須田沙織

京都大学大学院 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻

時空間秩序・生命物理学研究室

キーワード:アクティブマター、マイクロスイマー、遊泳マイクロ水滴

論文

[2] M. Tsubokura, Y. Onoue, H. A. Torii, S. Suda, K. Mori, Y. Nishikawa, A. Ozaki, and K. Uno, "Twitter use in scientific communication revealed by visualization of information spreading by influencers within half a year after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident", PLOS ONE 13(9): e0203594, 2018.

[1] M. Suga, S. Suda, M. Ichikawa, and Y. Kimura, "Self-propelled motion switching in nematic liquid crystal droplets in aqueous surfactant solutions", Phys. Rev. E, 97, 062703, 2018.

国際研究会(口頭発表)

[1] S. Suda, T. Suda, T. Ohmura, M. Ichikawa, “Straight-to-curvilinear motion transition of a swimming droplet driven by the Marangoni effect”, APS March Meeting 2021, Online, Mar. 2021.

国際研究会(ポスター発表)

[3] S. Suda, T. Ohmura, T. Suda, M. Ichikawa, “Motion transition of a self-propelled water-in-oil droplet studied with measurements of the internal convection”, Soft Matter Physics: from the perspective of the essential heterogeneity, Fukuoka, Dec. 2018.

[2] S. Suda, T. Ohmura, T. Suda, M. Ichikawa, “Motion of water-in-oil droplets driven by Marangoni flow”, FUKUI 2018 The Satellite Symposium, Kyoto, Oct. 2018.

他1報

国内研究会(口頭発表)

[15] 須田沙織,須田智晴,大村拓也,市川正敏.「摂動への応答性の変化により引き起こされる遊泳液滴の運動モード転移」日本物理学会第76回年次大会.オンライン.2021年3月.

[14] 須田沙織,須田智晴,大村拓也,市川正敏.「摂動への感受性の変化により引き起こされる遊泳液滴の運動モード転移」生物流体力学におけるモデリング.オンライン.2020年12月.

[13] 須田沙織,須田智晴,大村拓也,市川正敏.「遊泳マイクロ水滴が示す運動モード転移の解明」西日本非線形科学研究会2020.オンライン.2020年7月.

[12] 須田沙織,須田智晴,大村拓也,市川正敏.「実験と理論で解明する遊泳マイクロ水滴の運動モード転移第一回非線形科学オンライン研究会(若手の会).オンライン.2020年6月.

[11] 須田沙織,大村拓也,須田智晴,市川正敏.「遊泳するマイクロ液滴と微生物」非線形ソフトマター研究会2019.神奈川.2019年12月.

[10] 須田沙織,大村拓也,須田智晴,市川正敏.「マランゴニ効果で駆動される遊泳マイクロ液滴の運動モード転移」日本物理学会2019年秋季大会.岐阜.2019年9月.

[9] 須田沙織,須田智晴,大村拓也,市川正敏.「実験と理論で明らかにする遊泳マイクロ液滴の運動モード分岐」札幌非線形研究会2019.札幌.2019年8月.

[8] 須田沙織,大村拓也,須田智晴,市川正敏.「Coupling between internal convection and self-propelled motion in w/o droplet system」アクティブマター研究会2019.東京.2019年1月.

他7報

国内研究会(ポスター発表)

[11] 須田沙織,須田智晴,大村拓也,市川正敏.「遊泳マイクロ水滴が示す運動モードの水滴サイズ依存性」日本物理学会第75回年次大会.現地開催中止.2020年3月.

[10] 須田沙織,大村拓也,須田智晴,市川正敏.「自己駆動液滴研究の観点から見る微生物遊泳 」日本物理学会2019年秋季大会.岐阜.2019年9月.

[9] 須田沙織,大村拓也,須田智晴,市川正敏.「内部対流の測定で明らかにする遊泳液滴の運動モード転移」第28回 非線形反応と協同現象研究会.東京.2018年12月.ポスター賞受賞

[8] 須田沙織,大村拓也,須田智晴,市川正敏.「マランゴニ効果による油中水滴の運動と内部対流」日本物理学会2018年秋季大会.京都.2018年9月.

[7] 須田沙織,大村拓也,吉田暁人,市川正敏.「遊泳マイクロ液滴の運動モード転移と相互作用」第八回京都若手ソフトマター研究会.京都.2018年3月.ポスター賞受賞

他6報

受賞歴

[2] 第28回 非線形反応と協同現象研究会 ポスター賞 2018年12月.

[1] 第八回 京都若手ソフトマター研究会 ポスター賞 2018年3月.

在外研究

[1] ESPCI Paris, France, 2019年1月~2019年4月.

資金獲得

[2] 2019年度 笹川科学研究助成 2019年4月~2020年2月.

[1] 2018年度 京都大学教育研究振興財団 在外研究助成 2019年1月~2019年4月.

奨学金

[4] 日本学術振興会特別研究員DC2 2020年~2021年.

[3] 京都大学 理学研究科 基金奨学金 2018年~2020年.

[2] 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 特に優れた業績による返還免除(全額免除)2018年.

[1] 公益財団法人 竹中育英会 奨学生 2013年~2020年.

研究会運営

[3] 第九回 京都若手ソフトマター研究会 世話人 2019年3月.

[2] 第八回 京都若手ソフトマター研究会 世話人 2018年3月.

[1] 第七回 京都若手ソフトマター研究会 世話人 2017年3月.

TA・RA

[2] 学部3, 4回生向け課題演習(研究) TA・RA 2016年~2021年.

[1] MACS教育プログラム TA 2016年~2020年.

人材育成プログラム

[3] Introduction to Negotiation: A Strategic Playbook for Becoming a Principled and Persuasive Negotiator by Yale University 修了 2020年5月.

[2] 2018 STEAM Summer School(10日間)修了 2018年7月.

[1] 政策のための科学プログラム(2年間) 修了 2018年3月.

経歴

2012年4月 京都大学 総合人間学部 総合人間学科 入学

2016年3月 京都大学 総合人間学部 総合人間学科 卒業

2016年4月 京都大学大学院 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 修士課程 入学

2018年3月 京都大学大学院 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 修士課程 修了

2018年4月 京都大学大学院 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 博士後期課程 進学

資格等

[3] 高等学校教諭一種免許状(数学).

[2] 中学校教諭一種免許状(数学).

[1] 普通自動車第一種運転免許(AT限定).



お問い合わせ