講演「ガスクラスターイオンビーム加工について」(不二越)、そして会員法人によるトライボコーティング関連技術の最新情報を提供し、様々な分野の技術者が相互に交流することによって新しい価値を生み出していきたいと思います。

日 時:平成24年2月24日(金) 9:50~17:30 (交流会 17:30 ~ 19: 30)

会 場:(独)理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール

主 催:(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室

トライボコーティング技術研究会

後 援:(地独)東京都立産業技術研究センター、(社)未来生産システム学協会(FPS)

協 賛:日本トライボロジー学会,表面技術協会,日本熱処理技術協会,日本金属学会,日本表面科学会,日本材料試験協会,日本機械学会,日本塑性加工学会,精密工学会,日本鉄鋼協会,応用物理学会,日本真空協会,型技術協会,AMPIドライコーティング研究会,砥粒加工学会

定 員:200名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

問合先:(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室 内

トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局

TEL 03-3963-1611 / FAX 03-3579-5940

E-mail tribo@tribocoati.st

   URL http://www.tribocoati.st/

プログラム:

9:50 - 10:00 開会の挨拶 大森 整 会長

10:00 - 10:30 第4回岩木賞贈呈式

審査経過説明:審査委員長

岩木賞贈呈 :藤井 進 氏

(FPS表彰顕彰部門長、上智大学教授)

受賞者:国際賞 Yongha Jun氏

事業賞 ナノフロンティアテクノロジー株式会社

国立大学法人信州大学 (所属のみ表記)

(記念撮影)

10:30 - 12:30 記念講演1(岩木賞国際賞)

J&L Tech Co., Ltd. CEO Youngha Jun 氏

「DLC, Its applications and New trends in Korea」(逐次日本語通訳付)

12:30 - 13:30 - 休憩・昼食 (60分)-

13:30 - 14:45 記念講演2(岩木賞事業賞)

ナノフロンティアテクノロジー株式会社 津田 薫 氏

「酸化チタンとカーボンナノチューブ複合液のコーティングにより開発された、太陽光を効率的に取り込む集熱板」

14:45 - 15:30 特別講演

㈱不二越 佐藤 嗣紀 氏

「ガスクラスターイオンビーム加工について」

15:30 - 15:45 - 休憩 (15分)-

15:45 - 16:15 会員講演1

㈱栗田製作所 西村 芳実 氏

「新領域プラズマ反応場」

16:15 - 16:45 会員講演2

(地独)東京都立産業技術研究センター 玉置 賢次 氏

「ダイヤモンドコーテッド工具によるドライ絞り加工」

16:45 - 17:15 会員講演3

(独)理化学研究所 春日 博 氏

「ナノダイヤモンドの表面加工における効果」

17:15 - 17:30 閉会の挨拶

熊谷 泰 副会長

17:30 - 19:30 岩木賞受賞パーティー・交流会

平成23(2011)年度:第四回研究会>盛会裡に開催されました!

開催日時: 平成23年12月8日(木)13:30~17:00

場 所: 地独)東京都立産業技術研究センター2階 研修室243(2-C25)

   〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10

  TEL:03-5530-2111(代) FAX:03-5530-2765

    [交通]新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅前

りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩15分(駅から無料送迎バスあり)

    産技研までのアクセスマップ:http://www.iri-tokyo.jp/gaiyo/access/honbu.html

問 合 先: (独)理化学研究所 大森素形材工学研究室 内

   トライボコーティング技術研究会 事務局

   TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

   E-mail:tribo@tribocoati.st

内 容:

1. 開会挨拶           13:30~13:40

2. 講演                         13:40~14:40

「エスアイアイ・ナノテクノロジーによる最新装置及びアプリケーションの紹介」

エスアイアイ・ナノテクノロジー株式会社 ビーム・テクノロジー営業総括部

和田 博之 氏

*********** コーヒーブレイク(20分) ***********

3. 見学(東京都立産業技術研究センター内)       15:00~17:00

※忘年会                      17:30~19:30

平成23(2011)年度:第三回研究会>盛会裏に開催されました!

      第四回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会

(第33回 ドライコーティング研究会)

日 時:平成23年10月28日(金)13:30 ~ 17:15

場 所:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター(ARIC)、2階 会議室1,2,3

兵庫県尼崎市道意町7丁目1番3号 TEL:06-6415-2500

AMPI((財)近畿高エネルギー加工技術研究所)の隣のビルです。

内 容:ドライコーティング研究会との合同技術研究会

会員のカタログ展示コーナーも設けますので、よろしくお願い申し上げます。

問合先:(独)理化学研究所 大森素形材工学研究室 内

トライボコーティング技術研究会 事務局

TEL 03-3963-1611 FAX 03-3579-5940

E-mail:tribo@tribocoati.st

=== プログラム ===

1. 開会挨拶                        13:30~13:45

① ドライコーティング研究会

牛尾誠夫((財)近畿高エネルギー加工技術研究所長)

② トライボコーティング技術研究会

大森 整(トライボコーティング技術研究会会長)

2. 講演

① 「炭素薄膜の電子分光」 和歌山県工業技術センター

企画総務部 技術企画課 重本 明彦氏 13:45~14:30

② 「最近のPVDコーティングの話題(仮題)」

日立ツール(株)松江表面改質センター センター長 井上 謙一氏 14:30~15:15

**** コーヒーブレイク ****             15:15~15:30

③ 「最近のDLC膜の動向と国際標準化」

兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所 大学院工学研究科

神田 一浩教授              15:30~16:15

④ 「マイクロスラリージェットエロージョン(MSE)を用いた薄膜表面特性評価技術の開発―現状と展望―」

福井大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 岩井善郎教授     16:15~17:00

3. 閉会挨拶                        17:00~17:15

4. 懇親会                17:20~18:20

平成23(2011)年度:第二回研究会>盛会裏に開催されました!

