執筆・講演

セイラ―教授の行動経済学
竹内幹(2018)「セイラ―教授の「行動経済学」異端が異端でなくなった日」『ファイナンス』.pdf
人はなぜ迷うのか
竹内幹「人はなぜ迷うのか:眼球運動と経済的意思決定の関係」『科研費NEWS2014年』.pdf
終身年金は嫌われている?
竹内幹「終身年金は本当に嫌われているのか―行動経済学的考察―」『季刊個人金融2014年夏号』.pdf
実験経済学と行動経済学
「行動経済学と実験経済学」『経済セミナー』2014年8-9月号(竹内幹).pdf
竹内幹(2013)「保育園 知恵の木の実を食べても終わらないエデンの園」『HQ』.pdf
竹内幹「規制緩和は少子化対策にならない」『金融ジャーナル』.pdf
Donation Culture Becoming Established in Japan through Kizuna after 311 Earthquake.pdf
Anti-ageing Treatment for your governance Proposal for National Election System Based on Constituency by Life Expectancy.pdf
「複雑化する経済を実験を通じて解き明かす新しい経済学:一橋大学で、広がる可能性」『早稲田アカデミー大学受験部INFINITY』16号(2017年9月a).pdf
『GQ』ニッポンの最先端は,ここにあります。“ 実験経済学”が経済学を塗り替える.pdf

評論・講演・メディア記事等の一覧

実験経済学・行動経済学(インタビュー)

実験経済学・行動経済学(執筆)

「余命別選挙制度」や少子高齢化

教育関係(インタビュー・取材協力)

講演

  • 意思決定のバイアス:行動経済学が示す非合理的な投資行動, 日本証券アナリスト協会講演, 2018年8月.
  • 行動経済学とその応用, オランダ大使館・再生可能エネルギーの普及に向けたグループ購入スキームの活用, 2018年2月.
  • セイラー教授の「行動経済学」異端が異端でなくなった日, 財務省財政総合政策研究所, 2017年12月.
  • 実験経済学の手法を用いた政策効果測定に関する講演会, 内閣府経済社会研究所, 2017年2月.
  • 行動経済学と意思決定, NTTデータ経営研究所・応用脳科学アドバンスコース, 2018年10月.
  • 行動経済学と意思決定, NTT データ経営研究所『応用脳科学アドバンスコース「マーケティング」』, 2018年02 月.
  • 投資行動の行動経済学, NTT データ経営研究所『応用脳科学アドバンスコース「マーケティング」』, 2016年12 月.
  • 眼球運動と経済行動, NTT データ経営研究所『応用脳科学ニューロエコノミクス』, 2015年10月.
  • 実験経済学入門, 日本規格協会, 2013年4月.
  • ビジネスにおける男性の意思決定・女性の意思決定, CICOM Brains・女性管理職育成プログラム, 2015年10月.
  • 最も身近な経済学実験~日常生活に潜む数字の罠, 早稲田大学文化企画課・早稲田文化芸術週間, 2014年10月.
  • 人間の感情と経済, 立命館大学経済学会学生委員会, 2013年12月.
  • 1から学ぶ経済学, 早稲田大学エクステンションセンター, 2016年5月.
  • 実験経済学応用編, 早稲田大学エクステンションセンター, 2016年1月.
  • 実験経済学入門, 早稲田大学エクステンションセンター, 2015年1月.
  • 実験する行動経済学~行動経済学と私たち:参加して実感する推論と効用関数~, 京都大学経済学研究科附属プロジェクトセンター・「行動経済学」一般公開シンポジウム, 2013年12月.
  • 『日本最悪のシナリオ』に学ぶ危機管理とリーダーシップ“ 想定外”の危機を乗り越える方法とは?, 六本木アカデミーヒルズ, 2013年7月.
  • 眼球運動と経済行動~選択の決め手は目玉か脳味噌か~, 日本学術振興会および齊藤誠(一橋大学)・ひらめき☆ときめきサイエンス, 2012年8月.
  • 出張講義, 茨城県竹園高校 (2009年11月), 熊本県立済々黌高校(2013年11月), 東京都立小山台高校(2017年12月).

経済学その他(執筆等)

取材協力・コメント等

  • 定額サービスなぜ広がる, 日本経済新聞社・日経ヴェリタス, 2018年5月.
  • 個人のやりたいことをベースに人生を描く, 株式会社ロフトワーク・Think Life Journey (イベント登壇), 2018年3月.
  • ノーベル賞理論で失敗投資を減らせ, 日経BP社・日経トレンディ, 2018年2月.
  • 未来を選べ!若者の投票率を上げるには, KSB 瀬戸内海放送・報・動・力, 2013年4月.
  • 企画展「波瀾万丈!おかね道」監修, 日本科学未来館, 2013年3月.
  • “ 一票の重み”にもうひとつの格差, テレビ東京・ワールドビジネスサテライト, 2012年5月.

社会貢献

  • 父親の子育てスイッチをいれる, 文京区ハッピーベイビーフェスタ(2015年3月22日イベント), 2015年3月.
  • 父親の育児が日本を救う! ~育休体験をもとに~, 国立市公民館・「働きマン」か「イクメン」か。男のワーク・ライフ・バランスを考える, 2012年2月.
  • パパの育児休業を知る・学ぶ・考える, Creo、NPO 法人ファザーリング・ジャパンおよび杉並区教育委員会・今、なぜ大切!?「男性の子育て」(家庭学級), 2011年12月.
  • パパの育休が必要なコレだけの理由, NPO 法人ファザーリング・ジャパン・シンポジウム『育休法改正で男性の育児参画はどう変わったのか?』, 2011年7月.