ロボット技術で全世界に笑顔を

世界最高峰の人共存型モバイルマニピュレーターを開発し、飲食店や施設等室内マイクロ物流に革新を起こします。

下膳を自動化

現在は飲食店向けの自動配膳・下膳ロボットを開発しています。

多彩な食器を直接扱い食器をバックヤードへ運びます。運んだ後はシンクに漬け込んだり、食洗機にセットしたりします。

Deep LearningベースのAI認識技術により多様な環境で動作し、省スペースなロボットにより高速で安全な片付けを行います。

おもなメンバー

チーフエンジニア

椛澤光隆

東京大学情報システム工学研究室出身。産総研デジタルヒューマンリサーチセンター、Google (X) を経てSmile Roboticsに参加

代表取締役

小倉崇 (情報理工学博士)

東京大学情報システム工学研究室にて博士号取得

トヨタ自動車(株)パートナーロボット部、SCHAFT inc, Google (X) を経て2019年SmileRobotics 創業

エンジニア

小林一也 (情報理工学博士)

東京大学情報システム工学研究室にて博士号取得。Google (X) を経てSmile Roboticsに参加

News

2020/07 [メディア] TechCrunch: 全エンジニアがGoogle出身のスマイルロボがNEDOスタートアップ事業化支援公募で採択、新たな資金調達も実施

2020/07 [リリース] NEDO STS事業にロボティクス領域から唯一採択され、新たな資金調達も実施しました

2020/06 [メディア] 公益研究基盤機構(PPRP):「東大発ベンチャーカオスマップ 2020年版」に取り上げて頂きました

2020/03 [メディア] Mergermarket: スマイルロボティクス、今後の成長戦略:創業者インタビュー付(有料)

2020/03 [メディア] 朝日新聞: (シンギュラリティーにっぽん)第3部・明日への選択:7 グーグルを去った、ベンチャーは進む(有料)

2020/02 [リリース] 未来2020にて阪急阪神不動産株式会社GVH#5賞を受賞しました

2020/01 [メディア] TechCrunch: “下膳ロボ”で飲食店の片付けを自動化、Google出身エンジニア創業のスマイルロボティクスが資金調達

2020/01 [リリース] 下膳自動化ロボット開発のSmile Robotics、ANRIおよびDEEPCOREから総額4,500万円の資金調達を実施

2020/01 [メディア] 日経産業新聞: Googleも欲しがった「東大ロボ集団」その顔ぶれは

2019/11 [メディア] ワールドビジネスサテライト:「トレンドたまご」にて取り上げて頂きました

2019/10 [メディア] TechCrunch: 漫画の自動翻訳、手術支援AI、下膳ロボ、昆虫食など、東大IPC起業支援プログラムが第4回目の支援先を発表

2019/10 [メディア] 日本経済新聞記事: 飲食店にロボ、調理も下げ膳も 元グーグルら起業

支援組織

2019/4-2019/12 東京大学発のベンチャー育成施設FoundX Founders Program (https://foundx.jp/)

2019/7-2019/12 東大IPC 1stRound-第四回 起業支援プログラム- (https://program.utokyo-ipc.co.jp/)

2020/6-2021/11 NEDO STS事業 (https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100231.html)

住所

〒113-0033

東京都文京区本郷5-25-18 ハイテク本郷ビル 1F

本郷通沿いからいらっしゃる場合はGoogle MapのNavigationを無視し、ラーメン店IZASA南の飛び石の道を奥へ進んでください。

ANRI運営のシェアオフィスNestHongo内です。

会社概要

会社名:スマイルロボティクス株式会社

設立:2019年6月

資本金:30,256,304円