『長岡地域調査研究会』

日 時:平成23年9月15日(木)~16日(金)

場 所:長岡技術科学大学 齋藤研究室

〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町 1603-1 TEL:0258-47-9316

http://www.nagaokaut.ac.jp/j/index.html

新潟工業技術総合研究所 レーザーナノテク研究室 見学

〒950-0915 新潟市中央区鐙西1-11-1

TEL:025-247-1301/FAX:025-244-9171

http://www.iri.pref.niigata.jp/

集 合:午後1:50 長岡技術科学大学

http://www.nagaokaut.ac.jp/j/access.html

問合先:トライボコーティング技術研究会 事務局

TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

E-mail:tribo@tribocoati.st

1日目 長岡技術科学大学 齋藤研究室 ご講演および見学    14:00~17:00

ご講演「長岡技大のDLC研究の最前線」斎藤 秀俊 先生

2日目 新潟工業技術総合研究所 レーザーナノテク研究室 見学 9:30~11:00

平成23(2011)年度:第一回研究会>盛会裏に開催されました!

場 所:(独)理化学研究所 研究交流棟 3F W319・321 会議室

日 時:平成23年 6月 6日(月) 14:00~17:30

問合先:トライボコーティング技術研究会 事務局

TEL: 03-3963-1611

E-mail: tribo@tribocoati.st

内 容:

1. 開会挨拶 14:00-14:10

2. 講演

2.1. 講演 14:10-15:10

日本工業大学 システム工学科 伴 雅人 氏

(岩木賞特別賞受賞業績)

「ナノ粒子含有薄膜形成用コロイドプリカーサプラズマCVD法の開発」

****** コーヒーブレイク(20 分) ******

2.2. 講演 15:30-16:30

豊田工業大学 X線レーザー・プラズマ工学研究室 原 民夫 氏

「アトム窒化 -窒素原子を用いた光輝窒化処理法の開発-」

3. 総会 16:30-17:20

・ 平成22年度活動報告

・ 平成22年度会計報告

・ 平成23年度役員選出

・ 平成23年度活動計画

・ 審議事項

4. 閉会挨拶、次回の予定 17:20-17:30

平成22(2010)年度

平成22(2010)年度行事:第一回研究会(6月4日)、第二回研究会(7月30日:第三回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於東京)、第三回研究会(10月7~8日:東北地域視察研究会)、第四回研究会(12月10日)、第五回研究会(平成23年2月25日:第三回岩木賞、第13回シンポジウム)

●<平成22(2010)年度:第五回研究会>盛会裡に開催されました!

平成23年2月25日(金)、理化学研究所において、下記シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」が盛会裡に開催されました。

      シンポジウム 第13回「トライボコーティングの現状と将来」

‐水素フリーDLCコーティングの最前線、ナノ秒パルスレーザによる表面処理技術について‐

旨:トライボコーティング技術は、トライボロジーとファブリケーションとを融合させ、重要な高機能ものづくり技術の一つとして、近年大きく注目されてきています。こうした先見性からトライボコーティング技術研究会を発足された、故岩木正哉博士の偉業を讃え、遺志を継ぐ技術者・研究者の業績を表彰する岩木トライボコーティングネットワークアワード(通称、岩木賞)が平成20年度より特定非営利活動法人精密科学技術ネットワークにおいて創設されました。本シンポジウムでは今回、第3回目となる岩木賞の受賞業績から、「水素フリーDLC膜によるエンジンの超低フリクション化技術」(日産自動車)、「ナノ秒パルスレーザ照射を用いた単結晶シリコン機械加工面の表面処理」(東北大学)、「DLCから進化した高機能膜ICFにおける低温・高硬度水素フリーICF成膜装置の開発」(ナノテック㈱・平和電源㈱)の記念講演ほか、会員法人によるトライボコーティング関連技術の最新情報を提供し、様々な分野の技術者が相互に交流することによって新しい価値を生み出していきたいと思います。

日時 : 平成23年2月25日(金) 9:50~17:30 (交流会 17:30 ~ 19:30)

会場 : (独)理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎ホール

主催 : (独)理化学研究所 大森素形材工学研究室

トライボコーティング技術研究会

後援 : 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター、特定非営利活動法人精密科学技術ネットワーク(NPO PEN)

協賛:日本トライボロジー学会,表面技術協会,日本熱処理技術協会,イオン注入表層処理研究会,日本金属学会,日本表面科学会,日本材料試験協会,日本機械学会,日本塑性加工学会,精密工学会,日本鉄鋼協会,応用物理学会,日本真空協会,型技術協会,AMPIドライコーティング研究会

定 員:200名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

問合先: トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局

TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

プログラム:

9:50 - 10:00 開会の挨拶 大森 整 会長

10:00 - 11:00 第3回岩木賞贈呈式

「故岩木正哉工学博士への思い」 斎藤茂和 氏

(理化学研究所 社会知創成事業イノベーション推進センター センター長)

審査経過説明:審査委員長

岩木賞贈呈 :神田雄一 氏(NPO PEN 理事 古川勇二理事長代理、東洋大学教授)

受賞者:大 賞 日産自動車㈱、日本工業大学

優秀賞 東北大学

優秀賞 ナノテック、平和電源

特別賞 日本工業大学 (所属のみ表記)

11:00 - 12:30 記念講演1(岩木賞大賞)

「水素フリーDLC膜によるエンジンの超低フリクション化技術」

日産自動車㈱ 材料技術部 馬渕 豊 氏

12:30 - 13:30 休憩・昼食

13:30 - 14:30 記念講演2(岩木賞優秀賞)

「ナノ秒パルスレーザ照射を用いた単結晶シリコン機械加工面の表面処理」

東北大学 閻 紀旺 氏

14:30 - 15:30 記念講演3(岩木賞優秀賞)

「DLCから進化した高機能膜ICFにおける低温・高硬度水素フリーICF成膜装置の開発」

ナノテック㈱ R&Pセクション 平塚傑工 氏

15:30 - 15:45 休憩

15:45 - 16:15 会員講演1

「DIARCのDLC機能膜」

㈲マックスコーポレーション 濱田正樹 氏

16:15 - 16:45 会員講演2

「塩浴軟窒化と高周波焼入れによる複合表面熱処理技術」

日本パーカライジング㈱ 小西知義 氏

16:45 - 17:15 会員講演3

「硬質薄膜の表面電位測定」

ナノコート・ティーエス㈱ 熊谷 泰 氏

17:15 - 17:30 閉会の挨拶 熊谷 泰 副会長

17:30 - 19:30 岩木賞受賞パーティー・交流会

●<平成22(2010)年度:第四回研究会>盛会裡に開催されました!

