STELLA KIDとは?

児童発達支援事業所STELLA KID とは、

横浜市、川崎市を中心に保育園を多数運営する

一般社団法人KIDーGが新たに提供する

障害児通所支援施設の名称です。

*一般社団法人KID-G 略歴*

2010年 株式会社KIDを創立

2011年 鶴見区岸谷に横浜保育室を開設

2015年 鶴見区岸谷に認可保育所に移行

2015年 鶴見区岸谷に小規模保育室を開設

2016年 旭区四季美台に小規模保育室を開設

2016年 一般社団法人KID-Gに法人変更

2018年 川崎市幸区に認可保育所を開設

2019年 旭区白根に児童発達支援事業所を開設

どんな子が利用できるの?

「児童発達支援事業所」は「放課後等デイサービス」

同様「障害児通所施設」の名称です。

主な利用は、

療育的な支援が必要であると思われる、0歳から

未就学の障害を抱える子どもが対象となります。

厚生労働省では以下のように定めています。

身体に障害のある児童、知的障害のある児童又は精神に障害のある児童(発達障害児を含む) ※手帳の有無は問わず、児童相談所、市町村保健センター、医師等により療育の必要性が認められた児童も対象(https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsushien/dl/setdumeikai_0113_04.pdf

具体的にご利用につながる可能性があるお子さんは、

乳幼児健診などで医師や保健師から療育の必要があると

認められたお子さんや、保育園や幼稚園に通いながら、

併せて専門的な療育が必要と認められたお子さんが対象

となります。

*注意*

厚生労働省の注意書きにもありますが、

療育手帳・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳は

必ずしも必要ではありません。

手帳を持っていない場合でも、「障害児通所給付費支給申請」

を医師などの専門家の「意見書」などと一緒に提出し、

児童発達支援事業所の利用が必要と認められた場合は、

「受給者証」が市町村から発行されます。

この「受給者証」を取得することで利用申込みができます。

STELLA KIDの特徴

〜「安心・安全な保育」と「療育」の融合による「第2の家庭」のような安らげる居場所を目指します〜

①「ポーテージ早期教育プログラム」に基づく『個別療育』

乳幼児期からの発達支援のための

「ポーテージ早期教育プログラム」

を導入。


全576項目にも及ぶ項目から

お子さんの得意・不得意を丁寧に

分析・視覚化し、一人ひとりの特性

に寄り添ったきめ細やかな療育を

提供いたします。

②SST(ソーシャルスキルトレーニング)のための『集団療育』

個別プログラムとは別に

少数グループによる

集団プログラムも実施。

大勢の中では意見が言えない

お子さんも

2〜4人ほどのグループから

徐々に慣れていくことで

幼稚園・保育園、

今後の小学校生活に適応して

いく力を養います。

お友達と楽しくのびのび

(時にはケンカも)しながら、

ルールやマナーなどの社会性、

協調性を学んでいきましょう。

③プロフェショナルによる保護者相談

ご家庭での子育てに関する

お悩みやご相談にも

保育現場・療育現場の経験のある

プロフェッショナルなスタッフが

親身になってお答えします。

ご利用までの流れ

当教室では、初回のご相談・見学の際に、

お子さまの体験教室もオススメしております。


ぜひお試しください!!

利用料金