高柳重信

色紙9-14

9 夜をこめて哭く言霊の金剛よ

10 雪しげき言葉の富士も晩年なり

11 乱世にして晴れわたる人の木よ

12 我が肇め冬や彼の國は夏殷周

13 松島を逃げる重たい鸚鵡かな

14 日は眠る扶桑や東なかりけり