開催日時: 平成22年12月10日(金)

場 所: 東京都立産業技術研究センター 城南支所 2階・東京都研修室

大田区南蒲田1-20-20 [電話]03-3733-6233

[交通]京急蒲田駅東口下車 徒歩5分 または JR蒲田駅東口下車15分

問 合 先: トライボコーティング技術研究会 事務局

TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

E-mail:tribo@tribocoati.st

内 容:

1.開会挨拶          14:00~14:10

2.講演

2.1 講演            14:10~15:10

「生体材料の力学的安全性に関する講演」

産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部門

高機能生体材料グループ 岡崎義光 氏

***** コーヒーブレイク *****    15:10~15:30

2.2 講演           15:30~16:30

「人工股関節(インプラント)開発について」(仮)

瑞穂医科工業株式会社

開発部 インプラント製品開発グループ

住谷 健二 氏

3.平成22年度新規入会企業講演

エスティーティー㈱ 井上 博文 氏         16:30~17:00

株式会社滑通信社 黒川 勉 氏          17:00~17:30

4.次回予定(シンポジウムについて)・その他 17:00~17:30

●<平成22(2010)年度:第三回研究会>盛会裡に開催されました!

『東北地域調査研究会』

日 時:平成22年10月7日(木)~8日(金)

場 所:岩手大学工学部機械システム工学科 知能化生産システム工学研究室

〒020-8550 岩手県盛岡市上田三丁目18番8号 TEL/FAX:019-621-6420(内線:6420)

シチズン東北㈱

〒024-0002 岩手県北上市北工業団地2-25 http://tohoku.citizen.co.jp/

集 合:13:50 岩手大学工学部 地域連携推進センター

http://www.eng.iwate-u.ac.jp/jp/intro/map.html

問合先:トライボコーティング技術研究会 事務局

TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

E-mail:tribo@tribocoati.st

1日目 岩手大学講演会・見学会:14:00-17:00

岩手大学工学部機械システム工学科

知能化生産システム工学研究室

①御挨拶

(岩手大学工学部機械システム工学科 知能化生産システム工学研究室、

地域連携推進センターほか)

②講演会

「電気防錆加工法の研究開発」(第二回岩木賞奨励賞受賞業績) 西川尚宏 先生

http://www.eng.iwate-u.ac.jp/jp/profile/nishikawa_naohiro.html

③見学会

岩手大学工学部機械システム工学科 知能化生産システム工学研究室ほか

2日目 シチズン東北㈱見学会: 9:30-10:30

岩手大学北上施設見学会:  10:30-11:30

●<平成22(2010)年度:第二回研究会>大盛会とさせて戴きました!ありがとうございました!

『第3回:トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』

日 時:平成22年7月30日(金) 13:15~17:20

会 場:関西大学東京センター サピアタワー9F会議室

内 容:ドライコーティング研究会との合同技術研究会

会員のカタログ展示コーナーも設けますので、よろしくお願い申し上げます。

問合先:トライボコーティング技術研究会 事務局

   TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

   E-mail:tribo@tribocoati.st

=== プログラム ===

1. 開会挨拶            13:20~13:30

① トライボコーティング技術研究会 大森 整 会長

② 関西大学 杉本 隆史 先生

2. 講演 13:35~17:10

① 「DLC薄膜の電気的特性-電気抵抗率と誘電率-」 13:35~14:20

関西大学 化学・物質工学科 杉本 隆史教授

② 「コロイド溶液を利用したプラズマCVD法による

微粒子含有DLC薄膜の成膜 」      14:25~15:10

日本工業大学 システム工学科 伴 雅人准教授

*********** コーヒーブレイク ***********

③ 「DLC被膜の転がり部品への適応について 」 15:35~16:20

日本精工㈱ 基盤技術研究所 佐藤 努氏

④ 「医用材料や医療機器への応用に向けて 16:25~17:10

--生物学的安全性の見地から‐」

(財) 食品薬品安全センター 小島 幸一氏

4. 閉会挨拶          17:15~17:20

ドライコーティング研究会 (AMPI)

平成22(2010)年度:第一回研究会>盛会裡に開催されました!

日 時:平成22年 6月 4日(金)14:00~18:00

場 所:(地独)東京都立産業技術研究センター 西が丘本部 本館南棟4F 第4会議室

問合先:トライボコーティング技術研究会 事務局

     TEL: 048-467-9318 FAX: 048-462-4657

     E-mail: tribo@tribocoati.st

内 容:

1. 開会挨拶          14:00-14:10

2. 講演

2.1. 講演           14:10-15:10

「多層膜X線ミラーの作製・評価・特性とその応用」

NTT-ATナノファブリケーション㈱ 第三製造部 竹中久貴 氏

****** コーヒーブレイク(20 分) ******

2.2. 講演           15:30-16:30

「高速な光透過率変化特性を有する薄膜材料」

千葉工業大学 工学部 機械サイエンス学科 教授 井上泰志 氏

3. 総会            16:30-17:00

・ 平成21年度活動報告

・ 平成21年度会計報告

・ 平成22年度役員選出

・ 平成22年度活動計画

4. 見学             17:00-17:50

5. 閉会挨拶、次回の予定 17:50-18:00

平成21(2009)年度

平成21(2009)年度行事:第一回研究会(5月29日)、第二回研究会(7月16日)、第三回研究会(10月27~28日:第二回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、関西地域視察研究会、於関西)、第四回研究会(12月11日)、第五回研究会(平成22年2月26日:第二回岩木賞、第12回シンポジウム)

