生体機能関連化学部会若手の会

第31回サマースクール

更新情報

2019/7/17 第31回サマースクールは盛況のうちに終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

2019/6/14 参加申し込みを締め切りました。

2019/3/31 サイトを公開しました。

サマースクールとは

生体機能関連化学部会若手の会サマースクールは、生体機能関連化学分野の研究に携わる学生および若手研究者を中心に、自由な討論や意見交換を通じて相互の親睦を図るため、毎年夏に行われています。第31回となる今回は、7/16 (火)~ 7/17 (水) に大学セミナーハウス(東京・八王子)で開催いたします。今回も、第一線で活躍されております幅広い分野の先生方にご講演いただきます。またポスターセッションによる研究発表の場を企画しており、これらを通じ熱い討論を交わし情報交換いただくとともに、親睦も深めていただければと思います。皆様お誘い合わせの上、ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

開催概要

主催:日本化学会生体機能関連化学部会若手の会

共催:日本化学会

会期:2019年7月16日(火)〜17日(水)

会場:セミナーハウス(東京都八王子市下柚木1987-1)

招待講演(五十音順)

岩崎 信太郎 先生(理化学研究所)

「Genomic, molecular, and structural basis for mRNA-selective translation inhibitor Rocaglamide A」

生長 幸之助 先生(東京大学大学院薬学系研究科)

「有機ラジカルを用いるタンパク質修飾法の開発と応用」

岡部 弘基 先生(東京大学大学院薬学系研究科)

「細胞内温度イメージングの挑戦」

篠原 恭介 先生(東京農工大学工学研究院)

「分子シャペロンHsp104により神経変性疾患因子アミロイド線維が切断される しくみの研究」

松浦 和則 先生(鳥取大学大学院工学研究科)

「ペプチド合成による人工ウイルスキャプシドと微小管内包材料の創製」

湯澤 賢 先生(東京大学生物生産工学研究センター)

「ポリケチド合成酵素と合成生物学」

共催・後援

共催:日本化学会

後援:公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団

公益財団法人 テルモ生命科学振興財団

実行委員会

世話人:森本 淳平(東京大学)・佐藤 伸一(東京工業大学)・塚越かおり(東京農工大学)