福岡県飯塚市からはじまる旅 

飯塚発着 爛漫♪バスツアー

【C004】春のお花見バスツアー
    ※3/26発は締め切りました
  【C005】春の飯塚宿と美術館めぐり

                  ※4/5発は締め切りました

 【コースコード 004】
①桜の名所として有名な大将陣公園では毎年3月下旬から4月上旬桜の季節になると園内に植えられた約2500本のソメイヨシノが咲き誇り、訪れる人達を桜のトンネルが迎えてくれます。山頂からは桜とともに飯塚市が一望できます
②瑞穂菊酒造は創業明治元年(1868年)。6代目蔵元が自ら杜氏を努め、一滴入魂手造りにこだわって醸してます。酒蔵見学の後はお買物もできます。
③創業60余年、歴史ある老舗料亭「日本料理 茶寮このみ」。 600坪もある敷地に構えた日本庭園はまさに圧巻です。季節感を大切に、食材それぞれが持つ本来の美味しさや旨味を引き出したお料理の数々をご堪能ください。
④約1,400本の枝垂れ桜からなる益軒桜街道は周辺住民が植樹活動を行う隠れた桜の名所です。 八木山川沿いに連なる枝垂れ桜並木をぜひ散策してください。
カカオ研究所のお店ではチョコレート、焼き菓子、アクセサリーまで、カカオから作る様々な商品を販売しています。令和5年10月に八木山高原に移転オープンしました。新店舗ではカカオ豆から作るチョコレートの工程を見ることができ、お買い物だけではない新しい体験をお楽しみください。
⑥農楽園八木山は、八木山高原の澄んだ空気、清らかな水、豊かな土壌に囲まれて美味しく育った野菜達や八木山高原米コシヒカリ等を季節販売する農産物直売所です。
⑦八木山からしだれ桜の並木道が続く力丸ダム~千石峡を経由して「もち吉」の本拠地へ。本社や工場などと共に「もちだんご村」の一角を担う直方本店は日本一の集客数を誇る看板店舗でのお買物とチューリップ園をお楽しみください。
⑧ほとめき市場一太郎は創業から鮮魚店としてこだわり続けた、鮮度・味わい・品質などをこれからも妥協せず、お値打ち価格で提供しています。毎日魚市場から直送される旬なお魚や、安全で安心できるこだわり商品のみをセレクトし、毎日のお買い物が楽しくなるような市場です。

①大将陣公園

②瑞穂菊酒造

③茶寮このみ「花遊膳」
写真はイメージです。

④八木山益軒桜街道

⑤カカオ研究所

⑥農楽園八木山

⑦もち吉チューリップ園

⑧ほとめき市場一太郎

 【コースコード C00
①集合場所の曩祖(のうそ)八幡宮は、飯塚の総鎮守と親しまれています。本殿と12の摂末社が祀られており、子供誕生の初宮参りや七五三詣り、入試合格・商売繁盛・災難厄除祈願などお社として幅広く信仰されています。長崎街道飯塚宿の街歩きはガイドの説明を聞きながら、曩祖(のうそ)八幡宮から本町商店街を通り、イイヅカコスモスコモンまで約600m歩きます。
田川市の「中村美術館」は(旧)三井鉱山セメント跡地に平成20年4月に開館されました。近代日本画・洋画をはじめ、陶磁器、彫刻、ガラス工芸、硯など当館の収蔵品を常設展示しております。
③中村美術館併設のフランス料理ベルセゾンナカムラのオリジナルランチは旬の食材を活かした数々のコースメニュー。美味を堪能する至福のひとときをお楽しみ下さい。
④道の駅おおとう桜街道を経由して織田廣喜美術館に向かいます。桜並木をお楽しみください。
⑤織田廣喜美術館は郷土の出身で日本洋画界の重鎮として活躍した織田廣喜(大正3年~平成24年(1914~2012年))の作品を常設展示している美術館。画歴を追って展示した部屋やさまざまな画材を使った作品などがあり、画伯の多才ぶりがうかがえます。
旧伊藤伝右衛門邸は、筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門と歌人柳原白蓮が過ごした邸宅です。アールヌーヴォー調のマントルピース、イギリス製のひし形のステンドグラスのある応接間、一畳たたみを敷き詰めた長い廊下等様々な芸術的技法を取り入れ、伊藤伝右衛門が妻白蓮の為にと改築を続けた歴史的建造物です。特別展として雛人形と五月人形を同時展示しています。

曩祖(のうそ)八幡宮

飯塚宿街歩き

②中村美術館

③ベルセゾンナカムラ
写真はイメージです。

④道の駅おおとう

⑤織田廣喜美術館

⑥旧伊藤伝右衛門邸

旧伊藤伝右衛門邸 座敷雛