平成22年2月26(金)、理化学研究所において、下記シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」が盛会裡に開催されました。合わせて、第2回岩木賞贈呈式が盛大に執り行われました。

平成21(2009)年度:第一回研究会>盛会裡に開催されました。

開 催 日 時:平成21年5月29日(金) 14:00~18:00

場 所:東京都産業技術研究センター・西が丘 本館南棟4F 第4会議室

内 容:

1. 開会挨拶       14:00-14:10

2. 挨拶        14:10-14:40

東京都立産業技術研究センター 理事長 片岡 正俊 氏

3. 講演      14:40-17:00

3.1. 記念講演         14:40-15:40

岩木賞特別賞受賞業績「マイクロスラリージェットエロージョン(MSE)による硬質薄膜の表面強度・トライボロジー特性の評価試験法の開発」

福井大学大学院 教授 岩井 善郎 氏

****** コーヒーブレイク(20分) ******

3.2. 研究紹介        16:00-17:00

「CVDダイヤモンド膜の研磨加工」

東京都立産業技術研究センター 主任研究員 横澤 毅氏

4. 総会       17:00-17:20

・ 平成20年度活動報告

・ 平成20年度会計報告

・ 平成21年度役員選出

・ 平成21年度活動計画

5. 見学会      17:20-17:55

6. 閉会挨拶、次回の予定 17:55-18:00

平成21(2009)年度:第二回研究会盛会裡に開催されました。

開 催 日 時:平成21年7月16日(水) 13:30~17:20

場 所:独立行政法人理化学研究所和光研究所 統合支援施設2F会議室

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所

大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内 容:

[Tribological Science and Technology with Instrumentation]

1. 開会挨拶

2. 講演

3. 閉会

4. 交流会

平成21(2009)年度:第三回研究会

第二回『トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』

開 催 日 時:平成21年10月27~28日 13:30~17:20

場 所:AMPI、関西大学

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所

大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内 容:

(1日目)

1. 開会挨拶

2. 講演

3. 閉会挨拶

(2日目)

講演・見学会

第二回『トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』

(第27回 ドライコーティング研究会)盛会裡に開催されました!

日 時:平成21年10月27日(火)、13:30 ~ 17:15

場 所:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター(ARIC)、1階 多目的ホール

次 第:

1. 開会挨拶                     13:30 ~ 13:45

① ドライコーティング研究会

牛尾誠夫 氏((財)近畿高エネルギー加工技術研究所長)

② トライボコーティング技術研究会

大森 整 氏(会長)

2.講演

① 「イオンビーム照射を前処理とするプラズマプロセス窒化法」

布垣 昌伸 氏(大阪大学産業科学研究所 研究支援推進員)

                          13:45~14:30

② 「P-CVD法で形成したDLC膜の特性に及ぼす熱処理の影響」

杉本 隆史 氏(関西大学化学生命工学部 教授) 14:30~15:15

********** コーヒーブレイク **********

③ 「レーザ誘起衝撃波を用いた金属の表面処理(レーザピーニング)」

中野 人志 氏(近畿大学理工学部 准教授)   15:35~16:20

④ 「ICF(Intrinsic Carbon Film)膜の工業的応用」

西口 晃 氏(ナノテック株式会社 常務取締役) 16:20~17:05

3. 閉会挨拶                    17:05 ~ 17:15

『関西地域調査研究会』

日 時:平成21年10月28日(水)、10:00 ~ 12:00

場 所:関西大学

次 第:① 研究室紹介および見学

関西大学システム理工学部

電気電子情報工学科粒子エネルギー研究室

教授 大西 正視 氏

② 文化施設見学およびキャンパスの案内

問合先: トライボコーティング技術研究会 事務局 佐々木道子 宛

TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

平成21(2009)年度:第四回研究会盛会裡に開催されました!

開 催 日 時:平成21年12月11日(金)

場 所:東京都立産業技術研究センター西が丘本部 会議室

内 容:

1.開会挨拶          14:00~14:10

2.最近の研究会動向        14:10~14:20

3.講演

3.1.平成21年度新規入会企業

① 株式会社メディア研究所 技術顧問 金子 峻 氏    14:20~14:50

② ハウザーテクノコーティング 日本支店長 綾目 吉彦 氏 14:50~15:20

③ 理研ベンチャー・新世代加工システム株式会社 取締役 長谷川 浩幸 氏

           15:20~15:50

*********** コーヒーブレイク ***********

3.2.特別講演

「炭素系薄膜の生体材料への応用」

東京電機大学 教授 平栗 健二 氏 16:10~17:10

4.次回予定(シンポジウムについて)・その他 17:10~17:20

交流会

平成21(2009)年度:第五回研究会盛会裡に開催されました!

    シンポジウム 第12回「トライボコーティングの現状と将来」

-ディーゼルエンジン用トライボコーティング技術の最前線、先進スーパーハードDLC技術について-

趣旨:トライボコーティング技術は、トライボロジーとファブリケーションとを融合させ、重要な高機能ものづくり技術の一つとして、近年大きく注目されてきています。こうした先見性からトライボコーティング技術研究会を発足された、故岩木正哉博士の偉業を讃え遺志を継ぐ技術者・研究者の業績を表彰する岩木トライボコーティングネットワークアワードが平成20年度よりNPO PENにおいて創設されました。本シンポジウムでは今回、第2回目となる岩木トライボコーティングネットワークアワード(通称、岩木賞)の受賞業績から、「ディーゼルコモンレールシステム用トライボロジーコーティング技術開発」(デンソー)、「T字状フィルタードアーク蒸着装置(T-FAD)と高品質スーパーハードDLC膜の開発」(豊橋技術科学大学)、「物質置換型高周波誘導加熱ピーニングシステムの実用化」(慶應義塾大学)の記念講演ほか、会員法人によるトライボコーティング関連技術の最新情報を提供し、様々な分野の技術者が相互に交流することによって新しい価値を生み出していきたいと思います。

日時 : 平成22年2月26日(金) 9:50~17:20

会場 : (独)理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎ホール

主催 : (独)理化学研究所 大森素形材工学研究室

トライボコーティング技術研究会

後援 : 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター、特定非営利活動法人精密科学技術ネットワーク(NPO PEN)

協賛 : 日本トライボロジー学会,表面技術協会,日本熱処理協会,イオン注入表層処理研究会,日本金属学会,日本表面科学会,日本材料試験協会,日本機械学会,日本塑性加工学会,精密工学会,日本鉄鋼協会,応用物理学会,日本真空協会,型技術協会,AMPIドライコーティング研究会

定 員:200名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

問合先: トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局

佐々木道子 宛 TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

プログラム:

9:50-10:00 開会の挨拶 大森 整 会長

10:00 - 10:45 第2回岩木賞贈呈式

「故岩木正哉工学博士への思い」 岡部芳雄先生(埼玉工業大学)

審査経過説明:審査委員長

岩木賞贈呈:帯川 利之 氏(NPO PEN 理事(古川勇二理事長代理)、東京大学生産技術研究所教授)

受賞者:大賞 ㈱デンソー

大賞 豊橋技術科学大学

特別賞 慶應義塾大学および共同受賞者

奨励賞 岩手大学

10:45 - 12:15 記念講演1(岩木賞大賞)

㈱デンソー 清水 直樹 氏

「ディーゼルコモンレールシステム用トライボロジーコーティング技術開発」

12:15 - 13:00 休憩・昼食

13:00 - 14:30 記念講演2(岩木賞大賞)

豊橋技術科学大学 滝川 浩史 氏

「T字状フィルタードアーク蒸着装置(T-FAD)と高品質スーパーハードDLC膜の開発」

14:30 - 15:30 記念講演3(岩木賞特別賞)

慶應義塾大学 小茂鳥 潤 氏

「物質置換型高周波誘導加熱ピーニングシステムの実用化」

15:30 - 15:45 休憩

15:45 - 16:15 会員講演1

神港精機株式会社 野間 正男 氏

「c-BN膜の特性と工具への応用」

16:15 - 16:45 会員講演2

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 寺西 義一 氏

「イオン照射による炭素の表面改質」

16:45 - 17:15 会員講演3

独立行政法人理化学研究所 和田 智之 氏

「新超短パルスレーザーの開発と先端的加工応用(表面改質を含む)」

17:15 - 17:20 閉会の挨拶  仁平宣弘 副会長/熊谷 泰 副会長

平成20(2008)年度

◆H20(2008)年度活動実績:第一回研究会(6月6日)、第二回研究会(7月24日:第一回トライボコーティング・ドライコーティング合同研究会、於東京)、第三回研究会(11月13~14日:九州地域視察研究会)、第四回研究会(12月12日)、第五回研究会(平成21年2月27日:第一回岩木賞、第11回シンポジウム)

平成21年2月27日(金)、理化学研究所において、シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」が盛会裡に開催されました。合わせて、第1回岩木賞贈呈式が盛大に執り行われました。

平成20(2008)年度:第一回研究会

開 催 日 時:平成20年6月6日(金) 13:30~17:30

場 所:独立行政法人理化学研究所和光研究所 研究交流棟3F会議室

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所

      大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内 容:

1. 開会挨拶

2. 特別講演

「最近の金型用超硬合金について」

冨士ダイス株式会社 秦野工場 研究開発部 神田正樹 氏

3. 総会

・ 平成19年度活動報告

・ 平成19年度会計報告

・ 平成20年度役員選出

・ 平成20年度活動計画

4. 次回の予定、その他

平成20(2008)年度:第二回研究会

<平成20(2008)年度:第二回研究会>盛会裡に開催されました。

第一回『トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会』

開 催 日 時:平成20年7月24日(木) 13:30~17:00

場 所:関西大学 東京センター サピアタワー9F

お申し込み:独立行政法人理化学研究所和光研究所 基幹研究所

      大森素形材工学研究室 佐々木道子 宛; E-mail: sasami@riken.jp

内 容:ドライコーティング研究会との合同技術研究会

会員のカタログ展示コーナーも設けますので、よろしくお願い申し上げます。

1. 開催挨拶 13:30-13:45

① トライボコーティング技術研究会 会長 大森 整

② ドライコーティング研究会 山田 猛 氏

③ 関西大学 杉本隆史 氏

2. 研究会紹介 13:45-14:25

① トライボコーティング技術研究会 副会長 熊谷 泰

【コーヒーブレイク】

② ドライコーティング研究会 白沢 秀則 氏

③ 関西大学 杉本隆史 氏

3. 講演 14:25-17:00

①「DLCの最新の適応技術/軟質材料への展開,摩擦摩耗特性など」

神奈川県産業技術センター トライボロジー専門研究員 加納 眞 氏

②「新しい窒化法/アクティブスクリーンプラズマ窒化について」

関西大学 准教授 西本 明生 氏

③「AD法による常温衝撃固化現象の発見とデバイス展開」

産業技術総合研究所 グループリーダー 明渡 純 氏

4. 閉会挨拶 17:00-17:15

第三回 2008年11月13日(木)~14日(金)> 於 九州大学、九州池上金型 盛会裡に終了致しました。

『九州地域調査研究会』

開 催 日 時:平成20年11月13日(木)~14日(金)

場 所:九州大学、九州池上金型

1日目 九州大学講演会・見学会

〒819-0395

福岡県福岡市西区元岡744

九州大学伊都キャンパス ウェスト4号館

①講演会1

「水素雰囲気におけるトライボロジー」 杉村 丈一教授

(九州大学 工学研究院 機械工学部門 設計・生体システム講座)

②見学会1

設計・生体システム講座 トライボロジー研究室(杉村研究室)見学

③講演会2

「高品位マイクロ加工を目指して」 鬼鞍 宏猷教授

(九州大学 工学研究院 機械工学部門 加工プロセス講座)

④見学会2

加工プロセス講座 加工システム研究室(鬼鞍研究室)見学

2日目 九州池上金型見学会:プラスチック用金型設計・製作

(自動車用、家電用、住宅機器関連用など)

〒819-1627 福岡県糸島郡二丈町松国344-2

U R L:http://www.kk.iij4u.or.jp/~kid/

第四回 2008年12月12日(金)> 於 理化学研究所 研究交流棟3F 会議室 盛会裡に終了致しました。

開 催 日 時:平成20年12月12日(金)

場 所:理化学研究所 研究交流棟3F 会議室

内 容:

1.開会挨拶            13:30~13:40

2.最近の研究会動向          13:40~14:00

3.講演

① 「リニアイオンガンを備えたイオンプレーティング法によるDLCコーティング及び内壁

DLCコーティング

(DLC coating by Ion Plating with Linear Ion Gun and Inner-wall Coating)」

J&L TECH CO., LTD.(韓国) 社長 Jun Youngha(Ph.D.)氏 14:00~15:00

*********** コーヒーブレイク ***********

② 「天然素材を利用したELID研削用砥石作り~トライボロジーによる砥石評価~」

茨城大学工学部 講師 伊藤伸英 氏           15:20~16:20

③ 「環境微生物の生態とその工業的利用」

埼玉工業大学先端科学研究所 客員研究員 上島雅人 氏 16:20~17:20

4.次回予定(シンポジウムについて)・その他   17:20~17:30

第五回 2009年2月27日(金)> 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール 盛会裡に終了致しました。

シンポジウム 第11回「トライボコーティングの現状と将来」

-「固体潤滑オーバレイコーティング技術、プラズマ・イオン表面改質技術の進化」-

趣旨:トライボコーティング技術は、トライボロジーとファブリケーションとを融合させ、重要な高機能ものづくり技術の一つとして、近年大きく注目されてきています。こうした先見性からトライボコーティング技術研究会を発足された、故岩木正哉博士の偉業を讃え遺志を継ぐ技術者・研究者の業績を表彰する岩木トライボコーティングネットワークアワードが平成20年度よりNPO PENにおいて創設されました。本シンポジウムでは今回、第1回目となる岩木トライボコーティングネットワークアワード(通称、岩木賞)の受賞業績から、「MVP法による細穴内面プラズマ処理・DLCコーティング法の開発」(名古屋大学大学院)、「エンジン用すべり軸受に施す固体潤滑オーバレイコーティング」(大豊工業、トヨタ自動車)、「大気圧プラズマ表面改質技術の開発と実用化」(パナソニック電工)の記念講演ほか、会員法人によるトライボコーティング関連技術の最新情報を提供し、様々な分野の技術者が相互に交流することによって新しい価値を生み出していきたいと思います。

日時 : 平成21年2月27日(金) 9:50~17:20

会場 : (独)理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎ホール

主催 : (独)理化学研究所 大森素形材工学研究室

    トライボコーティング技術研究会

後援 : 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター、特定非営利活動法人精密科学技術ネットワーク(NPO PEN)

協賛 : 日本トライボロジー学会,表面技術協会,日本熱処理協会,イオン注入表層処理研究会,日本金属学会,日本表面科学会,日本材料試験協会,日本機械学会,日本塑性加工学会,精密工学会,日本鉄鋼協会,応用物理学会,日本真空協会,型技術協会,ドライコーティング研究会

問合先: トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局 佐々木道子 宛

TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

プログラム:

9:50-10:00 開会の挨拶 大森 整 会長

10:00 - 10:45 第1回岩木賞贈呈式

「故岩木正哉工学博士への思い」大河内 眞 理化学研究所 理事

審査委員長

石原 直 氏(NPO PEN 理事(理事長代理)、東京大学教授)

受賞者

10:45 - 11:45 記念講演1(岩木賞優秀賞)

名古屋大学大学院 上坂裕之 氏

「MVP法による細穴内面プラズマ処理・DLCコーティング法の開発」

11:45 - 12:45 休憩・昼食

12:45 - 14:15 記念講演2(岩木賞大賞)

大豊工業株式会社 研究部 第2研究室 冨川貴志 氏

「エンジン用すべり軸受に施す固体潤滑オーバレイコーティング」

14:15 - 15:15 記念講演3(岩木賞優秀賞)

パナソニック電工株式会社 生産技術研究所 柴田哲司 氏

「大気圧プラズマ表面改質技術の開発と実用化」

15:15 - 15:45 コーヒーブレイク

15:45 - 16:15 会員講演1

東京都立産業技術研究センター 青木才子 氏

「潤滑油添加剤から形成されたトライボフィルムの摩擦挙動解析」

16:15 - 16:45 会員講演2

株式会社不二製作所 石渡正人 氏

「ブラスト法による新しい表面研磨技術「シリウス加工」について」

16:45 - 17:15 会員講演3

理化学研究所/東京大学大学院 喜多村茜 氏

「イオンビーム照射によるPTFEの表面改質と細胞培養基材への応用」

17:15 - 17:20 閉会の挨拶

仁平宣弘 副会長/熊谷 泰 副会長

平成19(2007)年度

◆H19(2007)年度活動実績:第一回研究会(6月1日)、第二回研究会(7月20日)、第三回研究会(10月25~26日:山形地域視察研究会)、第四回研究会(12月14日)、第五回研究会(平成20年2月29日:第10回シンポジウム)

第一回 2007年6月1日(金) 於 理化学研究所 研究本館5F 会議室

「トライボロジーを活用した材料及び製品の開発-産学官連携による新産業の創出を目指して-」

東北大学大学院機械システムデザイン工学専攻

堀切川一男氏

第二回 2007年7月20日(金) 於 東京都産業技術研究センター・西が丘本館南棟4F 第4会議室

①「薄膜センサによるエンジンしゅう動部の圧力・ひずみ・温度の計測技術」

武蔵工業大学工学部 機械工学科 三原 雄司氏

②「DLC保護膜の耐食・耐摩耗特性」

東京大学大学院工学系研究機械工学専攻 表面機能工学研究室 崔 埈豪氏

第三回 2007年10月25日(木)~26日(金)

1日目

(株)片桐製作所(精密冷間鍛造成形メーカー)

2日目

ミクロン精密(株)(芯なし研削盤及び内面研削盤メーカー)

第四回 2007年12月14日(金) 於 理化学研究所 研究交流棟3F 会議室

① 「Tribology of DLC:Industrial Applications and Scientific」

日本アイ・ティ・エフ㈱技術部 部長補佐 中東孝浩氏

② 「膜中の水素含有量を変化させた新規ナノ炭素膜の特性」

石川県工業試験場機械金属部 専門研究員 安井治之氏

企業紹介

スルザーメテコジャパン㈱ 営業部 稲垣 力氏

「メタプラス社の概要および皮膜の特徴」

第五回 2008年2月29日(金) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

平成20年2月29日(金)、理化学研究所において、下記シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」が開催されました。

予稿:第1回~第10回を発行いたしました。

      第10回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

           -「超低摩擦炭素系薄膜の現状と将来」 -

趣旨 : 表面改質技術は、従来の材料のみでは得ることのできない新たな特性を付与することを目的として、古くから多くの分野で採用されています。21世紀に入りエネルギーや地球環境問題への懸念や機械機構のミニチュア化の動きから、自動車部品・磁気記録媒体・マイクロマシン等のトライボロジー(摩擦,摩耗等)特性を向上させる表面改質技術-トライボコーティング-への期待が益々高まっています。本シンポジウムでは名古屋大学でナノ加工やトライボロジー研究に長年携わっている梅原 徳次氏による基調講演「a-CNx膜の超低摩擦現象の基礎と応用」をはじめ、F1レースエンジンにおける表面技術、ナノダイヤモンドコロイドの応用などトライボコーティングの現状と将来について最新の情報を提供し、様々な分野の技術者が相互に交流することによって新しい価値を生み出していきたいと思います。

日時 : 平成20年2月29日(金) 9:50~17:10

会場 : 理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎ホール

主催 : (独)理化学研究所 大森素形材工学研究室

後援 : 東京都立産業技術研究センター

定員 : 200名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

問合先:トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局 佐々木道子 宛

    TEL 048-467-9318 FAX 048-462-4657

プログラム:

9:50-10:00 開会の挨拶

大森 整 会長

10:00-11:30 基調講演

名古屋大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻機械科学分野 梅原徳次 氏

「a-CNx膜の超低摩擦現象の基礎と応用」

11:30-12:30 特別講演

本田技術研究所 星雅巳 氏

「F1レースエンジンにおける表面技術」

12:30-13:30 昼食

13:30-14:30 特別講演

理化学研究所 大森素形材工学研究室 加藤照子 氏

「ナノダイヤモンドコロイドの潤滑特性と工学的応用」

14:30-15:00 会員講演

ナノフィルムテクノロジーズジャパン 他力誠司 氏

「N TI社 FCVA (Filtered Cathodic Vacuum Arc) 技術の概要」

15:00-15:30 コーヒーブレイク

15:30-16:00会員講演

フジタ技研 岡崎健一 氏

「冷間鍛造金型とCVDコーティング薄膜について」

16:00-16:30 会員講演

不二越 安岡 学 氏

「コーティング切削工具の潮流」-ドライ加工と硬質薄膜のトレンド-

16:30-17:00 会員講演

東京都立産業技術研究センター 川口雅弘 氏

「ラマン分光法によるDLC膜の摩耗評価に関する研究」

17:00-17:10 閉会の挨拶

仁平宣弘 副会長/熊谷 泰 副会長

平成18(2006)年度

◆H18(2006)年度活動実績:第一回研究会(6月1日)、第二回研究会(8月3日)、第三回研究会(10月20日)、第四回研究会(11月30日~12月1日)、第五回研究会(平成19年3月2日:第9回シンポジウム)

第一回 2006年6月1日(木) 於 理化学研究所大河内記念ホール

ナノテック㈱

平塚傑工氏

「薄膜評価試験の国際規格について」

企業紹介

・インターフェイス

・東京都立産業技術研究センター

第二回 2006年8月3日(木) 於 東京都産業技術研究センター

①東京大学

加藤孝久氏

「ハードディスク用潤滑膜のナノトライボロジー特性」

②産業技術総合研究所デジタルものづくり研究センター

廣瀬伸吾氏

「PVD・CVDデータベースの構築と企業支援」

企業紹介

・アーレスティ

第三回 2006年10月20日(金) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議室

①理化学研究所

渡邉 裕氏

「理研発VCADシステムと超精密機械加工技術」

②豊橋技術科学大学 電気・電子工学系

滝川浩史氏

「ツインソースフィルタードアーク蒸着装置の開発」

第四回 2006年11月30日(木)~12月1日(金)

1日目

・島根県工業技術センター

・日立金属

表面改質センター 井上氏

「AIP関連」

2日目

・鳥取県熱処理協業組合

第五回 2007年3月2日(金) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

第9回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

①NASAグレン研究センターシニア研究科学者/技術者,

日本工業大学先端材料技術研究センター長

三好和壽氏

「NASAの航空宇宙開発とトライボロジーの役割」

②理化学研究所 先端技術開発支援センター先任研究員

鈴木嘉昭氏

「イオンビーム照射技術を用いた高度医療デバイスの作成」

③オーエスジー㈱ R&Dセンター主任研究員

村上良彦氏

「コーティング切削工具の現状と将来」

平成17(2005)年度

◆H17(2005)年度活動実績:第一回研究会(6月9日)、第二回研究会(7月22日)、第三回研究会(10月20~21日:北陸地域視察研究会)、第四回研究会(12月2日)、第五回研究会(平成18年3月3日:第8回シンポジウム)

第一回 2005年6月9日(木) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議室

理化学研究所 先端技術開発支援センター

佐々木道子氏

「Ti-DLC膜の真空環境におけるトライボロジー」

企業紹介

・タイヘイテクノサービス

・ジオマテック

・仁平技術士事務所

・ナノコート・ティーエス

第二回 2005年7月22日(金) 於 東京都中小企業振興公社・城南地域中小企業振興センター(大田区産業プラザ)

①日産自動車㈱材料技術部

馬渕 豊氏

「DLCバルブリフターの開発」

②東京工業大学大学院 理工学研究科 創形力学分野 助教授

大竹 尚登氏

「DLC関連」

ナノテクノロジーセンタ-見学

第三回 2005年10月20日(木)~21日(金)

1日目

北陸先端大

松村英樹氏 講演&見学

「Cat-CVD」

2日目

金沢工業大学

作道訓之氏 講演&見学

「プラズマ」

石川工業試験場

粟津薫氏 講演&見学

「表面処理」

第四回 2005年12月2日(金) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議室

①K.DLC(Korea. DLC) (韓国・果川) 社長

金 顯九氏

「韓国におけるPVDコーティング事情」

②冠栄科技股分有限公司 (台湾・台南) 社長

潘 緄玉氏

「台湾におけるPVDコーティング事情」

③日本金泰株式会社(中国・長春) 代表取締役社長

畢 凱氏

「中国におけるPVDコーティング事情」

第五回 2006年3月3日(金) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

    第8回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

①元大同メタル工業㈱ 取締役

丹羽小三郎氏

「自動車用エンジン軸受の50年の歩み 」

②豊田中央研究所 金属基盤研究室

森広行氏

「直流プラズマCVD法によるDLC-Si成膜技術の開発とその応用 」

・理化学研究所 小林氏

・神港精機 寺山氏

・トーヨーエイテック 岡本氏

・同和鉱業 鈴木氏

・仁平技術士事務所 仁平氏

平成16(2004)年度

◆H16(2004)年度活動実績:第一回研究会(6月17日)、第二回研究会(7月23日)、第三回研究会(10月21~22日:東北地域視察研究会)、第四回研究会(12月3日)、第五回研究会(平成17年3月2日:第7回シンポジウム)

第一回 2004年6月17日(木) 於 理化学研究所 統合支援施設 大会議場

理化学研究所 先端技術開発支援センター

浜垣 学氏「電子ビーム励起プラズマ(EBEP)の研究開発」

第二回 2004年7月23日(金) 於 東京都立産業技術研究所

①日本バルザース㈱ プロダクトマネージャー

金森高司氏

「カーボン系コーティングとエンジン設計」

②トーヨーエイテック㈱ 表面処理本部 主幹

小川順二氏

「硬質薄膜の開発トレンド」

③オリエンタルエンジニアリング㈱ 研究開発本部 部長 河田一喜氏

「真空浸炭炉による表面改質」

第三回 2004年10月21日(木)~22日

1日目

岩手大学工学部金型技術研究センター見学後、講演

岩手大学教授 岩渕 明氏

「アイエヌエスいわて金型研究について」

2日目

株式会社ベスト見学

第四回 2004年12月3日(金) 於 理化学研究所 大河内記念ホール

理化学研究所 先端技術開発支援センター アドバンストエンジニアリングチーム副チームリーダー

高橋一郎氏

「高速ミーリング」

山澤建二氏

「ラピッドプロトタイピング」

洲之内啓氏

「フェムト秒レーザー」

装置見学

第五回 2005年3月2日(水) 於 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール

第7回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

①㈱デンソー 特別顧問

石丸典生氏

「21世紀 科学技術者の務め」

② ㈱デンソー 材料技術部 第6材料技術室 室長

村上洋一氏

「ミクロ解析技術による自動車用しゅう動部品の高性能化」

・理化学研究所 片平氏

・日本電子工業 舟木氏

・アイ・シィ・エス 鈴木氏

・オリエンタルエンヂニアリング 河田氏

・東京都立産技研 森河氏

平成15(2003)年度

◆H15(2003)年度活動実績:第一回研究会(5月29日)、第二回研究会(8月1日)、第三回研究会(10月2~3日:群馬地域視察研究会)、第四回研究会(12月5日)、第五回研究会(平成16年3月4日:第6回シンポジウム)

第一回 2003年5月29日(木) 於 東京都立産業技術研究所

①パーカー熱処理工業㈱

星野新一氏

②清水電設㈱

矢野嘉伸氏

③丸菱エンジニアリング㈱

五十嵐英夫氏

④国際会議報告(ICMCTF)

第二回 2003年8月1日(金) 於 東葛テクノプラザ

① ㈱浅沼技研 代表取締役

浅沼 進氏

②ナノテック㈱ 表面分析センター長

角谷 透氏

③東葛テクノプラザ施設見学

第三回 2003年10月2日(木)~3日(金) 於 群馬産業技術センター

1日目

㈱ミツバ新里工場見学

2日目

群馬県立群馬産業技術センター見学

第四回 2003年12月5日(金) 於 東京都立産業技術研究所

科学技術振興機構

岩村栄治氏

「アモルファス膜からハイブリッド構造膜へ:新しい形態のカーボン膜の創成」

第五回 2004年3月4日(木) 於 北とぴあ つつじホール

第6回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」

①日産自動車㈱総合研究所 保田芳輝氏

「エンジン部品における低フリクションコーティング技術」

②本田技術研究所取り技研究所 萩原秀実氏

「微粒子衝突法によるエンジン部品の表面改質」

・リケン 関谷氏

・日本テクノ 野口氏

・住友電工ハードメタル福井氏

・カヤバ工業 加藤氏

・ナノテック 中森氏

・日本電子工業 伊藤氏

・日本コーティングセンター 川名氏

Copyright (c) Tribo-Coating Forum 2007- All rights reserved.